フリーランス向けの資金調達法6選! ファクタリングや融資ならどれがいい?

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
画像引用元
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

近年、個人で仕事を請け負う人が増加しており、フリーランスという仕事の形態も急速に普及してきています。

そんな中で資金調達で苦しむフリーランスの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなフリーランスの方におすすめの資金調達の方法を6つ紹介していきます!

この記事の結論!
  • フリーランス人口は増加中
  • 資金調達の悩みを抱えるフリーランスも増えていることが予想される
  • その悩みの解決法として特にオススメのなのがファクタリング

フリーランス人口は年々増加中!

【ランサーズ】フリーランス実態調査 2021」によると、2021年2月時点でのフリーランス人口は、2018年の1,151万人に比べて57%増の、1,670万人です。

このように、自由な勤務形態などが理由となって日本の全国民に占めるフリーランスの割合は増加傾向にあります。

また、昨今の新型コロナウイルス感染症の流行により収入が減少した人がフリーランスとして副業を始める事例もあり、今後もフリーランス人口がより一層増え続けることが予測されています。

“PayToday”が「フリーランスの資金調達カオスマップ」を公開!

そんな中、PayTodayを提供するDual Life Partners株式会社が「フリーランスの資金調達カオスマップ」を公開しました。

PayTodayは「AIファクタリング」を売りにしているサービスです。

詳細は以下の記事で紹介しているため、ここでは割愛します。

ではなぜこのカオスマップがリリースされたのでしょうか?

その背景にはフリーランスの資金調達需要の増加・資金調達手段の少なさがあると考えられます。

この記事をお読みの方の中にも同じような悩みを持つ方がいるかもしれません。

そんな方のために、ここからはフリーランスにオススメの資金調達手段をexciteファクタリング編集部が厳選して紹介していきます!

フリーランスにオススメの資金調達手段6選

フリーランスにオススメの資金調達手段!
  1. ファクタリング
  2. 日本政策金融公庫
  3. 信用保証協会の保証付き融資
  4. クレジットカード
  5. カードローン
  6. 消費者金融

①ファクタリング

ファクタリングの取引

ファクタリングは、未払いの売掛債権をファクタリング業者に売却することで、売掛金を早期に現金化できる仕組みです。

どのようなサービスなのか、以下の記事で詳しく説明されています↓↓↓

他の資金調法に比べ入金までがかなり速く、契約がオンラインで完結するサービスも多いなど、より手軽な資金調達法といえます。

また、ァクタリングは融資(借入)ではなく、請求書の売買契約の元に成り立つため、金利が発生しないことも特徴の一つです。

ファクタリングと融資の違いについては、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

しかし、現金化できる範囲が売掛債権の額面内に限られ、そもそも売掛債権がないと利用できないなど、利用するにあたっては制限もあります。

②日本政策金融公庫

まず一つ目が日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫の出資元は100%政府であり、個人事業主や中小企業を含めたさまざまな人を対象に融資を行っています。

特徴は何といっても政府系の金融機関であることでしょう。他の金融機関に比べ金利が低く、返済期間も長くなっているので無理なく返済できます

反面、必要書類の量は多く、申し込みから利用開始までの時間もかかるので、利用に際してのハードルは高いかもしれません。

③信用保証協会の保証付き融資

二つ目は、融資を受ける際に信用保証協会から債務保証をしてもらう、というものです。

信用保証協会とは、中小企業の資金調達を円滑にすることを目的に「信用保証協会法」に基づき設立された公的機関です。

信用保証協会が事業者の債務を保証することで、金融機関が回収不能のリスクを負わなくて済むようになるので、事業者としては融資を受けやすくなります。

原則として保証人・担保を必要としないのみならず、既存の融資に保証付融資が加わることで融資額の拡大が見込めるのも特長と言えるでしょう。

ですが、この仕組みは保険とは異なるので代位弁済があっても借入金自体は残ることや、協会の保証があるからといって必ずしも融資を受けられるわけではないということは注意すべき点です。

また、信用保証制度の仕組みは下記に図解をしてまとめてみました!

信用保証協会の保証付き融資 仕組み

④クレジットカード

クレジットカードもフリーランスの資金調達の手段としておすすめできます。

さまざまな決済を後払い可能にするという特徴をうまく利用すれば、資金繰りを改善させることもできるでしょう。

注意すべき点として、フリーランスは収入が不安定であり審査に通りにくいということがあげられます。

⑤カードローン

サービスによりますが、カードローンもフリーランスの資金調達手段として利用できます。

「カードローンって個人の生活費向けの融資サービスじゃないの?」と思われるかもしれませんが、条件を満たしていればフリーランスの事業資金としても利用できます。

基本的にはクレジットカードと同じで担保・保証人は必要なく限度額内で自由に借入可能です。

ただし金利は高くなりますし、事業資金に対応しているサービスが少ないこともネックにはなるでしょう。

⑥消費者金融

巷に溢れる消費者金融業者から融資を受け、事業資金とすることも可能です。

法律により過度な取り立てや法外に高い金利は禁止されているので、安心して利用できるでしょう。

先述のカードローンに特化したものもあります。

申し込みから借入まで最短即日のスピード感があるものの、銀行のカードローンよりも金利が高い点や、貸銀行法上の総量規制ルールにより借入可能額が年収の3分の1に制限されている点には注意が必要です。

オススメはファクタリング!

ここまで紹介してきた資金調法の中で、exciteファクタリング編集部が特にオススメするのがファクタリングです!

現在主流となっているフリーランスの資金調達法は、銀行融資や消費者金融など個人の信用力に依存するものです。

そのため、事業が「急激に」伸びた際、フリーランスは運転資金不足に悩まされることが多いです。

日本で最も代表的な資金調達法である銀行融資ですらこのスピード感に追い付けていない現状があります。

オンライン完結・最短60分での入金など、ファクタリングはこのスピード感に対応できる特徴を多く持ちますし、最近では個人向けサービスも充実しています。

このような理由から、ファクタリングはフリーランスの方の資金調達法として特にオススメです!

フリーランスにオススメのファクタリング5選!

では、実際にどのファクタリングサービスがフリーランスにオススメなのか、見ていきましょう。

フリーランスの方のお悩みを解決できるであろうファクタリングサービスを5つ紹介していきます!

フリーランスにおすすめのファクタリングサービスについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください!↓↓↓

フリーランスにオススメのファクタリング5選!
  1. 先払い:ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)
  2. OLTAクラウドファクタリング:OLTA株式会社
  3. フリーナンス即日払い:GMOクリエイターズネットワーク株式会社
  4. ビートレーディング:株式会社ビートレーディング
  5. labol(ラボル:旧nugget):株式会社ラボル

ペイトナーファクタリング:ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)

◎ 審査通過率が80〜90%と高水準で、最短当日に入金される!

◎ 個人でも、法人でも利用可能なファクタリングサービス

「ペイトナーファクタリング」はペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)が提供するサービスです。

2019年9月にβ版がリリースされ、開始7日で流通金額1500万円を突破した業界注目のサービスです。

大きな特徴は最短60分での入金です。

最短60分の入金は業界最速のスピードです。

これは今すぐに現金が欲しい方には大きな魅力です。

ただ、初回の買取可能上限金額は10万円と、人によっては少額すぎることがあります。10万円を超える額で利用したい場合は他社のサービスを利用しましょう。

2者間
3者間×
個人
法人
手数料一律10%
買取金額1万円~25万円(初回)
~100万円(2回目以降)
入金スピード最短10分
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社ペイトナー株式会社
【即日・少額から】ペイトナーファクタリング必要書類や手数料は?

OLTAクラウドファクタリング:OLTA株式会社

◎ 買取金額の上限・下限なし!少額〜高額の売掛債権の買取が可能!

