ファクタリングの「償還請求権」とは?仕組みや特徴を調べてみた!

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

ファクタリングは、資金繰りに悩むフリーランス・個人事業主・中小企業の大きな助けとなる資金調達方法の一つで、新たな金融サービスとして近年注目を集めています。

そんなファクタリングについて調べるとき、「償還請求権」という言葉を見た/聞いた覚えがある方は多いのではないでしょうか。

この記事では、ファクタリングにおける償還請求権の特徴やメリット・デメリットなどをご紹介します。

この記事のまとめ
  • ファクタリングにおける償還請求権とは、債権が債務者(=取引先<売掛先>)によって支払われないとき、ファクタリング利用者に直接償還を求める権利のこと
  • 日本におけるファクタリングは原則償還請求権なし
  • 償還請求権がないファクタリングは、手数料が高いものの合法である+未支払いリスクを負わない安心感がある

ファクタリングとは?

償還請求権について理解する前に、まずはファクタリングの仕組みを簡単に説明します。

ファクタリングとは、

入金日の遠い売掛債権(またはそれに準ずる債権)をファクタリング会社に売却することで、予定より早く売掛金を得る資金調達方法のこと

です。フリーランスや個人事業主、中小企業の資金調達に役立つ新興の金融サービスとなっています。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

ファクタリングとは?近年人気の資金調達法を調べてみた! アイキャッチ

償還請求権とは?

では、償還請求権とはなにを指すのでしょうか。

償還請求権とは、

金銭債権などが債務者によって支払われないときに、金銭債権をさかのぼって直接償還を求める権利のこと。リコースともいう。

です。

ファクタリングサービスにおいては、ファクタリング会社が買い取った債権の回収が不可能となった場合に、金銭債権の債務者(=取引先<売掛先>)ではなく金銭債権を売却した人(=ファクタリングの利用者)に償還を求める権利のことです。

ファクタリングにおける償還請求権のメリット・デメリットは?

ファクタリングにおいては、 償還請求権の有無によってファクタリングの利用者がリスクを負うかどうかが変わってきます。

償還請求権がある場合とない場合では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

下の表は、それぞれのメリット・デメリットをまとめたものです↓↓

償還請求権あり
(ウィズリコース)
償還請求権なし
(ノンリコース)
手数料安い高い
審査通りやすい通りにくい
売掛金が支払われないとき利用者が補償するファクタリング会社が補償する
信用情報への影響可能性としてありなし

償還請求権のある契約(ウィズリコース)

ファクタリング会社に償還請求権がある契約は「ウィズリコース」と呼ばれます。

ファクタリング会社が売掛金を回収できない場合、ファクタリング利用者に支払いが請求される契約形式です。

メリット

償還請求権があるファクタリングのメリットは、手数料の安さ審査の通りやすさです。

売掛金を回収できない場合でも償還請求権があれば、ファクタリング会社は利用者から補償を受けることができます。

ファクタリング会社にとってはリスクが軽減されるため、その分手数料が低めに設定され、審査に通りやすい仕組みとなっているのです。

デメリット

償還請求権があるファクタリングのデメリットとして、

  1. 売掛金の支払いが行われないときに補償しなければならないこと
  2. 実質的には売掛債権の譲渡担保融資であること

があげられます。

②に関して、償還請求権があるファクタリングでは売掛債権を担保として預ける形になります。

したがって保証人や担保設定が必要になるうえ、支払いが遅れると信用情報に悪影響を及ぼす可能性もあります

償還請求権のない契約(ノンリコース)

ファクタリング会社に償還請求権がない契約は「ノンリコース」と呼ばれます。

ファクタリング会社が売掛金を回収できない場合でも、ファクタリング利用者に支払いが請求されない契約形式です。

メリット

償還請求権がないファクタリングのメリットは、償還を請求されるリスクがないことです。

万が一売掛金の支払いが行われなくても、コストを負担するのはファクタリング会社であるため、利用者はリスクを負わずに安心してファクタリングを利用することができます。

デメリット

償還請求権がないファクタリングのデメリットは手数料の高さです。

償還請求権がないと、ファクタリング会社が売掛金を回収できないリスクを全て背負うことになるため、手数料は高めに設定されます。

ファクタリングにおける償還請求権のその他の特徴

償還請求権の有無によるメリット・デメリットが分かっていただけたかと思います。

次に、ファクタリングにおける償還請求権のその他の特徴をみていきましょう。

ファクタリングは原則償還請求権がない契約(ノンリコース)!

