平凡社 世界大百科事典

表面力

固体の内部にある原子または分子は,互いに吸引しあう原子,分子によりとり囲まれているが,固体表面にある原子または分子では,内部に向かう方向にしかこのような原子,分子がないので,原子または分子間に作用する力がつりあっていない。このため固体表面には外側に向かって吸引力の場がある。これを表面力または面力という。固体表面に気体分子が吸着するのは,この力によると考えられている。液体表面の場合は,この力は表面張力となって表れる。→表面張力

妹尾 学