平凡社 世界大百科事典

供給関数

市場条件の変化に対応して売手の計画する供給量がどのように変化するかを関数の形に書き表したもの。数量調整に許される期間に応じて短期,長期が区別され,個別経済主体の個別供給関数と市場に集計量として現れる市場供給関数とが区別されるが,一般に,xiを第i財の供給量,pjを第j財の価格とするとき,供給関数はxiSip1p2,…,pj,…,pn)と表される。ただし,nは関連するすべての財の種類の数である。このうちxiに最も大きな影響を与えるのは,それ自身の価格pi,および第i財の生産に必要な生産要素の価格であるが,労働供給関数についてはすべての消費財の価格がとり入れられなければならないであろうし,多数の財を生産する可能性をもつ企業については,代替的な生産物や副産物の価格も関数の要素となる。この関数をpixiからなる平面に投影して描いたものは供給曲線supply curveと呼ばれる。したがって,pi以外の財価格の変化の影響は,供給曲線のシフトとなって現れる。市場供給関数は市場需要関数とともに市場均衡を記述するうえで重要な役割を果たす。

林 敏彦