PayTodayと三井住友銀行が提携開始!その狙いは?どんな人におススメ?

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

「PayToday」は、低手数料・オンライン完結の簡単契約・入金までのスピードが魅力のファクタリングサービスです。

サービスのリリースから5ヶ月あまりで累計買取申込金額が5億円を突破した勢いのある新サービスとして、注目を集めています。

そんなPayTodayが三井住友銀行との提携を開始しました。

本記事ではこの提携の意図や、三井住友銀行と提携したPayTodayのメリットなどをご紹介します。

この記事のまとめ
  • 三井住友銀行との提携でPayTodayのサービスが拡充され、より利用しやすくなる!
  • PayTodayは、低手数料・オンライン完結の簡単契約・入金までのスピードが魅力のサービス!
paytodayインタビュー

PayTodayが三井住友銀行とビジネスマッチング契約を締結!

ファクタリングサービスPayTodayを提供するDual Life Partners株式会社が、日本を代表するメガバンクの1つである三井住友銀行とビジネスマッチング契約を締結しました。

まずは、この提携の概要をみていきましょう。

PayTodayのファクタリングサービスとは?

画像引用元

「PayToday」は、低手数料・オンライン完結の簡単契約・入金までのスピードが魅力の2者間ファクタリングサービスです。

2021年、リリース開始からわずか5か月で累計の買取申込金額が5億円を突破したことで注目を集めました。

Dual Life Partners株式会社は、『多様化するライフスタイルの促進、個人の選択肢(=自由度)を増やす』を柱として事業を経営しています。

中でも①近年のフリーランス増加 ②彼らが事業資金を調達する際の選択肢の制約 を社会的課題と捉えており、PayTodayはその解決手段の1つとされています。

PayTodayの提供において、多様性あふれる社会の実現を目指すという経営理念が基本となっているようです。

PayTodayの会社概要

PayTodayを提供するのは、Dual Life Partners株式会社です。

会社概要は以下の通りです↓↓

商号Dual Life Partners株式会社
設立日平成28年4月
代表取締役矢野 名都子
本社所在地東京都港区南青山2-2-6ラセーナ南青山7F
TEL03-6721-0799
FAX03-6721-0726
MAILsupport@duallife-partners.com
URLhttp://duallife-partners.com/
事業内容不動産仲介、管理事業、ライフスタイル提案、不動産による資産形成コンサルティング、不動産関連メディア・IT事業

三井住友銀行の概要

今回PayTodayとの提携を開始する三井住友銀行は、日本を代表するメガバンクの1つです。

会社概要は以下の通りです↓↓

名称株式会社三井住友銀行(英語表記:Sumitomo Mitsui Banking Corporation)
取締役会長國部 毅
頭取 CEO(代表取締役)髙島 誠
資本金17,709億円
株主株式会社三井住友フィナンシャルグループ
本店東京都千代田区丸の内一丁目1番2号(郵便番号100-0005)
従業員数28,054人
拠点数国内本支店数        453ヵ所(出張所・代理店・インターネット支店等を除く、公務部等を含む)・海外支店        19ヵ所(出張所、駐在員事務所を除く)
業容総資産 2,136,943億円 ・預金 1,338,176億円 ・貸出金 820,738億円

今回の提携の狙いは?

近年、ファクタリングは、資金繰りに苦しむ中小企業・個人事業主・フリーランスを助けるサービスとして注目を集めています。

しかし、ファクタリング会社は利用者に売掛金を先払いする必要があるため、サービス提供にはかなりの資金が必要です。

全国に営業基盤をもつ三井住友銀行と提携することでPayTodayの資金力が高まり、より多くの利用者がPayTodayを利用できるようになります。

つまり今回の提携の狙いは、より多くの中小企業・個人事業主・フリーランスがPayTodayを利用できるようにすることなのです。

PayTodayの特長

ここまで、PayTodayと三井住友銀行の提携の概要についてご紹介してきました。

三井住友銀行との提携によってサービスを拡大させたPayTodayには、どのような特長があるのでしょうか。

PayTodayの概要・魅力に関しては、下記に詳しく記載しているのでそちらをご確認ください。

paytodayインタビュー

審査完了から最短1時間で入金!