ファクタリングは、売掛債権(請求書)を売却することで予定より早めに売掛金を得る資金調達方法です。

売買契約であるため、日本国内のファクタリングにおいて、償還請求権は原則必要ありません

債権の二重譲渡や架空債権の利用といった違反が無い限り、売却した債権の責任を負う必要はないのです。

償還請求権がない契約では債権の信憑性や取引先の経営状況が重要!

ファクタリング会社は審査を通して、売掛金を回収できる可能性が高い債権のみ買取を行いリスクを回避します。

したがって、償還請求権がない(ノンリコースの)ファクタリングでは、債権の信憑性や取引先(売掛先)の経営状況が重要となります。

具体的には、二重譲渡になっていないか/実在する債権か・取引先が赤字経営になっていないか などです。

償還請求権がある契約(ウィズリコース)は違法の可能性も!

先ほど説明した通り、日本におけるファクタリングは、原則償還請求権がありません(ノンリコース)が、中には償還請求権がある(ウィズリコース)ファクタリングサービスも存在します。

しかし償還請求権がある場合、売掛金を担保とした貸付(譲渡担保融資)とみなされ、違法な取引になる可能性があります

そのため、償還請求権があるファクタリングを利用する際にはその合法性を確認する必要があるでしょう。

償還請求権がない契約(ノンリコース)のファクタリング業者3選!

ファクタリングにおける償還請求権についてご紹介してきました。

ここからは、編集部がオススメする償還請求権がない契約(ノンリコース)のファクタリング業者を3つご紹介します。

①イージーファクター

イージーファクター
画像引用元
2者間
3者間
個人
法人
手数料2.0%~8.0%
買取金額10万円~5000万円
入金スピード最短10分
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社株式会社No.1

まずご紹介するのは、株式会社No.1が提供する「イージーファクター」。

手続きの全てがオンラインで完結するうえ、必要書類が準備されていれば最短10分で入金されます。大型債権にも対応しており、2~8%という手数料は破格の安さです。

安く素早く、大規模の資金調達をすることができるでしょう。

イージーファクターについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

No.1 ファクタリング アイキャッチ

②ペイトナー ファクタリング(ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社))

ペイトナーHP
画像引用元
2者間
3者間×
個人
法人
手数料一律10%
買取金額1万円~15万円(初回)
入金スピード最短10分
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)

2つ目は、ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)が提供するファクタリングサービス「ペイトナー ファクタリング」です。

手続きが全てオンラインで完結することができ、申し込みから最短10分で素早く資金調達できること。また必要書類が(1)本人確認書類 (2)請求書 のみで済むこと・小口から利用できることから、かなり手軽に、素早く利用できるサービスだといえます。

「ペイトナー ファクタリング」の紹介記事はこちら↓↓

【即日・少額から】ペイトナーファクタリング必要書類や手数料は?

③QuQuMo

ququmo-ロゴ
画像引用元
2者間
3者間×
個人
法人
手数料1.0%~14.8%
買取金額限度なし
入金スピード最短2時間
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社株式会社アクティブサポート

最後に、株式会社アクティブサポートが提供するファクタリングサービス「QuQuMo」をご紹介します。

QuQuMoの特徴は、買取金額に下限と上限がないことです。

手数料は下限が1.0%と安めに設定されており、入金までの時間も最短2時間と比較的早いサービスとなっています。

安く、素早く、小口から大口まで、多様なニーズに対応しています。

「QuQuMo」の紹介記事はこちら↓↓

まとめ

いかがでしたか?

ファクタリングにおける償還請求権は、サービス利用時のリスク負担や安心感に大きく関わっています。

この記事では償還請求権の特徴・メリット/デメリット・ノンリコースのおすすめファクタリング業者をご紹介しました。

以下、この記事のまとめです↓↓

この記事のまとめ
  • ファクタリングにおける償還請求権とは、債権が債務者(=取引先<売掛先>)によって支払われないとき、ファクタリング利用者に直接償還を求める権利のこと
  • 日本におけるファクタリングは原則償還請求権なし
  • 償還請求権がないファクタリングは、手数料が高いものの合法である+未支払いリスクを負わない安心感がある

exciteファクタリングでは、他にも数多くのファクタリングに関する記事を紹介しています。

是非他のコンテンツもご覧になってください!

↓↓

社会保険料 ファクタリング アイキャッチ

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