平凡社 世界大百科事典

表面波

波動の性質は,基本的には無限に広がる媒質中を伝わる波と考えて理論的にも説明されるが,媒質の表面や別の媒質との境界面の付近では,特殊な性質の波が発生する。これを表面波と呼ぶ。地表を伝わる地震波,導体の表面に沿って伝わる電磁波などがその例で,理論的に研究され,実際に観測もされているが,その性質は一般に複雑,多様である。なお水面の波は,水深が十分に深く水底の影響が波の性質に関係しない場合に表面波と呼ばれる。

有山 正孝 地震の表面波はP波やS波に続く地震波の一部分で,主要動のS波に続くゆらゆらした振動として感じられる場合がある。地球表面に沿って伝わり,鉛直面内に振動するレーリー波と水平面内に振動するラブ波とがある。前者は地球の伸び縮み振動,後者はねじれ振動に対応する。
島崎 邦彦