平凡社 世界大百科事典

トウダイグサ

平地の路傍や河畔に普通に見られるトウダイグサ科の二年草。ユーラシアの暖温帯に広く分布し,日本では本州,四国,九州に産する。高さ30cm内外。切ると白色の乳液が浸出し,有毒。葉は互生し,倒卵形で細かい鋸歯がある。茎の先に5枚の輪生葉が生じ,5本の分枝に黄緑色で広卵形の苞葉と,径2mmほどの杯状花序を密につける。和名はこの風変りな草形を昔の灯台に見立てたことに由来している。花期は4~5月ごろ。トウダイグサ属に特徴的な杯状花序は,花冠に似た腺体が4個ある杯状体に包まれ,中央に1個の雌花,周囲に数個の雄花の集合した花序である。花被はなく,雌花,雄花はただ1本のめしべあるいはおしべからなり,苞葉が花冠,杯状花序がおしべ,めしべ,蜜腺の代りとなって全体として単一の花の機能をもつ,きわめて特殊化したものである。腺体の形や色は,種を見分けるよい形質であり,本種では楕円形で黄緑色。果実は平滑な分離果で3裂し,褐色で網紋のある種子を各1個ずつ入れる。乳液を殺虫剤とし,漢方では全草を解熱,去痰,利尿剤として用いる。また,種子からは工業用油がとれる。この属名はローマ時代のマウレタニア王ユバ2世(前1世紀ころ)の侍医エウフォルブスEuphorbusに因むといわれ,古くから薬用にされた。

 トウダイグサ(ユーフォルビア)属Euphorbia(英名spurge)は亜熱帯を中心に2000種あり,日本には20種が自生する。タカトウダイE.pekinensis Rupr.は,本州,四国,九州の丘陵地に生育する多年草。高さ70cmになり,深緑色,長楕円形の葉をつける。花期は6~7月。杯状花序の腺体は長楕円形で暗褐色。中国では大戟(たいげき)といい,根を利尿剤とする。ナツトウダイE.sieboldiana Morr.et Decne.は日本全土の丘陵地に産する多年草。高さ30cm内外。花期は4~6月。三角形の苞葉と,暗紫色で三日月形の腺体が特徴。根は利尿剤となり,甘遂(かんずい)E.kansui Liouの代用として用いられる。ノウルシE.adenochlora Morr.et Decne.は,あぜなど平地の湿った草地に群落を形成する多年草で,高さ50cm内外。北海道,本州,九州に分布する。花期は4~5月ごろ。苞葉も腎形の腺体も黄色で,雄花の基部に鱗片がある。和名はウルシに似た乳液が出ることによる。ハマタイゲキE.atoto Forst.f.は,九州,沖縄の海岸砂地に生える多年草。中国南部,台湾,東南アジア,太平洋諸島にかけ広く分布する。高さ30cm内外。短い柄のある多肉質の葉を対生する。花は1~9月に咲く。腺体は横長楕円形。これら4種はすべて有毒植物である。

トウダイグサ科Euphorbiaceae

300属5000種を含む科で,双子葉植物ではキク科,マメ科,アカネ科に次ぐ大きな科である。アフリカとアメリカの熱帯に分布の中心があるが,温帯にかけても広く分布し,寒帯や高山帯には見られない。日本には20属50余種が自生する。一年草から高木にいたる多様な生活形を含み,アフリカやカナリア諸島の乾燥地に生えるものは,サボテンに似た多肉植物となる。花は単性で,多くは雌雄同株。大部分が虫媒花で,鳥媒花,風媒花を含む。小型の花が総状花序や円錐花序をなし,あるいは葉腋(ようえき)に束生するほか,さまざまに特殊化した偽花をつくる傾向があり,その最も極端なものがトウダイグサ属の杯状花序である。個々の花は本来は5数性の放射相称花とみなされるが,花被を欠くものが多く,トウダイグサ属などの虫媒の属では苞葉が美しく発達し,花冠の代りとなる。花柱は3裂し,子房上位で,多くは3室からなる合生子房。中軸胎座。果実は分離果,ときに核果または漿果(しようか)。種子は胚乳を多く含む。この科は,子房の各室に2個の胚珠をもつコミカンソウ亜科と,胚珠1個のハズ亜科,トウダイグサ亜科に分けられ,コミカンソウ亜科は花序や果実の特徴により,ときには,さらにいくつかの亜科に区分されることもある。トウダイグサ亜科は,杯状花序を形成する点で最も特殊化した一群であり,また乳管組織があり,切ると乳液が浸出する点でハズ亜科と異なる。離弁花類に帰属させるのが一般的で,ニシキギ目との類縁が考えられているが,無花弁類とされたり,自然群かどうか疑問視する見解もあり,系統関係はいまだ明らかでない。

 この科は生活形が多様化し,乳管を有する群,種々のアルカロイドを含有するものなどもあり,人間にも多様に利用されている重要な植物群である。乳液からはゴムがとれ,南アメリカ原産のユーフォルビア

森田 竜義
図-トウダイグサ
図-トウダイグサ