ファクタリングとは?図解で基礎から完全解説!【初心者必読!】

ファクタリングとは アイキャッチ

近年、新しい資金調達方法として知名度上昇中のファクタリング。

しかし、その仕組みを理解した上で、利用するファクタリング会社を決めることは大変で、初めてファクタリングを利用するハードルは高いのが現状です。

そこで、ファクタリング専門メディア「exciteファクタリング」が、どなたにも理解していただけるように徹底的にファクタリングを解説していきます!

この記事のまとめ
  • ファクタリングとは、「入金日の遠い売掛債権をファクタリング会社に売却することで、予定より早く売掛金を得る資金調達方法」のこと
  • 2者間ファクタリング、3者間ファクタリングという2つの利用形態がある!
  • 急いで資金を調達したいときや、与信状況が悪く融資などの審査に通らないときには特におすすめ!

目次

ファクタリングとは?

まずは、ファクタリングがどのようなサービスなのかをご紹介します!

ファクタリングを一言で表すと…

詳しい説明に入る前に、内容の理解に役立てていただくためにファクタリングを一言で定義してみることにします。

ファクタリングの定義は、難しく言うと、

入金日の遠い売掛債権をファクタリング会社に売却することで、予定より早く売掛金を得る資金調達方法

となります。専門用語も多いので少々難解かもしれません。

簡単に理解していただくために、ものすごく噛み砕くと、

請求書を売って、後でもらうはずだった報酬を先にもらうことができるサービス

と言うこともできます。これだとイメージが湧くのではないでしょうか?

定義を知るだけではファクタリングの強みは伝わらないかもしれません。ですがファクタリングは、

「明日までに現金を用意できないと、必要な支払いができない!どうしてもあと50万円欲しい!」

「銀行に融資を断られたけど、手元の資金が足りない・・・」

といったときに絶大な力を発揮する資金調達方法なのです。

このことはこの記事を読み通せばしっかりと理解していただけるはずです。今はまだ、イメージを掴んでいただくだけで問題ありません。

ファクタリングの仕組みは?

利用形態は2者間と3者間に分かれる!

ファクタリングには様々な種類がありますが、exciteファクタリングでは最も一般的な「売掛債権を売却して予定より早く売掛金を得る」というファクタリングのことを「ファクタリング」と呼んでいます。

これは厳密に区分すると「買取型ファクタリング」と呼ばれるものです。

買取型ファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングという2つの利用形態があります

利用の際にはどちらかを選ぶ必要があるので、比較しつつ解説していきます。

2者間ファクタリング

2者間ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング会社の2者で契約を結ぶファクタリングのことです。

ほとんどの場合、利用者の売掛先は、契約や手続きに一切関与しません。

2者間ファクタリング 説明図

2者間ファクタリングは、以下のような流れで進められます。

  1. 利用者が売掛債権をファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社は売掛金から手数料を差し引いた金額を利用者に入金
  2. 利用者の売掛先が利用者に売掛金を入金
  3. 売掛金を受け取った利用者は、すぐにファクタリング会社に売掛金を入金

2者間ファクタリングには以下のようなメリットがあります。

メリット①:入金スピードが速い!

2者間ファクタリングは必要最小限の手続きで済む場合が多く、申し込んだその日のうちに資金調達を完了させることも十分に狙えます

一刻も早い入金を目指すなら、オンライン完結型のファクタリングサービスがおすすめです。

ファクタリング 即日 心得 アイキャッチ

メリット②:売掛先にファクタリング利用を知られない!

ファクタリングを利用していることが売掛先に知られてしまうと、売掛先の信用を損なうこともあります。

2者間ファクタリングでは、売掛先がファクタリングの契約や手続きに一切関わらないことが多いので、基本的にそのような心配はありません

一方、以下のようなデメリットもあります。

デメリット①:手数料が高い!

