資金繰りに悩む飲食業の方必見!飲食業におすすめの資金調達方法を徹底解説!

資金繰りに悩む飲食業の方必見!おすすめの資金調達方法を紹介! アイキャッチ
画像引用元

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

新型コロナウイルスが蔓延する中、飲食業の資金繰りはより一層困難になっていると思われます。

飲食業の経営が上手くいかなくなる要因の一つは、資金不足です。

では、飲食業を営むにはどのくらいの資金を、どのように調達するべきなのでしょうか?

ここでは、飲食業を営んでいて資金繰りに悩んでいる方に、おすすめの資金調達方法を紹介していきます。

飲食店を開業するにあたって必要な資金や、運転資金の融資を受けられる金融機関なども詳しく解説しているので、是非ご覧下さい!

この記事のまとめ
  • 飲食店の資金繰りに悩んでいる方は融資を利用するべき!
  • 開業に必要な資金は主に3種類!(物件取得費・店舗造成費・3〜6ヶ月分の運転資金)
  • 運営に必要な資金は主に2種類!(固定費・変動費)
  • 融資以外でも資金調達は可能!

運転資金とは?

飲食店 画像

まず初めに、飲食店を開業するにあたって必要不可欠な運転資金について解説します。

端的にいうと、運転資金とは「事業を営むにあたって必要な資金」のことです。

店舗の規模や、開業当初の利益によって、必要な運転資金は大きく異なります。

特別に運転資金を用意せず、利益のみで経営を行っている飲食店も少なくありません。

しかし、飲食店の経営を継続的なものにするには、やはり充分な運転資金が不可欠です。

また、事業を拡大するにも資金がなければ、それは不可能と言えるでしょう。

つまり、運転資金は飲食業を営むにあたって、用意しておくべき資金なのです。

飲食店の開業時に必要な主な資金って?

ここでは、飲食店を開業する際に必要な資金について説明します。

飲食店を開業するのに必要な資金は、大きく2書類に分けることが出来ます。

  1. 物件取得費
  2. 店舗造成費

上記2点について以下で詳しく解説します。

物件取得費

物件取得費とは、

店舗を借りる際に必要な資金のことです。

家賃、保証金、仲介手数料、譲渡代金などもこの物件取得費の中に含まれます。

費用相場は、立地や広さによって大きく異なるでしょう。

そのため、飲食店の業態に合わせて物件を慎重に選ぶのが重要です。

店舗造成費

店舗造成費とは、

物件を飲食店仕様にするにあたって必要な資金のことです。

店の外装や内装の工事費、厨房設備費、仕入れ費用などが該当します。

外装、内装費用は、開業者のこだわりによってかなり異なりますが、約50万円程度と考えておきましょう。

また、理想の厨房を設備するにあたってどのくらい費用が必要なのか、仕入れ費用はどの程度かかるのかを開店までにシミュレーションしておく必要があります。

具体的なイメージが湧かない場合は、専門業者に見積りを立ててもらうのも手です。

上記で述べたのは、飲食業を開業する際に必要な運転資金です。

起業をする際の運転資金について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ↓↓

開業時にどれくらい用意すべき?

では、上記の物件取得費・店舗造成費に加えて、飲食店を開業するにはどのくらい費用を用意するべきなのでしょうか。

結論からいうと、

3〜6ヶ月分の運転資金を用意しておくべきだといえます。

飲食店の営業を始めて、すぐにお店が軌道に乗るケースは極めて少ないでしょう。

平均として、売上が安定するには約半年かかると言われています。

そのため、開業時には3ヶ月分といわず、6ヶ月分の運転資金を用意しておくのがベストです。

飲食店の運営に必要な資金って?

次に、実際に飲食店を運営していくにあたって必要な資金について説明します。

カフェや居酒屋など、どのような飲食店を営むかによって費用は大きく異なるでしょう。

しかし、以下2点はどのような飲食店でも必要になるであろう資金だといえます。

  1. 固定費
  2. 変動費

これらについて詳しく解説していきます!

固定費

固定費とは、

売上によって支払い額が変動しない費用のことです。

物件料や水道、ガス代といった固定契約料などがここに含まれます。

また、アルバイトなどの人件費は変動費として考えられることが多いですが、正社員の人件費も固定費であるといえます。

固定費をどれほど抑えられるかによって、将来的に店舗の利益は大きく変わってくるといえるでしょう。

飲食店を営むにあたって注目しておくべき費用です。

変動費

変動費とは、

売上によって支払い額が変動する費用のことです。

材料費や消耗品費などがここに含まれます。

実は、固定費の見直しや削減と比べると、変動費の削減や見直しは少し難しいです。

変動費は、顧客に出す商品に大きく関わっています。

そのため、変動費のむやみな削減は、サービスの質の低下にダイレクトに繋がるといえるのです。

変動費を見直す際には以上のことに注意するようにしましょう。

資金繰りがうまくいかない理由

では、飲食店の資金繰りがうまくいかないのにはどのような理由があるのでしょうか?

以下で詳しく解説していきます。

自己資金が少なすぎる!

飲食店を開業するにあたって、大半の経営者は自己資金を利用するでしょう。

加えて、融資で手に入れた資金を開業の際に利用しようと考えると思います。

ただし、新しく開業する飲食店においては、多額の利益をあげられる見込みがない限り、融資で初めから大きな額を調達するのは極めて難しいです。

融資で調達しようとする額は、自己資金の2倍までを目安にするべきといわれています。

そのため、自己資金がどれくらいあるか、開業する飲食店にどれほどお金をかけられるかが非常に重要です。

資金繰りに悩む前に一度、店に使うことのできる自己資金を確認してみましょう。

個人事業主の方は、以下の記事も参考にして下さい↓↓運転資金 起業

初期費用を抑えすぎた!

飲食店によっては、開業するための初期費用があまりかからない場合もあります。

そのため、運転資金の必要性を軽視してしまい、失敗するというケースがあるようです。

開業当初は、どんな店でも利益が少なく資金が出ていくばかりの状態になります。

また、利益が出ずとも固定費は必ずかかるものです。

初期費用を抑えすぎると、このような場合に運転資金がショートしてしまいます。

こだわりが強すぎた!

自分自身の店をオープンするにあたって、費用の上限をつけず、店舗の造成や物件にこだわりたい気持ちはよくわかります。

また、顧客によりいい商品を提供したい一心で、利益率をあまり考えず経営が赤字になってしまうケースも少なくはありません。

こだわりをもって店を経営していくのは素晴らしいことですが、それが原因で資金繰りが悪化しては元も子もありません。

自分自身のこだわりは、用意できる資金とよく相談してみましょう。

おすすめの資金調達方法(融資)

ここでは、飲食店を経営するために資金を調達するにあたって、おすすめの融資元を紹介していきます。

自己資金だけで店を開業、経営していくのはほぼ不可能です。

大抵の飲食店は融資を受けた上で店を開業しています。

開業後も、店の経営のために融資を受け続け、それを返済していくという形は一般的です。

飲食店の開業時だけでなく、開業後も利用できる融資の種類をまとめているので、是非参考にしてみて下さい。

日本政策金融公庫

メリット・個人事業主や中小企業を対象に様々な融資制度を提供
・金利が低い
返済期間が長い
デメリット・必要書類が多く時間がかかる
・審査が厳しい

最初に紹介したいのが、日本政策金融公庫です。

以前は「国金」と言われていた機関で、日本全国に融資先が88万社ほどあります。

日本政策金融公庫は政府が100%出資をする金融機関のため、安心して利用できるでしょう。

様々な融資制度を提供しており、

金利が低く返済期間が長いのが魅力です。

融資の返済期間が長いと、「返済のために急いで利益を上げないといけない」という心理的負担が軽減されます。

ただ、必要書類がかなり多く、かつ審査も厳しいので、その点は理解しておきましょう。

デメリットを踏まえても、飲食店を経営する際には利用するべきおすすめの金融機関です。

是非一度検討してみましょう。

銀行融資

メリット・金利が低い
限度額が大きい
デメリット・必要書類が多く時間がかかる
・審査が厳しい

融資制度を利用する際に、選択肢として多くの方にまず思い浮かぶのが銀行融資でしょう。

金利が低く、融資の限度額が大きいのが魅力です。

銀行からの融資を受けられるかどうかで、今後事業を拡大していけるかが決まるといっても過言ではないでしょう。

こちらも、日本政策金融公庫と同様に、申し込み後は審査のために様々な資料を用意する必要があります。

銀行がそれらの書類をもとに融資可能か否かを決定するためです。

始める事業に利益の見込みがあるのか、貸した金額を必ず返済してもらえるのかなどをかなりシビアに判断されます。

まずは一度、銀行の融資窓口経由で相談をしてみましょう。

信用金庫・信用組合

メリット・地域貢献店の知名度を上げられる
デメリット・金利が高い
・地域のみの利用になる
・取引先は中小企業や個人に限られる

信用金庫・信用組合とは、その地域の人々が利用者・会員になって地域の繁栄を図る協同組織の金融機関のことです。

融資先と聞いて、この金融機関を思いつく人は非常に少ないでしょう。

主なメリットは、

やはり地域に貢献できるということです。

「町に根付くようなお店にしたい」という場合は、受けて損のない融資かもしれません。

しかし、金利が高いため、開業まもないころ融資を受けるには適していないでしょう。

また、その地域の中小企業や個人に利用は限られます。

そもそも、自分がお店を設立する地域の信用金庫・信用組合が融資を提供していない可能性もあるので、一度詳しく調べてみましょう。

信用保証協会

メリット連帯保証人を準備する必要がない
・長期間の借り入れも可能
デメリット・保証があっても借入を行うことはできない場合がある
・保証料が高い

信用保証協会とは、中小企業・小規模事業主の金融円滑化のために設立された公的機関です。

開業を試みる個人事業主や、これからの発展に可能性がある中小企業に対して「公的な保証人」となることで融資を提供しています。

以下が、信用保証協会の仕組みの図です。

信用保証協会 図解

このように、信用保証協会自体が公的な保証人となってくれるため、借り入れの際に連帯保証人を準備する必要がありません。

また、保証付き融資という制度があります。

個人事業主や中小企業が仮入れた資金を返済できなくなると、信用保証協会がそれら事業主の代わりに銀行に全額返済するといったものです。

これを「代位弁済」といいます。

代位弁済を行ったあとに、保証協会が債権者となり企業と連帯保証人から仮入れた資金を回収する形となります。

デメリットとしては、保証があっても借入できない場合があるということが目立ちます。

なぜなら、銀行と保険会社の2ヶ所の審査が融資を受けるまでにあるためです。

また、信用保証協会が提示する保証料は非常に高いといえます。

以上を踏まえた上で、利用を検討してみましょう。

おすすめの資金調達方法(融資以外)

