FXチャートの見方とは?初心者向けの基本的なチャート分析方法

「FXチャートの基本的な見方を教えてほしい!」「ラインをどのように引けばいいの?」このように疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

FXチャートの見方や基本的なチャーチパターン、テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析などを理解できれば、FX初心者でも利益を上げられるようになります。

そこで本記事では、FXチャートの種類や見方、チャートパターンの代表例やFXチャートが見やすいFX会社について詳しく解説します。

FX初心者の方はチャートの理解を深めるきっかけにしてください。

FXチャートとは?チャートを見るべき理由

FXチャートとは?チャートを見るべき理由

FXチャートとは、過去の為替レートの動きをグラフ化したものであり、将来の為替レートを予測するために用いられます。

特にFXチャートはテクニカル分析に必要不可欠であり、短期取引から中長期取引まで幅広く応用することが可能です。

 このFXチャートはFX以外にも株価チャートにも活用できたり、過去の値動きや価格の推移を予測・認識できたりできます。

世界中にいる投資家は全員が同じチャートを見て売買判断をするため、たまに大量の買い注文もしくは売り注文が集中し大きく変動したりします。

このように、FXチャートは一見ランダムに動いているように見えますが、「買い」と「売り」の勢力が拮抗しながら価格が推移していきます。

チャートを見ることで、世界中にいる投資家達の様々な思惑を見出すことができます。

FXチャート3つの種類

① ローソク足チャート

FXチャート3つの種類

ローソク足チャートは、実は日本人の本間宗久氏が江戸時代に考案したものであり、世界中の人達の間で共通認識となっています。

 特徴的は「始値(はじまりね)」「終値(おわりね)」「高値(たかね)」「安値(やすね)」の4本値を用いて1本のローソク足を生成されているところです。

ローソク足を一つずつ並べていくと、相場の今の状況が一目でわかるように設計されており、3種類のチャートの中で一番情報量があるチャートです。

ローソク足チャートは相場の強弱や今後の方向性を把握することができます。

② ラインチャート

FXチャート3つの種類

ラインチャートは、時間ごとの終値をつなげた線になっており、最もシンプルなチャートです。

 画面上には「始値」「高値」「安値」が表示されておらず、終値だけ繋いでいるチャートなので、視覚的に把握しやすいのが特徴です。

また、陰線や陽線、髭なども表示されないため、余計な値動きに惑わされることなく取引ができるメリットがあります。

ラインチャートは名前の通り、ライン(線)なので見やすいチャートとなっています。

③ バーチャート

FXチャート3つの種類

バーチャートは、値動きが棒線で表示されたシンプルなチャートで、アメリカやヨーロッパの投資家達によく利用されています。

 バーチャートの特徴は始値、終値、高値、安値を示している「4本値」と、終値、高値、安値を示している「3本値」の2つのチャートパターンがあります。

「4本値」では始値よりも終値が高い場合は「陽線」終値の方が安い場合は「陰線」になる特徴があり、「3本値」は始値を表示せず終値、高値、安値のみの表示です。

特に欧州では終値を重要視する文化があるため、特にバーチャートの「3本値」が使用されるケースが多いです。

バーチャートは見やすいため、トレンド発生が掴みやすい利点があります。

FXチャートの見方で覚えるべき基礎知識

上昇トレンド

FXチャートの見方で覚えるべき基礎知識

上昇トレンドは、相場全体が右肩上がりになっている状態のことを言います。為替レートは移動平均線よりも上にある傾向があります。

山と谷の連続的な波が徐々に上昇しており、安値と高値を結ぶとチャートが綺麗に右肩上がりの状態になります。

上昇トレンドが発生したら、順張り手法が一番最適な投資方法です。

下降トレンド

FXチャートの見方で覚えるべき基礎知識

下降トレンドは、上昇トレンドの逆で相場全体が右肩下がりになっている状態のことを言います。

為替レートが移動平均線よりも下にある状態が多く、山と谷の連続的な波が徐々に下降しており、安値と高値を結ぶとチャートが綺麗に右肩下がりの状態になります。

レンジ相場

FXチャートの見方で覚えるべき基礎知識

レンジ相場とは、為替レートが横ばいの相場を指しており、一定の幅のボックス圏内を繰り返し上下に往復している状態です。

今後の相場の予測ができない状態や、市場参加者が少ない場合には、このようなレンジ相場になりやすいです。

レンジ相場は先行き不透明なので、静観しておくことをおすすめします。

移動平均線

FXチャートの見方で覚えるべき基礎知識

移動平均線は、一定の期間内の価格から平均値を割り出し、それを折れ線グラフにしたものです。

最も代表的なチャートであり、FX初心者からプロのトレーダーまで幅広いニーズに人気のテクニカルチャートの一つです。

 移動平均線はローソク足と組み合わせて売買のタイミングにすることが多く、特に5日、25日、75日が使われる場合が多いです。

