【個人事業主】ビジネスローン審査通過のコツやおすすめサービスを紹介!他の資金調達法も!

個人事業主の方必見!運転資金に使える融資などの資金調達を調べてみた! アイキャッチ

ペイトナーのファクタリングがおすすめ!

Paytner ファクタリング
画像引用元
  • 申し込みから業界最速10分で資金調達が可能!
  • 申請手続きをオンラインで完結できる!
  • 債権の信頼度や金額の大小に関わらず手数料は一律10%

個人事業主の方は運転資金を調達する際にどのようにしているでしょうか?

法人と比較して調達が難しいというイメージを持っている方もいるかもしれません。

ここでは個人事業主が融資を受ける際の注意点・ビジネスローンやファクタリングといった資金調達について紹介していきます。

この記事のまとめ
  • 融資を受けるためには、信頼に値する必要書類を充分に準備する!
  • 資金調達には、ビジネスローンやファクタリングがオススメ
  • ファクタリングは赤字経営・税金滞納時でも使える救世主!

個人事業主がビジネスローンを利用するするためにすべきこと

ここでは、個人事業主がビジネスローンを申し込む際にするべきことを3つ説明していきます。

以下のことを行っておくと申し込みがスムーズになり、審査に通りやすくなります。

必要書類は事前に準備する

ビジネスローンを受けるためには多くの書類が必要です。

スムーズに申し込むために事前に準備をしておくことをおすすめします。

サービスによって書類は違いますが、ここでは代表的なものを取り上げています。

  • 本人確認書類
  • (運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 代表者の印鑑証明書
  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 収支内訳書
  • 青色申告決算書
  • 資金計画書
  • 借入計画書
  • 事業計画書
  • 創業計画書、企業概要書

事業計画書を作成する

事業計画書とは・・・

サービスや商品、市場優位性、差別化ポイント、販売計画、PR計画などをまとめたもの

審査を受ける際、事業の将来性について融資元に理解してもらうためにかなり重要です。

またビジネスプランを立て、事業を進めていく中で、どのくらい想定していた通りになっているかなどを客観的に判断できます。

財務の健全性をアピールする

融資を受ける際、財務の健全性をアピールすることで審査に通りやすくなります。

財務の健全性は、事業主がどのくらい支払い能力があるかを指標にして判断されます。

  • 自己資本比率の高さ

自己資本比率が10%〜40%ほどだと健全な状態だと言えます。

産業によって安定した自己資本比率は違うのであくまで目安です。

高いほど借りているお金が少ないことを表します。

自己資本比率とは総資産のうち自己資本の割合のことです。

自己資本÷資産(他人資本+自己資本)×100

で求めることができます。

  • 赤字や経営不振でない

赤字や経営不振の場合、事業に将来性が無いと判断されてしまう可能性が高いです。

しかしやむを得ない事情、たとえば開業したばかりですぐに利益が出ないなどであれば審査に通る場合もあります。

  • 税金などを滞納していない

税金や社会保険料、公共料金等を滞納している場合、審査に通る可能性はかなり低いと言えるでしょう。

全ての支払いが終わってから申し込む方が審査に通りやすくなります。

ビジネスローンの審査のために何をすればよいか分かったところで、個人事業主の方が利用できるビジネスローンを見ていきましょう。

個人事業主が利用できるビジネスローン!

ビジネスローンは、銀行などの融資に比べて審査に通りやすいため、利用のハードルが低いことで人気な資金調達方法です。

3つのビジネスローンのメリット・デメリットを 以下の表にまとめました。3

3つとも、最短即日での融資利用が可能であること・担保と保証人が原則不要であることは共通しています。

名称メリットデメリット
アイフルビジネスファイナンス・最短即日
担保と保証人が原則不要
・使用用途に制限がない
・大手グループ運営による安心感
・1,000万円以上の融資を受けることはできない
デイリーキャッシング・最短即日
担保と保証人が原則不要
最大5,000万円まで利用可能
・200万円未満での融資は受けられない
ユニーファイナンス ・最短即日
担保と保証人が原則不要
・金利が高い
・オンライン完結不可

審査が厳しいものは金利が低い傾向にあります。

税金を滞納していないか、将来性があるかどうかなどが審査対象になります。

それぞれのサービスにご自身の要望を合わせてご利用ください!

