平凡社 世界大百科事典

クルマガイ

クルマガイ科の巻貝。殻は低い円錐形で高さ3cm,径6.3cmに達し,10階で密に巻いていて,それに沿って1本の溝と黒色の斑紋が並び,またこれが連続して黒い帯になることもあり,白色帯がそれに沿って走る。この形を車に見たててこの名がある。下面は平らで中央に大きく深い臍孔(せいこう)がある。殻頂の部分の巻きは左巻きであるが,その後の巻きは右巻きである。ふたは小さい。房総半島以南の水深20~60mの砂底にすむが,この類はイソギンチャク類に寄生して体液を吸う習性がある。マキミゾクルマガイA.maximaはこの種に似るが大型で,巻きに1本でなく2本の溝がある。同地域に分布する。

波部 忠重
図-クルマガイ
図-クルマガイ