【日本中小企業金融サポート機構とPayToday】2つのファクタリングサービスを比較!

日本中小企業金融サポート機構とPayToday2つのファクタリングサービス 比較 アイキャッチ
画像引用元

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

近年経営者の資金繰りの解決手段として、ファクタリングというサービスが注目されているのをご存じですか?

手軽に早く資金を調達できるのがメリットですが、ファクタリングを行っている会社はいくつもあり選択に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、日本中小企業金融サポート機構PayTodayの2つを徹底的に比較しています!特にこの2択で迷っているという方は是非ご覧ください!

ファクタリングそのものについてさらに詳しく知りたい方はこちらもご覧ください↓

ファクタリングとは?近年人気の資金調達法を調べてみた! アイキャッチ
この記事のまとめ
  • 日本中小企業金融サポート機構もPayTodayもオンライン完結・取引先に秘密で利用可能
  • 3者間ファクタリングを利用したい方には日本中小企業金融サポート機構がオススメ
  • 迅速に低手数料でファクタリングを利用したい方にはPayTodayがオススメ

目次

日本中小企業金融サポート機構とPayToday、どっちのファクタリングサービスがおすすめ?

この記事では以下の内容を徹底比較しています!

  • 2者間ファクタリングが可能か
  • 3者間ファクタリングが可能か
  • 利用対象者
  • 手数料
  • 利用可能金額
  • 入金までの時間
  • 必要書類
  • 対面での面談が必要か
  • オンライン完結が可能か
  • 受付時間
  • 債権譲渡登記が必要か
  • 秘密で利用可能か
  • ファクタリング会社への返金期限
  • 支払方法

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayの共通点

  • 2者間ファクタリングを採用
  • 個人・法人共に利用可能
  • 手続きがオンラインで完結できる

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayを比較すると?

それぞれの項目については後で詳しく説明しますが、日本中小企業金融サポート機構とPayTodayのサービス内容を比較すると下の表のようになります。

日本中小企業金融サポート機構比較項目PayToday
◯ 2者間ファクタリング◯ 
◯ 3者間ファクタリング×
個人・法人利用対象者個人・法人
1.5%〜10%手数料1.0%〜9.5%
下限・上限なし利用可能金額下限・上限なし
オンライン:最短即日
対面:3~5日
入金までの時間最短即日
・申込書×2
・通帳のコピー3ヶ月分
・売掛債権の存在を証明する書類
(請求書、契約書など)
・身分証明書 
必要書類・請求書
・本人確認書類
(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの) 
【法人】
・直近の決算書一式
(勘定科目内訳明細書 含)
・全ての法人名義口座の直近6ヶ月分以上の入出金明細
(通帳コピーor
インターネットバンキングの明細など)
【個人事業主】
・直近の確定申告書B一式
(収支内訳書 含)
・全ての事業用
個人名義口座の直近6ヶ月以上の入出金明細
(通帳コピーor
インターネットバンキングの明細など)
不要対面での面談可能
◯ オンライン完結◯ 
平日
9:30〜19:00
オンラインは
24時間受付
受付時間平日
10:00~17:00
オンラインは
24時間受付
不要債権譲渡登記不要
可能秘密に利用可能
記載なしファクタリング会社への返金期限書面の
支払期限まで
指定口座に支払い支払い方法指定口座に
支払い
特になし備考開業をしていない個人の利用はできない

この表から判断すると、それぞれは以下のような場合におすすめできます!

3者間ファクタリング利用したい人には日本中小企業金融サポート機構がおすすめ!

日本中小企業金融サポート機構では、2者間ファクタリングに加え、3者間ファクタリングも導入しています。3者間ファクタリングは一般的に、2者間ファクタリングに比べて手数料が安くなる傾向があるので、少しでも手数料を安く抑えたい方にはおすすめです。

3者間ファクタリングについてまとめた記事は以下になります。あわせてご覧ください。

【完全網羅】3者間ファクタリングとは?仕組みやメリットなどを紹介!

迅速に、安くファクタリングを利用したい方にはPayTodayがおすすめ!

PayTodayは、手数料が安く最短即日でお金が手に入ることが最大の特徴といえます。なるべく安い費用でファクタリングを利用したいという方にはおすすめです。

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayの概要・運営会社は?

ここからは、日本中小企業金融サポート機構とPayTodayのそれぞれについて詳しくみていきます。まずは、それぞれのサービスを運営しているのはどのような会社(組織)なのかを整理してみました!

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人日本中小企業金融サポート機構が運営!

日本中小企業金融サポート機構はファクタリング業界では珍しい一般社団法人です。

会社概要は以下の通りです。

運営組織一般社団法人
日本中小企業金融サポート機構
代表理事谷口 亮
所在地〒105-0011東京都港区芝公園
一丁目3-5
ジー・イー・ジャパンビル 2階
設立日2017年4月
資本金非開示

PayTodayは株式会社Daual Life Partnersが運営!