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス
画像引用元

アイフルビジネスファイナンス(事業者向けローン)の大きなメリットは、大手アイフルグループが運営するからこそ可能な、最短即日での融資と安心感です。

他にも、年会費/保証料ともに無料・保証人/担保(原則)不要・使用用途は無制限・オンライン完結といった特長があります。

法人とは違い個人事業主であれば保証人を立てる必要はありませんし、担保も原則不要です。

保証人や担保を用意することがハードルとなっていた事業者の方にも、アイフルビジネスファイナンスの事業者ローンはおすすめできるでしょう。

アイフルビジネスファイナンスの特徴を詳しく!

アイフルビジネスファイナンスが提供する事業者向けローンには、

①「事業者向けカードローン」

②「事業者向けビジネスローン」

の2種類があります。

上記2つのローンの違いは以下の通りです。

①事業者向け
カードロー
融資対象者法人または個人事業主
※法人のお客様:75歳まで
※個人事業主のお客様:69歳まで
融資額1万円〜1,000万円
※新規取引時は上限500万円
契約利率(実質年利)5.0%〜18.0%
担保不要
保証人原則不要
※ただし、法人の場合は代表者様に原則、連帯保証をお願いします。
返済方式元金定率リボルビング返済
返済期間・回数最長8年4か月(100回以内)
遅延損害金(実質年率)20.0%
必要書類【法人様】
代表者ご本人様を確認する書類
決算書
※その他必要に応じた書類
【個人事業主様】
ご本人様を確認する書類
確定申告書
当社所定の事業内容確認書
※その他必要に応じた書類
契約時締結費用印紙代
(実費)
毎回の元金支払額借入後残高の1.0%または2.0%
②事業者向け
ビジネスローン
融資対象者法人または個人事業主
※法人のお客様:75歳まで
※個人事業主のお客様:69歳まで
融資額50万円〜1,000万円
契約利率(実質年利)3.1%〜18.0%
担保不要
保証人原則不要
※ただし、法人の場合は
代表者様に原則、連帯保証をお願いします。
返済方式および返済期間・回数元利均等返済:最長5年
(60回以内)
元金一括返済:最長1年
(12回以内)
遅延損害金(実質年率)20.0%
必要書類【法人様】
代表者ご本人様を確認する
書類決算書
※その他必要に応じた書類
【個人事業主様】
ご本人様を確認する書類
確定申告書
当社所定の事業内容確認書
※その他必要に応じた書類
契約時締結費用印紙(実費)

カードローンとビジネスローンについて、

主な違いは「融資上限額」「契約利率」「返済期間等」の3点です。

それらを以下の表にまとめました。

ローンの種類カードローンビジネスローン
融資額1万円〜1,000万円
※新規取引時は上限500万円
50万円〜1,000万円
契約利率(実質年利)5.0%〜18.0%3.1%〜18.0%
返済方式および
返済期間・回数
元金定率リボルビング返済
最長8年4か月
(100回以内)
元利均等返済:最長5年
(60回以内)
元金一括返済:最長1年
(12回以内)

融資額は、カードローンの新規取引時は500万円が上限です。

一方ビジネスローンは1,000万円まで借り入れることができます

より多くの資金を調達したい場合は、ビジネスローンが適しているでしょう。

そして契約利率や返済期間なども異なります。

これらの違いをふまえて、よりご自身の事業に適したローンを選択することが重要です。

デイリーキャッシング

デイリーキャッシングロゴ
画像引用元

デイリーキャッシングのビジネスローンは、最大5,000万円まで借りることができ、担保・保証人原則不要なビジネスローンです。

ビジネスローン以外には「不動産担保ローン」など、全部で4種類のローンがあります。

即日融資が可能なのはもちろん、最短30分で審査が完了する場合もあります

また余裕がある時に、繰上げ返済が可能なのもメリットとなるでしょう。

大規模な設備投資や広告の打ち出しなど、まとまった金額の資金調達が必要になった際、大いに役立ちます!

デイリーキャッシングの特徴を詳しく!