基本的には移動平均線が上目線であれば上昇トレンド、横ばいなら持ち合い相場、下目線であれば下降トレンドと判断する役割があります。

FXチャートの見方

FXチャートの縦軸・横軸

指値注文

FXチャートは縦軸と横軸の2種類あり、「縦軸=価格」「横軸=時間」としての役割を担っています。

 ローソク足には1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足など色々な時間軸の時間足があります。

このローソク足は時間毎の足を1本のローソク足にまとめて表示されており、短期足と長期足を見ることで現状の相場を把握できます。

ローソク足の見方

FXチャートの見方

ローソク足はFXチャートの中で一番豊富に情報が詰まっており、特に「実体」と「ヒゲ」の2つを抑えておくことが大切です。

「実体」は始値と終値で囲まれたローソクの部分です。胴体や実柱とも呼ばれており、その実体から突き出た線を「ヒゲ」と呼ばれています。

 ローソク足は2つの色があり、陽線は赤色、陰線は青色をしています。海外だと陽線は青色、陰線は赤色をしています。日本と逆です。

なぜなら、陽線は安全の青色陰線は危険の赤色を示しており、日本では陽線は日が昇る赤色、陰線は日が沈む青色となっています。

日本の場合は、基本的に陽線が続けば上昇トレンド、陰線が続けば下降トレンドが発生し、陰線と陽線が繰り返し続くのはレンジ相場となります。

FXチャートパターンの代表例を紹介

トライアングル

FXチャートパターンの代表例を紹介

トライアングルは、三角保合(さんかくもちあい)のことを意味し、大きく分けて3つの種類があります。

 1つ目は二等辺三角形に近い形状の「シンメトリカル・トライアングル」、2つ目は下値を切り上げながら直角三角形を形成する「アセンディング・トライアングル」。

3つ目は上値を切り下げながら三角形を形成する「ディセンディング・トライアングル」があります。いずれも、ブレイクするとトレンドが発生する場合が多いです。

トライアングルは種類が多いので、一つずつ理解していきましょう。

フラッグ

FXチャートパターンの代表例を紹介

フラッグは、高値もしくは安値が並行に切り上がる、もしくは切り下がるチャートパーターンです。

 「買いたいという需要」と「売りたいという需要」が拮抗したまま推移するため、平行ラインを突破すると一方向に大きく動くのが特徴です。

また、フラッグには2種類あり、上昇フラッグは右肩下がりの平行四辺形で、平行ラインを突破すると大きく上昇するケースが多いです。

一方で下降フラッグは右肩上がりの平行四辺形で、平行ラインを突破すると大きく下降するケースが多いです。

フラッグはその名の通り「旗」のような形をしているのが特徴です。

ダブルトップ

FXチャートパターンの代表例を紹介

ダブルトップは、高値圏で上に2つの山ができ英単語の「M」のようなパターンを形成するチャートです。

 ダブルトップ形成後にネックラインからブレイクすると、勢いよくチャートが下に落ち、下降トレンドを形成する場合が多いです。

最適なエントリータイミングはネックラインを突破したところが売りサインです。

天井を打って下落トレンドに入る可能性が高いです。

ダブルボトム

FXチャートパターンの代表例を紹介

ダブルボトムは、底値圏で下に2つの山ができ英単語の「W」のようなパターンを形成するチャートです。

 ダブルボトム形成後にネックラインからブレイクすると、勢いよくチャートが上に伸び、上昇トレンドを形成するケースが多いです。

最適なエントリータイミングはネックラインを突破したところが買いサインです。

底を打って上昇トレンドに入る可能性が高いです。

ヘッドアンドショルダー

FXチャートパターンの代表例を紹介

ヘッドアンドショルダーは、日本語訳すると「ヘッド(頭)」「ショルダー(肩)」という意味があり、人間の左肩、頭、右肩に見えることから名前が付けられました。

 また、逆はヘッドアンドショルダーボトムと呼ばれており、別名では三尊(さんぞん)や逆三尊(ぎゃくさんぞん)とも呼ばれています。

エントリータイミングは、ネックラインを割り込む時、もしくはネックラインに戻ってくるタイミングにエントリーするのが最適です。

大きく下落するとトレンド転換の可能性が高いです。

FXチャートが見やすいおすすめのFX口座3選

ここでは「チャートが見やすく使いやすい、初心者におすすめの国内FX口座」を紹介します。当サイトには「FXチャートのPC版・アプリ版をそれぞれ5選ずつ徹底比較した記事」もありますので気にある方はチェックです!

ユーザ80万人以上!DMM FX

DMM FX

DMM FXのココがおすすめ
  • FX口座開設数80万突破!※公式より
  • FX業界初のLINEからお問合せ可能
  • 取引手数料は全て無料

大手DMMグループが提供するDMM FXは、FX口座開設80万を突破した実績と信頼のあるFX口座サービスです。※公式サイトより

機能性とシンプルな操作性を兼ね備えたデザインになっており、初心者から上級者まで幅広いニーズに人気となっています。

FX取引に興味がある方は、まずは予めDMM FXの口座開設をしておきましょう。
入力5分!最短1時間後に取引できる!