基本的にファクタリングは融資などの資金調達方法と比べても手数料が高い傾向にあります。

さらに、2者間ファクタリングでは売掛先が関与しないことで売掛金の未回収リスクが残るため、手数料が特に高くなる傾向にあります。

一般的には10%〜20%が相場とされています。

デメリット②:審査が厳しめ

前述の通り2者間ファクタリングでは売掛金の未回収リスクが残るため、審査も3者間ファクタリングに比べると厳しいものになっています。

3者間ファクタリング

3者間ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング会社に利用者の売掛先を加えた3者で契約を結ぶファクタリングのことです。

3者間ファクタリング 説明

3者間ファクタリングは、以下のような流れで進められます。

  1. 利用者がファクタリングを利用することを売掛先が承認し、3者間で契約を結んだのち、利用者が売掛債権をファクタリング会社に売却
  2. ファクタリング会社は売掛金から手数料を差し引いた金額を利用者に入金
  3. 利用者の売掛先がファクタリング会社に売掛金を入金

3者間ファクタリングには以下のようなメリットがあります。

メリット①手数料が安い!

基本的にファクタリングは融資などの資金調達方法と比べても手数料が高い傾向にありますが、売掛先が関与する3者間ファクタリングでは売掛金の未回収リスクが低いため、手数料が2者間ファクタリングより安くなる傾向にあります

一般的には1%〜9%が相場とされています。

メリット②審査に通りやすい

同様に、3者間ファクタリングでは売掛金の未回収リスクが低くなるため、審査は2者間ファクタリングより通りやすくなっています

一方、以下のようなデメリットもあります。

デメリット①入金スピードが遅い

3者間ファクタリングでは、売掛先も契約に加わるためどうしても手続きが煩雑になり、入金までに数日から数週間かかってしまいます。緊急性の高い資金調達には不向きと言えます。

デメリット②売掛先にファクタリングの利用を知られる!

 3者間ファクタリングではその性質上、必然的にファクタリングの利用を売掛先に知られてしまいます。

売掛先にファクタリングを利用していることが知られてしまうと、売掛先の信用を損ない、その後の関係に影響することもあるので注意が必要です。

2者間・3者間ファクタリングのまとめ

ここまで2者間ファクタリングと3者間ファクタリングについて解説してきました。両者を比較すると以下の表のようになります。

  2者間ファクタリング 3者間ファクタリング
入金スピード 速い 遅い
手数料 高い 安い
審査 通りにくい 通りやすい

売掛先に
ファクタリング利用を

知られない 知られる

スピードや売掛先からの信用を重視するなら2者間ファクタリング、コストや審査の通りやすさを重視するなら3者間ファクタリングがおすすめです!

ファクタリングの手続きを詳しく解説!

先ほど2種類のファクタリングの仕組みについて解説したので、大まかな流れは把握していただけたかと思います。

ここからはファクタリングを利用する上での一つ一つの手続きを見ていきます。

申し込み時に気をつけること

ファクタリングを申し込むにあたって、用意しなければならないのは書類です。

yup先払い」のようにマイナンバーカードや免許証、パスポートなどの本人確認書類さえ用意すればいいものもあれば、用意に手間がかかる書類が複数必要なサービスもあります。

特に提出を求められやすい書類は以下の7つです。

必要書類 備考
登記簿謄本 法人の場合
身分証明書 免許証やマイナンバーカードなど
決算書 or 確定申告書 法人 or 個人
印鑑証明書  
通帳 指定期間のコピーなど
請求書・発注書・納品書・契約書など 売掛債権の存在を認識できるもの
売掛先企業との基本契約書  

詳しくは以下の記事をご覧ください!

ファクタリング 必要書類 アイキャッチ

審査で見られるポイントは?

ファクタリングの審査は、利用者本人よりも売掛先の与信状況が問われます。

ですので、利用者本人の与信に問題があり融資の審査に通らないと思われる場合でも、ファクタリングの審査はクリアできる可能性が十分にあります

具体的には、開業して日が浅い個人事業主や赤字企業、税金を滞納している企業でも利用できる場合があります。

審査において気をつけるべきポイントは以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください!