下の表は、デイリーキャッシングの特徴をまとめたものです。

融資対象者法人または個人事業主
融資額200万円〜5,000万円
金利5.2〜14.5%
融資スピード最短即日
担保原則不要
保証人原則不要
返済方法 「元利均等」「自由返済」
返済期間 最長30年
(36~360回)
遅延損害金 年率20.0%
必要書類「本人確認書類」「確定申告書」

支払い期間は最長30年まで延長できるため、無理のない支払いサイクルで返済することができます。

融資額は最低200万円~ですので、大口での利用をしたい人におススメできます。

逆に言えば、「200万円も必要ない」と言う方は、先ほど紹介したアイフルビジネスファイナンスの事業者ローンを活用したほうが良いでしょう。

ユニーファイナンス

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスは名古屋を拠点にしていますが、大手消費者金融のプロミスと提携しているので全国どこからでも利用可能です。

ユニーファイナンスの事業者ローンでは、

「手続きや必要書類に不備がない」といった条件はあるものの、平日の14時までに申込を行えば即日融資が可能になります。

ユニーファイナンスの特徴を詳しく!

融資対象者自営業者
※満23歳~満70歳未満
※定期的な収入と返済能力のある方
融資額最大300万円
金利12.00〜17.95%
融資スピード最短即日
※ 平日の14時までに申込を行った場合
担保原則不要
保証人原則不要
※法人契約の場合は代表者が連帯保証人
返済方法 「残高スライドリボルビング」「元金均等返済」「元利均等分割方式」
返済期間 最長3年
(36回以内)
必要書類不明
(融資審査が完了すると契約書類が送付されてくる。
その中に、必要書類についての記載がある。)
遅延侵害金20.0%以下
(実質年率)

ユニーファイナンスはプロミスと提携しているので、店舗にあるATMの利用が可能・いつでも手数料が無料です。

また利用者の希望に合わせて返済方式の選択ができること、繰上げ返済も可能なことがメリットと言えるでしょう。

一方、最低金利が他社と比較すると高めであること・オンライン完結での契約ができないこと※がデメリットとして挙げられるかもしれません。

※郵送・来店・コンビニ経由での契約が必要になるため。

資金調達にはファクタリングもオススメ!

ファクタリングとは?

通常の取引とファクタリングを利用した取引

ファクタリングとは、「入金日が遠い売掛債権(請求書)をファクタリング会社に売却し、予定日よりも先に売掛金を手に入れる資金調達法」です。

本来の入金日に売掛金を徴収するのはファクタリング会社の責任であるため、取引先が売掛金を支払わなかった場合でも、ファクタリング利用者は一切の責任を負わずに済みます

そのため、審査基準になるのはファクタリング利用者の取引先の経営状況です。ファクタリング利用者の事業状況は審査に関係ありません。

以下の表は、ファクタリングのメリットとデメリットをまとめたものです↓↓

メリットデメリット
・貸金ではなく請求書の売買取引

信用情報に一切影響しない


自分の経営状況は審査に影響しない


・審査~入金までが速い
(最短10分)
・手数料が割高
( 利用金額の9%~13%程度が相場 )

・売掛債権(請求書)の金額内 でしか利用できない

ファクタリング会社が売掛金の回収責任を負うため、手数料が少し割高になるのがデメリットです。

しかし、最近ではファクタリングサービスも多様化しており、手数料が1%~9.5%と安く済むもの(PayToday)や最短10分で資金調達できるもの(ペイトナーファクタリング)もあります。

利用しやすさも考慮すると、 ファクタリングにはデメリットを打ち消すだけのメリットがあると言えそうです。

ペイトナー(最短10分入金)について詳しく知りたい方はこちら↓↓

【即日・少額から】ペイトナーファクタリング必要書類や手数料は?

PayToday(手数料1%~9.5%)について詳しく知りたい方はこちら↓↓

ファクタリングについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓

paytodayインタビュー

まとめ

この記事では、個人事業主の方が運転資金を調達する方法を紹介しました。

1つはビジネスローン、もう1つはファクタリングです。

この記事で紹介したメリットやデメリットを、ご自身の事業にて参考にしてみてください!

この記事のまとめ
  • 融資を受けるためには、信頼に値する必要書類を充分に準備する!
  • 資金調達には、ビジネスローンやファクタリングがオススメ
  • ファクタリングは赤字経営・税金滞納時でも使える救世主!

エキサイトでは、他にも運転資金に関する記事が掲載されています。

併せてご覧ください↓↓

建設業者が運転資金の融資を受けるには?おすすめの資金調達法も解説! アイキャッチ
起業したい人必見!運転資金を調達する方法を徹底解説! アイキャッチ

PayTodayのファクタリングがおすすめ!

paytoday
画像引用元
  • リリース開始わずか7か月で累計の買取申込金額が10億円を突破
  • 業界最低水準の手数料上限9.5%
  • 個人・法人問わず、最短即日、オンライン完結で利用可能!