FXのデイトレード手法とは?やり方やおすすめのFX 会社3選を紹介!

FXのデイトレードとは1日で取引を完結させるトレード手法です。1日に1〜3回程度の取引だけなので、会社員の方にも人気のトレードスタイルです。

そのため、中には「デイトレードのやり方やコツってあるの?」「他のトレード手法の違いや特徴って何なの?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、デイトレに興味を持つ方に向けて、FXのデイトレードが初心者におすすめな理由や初心者が利益を上げる方法などを詳しく解説します。

さらにデイトレードに最適な通貨ペアやFX口座も併せて紹介しますので参考にしてください。

FXのデイトレードとは?

まずはFXのデイトレードの特徴についておさらいしておきましょう!また、スキャルピングやスイングトレードなど他の取引スタイルとどう違うのでしょうか。

デイトレードの特徴

FXのデイトレードとは?

デイトレードはその名の通り取引をしてから決済までを1日で完結させるトレード手法です。日を跨いでポジションを保有する必要はないため短期取引で利益を上げたい人におすすめです。

 為替相場は24時間動いており、1日の中で期待値や優位性が一番高いタイミングでポジションを保有すれば、十分に利益を狙うことができます。初心者に一番人気の取引手法と言えます。

また、デイトレードはポジションを保有するのは、せいぜい長くても数時間程度です。そのため、予め指値注文や逆指値注文をしておけば一日中画面に張り付いていなくても取引できます。

平日は仕事で忙しい会社員でもデイトレードであれば手軽に取引を始められるので副業にもおすすめです。1日に数回取引を行うためスキャルピング同様にスプレッドの狭さが重要になってきます。

デイトレードは資金効率が良く1日のトレードリスクを最小限に抑えられるのでFX初心者に最適です。

スキャルピングトレードやスイングトレードとの違い

FXのデイトレードとは?

スキャルピングトレードは数秒〜数十秒でエントリーから決済を行うため、超短期取引と呼ばれています。値動き(プライスアクション)を分析して投資家心理を読み取ることが重要です。

 一方でスイングトレードは数日〜数週間程度の間に取引を完結する手法です。大きなトレンドの波を狙うため、読みが当たれば大きく利益を上げられる一方外れれば損失は大きいです。

時間軸が長くなればなるほどテクニカル分析とファンダメンタルズ分析が必要になってくるため、スイングトレードはある程度の投資知識や経験値が必要になってきます。

スキャルピングとスイングの間をとった手法がデイトレードです。1日で取引が完結されるので資金効率が良く1回のトレードリスクを最小限に抑えられるのでFX初心者に最適です。

稼ぎ方・取引スタイルはこちらで解説!

FXのデイトレードが初心者におすすめな理由5選

本業に障りなくFX取引ができる

FXのデイトレードが初心者におすすめな理由5選

デイトレードはどのタイミングで売買するのか戦略を立て、予め「指値注文」「逆指値注文」を入れておくことで、チャート画面を見なくても取引できます。

 トレードルールを決めてルール取引すれば、自分が建てたポジションを気にすることなく、放置状態でも利益を上げられるのが最大のメリットと言えます。

ポジション保有中はチャート画面を一切見ないことで、相場に自分の感情を持ち込まずに済むので、精神衛生的にも良い取引ができるのもおすすめポイントです。

デイトレードで利益を上げるには投資戦略を練ることが一番大切です。

難易度が低く初心者におすすめ

FXのデイトレードが初心者におすすめな理由5選

FX取引においてデイトレードは、スキャルピングやスイングトレードに比べ難易度が低く初心者からでも取引しやすい手法です。

 なぜなら、スキャルピングのようにチャート画面に何時間も張り付く必要は無いですし、スイングトレードのように高度なチャート分析をしなくても済むからです。

例えば、会社員の方は朝にポジションを保有し、仕事終わりの夕方に価格レートをチェックします。値動きの動向を確認次第で決済するだけなのでシンプルです。

この一連の流れを1日のルーティンにすれば継続して利益を上げられるようになります。他の手法に比べ難易度は低いので初心者でもとりかかりやすいのがおすすめな理由です。

1日で取引が完結する(ポジションを持ち越さない)