ファクタリング 審査 アイキャッチ

ファクタリング会社への入金

売掛債権の入金期日が到来するとファクタリング会社への入金が必要となります。

この入金は2者間ファクタリングでは利用者が、3者間ファクタリングでは売掛先が行います。

2者間ファクタリングで、取引先が支払いをすっぽかしたり、倒産してしまった場合の対処法は以下の記事にありますのでぜひご覧ください

ファクタリングのメリット・デメリットは?

先ほどは2者間ファクタリング・3者間ファクタリングのメリットやデメリットを解説しましたが、ここではファクタリング自体のメリットやデメリットをまとめてみます。

ファクタリングのメリット

非常にスピーディーに資金調達できる!

資金調達手段としてのファクタリングの強みはなんといっても入金までの速さです。

特に2者間ファクタリングでは、最短即日での入金が可能なサービスが数多くあります

保証人や担保が不要

ファクタリングは融資などで必要となる保証人や担保が不要なので、利用のハードルが低いと言えます。

ファクタリングは借入ではなく売買契約なので、信用情報に影響しない

ファクタリングは貸金業ではなく、売掛債権の売買によって行われるサービスです。

そのため、ファクタリングを利用しても負債が増えることはなく、信用情報に直接的な影響を及ぼすことはありません

オンライン完結型のサービスを使えば対面での面談などは不要!

オンライン完結型のファクタリングサービスを利用すれば、対面での面談など手間のかかる手続きを行わずに資金を調達することができます。

2者間ファクタリングを利用すれば、売掛先に知られずに利用できる!

2者間ファクタリングを利用する場合、契約が利用者とファクタリング会社の間だけで結ばれるので、売掛先に利用を知られることはありません。

ファクタリングのデメリット

手数料が引かれるので、受け取れる売掛金は本来の額より少なくなる

ファクタリングには手数料がかかり、それも資金調達手段としては高い部類です
(2者間ファクタリングで10〜20%、3者間ファクタリングで1〜9%が相場)。

なので、受け取れる売掛金の額は本来より少なくなってしまいます。

資金調達額は、売掛金の額の範囲内に限られる!

ファクタリングは仕組み上、売掛金の額を超える金額を調達することはできません。

保有している売掛金から手数料を引いた金額が調達可能額の上限となっています。

債権譲渡登記によって、ファクタリングの利用を売掛先に知られる可能性がある

債権譲渡登記を行うと、誰でも登記情報にアクセスできるため売掛先にファクタリングの利用を知られてしまう可能性があります。

債権譲渡登記はファクタリングを利用する上で必須のものではありませんが、もし債権譲渡登記が必要なサービスを利用すると、このリスクが生じます。

危険な闇金業者が存在する。

今ではおよそ淘汰されていますが、かつては給与ファクタリングという名の下で、貸金業を行なった違法業者が存在していたこともあります。

また、法外な手数料を取ったり悪質な取り立てをしたりするファクタリング会社は今でも存在するので、そのようなファクタリング会社を利用しないよう気をつける必要があります。

【アイキャッチ】給料ファクタリング

どういうときに利用するべき?

ズバリ、ファクタリングは、「急いで資金を調達したいとき」「与信状況が悪く融資などの審査に通らないとき」に使うのがおすすめです!なぜそう言えるのかを解説します。

ファクタリングは資金調達を主目的として利用されるサービスなので、大前提として手元の資金が足りないときに利用することとなります。

しかし、単に資金が足りないだけなら融資など他の選択肢も考えられます。

ここで、ファクタリングと融資の特徴を比較してみましょう。

  ファクタリング 融資
審査 通りやすい 通りにくい
手数料 高い 安い
入金スピード 速い 遅い

整理すると、融資と比べた時のファクタリングのメリットは「審査に通りやすいこと」「入金までに時間がかからないこと」です。一方、「手数料が高い」ことがデメリットになっています。

これらを総合すると納得していただけるのではないでしょうか。

ファクタリングがおすすめなのは…
  • 急いで資金を調達したいとき
  • 与信状況が悪く融資などの審査に通らないとき

ファクタリングに関するよくある質問

ここまでで紹介しきれなかったことを中心に、ファクタリングに関する細かい情報をQ&A形式で補足していきます。

必要な箇所や興味がある箇所だけお読みください!