PayTodayは、株式会社Dual Life Partnersによって運営されているサービスです。

会社概要は以下の通りです。

運営会社名株式会社Dual Life Partners
代表取締役社長矢野 名都子
所在地東京都港区南青山2-2-6
ラセーナ南青山7F
設立日2016年4月
資本金記載なし

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayを徹底比較!

ここからはいよいよ、日本中小企業金融サポート機構とPayTodayのサービス内容を細部まで比較していきます!

両者ともに「2者間ファクタリング」を提供

両者ともに提供している、2者間ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

2者間ファクタリング 説明図
手続きの流れ
  1. 利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却、ファクタリング会社は代金として売掛金から手数料を引いた金額を利用者に入金
  2. 取引先が利用者に売掛金を入金
  3. 利用者が売掛金をファクタリング会社に入金

このような流れになります。上図から分かる通り、2者間ファクタリングでは取引先に知られることなく資金調達が可能になります。しかし、3者間に比べ手数料が高くなる場合があります。

2者間ファクタリングについて、詳しくは以下の記事をご覧ください↓

【アイキャッチ】2者間ファクタリング

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayの利用対象者は?

日本中小企業金融サポート機構個人
法人
PayToday個人
法人

両者ともに個人・法人での利用が可能です。しかし、PayTodayは開業していない個人の利用はできないので注意が必要です!

手数料が安いのはPayToday!

日本中小企業金融サポート機構1.5%〜10%
PayToday1.0%〜9.5%

PayTodayの方が手数料の下限・上限が低く設定されています。そのため、手数料が安くなる可能性が高いのはPayTodayだといえるでしょう。しかし、日本中小企業金融サポート機構では3者間ファクタリングも導入されていることから、2者間ファクタリングを使う場合より手数料が抑えられる可能性も考えられます。利用する前に一度相談してみるのが良いかもしれません。

オンラインであればどちらも最短即日で入金!

日本中小企業金融サポート機構オンライン:最短
即日対面:3~5日
PayToday最短即日

両者共にオンライン完結が可能ですが、

日本中小企業金融サポート機構では郵送手続きの対応も可能です。

オンライン完結であればどちらも最短即日で資金調達が可能ですが、日本中小企業金融サポート機構で郵送を選択すると3〜5日ほどかかるので注意が必要です。

必要書類はどちらも同じくらい!

日本中小企業金融サポート機構・申込書×2
・通帳のコピー3ヶ月分
・売掛債権の存在を証明する書類
(請求書、契約書など)
・身分証明書 
PayToday・請求書
・本人確認書類
(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの) 
【法人】
・直近の決算書一式
(勘定科目内訳明細書 含)
・全ての法人名義口座の直近6ヶ月分以上の入出金明細
(通帳コピーor
インターネットバンキングの明細など)
【個人事業主】
・直近の確定申告書
B一式
(収支内訳書 含)
・全ての事業用個人名義口座の直近6ヶ月以上の入出金明細
(通帳コピーor
インターネットバンキングの明細など)

両者の必要書類の量はどちらも同じくらいです。PayTodayの場合は法人と個人の場合で必要書類が異なるので注意が必要です。

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayの手続きはどちらも楽

日本中小企業金融サポート機構比較項目PayToday
オンライン完結
24時間365日受付申し込める時間帯24時間365日受付
不要債権譲渡登記不要
不要保証人不要

どちらも同じ条件での手続きが可能です。24時間365日受付かつオンライン完結可能なので、時間や場所に縛られることなく手続きできるのが魅力といえます。

どちらも第三者に知られにくい!

日本中小企業金融サポート機構比較項目PayToday
◯ 2者間ファクタリング
なし債権譲渡通知なし
不要債権譲渡登記不要

両者ともに取引先に知られることなくファクタリングの利用が可能です。

債権譲渡登記とは

金銭債権を譲渡したことについて、第三者への対抗要件を備えるための制度

ファクタリングの利用時に債権譲渡登記が必要だと、債権を譲渡したことを公開する形になります。

債権譲渡登記は手順を踏めば誰でも閲覧することができます。したがって取引先にも資金調達したことを知られ、信頼を損なう可能性もあります。

債権譲渡登記について理解を深めたい方は以下の記事をご覧ください↓

ファクタリング 債権譲渡登記 アイキャッチ

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayはノンリコース(償還請求権なし)!

日本中小企業金融サポート機構ノンリコース
PayTodayノンリコース

両者ともノンリコースなので、安心して利用ができます。

償還請求権とは

ファクタリングサービスにおいては、ファクタリング会社が買い取った場合に、金銭債権の債務者(=取引先<売掛先>)ではなく金銭債権を売却した人(=ファクタリングの利用者)に償還を求める権利のこと

償還請求権について、詳しくは以下の記事をご覧ください↓

利用後の支払い期限は?

日本中小企業金融サポート機構記載なし
PayToday書面の
支払期限
まで

日本中小企業金融サポート機構とPayTodayの支払い方法は?

