【2022年8月版】手数料が低いファクタリングTOP10!【3者間ファクタリング編】

【2022年最新版】 手数料が低いファクタリングTOP10! 【3者間ファクタリング編】

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

近年ファクタリングの注目度が急上昇しています。

しかし、いざ利用を試みると高額手数料で損をしてしまうこともあります。

そのため、手数料を制する者がファクタリングを制すると言っても過言ではありません。

今回は、3者間ファクタリングに注目して手数料が最も安いファクタリング会社を調べてみました!

目次

そもそも、3者間ファクタリングとは?

3者間ファクタリングの仕組み

 3者間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社に取引先を加えた3者間で契約するファクタリングサービスです。3者間ファクタリングは売掛先の同意を得るため、支払いを巡るトラブルを未然に防ぐことができます。

以下は3者間ファクタリングを図解したものです。

3者間ファクタリング 説明

3者間ファクタリングをもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

【完全網羅】3者間ファクタリングとは?仕組みやメリットなどを紹介!

3者間ファクタリングのメリット・デメリット

メリット

3者間ファクタリングのメリットは2者間ファクタリングと比べて手数料が安いことです。

2者間ファクタリングの手数料の相場は10%~20%程度ですが、3者間ファクタリングの手数料の相場は1%〜9%で利用時の損失を抑えることができます。

これは取引先が契約に参加しない2者間ファクタリングと比べて未回収のリスクが低いことに起因します。

ファクタリングの手数料について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

【アイキャッチ】ファクタリング 手数料

さらに、3者間ファクタリングのメリットは2者間ファクタリングと比べて審査に通りやすいです。

3者間ファクタリングでは、利用者の取引先が契約に参加するため、ファクタリング業者が取引先から直接代金を回収することができます。「利用者が入金された売掛金を持ったまま音信不通になってしまう」などの事態を考慮しなくてよい分、売掛金の未回収リスクが低くなるのです。

デメリット

3者間ファクタリングのデメリットはファクタリングの利用が取引先に知られる事です。

3者間ファクタリングは契約に取引先が参加するので、取引先がファクタリングの利用に合意する必要があります。

取引先へ負担を強いることにもなり、取引先のファクタリングへの理解がない場合には断られてしまうかもしれません。

また、ファクタリングの利用により取引先との関係の悪化を招く可能性があります。利用する場合は事前に取引先と相談しておきましょう。

3者間ファクタリングの手数料を調べる際の注意点

①手数料は固定制か?変動性か?

 まず、3者間ファクタリングの手数料を調べる際、ファクタリングの手数料には予め一律に決まっている「固定制」債権額や会社の信用度に応じて手数料がその都度変わる「変動性」の2パターン存在することに注意する必要があります。

 固定制は、例えばペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)の一律10%のような例があり、予め手数料が定まっており「思っていたより手数料が高い」という事態を防ぐことができるため、資金繰りの目処を立てやすいというメリットがあります。

【即日・少額から】ペイトナーファクタリング必要書類や手数料は?

 一方、変動制は、例えばマネーフォワードケッサイ株式会社の1~10%のような例がありますが、債権額や会社の信用度によって手数料が変動するため、手数料の下限を狙えばより安い手数料でファクタリングを利用できるというメリットがあります。

MF KESSAI アイキャッチ

②変動制なら下限と上限は?

 次に、ファクタリングの手数料の「変動制」を選択する場合、手数料の下限と上限を確認しておく必要があります。

特に注意すべき点は上限が明記されていないファクタリング会社を利用する場合です。上限が明記されていないと想定以上の高額な手数料を負担する可能性があります

そこで、下限・上限の両方が明記されているファクタリングサービスを利用することをオススメします。ちなみに、上限が明記されていない場合は問い合わせ見積もりを申請することで予め手数料を把握することができます。

③2者間の手数料と勘違いしていないか?

最後に、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの双方を提供している会社のファクタリングを利用する場合、記載されている手数料が3者間ファクタリングの手数料であるかどうかを確認する必要があります

HP等に書いてある手数料が2者間ファクタリングを利用した場合の手数料であったりするため、手数料をきちんと確認せずに利用した場合、予想と異なる割合の手数料を負担することになるかもしれません。

ランキング作成の基準

ここで、3者間ファクタリングのランキングを発表する前に評価にあたっての基準を紹介します!