PayTodayで調達した資金は申し込みから最短1営業日で入金されます。

審査は最短45分で完了するので、早ければ1時間~即日で資金を調達できるでしょう。

入金までのスピードが速いのは大きな魅力です。

個人・法人問わず利用可能!

PayTodayは、個人・法人問わず日本全国の事業者が利用可能です。

フリーランスや個人事業主から中小企業まで、幅広い利用者に対応しているのもPayTodayの特長でしょう。

AI審査を活用した与信管理を実現!

PayTodayでは、審査の際に独自のAI技術が使われます。

これによって確実性の高い債権のみを買い取ることが可能となり、売掛金が回収できないリスクを軽減しているのです。

売掛金を回収できないリスクが低いため、業界でも低水準の手数料(1%~9.5%)を実現しています。

手数料に上限(9.5%)を設定しているから安心!

PayTodayでは、利用者が「99%安全な債権」と思われる債権の買取を希望したとき、買取可能な場合は上限手数料を9.5%に設定します。

上限以上の手数料は請求されないため、安心して利用することのできるファクタリングサービスです。

ちなみに最低手数料は1.0%でPayTodayと同じ2者間ファクタリングの手数料相場が10~20%であることを考えると、1.0%~9.5%という手数料はファクタリング業界の中でも低水準だといえます。

オンライン完結!

PayTodayは、申し込み・審査・入金の全ての手続きがオンラインで完結ます。

スマホ1台で契約ができるため、地方に住んでいる方や面談・電話を面倒に感じる方には非常に便利なサービスでしょう。

※必要に応じて電話・対面での契約も可能

【オンライン・少額から】PayTodayとOLTAのファクタリングを比較!

取引先に非通知な2者間ファクタリングを採用

PayTodayでは、2者間ファクタリングを採用しています。そのため、サービスを利用していることが取引先に知られることはありません。

2者間ファクタリングとは?

そもそも2者間ファクタリングとはどのようなシステムなのか、ご存じない方もいるかもしれません。

2者間ファクタリングとは↓↓

2者間ファクタリング 説明図
2者間ファクタリング

2者間ファクタリングは、債権のやり取りを「利用者⇔ファクタリング業者」の2者間のみで行うファクタリングのことです。ファクタリングを利用していることを、取引先に通知されないのがメリットです。

取引の流れ
  1. 利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却
  2. ファクタリング会社が利用者に手数料を差し引いた金額を入金(上図1)
  3.  取引先が利用者に売掛金を入金(上図2)
  4. 利用者がファクタリング会社に売掛金を入金(上図3)

PayTodayは採用していませんが、取引先も交えた3者間で行う3者間ファクタリングという利用形態もあります。

2者間ファクタリングの詳細や3者間ファクタリングとの違いを知りたい方はこちら↓↓

【アイキャッチ】2者間ファクタリング
【アイキャッチ】ファクタリング 手数料

PayTodayは”こんな方”におすすめ!

画像引用元

すぐに資金が必要な方!

PayTodayの審査は最短45分、入金は最短1営業日で完了します。

素早い対応にも定評があるため、今すぐに資金調達をしたい方には非常に便利なサービスといえるでしょう。

安い手数料で2者間ファクタリングを利用したい方!

2者間ファクタリングは、取引先にサービスの利用を知られないことが魅力の1つですが、その契約形態から手数料が高く設定されることが多いです。

しかしPayTodayは上限手数料を9.5%に設定しているため、2者間ファクタリングの手数料相場に比べてかなり安くファクタリングサービスを利用することが可能となっています。

まとめ

いかがでしたか?

本記事で紹介したように、PayTodayは多くの魅力がある、今注目の新サービスです。

三井住友銀行との提携でサービスが拡大するPayTodayを利用してみてはどうでしょうか。

この記事のまとめ
  • 三井住友銀行との提携でPayTodayのサービスが拡充され、より利用しやすくなる!
  • PayTodayは、低手数料・オンライン完結の簡単契約・入金までのスピードが魅力のサービス!

exciteファクタリングでは、他にも数多くのファクタリングやPayTodayに関する記事を掲載しています。

是非他のコンテンツもご覧になってください!

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