【全く違う!?】ファクタリングと融資の違いをイチから徹底解説!

ファクタリング 融資 アイキャッチ

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

この記事の結論
  • 融資はお金を「貸す」、ファクタリングは債権を「買い取る」
  • ファクタリングは審査が簡単で、入金までの期間が短い 
  • スピードや手軽さを求めるならファクタリング、手数料を抑えたいなら融資

ファクタリングという言葉は聞いたことがあるけれど、銀行や消費者金融の融資と何が違うのかよくわからない。

そんな疑問にお答えします!

この記事では、ファクタリングとよく比べられる資金調達方法である融資との違いについて解説していきます。

ファクタリングとはどんなサービス?

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、入金日よりも早く現金化するという金融サービスです。

まず、ファクタリングを利用しない通常の取引は図のようになります。

通常のかけ取引

このように、通常の取引では、「売掛金」が発生します。

売掛金とは未収の代金を請求する権利のことで、具体的には商品やサービスを提供した代金として発行する請求書や手形などがあります。

日本の商習慣では信用取引が基本となるため、報酬は通常1~2カ月先の後払いとなります。そのため、取引をしてもすぐに現金を手に入れることはできないのです。

そこで、ファクタリングを利用するとどうなるのでしょうか。

下記をご覧ください。

ファクタリング説明

このような取引の形であれば、ファクタリング会社に手数料として5~20%程度払う必要がありますが、早くて即日で現金化することができます

そのため、資金に余裕がないスタートアップや個人事業主にとって心強い資金調達手段になっています。

<こんな悩みを抱える人におすすめ>
  • 売上の入金があと1か月早かったら資金繰りが安定するのに…
  • テレワーク等の設備を整えたいが、設備投資の現金が手元にない…
  • 銀行で融資を頼んだが、断られてしまった…

ファクタリングと融資の違いは?

同じ資金調達の手段なら、金融機関の融資とどう違うの?と思う方もいるかもしれません。

たしかに、ファクタリングも消費者金融も手数料や利息を数%払って資金調達をするという部分は共通しています。

それぞれの違いを審査、返済、会計上の分類の視点から見ていきましょう。

ファクタリングは「債権を買い取る」、融資は「お金を貸す」

簡単に言うと、両者は貸金業にあたるかどうかの違いがあります。

消費者金融での資金調達は、業者が債務者の信用を担保に「お金を貸す」ことを指します。

一方でファクタリングは、債権(お金を受け取る権利)を「買い取る」ことを指しますので、貸金にはあたりません。

審査対象が異なる:ファクタリングは主に売掛先が対象

どちらも信用による契約なので、審査があります。

しかし、その対象が違います

融資の場合は、融資を受ける「自分」が審査の対象です。

借りた金額に対して返済能力はあるのか、複数の借入先があるのか、どれくらい返済が残っているのか等、自分の財務状況についてかなり深くまでじっくり審査されます。

一方でファクタリングの場合は、売掛先(自分の取引先)が審査の対象になります。

すなわち、取引先の経営がしっかりしていれば自身の資金繰りや自社の経営状態が悪くても資金調達が可能なのです

審査の難易度:ファクタリングの方が審査が緩い!

融資の場合、債務者が返済できるかどうかが不明確なので審査は厳しくなります。

一見信用できる債務者でも何が起こるかは分かりませんし、銀行なども無理にリスクを取ろうとしません。

一方でファクタリングは、既に取引が済んでいる売掛が対象なので、ファクタリング会社への返金は比較的確実です。

サービス提供者側のリスクが融資より低いので、そのぶん審査は緩くなります。

ファクタリングの審査について詳しく解説した記事はこちら!

ファクタリング 審査 アイキャッチ

手数料:ファクタリングの方が高い!

一般的に銀行融資の手数料は2~6%程度 (ビジネスローンなら10%以上も)程度であるのに対し、ファクタリングの手数料は5〜20%程度です。(2者間だと10〜20%、3者間だと1.0〜9.0%程度)

手数料を抑えることを最重視するなら基本的には融資の方が安く済みますね。

ファクタリングの手数料についてより詳しく解説した記事はこちら!

【アイキャッチ】ファクタリング 手数料

調達までの期間:ファクタリングの方が短い!

上記の通り、一般的に融資を受ける場合には自分の会社の規模や資産・経営状態などを深く審査されます。

なので早くても1週間はかかってしまいます。

その点、審査の緩いファクタリングは早くて60分で入金される会社もあります

返済期間・方法が異なる

融資の場合、返済期間は1か月~10年程度であり、支払方法は分割、期日一括、残高スライドなど豊富な種類があります。

一方ファクタリングの場合、返金期間は一般的には1か月~2か月程度であり、支払方法は期日一括です。

売掛先から利用者に売掛金が支払われる期日が既に決まっているからです。

ファクタリングの支払いについて詳しく解説した記事はこちら!

【アイキャッチ】ファクタリング利用後の流れ

貸借対照表上の分類も違う!

銀行の融資等で資金調達をすると、会計上では負債に分類されます。

負債があまりに多いと銀行審査での評価が下がってしまったり、企業の株価や社会的な信用力に影響したりするリスクがあります。

一方で、ファクタリングの債権譲渡による資金調達は負債に計上されないので、これらのリスクを回避することができます。

ファクタリング仕訳 アイキャッチ

比較すると、それぞれどんな時におすすめ?

融資とファクタリングの違いを表にまとめました。

  融資 ファクタリング
貸金業か
どうか
お金を「貸す」ので貸金業 債権を
「買い取る」の
貸金業ではない
審査対象 自分 売掛先
審査の
難易度
厳しい 比較的緩い
手数料 2~6%
(ビジネスローンなら10%以上も)
5〜20%程度
調達までの期間 早くても1週間 最短で即日
返済期間 1か月~10年 1か月~2か月
支払方法 ・分割
・残高スライド
・期日一括等
期日一括
会計上の
分類
負債 負債には
計上されない

スピード感や手軽さを求めるならファクタリング、信用力に自信があり手数料を抑えたいなら融資を選ぶと良いでしょう。

まとめ:自分に合った資金調達方法を選ぼう

いかがでしたか。

この記事の結論
  • 融資はお金を「貸す」、ファクタリングは債権を「買い取る」
  • ファクタリングは審査が簡単で、入金までの期間が短い 
  • スピードや手軽さを求めるならファクタリング、手数料を抑えたいなら融資

近年、多様な働き方が広がる中で、個人で働くフリーランスのような人たちは、信用に欠けると判断されてしまい金融サービスの対象となりづらいのが現状です。

審査が簡単なファクタリングは、企業に属さない彼らの強い味方となり得るでしょう。

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