①手数料の下限と上限が明記されていることが条件

ランキング作成の条件として、手数料の下限と上限がきちんと明記されていることが重要です。ファクタリング会社のなかには手数料を公開しない会社があります

手数料の下限・上限が明記されていないと正確な評価ができません。例えば、手数料が下限2%と記載があっても上限が明記されていないければ、負担する手数料が20%を越えることも考えられます。

②その他の条件

3者間ファクタリングは、独立系や銀行系、ノンバンクそして社団法人など様々な業者が提供しています。

ただし、法人形態に関しては手数料に直接関係しないため、ランキングの順位付けに反映されないことにご留意ください

人気ファクタリングサービス全62サービスを徹底比較!

今回の審査対象は以下の通り(全62サービス)

今回は以下の62サービスを検証しました!

先払い:ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)

アクセルファクター:株式会社アクセルファクター

ウィット:株式会社ウィット

ベストファクター:株式会社アレシア

OLTAクラウドファクタリング:OLTA株式会社

anew:anew合同会社

事業資金エージェント:アネックス株式会社

QuQuMo:株式会社アクティブサポート

ジャパンマネジメント:株式会社ラインオフィスサービス

えんナビ:株式会社インターテック

ビートレーディング:株式会社ビートレーディング

K2ソリューションズ:株式会社K2ソリューションズ

三共サービス:株式会社三共サービス

ビジネクスト:アイフルビジネスファイナンス株式会社

りそな決済サービス:りそな決済サービス株式会社

みずほファクター:みずほファクター株式会社

三菱UFJファクター:三菱UFJファクター株式会社

オリックス:オリックス株式会社

フリーナンス即日払い:GMOクリエイターズネットワーク株式会社

MF KESSAI アーリーペイメント:マネーフォワードケッサイ株式会社

トップ・マネジメント:株式会社トップ・マネジメント

日本中小企業金融サポート機構:一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

GMO BtoB 早払い:GMOペイメントゲートウェイ株式会社

アクティブサポート:株式会社アクティブサポート

MI Vision:株式会社MI Vision

OTTI:株式会社オッティ

アイフルビジネスファイナンス:アイフルビジネスファイナンス株式会社

トラペイ:株式会社TrustGateway

MSFJファクタリング:MSFJ株式会社

ファクタリング東京:株式会社ライズジャパン

TRY:株式会社SKO

ジャパンファクター:株式会社ジャパンファクター

SMBCファクタリング:SMBCファイナンスサービス株式会社

浜銀ファイナンス:浜銀ファイナンス株式会社

百十四銀行:百十四銀行

足利銀行:足利銀行

nugget:株式会社セレス

株式会社No.1:株式会社No.1

西日本ファクター:株式会社西日本ファクター

ファクタリングジャパン:株式会社Frontierfort

TRUST GATEWAY:株式会社トラストゲートウェイ

名古屋銀行:株式会社名古屋銀行

山口銀行:株式会社山口銀行 

三田証券:三井証券株式会社

リコーリース:リコーリース株式会社

昭和リース:昭和リース株式会社

NTTファイナンス:NTTファイナンス株式会社

JA三井リース:JA 三井リリース株式会社

セイノーグループ:セイノーホールディングス株式会社

PMG:ピーエムジー株式会社

電子請求書早払い:株式会社インフォマート

バイオンAIファクタリング:株式会社バイオン

うりかけ堂:株式会社hs1

クイックマネジメント:株式会社ウェーブネット

ファクタリングZERO:スリートライト

ファクタリングのトライ:株式会社SKI

ファクタリング福岡:株式会社トラストコーポレーション

アクシアプラス:株式会社アクシアプラス

プロテクトワン:株式会社PROTECT ONE

smart factor:有限会社MSJ INNOVATION

ネクストワン:株式会社NEXT ONE

以下は採点基準です。

採点基準①手数料の下限(2点満点

手数料の下限が低ければ低いほど高得点になるようにしています。

スコアは以下の方法で算出しています。

スコアの算出方法

2.2-(手数料の下限)÷5

採点基準②手数料の上限(3点満点)

手数料の上限も低ければ低いほど高得点になるようにしています。

スコアは以下の方法で算出しています。

スコアの算出方法

4-(手数料の上限)÷6

また、上限が不明な場合は、便宜的に相場の9%として計算します。

全54サービス徹底比較/おすすめランキングTOP10!

本題のランキングに入ります!なお、同点の場合は手数料の上限が低い方を高い順位にしています!