Q1. ファクタリングで、手間を省いて素早く資金調達するにはどうすればいい?

A.

入金が速い2者間ファクタリングを利用し、さらに対面での面談が不要なオンライン完結型のサービスを利用するのがおすすめです。

また、サービスによっては初回利用時の入金が遅い場合があるので、同じサービスを繰り返し利用するのも一手です。

Q2. 手数料をできるだけ安く抑えるにはどうすればいい?

A.

ファクタリングの手数料は、審査時に評価された与信状況や過去の利用状況などを元に決められます。

初回よりも2回目以降の方が手数料は安くなる傾向にあるので、利用するサービスを毎回変えるのはおすすめできません

また、手数料が想定以上に高くなる事態を避けるためには、手数料の上限が明記されているサービスや一律で手数料を定めているサービスがおすすめです。

[ここに手数料のランキング記事をはりたい]

Q3. ファクタリングを利用するには債権譲渡登記が必要って本当?

A.

債権譲渡登記は、サービスによっては要求されることもありますが、ファクタリングを利用する上で絶対に行わなければならないわけではありません。詳しくはこちらをご覧ください。

ファクタリング 債権譲渡登記 アイキャッチ

Q4. 個人事業主でもファクタリングは利用できる?

A.

個人事業主やフリーランスの方が利用できるファクタリングサービスは数多くあります

中でも特に、個人の資金調達の悩みをよく理解している「個人事業主・フリーランス向け」のサービスを利用するのがおすすめです。

ファクタリング 個人事業主 アイキャッチ

Q5. (2者間ファクタリングで)売掛先が倒産してもファクタリング会社への返金は必要?

A.

償還請求権のない(ノンリコースの)2者間ファクタリングを利用していれば、売掛先から売掛金を回収できない場合でもファクタリング会社に返金する必要はありません

償還請求権のある(ウィズリコース)のファクタリング会社を利用していれば返金が必要です。

Q6. ファクタリングを利用するとき、担保や保証人は必要?

A. ファクタリングは融資とは異なり売掛債権の売買契約に基づく金融サービスなので、担保や保証人は必要ありません。

様々な種類のファクタリング

ファクタリングは、これまで主に説明してきた買取型ファクタリング以外にも様々な種類があり、それらは取り扱う債権の種類や利用目的などの違いによって分類することができます。

この項では、それぞれの概要について解説していきたいと思います。

一括ファクタリング

一括ファクタリングは支払企業(債務者)向けの側面が強いファクタリングサービスです。

かつて、支払企業(債務者)は「手形」という手段で支払サイクルをコントロールしていました。

しかし、手形を発行するための手間やコストがかかってしまいます。

この問題点の打開策として誕生したのが「一括ファクタリング」です。

一括ファクタリング アイキャッチ

国際ファクタリング

国際ファクタリングは外国との貿易事業を展開している事業者向けのファクタリングサービスです。

国内の輸出業者が、海外の輸入業者に対して商品を輸出した場合、輸入業者からの代金回収を確実に行う必要があります。

そのために、海外のファクタリング会社に売掛債権を売却・譲渡することによって、より確実な代金回収を実現することができます

保証型ファクタリング

保証型ファクタリングは、未払いの売掛債権を担保に、ファクタリング会社と債権者との間で保証契約を結ぶ仕組みです。

万が一、債務者側が貸倒れた場合、契約した売掛債権の代金はファクタリング業者によって支払われます。

一般に、ファクタリングは資金繰りの改善を目的としますが、保証型ファクタリングは資金調達を目的としておらず、「債務者側の貸倒れのリスク回避」を図るために利用されることが多いです。

