平凡社 世界大百科事典

サンヘンプ

茎から繊維を採るために熱帯で栽培されるマメ科の一年草。茎は高さ1~3mの低木状になる。葉は長さ4~12cm,幅0.5~2cmの細長い楕円形で,褐色の短毛が密生し,葉柄は短く,茎に互生する。茎の先端30cmほどの部分に黄色の蝶形花を10~20個つける。果実は長楕円形で,中に数個~十数個の湾曲した種子がはいっている。原産地はインドといわれるが,野生種は知られていない。現在は熱帯~亜熱帯にかけ広く栽培されている。繊維を採るには,播種(はしゆ)後4ヵ月ほどたった開花期に収穫する。抜き取るかまたは刈り取った茎を束ねて乾燥させて葉を落とし,続いて1週間ほど水に浸し,はぎとった靱皮を水中でたたいて繊維を精製する。繊維は粗いが光沢があり,光や風雨にさらしてもじょうぶで,ロープや麻糸,麻袋,漁網などの材料とする。また製紙原料とし,紙巻きタバコやティッシュペーパーなどに利用する。また,緑肥としても広く栽培され,茎葉は飼料としても利用されている。

星川 清親