【alsoの意味と使い方】正しい位置やtooとの違いは?

英会話上達コンテンツ

英語で「~も」と言いたい場合に使うalsoですが、同じ意味でtooという単語もありますよね。
英語を学習している多くの方は「どうやって使い分けるの?」「同じ意味で使っていいの?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。
この同じ意味を持つ2つの単語ですが、実は使い方やニュアンスが異なるのです

今回は「alsoの意味と使い方」を分かりやすくするために「tooとの違い」についても触れながら解説していきます。

alsoの意味は?

also「〜も」「また」を意味する副詞です。

alsoは堅い表現なので、フォーマルな場面で使われることが多いです。
否定文では使わないので気を付けてくださいね。

tooの意味は?

同じくtoo「~も」「また」を意味する副詞です。

alsoは堅い響きがあるのに対し、tooは少しくだけたカジュアルな響きがあります。
tooも、alsoと同じく否定文では使いません。

同じ意味でも使い方のルールが異なる

意味だけを比較しても、まだはっきりと違いが分かりませんね。
そこで、私が英語を学習した際に一番しっくりときた例文でご説明します。

私たち日本人は、相手の意見に同調することが得意です。
外国の方と話していて「わかる!」「私もそう!」と思ったとき、「Me too.」と言ったこと、多くありませんか?

ここで今回のテーマに当てはめて考えたいのが、「Me also.」という表現です。
皆さんは聞いたことがあるでしょうか。

恐らくないですよね。

同じ意味の単語でもそれぞれ使い方に違いがあるので、正しく理解していきましょう。

alsoとtooの違いは?

では、実際どのように使い分けるのかを詳しく解説していきます。

alsoの正しい位置は?

alsoは文中に置いて使います。

文末に使っても間違いではありませんが、ネイティブから「その表現は違うなぁ…」と不自然に思われてしまうので気を付けましょう。

先ほどの「Me also.」という表現が分かりやすい例ですね。

alsoを文中で使うルールは、一般動詞の場合はその直前に置き、be動詞や助動詞がある場合にはその直後に置くというものです。

一般動詞を使う文では、一般動詞の前

I like swimming. I also like running.
私は泳ぐのが好きです。私は走るの好きです

be動詞を使う文では、be動詞の後

I am also living alone.
一人暮らしをしています

助動詞を使う文では、助動詞と動詞の間

I can also speak Chinese.
私は中国語話すことができます

alsoは文によって置く場所が異なるので注意してくださいね!

tooの正しい位置は?

tooは文末に置いて使います。

こちらも先ほどの「Me too.」という表現が分かりやすい例ですね。

I like swimming. I like running too.
私は泳ぐことが好きです。私は走ること好きです

tooの位置には例外もある

文末に置くtooですが、1つだけ例外があるので注意してください。

I have brother too.

この文はどのように訳しますか?

1 私も弟がいます
2 私は弟もいます

この2つが考えられますよね。

前後に文が続いていれば文脈から判断することもできますが、この場合どちらが正しいのか分かりません。

2つの意味になってしまう文では「私も~」の場合にtooを主語の直後に置きます。

I,too,have brother.
私も弟がいます

この場合、ルールとして必ず「,(カンマ)」をつけてくださいね。

alsoとtooを使い分ける2つのポイント

使う位置の違いを覚える

まずは、使う位置の違いがありましたね。

alsoは文中で使われます。
一般動詞の直前、あるいはbe動詞や助動詞の後ろに置かれることが文法的に正しい使い方です。

一方で、tooは文末で使われます
2つの意味になってしまう文では、例外的に主語の直後に置きますよ。

ニュアンスの違いを理解する

もうひとつは、使用する場面の違いです。

alsoは書き言葉として使われることが多く、かしこまった印象があります。
日常生活では耳にすることが少ないため、使用頻度は低いですね。

tooは話し言葉として使い、くだけた印象があります。
ネイティブスピーカーの間でも頻繁に使われるため、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

以上の2つが、alsoとtooを使い分ける際に重要となるポイントですよ!

否定文の場合は?

alsoやtooは否定文では使わないとお伝えしましたが、「否定文で何か言われたときは同意できないの?」と思った方もいますよね。

もちろんそのようなことはありませんよ!

否定文の場合はeitherという単語を使います。

I don’t like coffee either.
コーヒーが嫌いです

tooと同じで文末に置いて使うため、とても簡単です。

eitherを使うと、相手が否定文で何かを言った際「私もそうではないよ」のようなニュアンスが表現できるのですね。

まとめ

alsoの意味は?

  • 「〜も」「また」を意味する副詞
  • フォーマルな場面で使われることが多い
  • 否定文では使わない

tooの意味は?

  • 「~も」「また」を意味する副詞
  • カジュアルな響きがあり日常的に使われる
  • alsoと同じく否定文では使わない

alsoの正しい位置は?

  • 文中に置いて使う
  • 一般動詞の場合はその直前に置く
  • be動詞や助動詞がある場合にはその直後に置く
  • 文によって置く場所が異なるので注意

tooの正しい位置は?

  • 文末に置いて使うが、例外もある
  • 2つの意味になってしまう文ではtooを主語の直後に置く

alsoとtooを使い分ける2つのポイント

  1. 使う位置の違いを覚える
  2. ニュアンスの違いを理解する

否定文の場合は?

  1. alsoやtooは否定文では使わない
  2. 否定文の場合はeitherを使う

今回は「alsoの意味と使い方」「tooとの違い」について触れながら解説しました。

慣れるまでは難しく感じることも多いですが、使う位置やニュアンスの違いを知ることで表現の幅が広がり、自然な英語が使えるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました