資金調達で悩む建設業の方にはファクタリングがオススメ!その理由は?

資金調達で悩む建設業の方にはファクタリングがオススメ!その理由は?
画像引用元

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

建設業界で働いている多くの人の悩みに資金繰りというものが挙げられます。

もちろん他の業界の人にも共通する悩みではありますが、

今回は建設業ならではの理由で困っているという方にぜひ読んでいただきたい記事となっています。

悩みの原因から解決法・おすすめの比較的新しい資金繰りの方法まで紹介しています。

この記事のまとめ
  • 建設業ならではの資金繰りに関する悩みが多くある
  • 資金繰りを解決するには様々な手段があり、それぞれメリット・デメリットがある
  • ファクタリングという方法を視野に入れるのがおすすめ
  • 建設業の方におすすめのファクタリング会社を紹介

建設業が抱えやすい資金繰りの悩みとは?

ここでは、建設業の方が資金繰りに関するどんな悩みを実際に抱えているのかを取り上げていきたいと思います。

一件あたりにかかる費用が高額

建設業界の仕事一件あたりの必要資金は高額になっています。

これらには工事に必要な建設資材の仕入れ資金や、重機のリース代金等も含まれており、工事を受注するためには必要な予算の確保も同時に行わなければなりません。

前金の負担が大きい

建設業界の仕事は自社内で仕事が完結することが少なくなっています。

一般的には、工事を受注するために請負契約を締結します。

しかし、この請負契約では工事が完了し引き渡されないと工事代金を受領することができません

他社から仕事を受注したり、逆に他社に発注するということが多くあるためです。

これらひとつひとつの仕事に対して高額な費用が必要になると、資金力のない下請け会社が仕事を受けにくくなってしまいます。

このような事態を防ぐ方法として、仕事を下請けに発注する際に、手出しと言われる多額の前金を払わなければいけないことが多いのです。

資金が必要なのが短期間で銀行から借入れにくい

建設業界の人が資金を必要とするのは受注から支払までという短期間です。

もし仮に、何年間も長期的に資金が必要ということであれば銀行も貸してくれやすいでしょう。

しかし、建設業でそのような場合はほとんどないため、銀行からの貸し入れは非常に困難となっています。

入金サイトが長い

入金サイトとは

締め日から売掛金が支払われるまでの期間のこと

建設業は一般的に入金サイトの非常に長い職種です。

実際に、着工から入金まで半年〜1年かかることもあります。

それにも関わらず、この間に発生する費用は全て下請けが立て替えているためお金が出ていく一方になってしまうのです。

このような悩みを多くの下請け会社が抱えています。

連鎖倒産のリスク

他の業種と比較すると、建設業界は最も連鎖倒産のリスクがある業種の1つだと言えるでしょう。

理由としては、建設業は下請け会社が何重にも積み重なって一つの業務をこなしていることがほとんどであることが挙げられます。

そのため、ひとつの会社が倒産するとその会社から仕事を請け負っていた会社が代金を回収できなくなってしまい倒産連鎖が起きてしまうのです。

建設業にオススメの資金調達法

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、政府が100%出資をしている金融機関です。

個人事業主や中小企業を対象に、様々な融資制度を提供しています。

金利が低く、返済期間が長いことが特徴に挙げられることから、比較的無理なく返済が可能なことがメリットです。

しかしその反面で必要書類が多く時間もかかるため利用のハードルは高いと言えるでしょう。

銀行融資

建設業界で最も王道とも言える資金調達法は銀行融資です。

主に地方銀行等に融資してもらうことが多く、多額の資金調達が可能です。

その一方で、地方銀行の再編の波により、地方銀行の減少や銀行中心の金融システムの変化が起きている現状があります。

多額の資金調達が可能な一方、返済義務も伴うので注意が必要です。

助成金

先ほど紹介した銀行融資に比べ調達可能額は少なくなってしまいますが、助成金という資金調達方法もあります。

​​受給条件を満たした事業者が、国をはじめとした機関から資金を受け取ることができるのが助成金です。

そして、助成金には返済義務がないというのが最大の特徴です。

ビジネスローン

ビジネスローンは事業に関わる用途でしか使うことができない貸付金で、もちろん事業資金として利用することもできます。

銀行融資とは違い、保証人や担保人なしで利用できることも多く、手続きも簡単で早く資金調達可能なのが特徴です。

審査対象に利用者の返済能力や信頼性が含まれるため、過去に赤字決済等がある場合は審査に通りにくくなることもあります。

ファクタリング

資金繰りの悩みを解決する方法として比較的新しいサービスです。

入金日の遠い売掛債権をファクタリング会社に売却することで、予定より早く売掛金を得ることができる資金調達方法です。

融資に比べ速く、かつ審査も緩いのが特徴となっています。

ファクタリングそのものについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

ファクタリングとは?近年人気の資金調達法を調べてみた! アイキャッチ

建設業の資金繰りの悩みにはファクタリングがオススメ

ファクタリングというサービスがなぜ建設業の方におすすめできるのでしょうか。

ここからは詳しく理由を説明していきます。

元請会社の倒産リスクが回避できる

多くのファクタリングサービスには償還請求権がありません。

償還請求権とは

ファクタリングサービスにおいては、ファクタリング会社が買い取った債権が回収不可能となった場合に、債権の債務者(=取引先<売掛先>)ではなく債権を売却した人(=ファクタリングの利用者)に償還を求める権利のこと