 DMM FXの基本情報

最低取引単位10,000通貨
取引手数料無料
最低入金額制限なし
取扱通貨ペア数21通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・DMM FX PLUS
・DMM FXSTANDARD
・プレミアチャート
モバイル版
・スマホアプリDMM FX
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座・法人口座ともに
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

出典:DMM FX公式サイト

FX取引高世界一位※!GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオの公式

GMOクリック証券のココがおすすめ
  • FX取引高世界No.1を獲得!
  • 業界最安水準の取引コストを実現
  • 分析ツールや投資情報が充実
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

GMOクリック証券「FXネオ」はFX取引高世界No.1で業界最安水準の取引コストで提供しているFX業界トップのFX口座です。

取引高が多いというのは、信頼と人気があるという証拠です。また、機能面と操作性、サポート体制など総合的に評価が高いです。

GMOクリック証券はFX取引以外にも、株式•先物•CFD•債券など様々な金融商品を取り扱っています。
最大30万円キャッシュバック!
GMOクリック証券のFX
公式サイトはこちら!

GMOクリック証券の基本情報

最低取引単位10,000通貨
※例外通貨ペアあり
取引手数料無料
※ロスカット発生時に別途あり
最低入金額即時入金サービス
・1000円以上1円単位
振込入金
・制限なし
取扱通貨ペア数20通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・はっちゅう君FXプラス
・FXツールバ
・プラチナチャート
モバイル版
・GMOクリックFX neo
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※通常モードの場合
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

出典:GMOクリック証券公式サイト

最小約4,000円から取引できる!「外為どっとコム」

外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 最小約4,000円から取引可能!
  • FX口座開設数50万突破
  • 高水準のスワップポイントを提供

外為どっとコムは、最低取引単位1,000通貨(最小約4,000円)という少額資金から投資を始められる、実績と歴史のあるFX口座サービスです。

大きな特徴は初心者に嬉しい投資コンテンツが充実しており、Webセミナー、マイ育チャンネル、公式YouTubeなど分かりやすいFX情報が満載です。

FXを始めるハードルが低いので、少額から始めたい方に最適な口座です。
最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位1,000通貨
※RUB/JPYは10000通貨
取引手数料無料
最低入金額即時入金サービス
・1000円以上1円単位
取扱通貨ペア数30通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・外貨NEXT NEO
(ブラウザ版・アプリ版)
モバイル版
・外貨NEXT NEO GFX
iPad版
・外貨NEXT NEO iOS
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

出典:外為どっとコム公式サイト

よくある質問

FXチャートとは?
FXチャートは為替レートの動きをグラフ化したものであり、過去の為替レートから将来の相場を予測するために用いられます。特にFXのテクニカル分析で利用されることが多いです。
FXチャートの種類とは?
FXチャートは一番情報量の多い「ローソク足チャート」、終値だけを繋いでいる最もシンプルな「ラインチャート」、トレンド発生が掴みやすい「バーチャート」など大きく分けて3種類のチャートがあります。
FXチャートパターンの代表例とは?
FXチャートパターンの鉄板は、「W」のダブルボトムや「M」のダブルトップ、三角保合相場、ヘッドアンドショルダー、ディセンディングトライアングルなどは最低限覚えておきましょう。
FXチャートで覚えておくべき基本知識とは?
相場全体が右肩上がりになる「上昇トレンド」、相場全体が右肩下がりになる「下降トレンド」、ボックス圏内で上下に何度も繰り返す「レンジ相場」、相場のトレンドを見極める「移動平均線」などは覚えておきましょう。
FXのテクニカル分析とは?
FXのテクニカル分析は、過去の値動きのチャートを分析し、そこから予測できるチャートパターンやトレンドなど、今後の為替相場の動向を予測するための分析方法の一つです。
FXチャートの見方のポイントは?
根拠がある相場でエントリーをすること、チャートの見方に慣れるために練習をすること、形式に捉われず直感的に線を引くこと、エントリー前に損切りラインを引いておくことなどがポイントです。
FXチャートが見やすいおすすめのFX口座とは?
FXチャートが見やすいFX口座は、FX口座開設数80万を突破した「DMM FX」、FX取引高世界No.1を獲得した「GMOクリック証券」、少額資金から投資を始められる「外為どっとコム」がおすすめです。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

まとめ

ここまで本記事では、FXチャートの種類や鉄板チャートパターン、見方のコツやFXチャートが見やすいFX会社について詳しく紹介しました。

FXチャートの見方を理解することで、テクニカル分析の基礎を習得でき、取引チャンスの幅を広げられる理由を理解していただけたと思います。

FXチャートが見やすく、分かりやすく、操作のしやすいチャートを総合的に評価し、自分に最適なFX口座から選びFX取引に臨みましょう。

FXチャートの見方について参考にして、今後の取引の役立てて頂ければと思います。
入力5分!最短1時間後に取引できる!
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事