平凡社 世界大百科事典

日照計

日照時間を記録する計器。古くから用いられているカンベル日照計は,ガラス球によって太陽光の焦点をつくり出し,これによって記録紙に焦げ跡ができるようにし,その長さから日照時間を測る測器である。ジョルダン式日照計は密封した円筒の中に感光紙をセットしておき,円筒につくられた2個の小さな穴から入射する太陽光によって描かれた光跡から日照時間を求めるものである。最近,日照時間の定義が定められたこともあって,電子技術の進んだ現代にふさわしい日照計として回転式日照計が採用されつつある。これは反射鏡などを回転させてそこから入ってきた太陽光を焦電素子(温度変化を受けると電気を発生する物質)に導き,回転とともに変化する素子の電力から日照の有無を判定し,パルスとして出力する方式である。このほか,太陽電池式日照計がある。これはセンサーとして3個の太陽電池が特定方向に設定され,これらの出力から直達日射光の強さを分離測定して日照の有無を判定する。

岡村 存