順位 サービス名 スコア 手数料 業種
1 アクティブサポート

5

0.1~5% 独立系

1

ネクストワン

5

0.1~5%

独立系

3 No.1 4.82 1~5% 独立系
4 GMO BtoB 早払い 4.02 1~9%(※) 独立系
4 りそな決済サービス 4.02 1~9%(※) ノンバンク
4 PMG 4.02 2~8% 独立系
7 事業資金エージェント 3.92 1.5~9%(※) 独立系
7 三共サービス 3.92 1.5~9%(※) 独立系
7 プロテクトワン 3.92 1.5~9%(※) 独立系
7 Smart Factor 3.92 1.5~9%(※) 独立系

(※)上限が不明なため、相場の9%とする。

続いて、ランキングにランクインしたサービスの詳細を解説します!

1位 アクティブサポート:株式会社アクティブサポート

総合評価
5 out of 5 stars (5 / 5)
①手数料の下限:0.1%
②手数料の上限:5.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)1.5~4%
買取金額最大1億円
入金スピード最短2時間
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社株式会社アクティブサポート

exciteファクタリングの編集部が選んだ手数料ランキング第1位は「アクティブサポート」(株式会社アクティブサポート)です。

手数料の上限・下限ともに業界最安の水準です。今回のランキングではぶっちぎりの1位ということになりました!

2位 ネクストワン:株式会社NEXT ONE

総合評価
5 out of 5 stars (5 / 5)
①手数料の下限:1.5%
②手数料の上限:4.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)1.5~4%
買取金額30万円〜上限なし
入金スピード最短即日
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社株式会社NEXT ONE

exciteファクタリング編集部が選んだ手数料ランキング第2位は「ネクストワン」(株式会社NEXT ONE)です。

買取可能額も30万円〜上限なしと、大口債権を現金化する際にもおすすめです!

しかし、法人専門のファクタリングサービスなので、フリーランスや個人事業主の利用はできませんのでご注意ください!

3位 株式会社No.1:株式会社No.1

画像引用元

総合評価
4.8 out of 5 stars (4.8 / 5)
①手数料の下限:1.0%
②手数料の上限:5.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)1~5%
買取金額最大5000万円
入金スピード最短即日
オンライン完結
債権譲渡登記必要(留保可能)
運営会社株式会社No.1

exciteファクタリング編集部が選んだ手数料ランキング第3位は「No.1」(株式会社No.1)です。

手数料の上限・下限ともに業界でも最低水準に位置します。今回のランキングでは惜しくも「アクティブサポート」と「ネクストワン」に敗れましたが、手数料の上限に関してはアクティブサポート同様の5%で最安を誇ります。

ただし、No.1を利用する際には、債権譲渡登記が必要になるのでご注意ください。

4位 GMO BtoB 早払い:GMOペイメントゲートウェイ株式会社

総合評価
4 out of 5 stars (4 / 5)
①手数料の下限:1.0%
②手数料の上限:9.0%

2者間
3者間
手数料注文書買取:2%~12%
請求書買取:1%~10%
買取金額100万円~1億円
入金スピード最短2営業日
オンライン完結
債権譲渡登記なし
運営会社株式会社GMO PG

exciteファクタリング編集部が選んだ手数料ランキング第4位は「GMO BtoB 早払い」(GMOペイメントゲートウェイ株式会社)です。

大手ITグループのGMOグループの子会社が提供しているサービスで、BtoB(企業間)で行うことが大きな特徴です。

「GMO BtoB 早払い」の詳細は別記事で解説していますので、そちらもご覧ください。

GMOBtoB早払い アイキャッチ

4位 りそな決済サービス

2者間×
3者間
手数料(3者間)1~9%
買取金額非公開
入金スピード2週間以上
オンライン完結×
債権譲渡登記必要
運営会社りそな決済サービス株式会社

「GMO BtoB早払い」と同率で、手数料ランキング第4位に「りそな決済サービス」(りそな決済サービス株式会社)もランクインしました。

大手のりそな銀行の子会社が提供するサービスで、安心して利用できると思います。

4位 PMG:ピーエムジー株式会社

画像引用元

総合評価
4 out of 5 stars (4 / 5)
①手数料の下限:2.0%
②手数料の上限:8.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)2~8%
買取金額最大2億円
入金スピード平日平均3日
オンライン完結×
債権譲渡登記必要(保留可能)
運営会社ピーエムジー株式会社

「GMO BtoB早払い」と「りそな決済サービス」と同率で手数料ランキング第4位に「PMG」(ピーエムジー株式会社)もランクインしました。

PMGの特徴として、手数料の上限が8%で同率4位の他3社よりも低いことや、買取金額の上限が2億円とファクタリング業界でも最大級であることが挙げられます。

7位 事業資金エージェント:アネックス株式会社

総合評価
3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
①手数料の下限:1.5%
②手数料の上限:9.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)1.5~9%(※)
買取金額最大2億円
入金スピード最短翌日(500万円まで)
オンライン完結〇(500万円まで)
債権譲渡登記不要
運営会社アネックス株式会社

exciteファクタリング編集部が選んだ手数料ランキング第7位は「事業資金エージェント」(アネックス株式会社)です。

事業資金エージェントで翌日入金や手続きのオンライン完結を希望する場合、利用金額が500万円以内と制限されることに注意してください。

7位 三共サービス:株式会社三共サービス

総合評価
3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
①手数料の下限:1.5%
②手数料の上限:9.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)1.5~9%(※)
買取金額最大3000万円
入金スピード最短翌日
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社株式会社三共サービス

「事業資金エージェント」と同率で手数料ランキング第7位に「三共サービス」(株式会社三共サービス)もランクインしました。

三共サービスのファクタリングは、最短で翌日に入金されることやオンラインで手続きが完結することから、サービス利用の手軽さがわかります。

7位 プロテクトワン:株式会社PROTECT.ONE

総合評価
3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
①手数料の下限:1.5%
②手数料の上限:9.0%

2者間
3者間
手数料(3者間)1.5~9%(※)
買取金額10万円~1億円
入金スピード最短即日
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社株式会社PROTECT.ONE

exciteファクタリング編集部が選んだ手数料ランキング第7位は「プロテクトワン」(株式会社PROTECT.ONE)です。

プロテクトワンは、利用可能額が10万円〜1億円と幅広い金額で設定されているので、小口・大口債権の取引におすすめです。

プロテクトワンの詳細は別記事をご覧ください。

7位 Smart Factor:有限会社MSJ INNOVATION

総合評価
3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
①手数料の下限:1.5%
②手数料の上限:9.0%

2者間
3者間
手数料1.8%〜9%(※)
買取金額50万〜500万円
入金スピード最短即日
オンライン完結
債権譲渡登記不要
運営会社MSFJ株式会社

exciteファクタリング編集部が選んだ手数料ランキング第7位は「Smart Factor」(有限会社MSJ INNOVATION)です。

法人や個人事業主などの事業者に特化したファクタリングサービスを提供する会社です。

上限の記載はありませんが、事前見積もりを希望できるので、手数料を確定させてから利用することができます。

Smwrt Factorをもっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

3者間ファクタリングは大手銀行も提供している!

銀行系が提供するファクタリングサービスは手数料の上限・下限が不明なものが多かったため、ランキングの対象外でした。

しかし、銀行という確かな信頼の下で展開されるファクタリングサービスが一体どんなものなのか、気になる方が多いと思います。

そこで、以下では3者間ファクタリングを提供する4行の大手銀行を解説します!

三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクターは三菱UFJ銀行の完全子会社です。

会社名 三菱UFJファクター株式会社
代表者 福島周
住所 本社
東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 ワテラスタワーTEL.03-3251-8351
名古屋支社
名古屋市中区錦3丁目20番27号 御幸ビルディングTEL.052-203-4811
大阪支社
大阪市中央区瓦町2丁目1番1号 瓦町三信ビルTEL.06-6208-0850
九州支社
福岡県福岡市中央区天神1丁目12番7号 福岡ダイヤモンドビルTEL.092-732-1026
設立日 1973年11月
資本金 20億8千万円

同社は日本最初の本格的ファクター会社として1972年に創業しました。

現在は東京に本社、名古屋、大阪、九州に支社をもち、従業員が556名と子会社ながら非常に大きな企業です。

親会社が三菱UFJ銀行ということもあり、会社としての信頼度、資金力は申し分ないと言えるでしょう。ただ、柔軟な審査や対応はされにくいかもしれません。

2者間 ×
3者間
手数料 非公開
買取金額 非公開
入金スピード 非公開
オンライン完結 ×
債権譲渡登記 必要
運営会社 三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクターは以下の4つのサービスを提供しています。

  • 代金回収サービス
  • ファクタリングサービス
  • 電子債権サービス
  • 電子決済サービス

これらの詳細については別記事で解説していますのでご覧ください。

三菱UFJファクター アイキャッチ

みずほファクター株式会社

三菱UFJファクター同様、みずほファクターもみずほ銀行の完全子会社です。

みずほファクター株式会社は、三菱UFJファクター株式会社に5年後れて、1977年に創業しました。

現在は東京に本社、名古屋、大阪、福岡に支社をもち、従業員が232名と大きな力をもつ企業です。

同社は、親会社が大銀行のみずほ銀行であるため、会社としての信頼度、資金力は申し分ないと言えるでしょう。ただ、三菱UFJファクター同様に柔軟な審査や対応はされにくいかもしれません。

会社名みずほファクター株式会社
代表者髙橋 直人
住所本社
東京都千代田区丸の内1丁目6番2号 新丸の内センタービルディング7階TEL:03-3286-2200
大阪支店
大阪市中央区今橋4丁目2番1号 ヒューリック大阪ビル9階TEL:06-6222-5361
福岡支店
福岡市中央区天神1丁目13番2号 福岡興銀ビル7階TEL:09-2726-7272
設立日1977年4月1日
資本金10億円
2者間×
3者間
手数料非公開
買取金額非公開
入金スピード1週間程度
オンライン完結×
債権譲渡登記必要
運営会社みずほファクター株式会社

みずほファクター株式会社の業務はファクタリングサービスと代金回収サービスです。

特に、みずほファクターのファクタリングサービスは国内に留まらず、世界各国のファクタリング会社と提携して、輸出入に関わる海外業者への売掛債権を買い取る国際ファクタリングサービスも展開しています

国際ファクタリングの詳細は別記事をご覧ください。

国際ファクタリング アイキャッチ

SMBCファクタリング:SMBCファイナンスサービス株式会社

SMBCファイナンスサービスは三井住友カード株式会社の子会社です。三井住友カード株式会社は三井フィナンシャルグループの傘下であるため、実質三井住友フィナンシャルグループ内の会社です。

SMBCファクタリングは東京に本社、支社をもち、従業員が3,320名と前述した「三菱UFJファクター」や「みずほファクター」に比べてはるかに大人数であることがわかります。

会社名SMBCファイナンスサービス株式会社
代表者小野 直樹
住所本社
名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
052-310-1500
東京本社
東京都江東区豊洲二丁目2番31号 SMBC豊洲ビル
03-6740-030
設立日非公開
資本金182,843百万円
2者間×
3者間
手数料非公開
買取金額非公開
入金スピード非公開
オンライン完結×
債権譲渡登記必要
運営会社SMBCファイナンスサービス株式会社

同社は資金力や信用度では申し分ありませんが、柔軟な審査やスピード対応はされにくいかもしれません

入金までのスピード感を重視される方は以下の別記事もご覧ください。

入金スピードが速いものはどれ?ファクタリングランキング10選!

浜銀ファイナンス株式会社

会社名浜銀ファイナンス株式会社
代表者宮下 和也
住所本社
横浜市西区みなとみらい3-1-1横浜銀行本店ビル5階
設立日1979年9月20日
資本金2億円

浜銀ファイナンスは株式会社横浜銀行横浜信用保証株式会社の子会社です。

浜銀ファイナンスは従業員が116名と前述した「三菱UFJファクター」や「みずほファクター」、「SMBCファクタリング」に比べて規模は小さめですが、営業先が神奈川県の他、東京都や群馬県と関東圏を網羅していることや、株式会社横浜銀行と横浜信用保証株式会社が親会社であることから、信用力の大きさがわかります。

2者間×
3者間
手数料非公開
買取金額非公開
入金スピード非公開
オンライン完結×
債権譲渡登記必要
運営会社浜銀ファイナンス株式会社

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は手数料の安さを基準に、3者間ファクタリングを提供する会社をランキング形式でまとめました。

3者間ファクタリングの手数料相場が1∼9%程度である中、とりわけ株式会社アクティブサポートが展開する「アクティブサポート」の手数料は0.1~5.0%と驚愕の最安値でした。

また、ランキング外ではありますが大手銀行も他の会社同様に3者間ファクタリングを提供しています

冒頭の繰り返しにはなりますが、「手数料を制することがファクタリングを制する」と言っても過言ではないため、3者間ファクタリングをご利用の際は、この記事をご活用ください!

そして、今回取り上げなかった2者間ファクタリングの手数料相場や2者間ファクタリングを展開する会社の比較などを別記事にて解説していますのでぜひご覧ください。

【個人・法人】 即日入金可能なファクタリングを紹介!サービス選び・即日利用のコツも!
【アイキャッチ】2者間ファクタリング

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