日本中小企業金融サポート機構指定口座に
支払い
PayToday指定口座に
支払い

両サービスともに指定口座へ支払いをする必要があります。

債務者(売掛先)からの入金が遅延する場合の対応方法は?

日本中小企業金融サポート機構記載なし
PayTodayカスタマーサポート窓口まで連絡をし、
入金予定日の翌日に通帳明細のコピーを提出

問題が解決しないようであれば、ファクタリング会社が利用者の取引先と直接やりとりをする場合があります。もしそうなった場合取引先からの信頼度が下がり、今後同取引先を債務者としたファクタリングが行えなくなる可能性もあります。

日本中小企業金融サポート機構のその他の特徴

経営革新等支援機関に認定されている

日本中小企業金融サポート機構は、中小企業庁によって認定経営革新等支援機関に認定されています。

認定経営革新支援機関とは、中小企業支援に関する専門的知識や実務経験が一定レベル以上にある機関として、国の認定を受けた支援機関のことです。

安心してサービスを利用できるひとつの要因となるのではないでしょうか。

運営会社がコンサルを提供している

経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業にも精通しています。興味のある方は一度日本中小企業金融サポート機構の公式HPをチェックしてみましょう。

PayTodayのその他の特徴

paytoday 特徴
画像引用元

AIファクタリングを提供!

PayTodayは、AIを活用したAIファクタリングというものを提供しています。これは、オンライン完結でスピード対応ができるという強みの一因となっています。

このような独自のAI技術を利用することで、最短45分での審査結果通知・即日入金が実現しているのです。

掛け目がない

ファクタリングには、掛け目というものがあります。

掛目とは経済用語で「担保評価率」のことで、売掛金の評価額を決定する際に用いられるものです。

例えば500万円の売掛金の掛目が90%だった場合、実際の評価額は450万円となり、残り50万円はいわゆる保証金のような形で売掛金が入金されるまで返ってきません。

(↑そこからさらに手数料が引かれます)

掛目がないということは、売掛金から手数料を引いた額の100%を現金化できるということです。

PayTodayは、問題のない利用者に関しては金額・内容に関わらず売掛金の100%を買収しているので、掛目の心配をする必要がありません

paytodayインタビュー

改めて、日本中小企業金融サポート機構とPayTodayのどちらが良いかまとめてみた!

日本中小企業金融サポート機構比較項目PayToday
◯ 2者間ファクタリング◯ 
◯ 3者間ファクタリング×
個人・法人利用対象者個人・法人
1.5%〜10%手数料1.0%〜9.5%
下限・上限なし利用可能金額下限・上限なし
オンライン:最短即日
対面:3~5日
入金までの時間最短即日
・申込書×2
・通帳のコピー3ヶ月分
・売掛債権の存在を証明する書類
(請求書、契約書など)
・身分証明書 
必要書類・請求書
・本人確認書類
(免許証、パスポートなど
顔写真付きのもの) 
【法人】
・直近の決算書一式
(勘定科目内訳明細書 含)
・全ての法人名義口座の
直近6ヶ月分以上の入出金明細
(通帳コピーor
インターネットバンキングの明細など)
【個人事業主】
・直近の確定申告書B一式
(収支内訳書 含)
・全ての事業用個人名義口座の
直近6ヶ月以上の入出金明細
(通帳コピーor
インターネットバンキングの明細など)
不要対面での面談可能
◯ オンライン完結◯ 
平日
9:30〜19:00
受付時間平日
10:00~17:00
オンラインは
24時間受付
不要債権譲渡登記不要
可能秘密に利用可能
記載なしファクタリング会社への返金期限書面の
支払期限まで
指定口座に支払い支払い方法指定口座に
支払い
特になし備考開業をしていない個人の利用はできない

日本中小企業金融サポート機構はこんな方におすすめ!

  • 3者間ファクタリングを利用したい方
  • 安心して取引を行いたい方

PayTodayはこんな方におすすめ!

  • 手数料を安く抑えたい方
  • なるべく早く手元に資金が欲しい方

まとめ

いかがでしたか。今回は日本中小企業金融サポート機構とPayTodayの2つのサービスを比較しました。

この記事のまとめ
  • 日本中小企業金融サポート機構もPayTodayもオンライン完結取引先に秘密で利用可能
  • 大口債権を利用したい方には日本中小企業金融サポート機構がオススメ
  • 迅速に安い手数料でファクタリングを利用したい方にはPayTodayがオススメ

ファクタリングを利用するにあたって、会社ごとの手数料や手間などをしっかり把握し、最適な選択をするには情報収集が大切です。

今回の記事に載っている以外にも様々なファクタリングサービスがありますので比較参考の一助となれば幸いです。

exciteファクタリングでは比較記事も豊富に取り扱っていますので、気になった方はぜひご覧ください!

関連記事はこちら↓

トラペイ ペイトナー 比較

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