つまり、たとえ取引先が倒産したとしても売上を失うことがないのです。

これに伴い、建設業の方の多くが抱える資金繰りの悩みである「連鎖倒産」を防ぐことができます。

償還請求権について詳しく知りたい方はこちら↓↓

融資より速く資金調達が可能

融資を受ける場合、資金調達までにひと月ほどの時間がかかることが一般的です。

ファクタリングでは、最短即日で資金調達が可能でありすぐに資金を手に入れることができます

融資より審査に通りやすい

ファクタリングの審査では、資金調達をしようとしている会社の信用度ではなく

売掛先の信用度を基に審査を行います。

そのため、たとえ自社の経営状態が悪くとも、他の手段よりも審査に通りやすくなっているのです。

企業価値が落ちない

ファクタリングとは、自社が保有している売上債権をファクタリング会社へ早期売却することで現金を得る資金調達の方法です。

会計上では資産の部への計上売掛金が減るのみで、

ファクタリングで調達した資金が負債に計上されることはありません

そのため、外部の人から見ても負債が大きくならず、企業評価を落とすことなく資金を調達できるのです。

下請債権保全支援事業の存在

国土交通省では平成22年3月1日から下請債権保全支援事業というものを始めました。

下請建設企業又は資材業者の方が元請建設企業に対して有する債権(手形を含む。)について、ファクタリング会社が支払保証を行うことにより、下請建設企業等の債権保全を支援します。

(国土交通省 公式HPより引用)

つまり、ファクタリングの利用料の一部を国が支払ってくれるという制度になっています。

このような制度の知識も頭に入れてファクタリングでの資金調達を検討すると良いでしょう。

資金繰りに悩む建設業の方にオススメのファクタリングサービス

けんせつくん

けんせつくん
画像引用元
経営会社株式会社ウィット
特徴・建設業界に特化
・個人事業主も利用可能
・少額でも利用可能
・オンライン申し込み可能
入金スピード最短2時間
手数料5%〜

けんせつくんの最大の特徴は、その名の通り建設業界に特化していることにあります。

買取金額に制限もなく、個人事業主の方でも利用可能になっています。

けんせつくんについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

けんせつくん アイキャッチ

ビートレーディング

経営会社株式会社ビートレーディング
特徴・調達可能金額無制限
・必要書類が2種類のみ
・実績がある
入金スピード最短即日
手数料2%〜

ビートレーディングの下限手数料は業界最低水準の2%となっています。

今まで16,000社以上の会社に選ばれ、約400件の月間契約数を誇り、東京・福岡・仙台・大阪の全国4箇所に拠点を設けています。

このような実績は利用者の安心感につながるでしょう。

ビートレーディングについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

SMBCファイナンスサービス

SMBCファイナンス
画像引用元
経営会社SMBCファイナンスサービス株式会社
特徴・遠隔地の取引相手でも利用可能
・保証型と買取型の2種類のファクタリングがある
入金スピード記載なし
手数料記載なし(一律)

SMBCファイナンスサービスには、保証型と買取型それぞれのファクタリングサービスがあるのが特徴と言えます。

保証型は、下請債権保全支援事業という国土交通省によって創設されたものになります。

買取型は、手形買取業務といい審査をしたのち、取引先の手形債権をSMBCファイナンスサービスが買い取る形になります。

SMBCファイナンスについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

SMBCファイナンスサービス 紹介

ペイトナー ファクタリング(旧:yup先払い)

ペイトナーHP画像
画像引用元
経営会社ペイトナー株式会社
(旧yup株式会社)
特徴・個人事業主でも利用可能
・オンライン完結審査完了通知と同時入金
・分かりやすい料金設定
入金スピード最短60分
手数料10%(一律)

ペイトナー ファクタリングではオンラインで申請から入金まで完結します。

審査通知と入金が同時に行われるのが特徴です。

そのため、最短60分という入金スピードを可能にしているのです。

ペイトナー ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

【即日・少額から】ペイトナーファクタリング必要書類や手数料は?

まとめ

この記事では、建設業の人ならではの資金繰りに関するお悩みや解決法についてご紹介してきました。

国から様々な補助や多くの民間のサービスを受けることができるので、選択に困っているという人の一つの参考になっていれば幸いです。

この記事のまとめ
  • 建設業ならではの資金繰りに関する悩みが多くある
  • 資金繰りを解決するには様々な手段があり、それぞれメリット・デメリットがある
  • ファクタリングという方法を視野に入れるのがおすすめ
  • 建設業の方におすすめのファクタリング会社を紹介

ファクタリングに関してもっと知りたいという方は以下の記事もおすすめです↓↓

ファクタリング 審査 アイキャッチ
ファクタリング 個人事業主 アイキャッチ
入金スピードが速いものはどれ?ファクタリングランキング10選!

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