FXのデイトレードが初心者におすすめな理由5選

デイトレードは1日で取引を完結させるので、次の日にポジションを持ち越さずに決済を完了するのが基本です。そのため為替変動リスクを抑えて取引できます。

 例えば、保有したポジションが就寝中に何かしらの要因で大きく動いてしまい、前日は利益がのっていたのに次の日には損失を被ったということはよくあります。

また、損失が出ていると人間誰しも多少ストレスがかかるため、不眠症に陥ってしまったり、精神的にやられてしまったりという悩みを抱える人も多くいます。

ただ、デイトレードでは例外を除いきその日のうちに決済するのがルールなので、生活に支障をきたすことなくFX取引に取り組めるのがおすすめな理由です。

トレードの反省や復習も仕事終わりにできるので規則正しい生活を送れます。

マイナススワップに陥らない

FXのデイトレードが初心者におすすめな理由5選

スワップポイントは日を跨ぐことで、プラスになったりマイナスになったりしますが、デイトレードは1日で取引を完結させるので、スワップポイントが発生しません。

 一方スワップポイントを目的とした長期投資やスイングトレードの場合、日を跨いでポジションを保有するので、ポジションによってはマイナスになる可能性があります。

例えば、高金利通貨であるトルコリラを買い、低金利通貨の日本円を売ると大きくスワップポイントが発生します。仮に1万通貨の取引では、マイナス数十円の損失が毎日増えていきます。

ですが、デイトレードの場合は日は跨ぐことをせずポジションをクローズさせるので、マイナススワップで損失を被ることはありません。

スワップポイントの基礎・おすすめ口座!

デイトレードは資金効率が良い

FXのデイトレードが初心者におすすめな理由5選

デイトレードの醍醐味は取引チャンスがあれば1日に何度も取引を行うため、スイングトレードや長期投資よりも資金効率が良いところがメリットです。

 資金効率とは少額資金でレバレッジ取引を行い大きな取引をするということです。つまり、資金が増えていくスピードが比較的に早いことを意味します。

もちろん超短期取引のスキャルピングトレードの方が資金効率は高いですが、取引画面を24時間張り付いて見ていなけれいけないのがネックです。

資金効率はスキャルピングには勝りませんが、デイトレードであれば効率的に資金を増やせるので駆け出しトレーダーに一番おすすめの手法です。

もしスキャルピングに興味があるなら、まずはデイトレードで経験値をつけてから始めることをおすすめします。

FXのデイトレードにおすすめの通貨ペア

米ドル/円

米ドル/円

デイトレードにおすすめの通貨ペアは「米ドル/円(USD/JPY)」です。

テレビやネットなどで身近に感じる日本経済と同盟国の米国経済は、得られる情報量が豊富なので、価格の予測がしやすい点がおすすめな理由の一つです。

 米ドル/円は主要通貨の中でも流動性が高くスプレッド幅も最狭水準スプレッド(0.2銭)で取引可能なので、初心者でも取引しやすいです。

さらに多くのFXトレーダーが米ドル/円(USD/JPY)をメインで利益を上げているため、デイトレードに一番最適な通貨と言われています。

米ドル/円はコストを抑えながら取引でき、注文が通りやすいメリットもあります。

米ドル/円の見通し・予想などはこちら!

ユーロ/ドル

ユーロ/ドル

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、欧州連合27カ国のうち19カ国で利用されている通貨と世界の基軸通貨ドルとの通貨ペアです。

 ユーロ/ドル(EUR/USD)は世界No.1の取引量を誇り、流動性が非常に高く値動きが安定しているので、トレンドを把握しやすい特徴があります。

デイトレードでは1日の大きな流れ(トレンド)に乗ることが大切です。トレンドを把握しやすいユーロ/ドルはデイトレに最適な通貨ペアと言えます。

また、世界的な経済動向や金融政策、要人発言や経済指標などの影響を大きく受ける通貨ペアなので、情報収集をしてから取引することをおすすめします。

ユーロ/円

ユーロ/日本円

3つ目のデイトレードにおすすめの通貨ペアは「ユーロ/円(EUR/JPY)」です。特にクロス円通貨と呼ばれる米ドル以外の通貨と日本円の通貨ペアでは一番取引しやすいです。

 米ドル/円と同じく比較的に安定した値動きをしているためトレンドが出やすかったり、取引量が多いためスプレッドが狭くコストを抑えて取引できるのがメリットです。

デイトレードは短期取引なので手数料が低いのが魅力です。スプレッドが比較的狭く設定されているユーロ/円(EUR/JPY)は取引回数の多いデイトレ向きの通貨ペアです。

米ドル/円で取引に慣れてからユーロ/円に挑戦してみることをおすすめします。
これらの通貨ペアも対応してます!
デイトレにおすすめ
FX口座3選はこちら

FXのデイトレードで初心者が利益を上げる方法

FXのデイトレードで初心者が利益を上げる方法

FX取引においてデイトレーダー初心者が利益を上げるには3つの方法があります。1つ目はトレンドの戦略を練ることです。

長期足ベース(月足・日足・4時間足)で今後上がるのか下がるのかをテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析に基づき予測します。