ここでは、飲食店を経営するために受けられる、融資以外の資金調達方法を紹介していきます。

補助金・助成金

メリット返済義務がない
デメリット・審査が厳しい
・時間がかかる
・応募期間が限られる

​​補助金や助成金は、経済産業省や地方自治体が資金を給付してくれる制度のことです。

返済義務がないのが最大の魅力といえます。

応募期間が限られるなどの欠点はありますが、融資以外で最もおすすめの資金調達方法です。

受給の条件を満たしている事業主の方は誰でも制度を利用できるため、是非一度利用を検討してみましょう。

ビジネスローン

メリット融資より速く調達できる
・審査が緩い
・保証人や担保人なしで利用可能の場合がある
デメリット・事業資金専用
・他の融資の審査に影響を及ぼす可能性がある

ビジネスローンは事業に関わる用途でしか使うことができない貸付金のことです。

飲食店の開業資金や運転資金として利用できます。

保証人や担保人なしで利用できることも多く、手続きも簡単で他の方法より早く資金調達が出来るのが魅力です。

過去に赤字決済等がある場合は審査に通りにくくなることもありますが、基本的に審査も緩い場合が多いでしょう。

しかし、ビジネスローンでの借り入れは「有利子負債」として勘定されます。

そのため、今後銀行などの機関から融資を受ける際、その審査に影響を及ぼす可能性を否定はできません。

他に受ける融資との関係も考えて、利用を検討しましょう。

ファクタリング

メリット審査が緩い
・素早く資金調達が出来る
デメリット・売掛債権がないと利用できない

ファクタリングとは、資金繰りを解決する方法として近年注目されているサービスです。

売掛債権をファクタリング会社に売却することで、売掛金を手に入れることが出来ます。

融資に比べて審査も緩く、利用するサービスによっては最短10分で資金を得られるのが特徴です。

しかし、ファクタリングを利用する際には売掛債権が必要となります。

飲食店は掛け払いを基本しないので、このサービスは利用しにくいといえるでしょう。

ファクタリングそのものについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓↓

ファクタリングとは?近年人気の資金調達法を調べてみた! アイキャッチ

クラウドファンディング

メリット・返済義務がない
お店の宣伝効果がある
・クラウドサービスの主催会社への手数料は完全成功報酬制
デメリット・資金が募らない可能性もある

クラウドファンディングとは、不特定多数の人がインターネット等を通じて、他の人々や会社、団体などに資金を提供する仕組みのことです。

コロナ禍で利用に踏み切った会社や団体も多かったのではないでしょうか。

クラウドファンディングには返済義務がなく資金を募ることによって、

お店の宣伝効果も見込めます。

また、クラウドサービスの主催会社への手数料も完全成功報酬なので、失敗した場合のリスクが低いのも魅力です。

しかし、クラウドファンディングをしたからといって必ず資金を提供してもらえるとは限りません。

なぜなら、「やりたいこと」「目標」「社会的な課題の解決」などに対して、多くの人からお金を集めるという側面が大きい仕組みであるからです。

通常の資金調達とは大きく主旨が異なるため、お店のビジョンが明確になった際に利用を検討してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、飲食業の資金繰りに悩んでいる方へ向けて、その理由や解決法についてご紹介してきました。

この記事のまとめ
  • 飲食店の資金繰りに悩んでいる方は融資を利用するべき!
  • 開業に必要な資金は主に3種類!(物件取得費・店舗造成費・3〜6ヶ月分の運転資金)
  • 運営に必要な資金は主に2種類!(固定費・変動費)
  • 融資以外でも資金調達は可能!

飲食店を運営する上で利用できる融資は多くあります。

また、国から給付型の補助や、民間から独自のサービスを受けられるケースもあるので、資金調達に困っているという方は是非一度この記事を参考に利用を検討してみてください。

運転資金に関してもっと知りたいという方は以下の記事もおすすめです↓↓

個人事業主の方必見!運転資金に使える融資などの資金調達を調べてみた! アイキャッチ
起業したい人必見!運転資金を調達する方法を徹底解説! アイキャッチ
建設業者が運転資金の融資を受けるには?おすすめの資金調達法も解説! アイキャッチ

オンライン完結・即日入金OKのファクタリング3選▼

サービス名 即日対応特徴
Image result for paytoday ロゴ破格の手数料1%~9.5%!最短30分入金
>>PayToday公式サイトへ
BE TRADING必要書類はたった2点個人・法人も利用可能!
>>ビートレーディング公式サイトへ
labol 土日祝でも入金◎! 最短60分で入金!
>>ラボル公式サイトへ