◎ TVCMの放送や、様々な地銀との提携など、かなり勢いがある

「OLTAクラウドファクタリング」は取引先に通知が不要な2者間ファクタリングを採用した、オンライン完結型ファクタリングサービスです。

買取金額の上限・下限を設けていない上に、手数料が2〜9%と業界最低水準での買取を行っています

買取を行う売掛債権の幅の広さから、2018年のサービス開始から約2年で総買取金額が150億円を突破した、勢いのあるファクタリングサービスです。

また、2021年7月にはTVCMの放送や、様々な地銀との提携など、ファクタリング業界の中でも頭ひとつ飛び抜けた勢いがあるサービスであると言えます!

2者間
3者間×
個人
法人
手数料2〜9%
買取金額上限・下限なし
入金スピード最短即日
オンライン完結
債権譲渡登記×
運営会社OLTA株式会社
【2022年最新】"OLTA"の評判は?手数料や評判、口コミを徹底解説!

フリーナンス即日払い:GMOクリエイターズネットワーク株式会社

◎ 申し込みから最短当日で現金化が可能!

◎ 補償も充実している、個人の利用に特化したファクタリングサービス

フリーナンス即日払いは大手のGMOグループが提供するフリーランス向けファクタリングサービスです。

大手が提供しているため安心感もありますし、手数料も3〜10%と比較的安い優良サービスです。

また、フリーランスの万が一のための補償サービスも各種取り扱っているため、フリーランスの金銭事情の強い味方となってくれるサービスです。

買取金額の記載がないので少々不安点はありますが、クチコミなどを見れば解消できるでしょう。

しっかりリサーチをした上で利用しましょう。

2者間
3者間×
個人
法人
手数料3〜10%
買取金額1万円〜
入金スピード最短当日
オンライン完結
債権譲渡登記×
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
【アイキャッチ】フリーナンス

ビートレーディング

◎ 手数料2%〜、申し込みから最短即日で現金化が可能!

◎ 買取金額無制限で利用しやすい!

ビートレーディングはファクタリング業界でとても有名な企業です。

実績やクチコミも十分にあります。手数料は2%〜と安く、即日での入金もできるため、個人の方が使うにはもってこいのサービスです。

ただ、初回はオフラインでの面談が必要な点、手数料の上限が明記されていない点が不安点かもしれません。利用の際は以下のサービスを詳しく解説した記事を参考にしてみてください。

2者間
3者間
手数料2%〜
買取金額上限・下限なし
入金スピード即日〜3日
オンライン完結○(オンライン・来社・訪問いずれか選択)
債権譲渡登記×
運営会社株式会社ビートレーディング

labol(ラボル:旧nugget)

◎ 申し込みから最短60分で現金化が可能!

◎ 簡単3ステップで申し込みが可能なフリーランス向けサービス!

labol(ラボル:旧nugget)は株式会社ラボルによって2020年7月にサービスの本格開始がなされたファクタリングサービスです。

非常に新しいサービスではありますが、シンプルな料金体系と素早い入金スピードによって人気を博しています。

ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)の「ペイトナーファクタリング」などと同様に、近年事業者が増えてきている「個人・少額向け」のファクタリングサービスとなっています。

2者間
3者間×
手数料一律10%
買取金額1万円〜
入金スピード最短60分
オンライン完結
債権譲渡登記なし
運営会社株式会社ラボル

まとめ

今回の記事では、フリーランスにオススメの資金調達法をいくつか紹介してきました。

ざっくりと記事の内容を振り返ってまとめてみましょう!

この記事のまとめ!
  • フリーランス人口は増加中
  • 資金調達の悩みを抱えるフリーランスも増えていることが予想される
  • その悩みの解決法として特にオススメなのがファクタリング

今回の記事がフリーランスの方の資金調達の悩みを解決する一助になれば嬉しく思います!

exciteファクタリングでは他にもフリーランス・資金調達に関連した記事を取り揃えています!

ぜひご覧ください!↓

PayTodayのファクタリングがおすすめ!

paytoday
画像引用元
  • リリース開始わずか7か月で累計の買取申込金額が10億円を突破
  • 業界最低水準の手数料上限9.5%
  • 個人・法人問わず、最短即日、オンライン完結で利用可能!