平凡社 世界大百科事典

サングラス

紫外線や赤外線,また可視光線でも通常より大量の光線を眼に受けると,結膜,角膜,網膜に炎症をひき起こす。それを防御するために用いる色つきレンズの眼鏡をいう。海辺や雪山など紫外線の多い戸外で用いられることが多いが,溶接など産業の分野で保護眼鏡として用いられることもある。角膜や網膜の疾患で,羞明(しゆうめい)(まぶしさ)の強い場合や,美容の目的で日常的に用いられることもある。レンズの色は,茶,青,紫,グレー,ピンク,黄,緑などで,透過率も種々である。ハロゲン化銀を加えて,明所では発色して色がつき暗所では退色するフォトクロミックガラスを使った調光レンズも作られている。それぞれに,近視,遠視,乱視など屈折異常の矯正のために度つきレンズとすることもできる。

山本 裕子