保証ファクタリング アイキャッチ

医療ファクタリング

医療ファクタリングは医療機関のみが使用できるファクタリングです。

国民健康保険や介護保険などから支払われる、診療報酬(レセプト報酬)を早期に現金化することが可能です。

通常だと、診療報酬を医療機関が受け取るまでにある程度の期間が必要です。

医療ファクタリングは、その間の医療機関の資金繰りを改善する役割を果たしています。

【アイキャッチ】医療ファクタリング

リバースファクタリング

リバースファクタリングは債務者側、すなわち買掛金の保有者がファクタリング会社に支払いの代行を依頼するファクタリング方法です。

通常のファクタリング は売掛債権の保有者が依頼しますが、リバースファクタリングの場合、買掛金の保有者がファクタリング会社に依頼するため「リバース(=逆)」という名前がつけられています。

リバースファクタリング アイキャッチ

商品在庫ファクタリング

商品在庫ファクタリングは小売事業者向けの新しいファクタリングサービスです。

他の多くの種類のファクタリングは債権を扱いますが、商品在庫ファクタリングでは代わりに余剰在庫を扱います。

利用者は余剰在庫をファクタリング業者に売却し、現金化することができます。

小売業者は商品の生産・仕入れを行い、それを売却することで収益を出しています。

一方で、小売業者には商品が売れず、在庫を抱えるリスクが常につきまとっています。

また、余剰在庫が発生した場合、管理費などのコストを内包することに繋がります。

このような小売業者の悩みを解決するためのファクタリングサービスになります。

商品在庫ファクタリング アイキャッチ

家賃ファクタリング

家賃ファクタリングは不動産事業者・不動産保有者(大家)向けのファクタリングサービスです。

将来的な家賃収入を家賃債権としてファクタリング会社に売却することで、早期に現金を受け取ることが可能になります!

【アイキャッチ】家賃ファクタリング

ファクタリングの歴史

最後に、ファクタリングという金融サービスの歴史を解説します!

ファクタリングの起源

ファクタリングの起源は古代メソポタミア文明まで遡ると言われています。

当時は通貨という概念が存在しておらず、穀物や銀が通貨の役割を果たしていました。

当時の法律を納めている「ハンムラビ法典」には貸借の仕組みや金利の仕組みが記載されており、ファクタリングの基礎はすでにこの時代に出来上がっていたといえます。

現代的なファクタリングの誕生

その後、ファクタリングは時代とともに進化し続け、1900年代初頭のアメリカで現行の仕組みが出来上がりました。

当時のアメリカの衣服・繊維会社は原材料の仕入れが途絶えないよう、請求書を現金化することで生産サイクルを維持していました。

このように資金繰りを改善し、生産サイクルを止めることなく生産を続けた結果、アメリカの繊維産業は急速な発展を遂げます。

その後、アメリカでファクタリングを利用した資金繰り方法が広まり、様々な産業で需要が高まったため、銀行がファクタリングを提供し始めます。

その名残りもあり、アメリカはファクタリングを提供する会社が日本より圧倒的に多いです。

日本に入ってきたのは1970年代

日本にアメリカからファクタリングが流入したのは1970年代のことです。当時は手形取引が主流であったうえ、手続きも複雑だったため浸透しませんでした。

しかし、2005年に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が制定され、債権譲渡における登記制度が確立し、手続きの簡略化が図られます。この法律により債権の二重譲渡などのトラブルが防止され、債権譲渡しやすい環境が整ったため、国内で少しずつ浸透していきました。

そして、副業が働き方のトレンドである昨今、資金繰りを手助けしてくれるサービスとしてさらなる広がりを見せています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ファクタリングは利用するべき状況で利用すると絶大なメリットをもたらしてくれる資金調達手段ですが、デメリットも多々あります。

まずファクタリング自体を利用するかどうかを検討し、利用する場合はどのサービスを利用するか慎重に選びましょう!

この記事のまとめ
  • ファクタリングとは、「入金日の遠い売掛債権をファクタリング会社に売却することで、予定より早く売掛金を得る資金調達方法」のこと
  • 2者間ファクタリング、3者間ファクタリングという2つの利用形態がある!
  • 急いで資金を調達したいときや、与信状況が悪く融資などの審査に通らないときには特におすすめ!