 2つ目は、事前にストップロスを設定しておくことです。ストップロスとは損切り額を確定するラインのことです。

予めどのくらいの損失を出したら損切りするのかを決めておくことで、リスクを抑えて取引できます。損切りラインを決めないと大きく損失を被るので要注意です。

 この時点でどの時点まで価格が落ちたら買うのか、どこまで伸びたら売るのかなど注文価格を決めたりポジション管理を行いましょう。

3つ目は無理な取引は避けることです。投資は待つことも仕事のうちなので、相場の雰囲気が悪ければ無理して取引しなくてもいいです。

デイトレーダー初心者は上記でお伝えした3つのルールを守りコツコツ利益を積み重ねていきましょう。

FXのデイトレードにおすすめのFX会社3選

DMM FX
外為どっとコム
LINE FX
DMM FXのロゴ
外為どっとコム
LINE FX
手数料
無料
無料
無料
最低取引単位
10000通貨
1000通貨
1000通貨
通貨ペア数
21通貨ペア
30通貨ペア
23通貨ペア
即日口座開設
最短即日
最短即日
最短即日
キャンペーン・特典
最大
20万4000円
キャッシュバック!!
最大30万2000円
キャッシュバック!!
※対象期間:口座開設月から翌々月末まで
最大
30万5000円
キャッシュバック!!

DMM FX

DMM FXの公式トップ

DMM FXのおすすめポイント
  • 取引ツールが使いやすい!
  • LINEからお問合せ可能
  • 申込みから最短1時間で取引開始
  • 業界最狭水準スプレッド!
    ※原則固定、例外あり

様々な金融事業を手掛ける大手DMMグループ提供のDMM FXは、業界トップの口座開設数80万口座を突破した高い信頼性と実績のあるFX口座です。※公式サイトより

 特に取引ツールが高性能かつ使用感抜群の取引システムを採用しており、シンプルなデザインはチャート画面が見やすく、初心者から上級者まで高い評価を受けています。

また、FX業界初のLINEで手軽にお問合せができるため、FX取引で何か分からないことが出てきたら平日24時間いつでも相談に乗ってくれるのも好評です。

さらに口座開設から最短1時間で取引をスタートできるので、副業で収入を増やしたい方や投資に興味がある方はスピード開設で始めるきっかけにしてください。

DMM FXは業界トップの口座なので、これからFXを始める方は予め口座開設しておきましょう。
今なら20万4000円キャッシュバック!
DMM FX
公式サイトはこちら!
最低取引単位10,000通貨
取引手数料無料
取扱通貨ペア数21通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・DMM FX PLUS
・DMM FXSTANDARD
・プレミアチャート
モバイル版
・スマホアプリDMM FX
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座・法人口座ともに
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
出典DMM FX公式サイト
今なら20万4000円キャッシュバック!
DMM FX
公式サイトはこちら!

外為どっとコム

外為どっとコム公式トップ

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 大手企業の安心感
  • 最小約4,000円から取引可能
  • 通貨ペアは30種類
  • FXを学ぶコンテンツが豊富

今年で創業20周年を迎えた老舗FX企業である外為どっとコムは、お客様第一主義を徹底しており最適な資産運用を提供しているFX口座です。

 業界最多の57万口座を突破し最低取引単位は1,000通貨(最小約4,000円)から取引可能です。少額から投資を始めたい人に最適です。※公式サイトより

また、取引できる通貨ペアは30種類とFX業界内で取扱通貨ペアが多く、メジャー通貨からマイナー通貨まで様々な通貨ペアで取引できます。

その他にも、FX初心者向けの投資コンテンツが充実しており、公式YouTubeやマイ育チャンネルというメディアで正しいFXの知識を習得できます。

FX積立では約100円から取引を始められます。

外為どっとコムのキャンペーン

外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

外為どっとコムでは「新規口座開設+1取引で最大2000円、取引に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン!」を実施しています。※通年で常時開催中、予告なく変更・終了する場合もあります。

※キャンペーンの詳細
①新規口座開設&1万通貨以上の新規注文で取引を1回すれば2,000円キャッシュバック!
②新規注文の取引量(全30通貨ペア合計)に応じて最大30万円キャッシュバック!

外為どっとコムのキャンペーン達成条件

最低取引単位1,000通貨
※RUB/JPYは10000通貨
取引手数料無料
最低入金額即時入金サービス
・1000円以上1円単位
取扱通貨ペア数30通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・外貨NEXT NEO
(ブラウザ版・アプリ版)
モバイル版
・外貨NEXT NEO GFX
iPad版
・外貨NEXT NEO iOS
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭

ポンド/円 1.0銭
出典外為どっとコム公式サイト

外為どっとコムのキャンペーン

外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

外為どっとコムでは「新規口座開設+1取引で最大2000円、取引に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン!」を実施しています。※通年で常時開催中、予告なく変更・終了する場合もあります。

※キャンペーンの詳細
①新規口座開設&1万通貨以上の新規注文で取引を1回すれば2,000円キャッシュバック!
②新規注文の取引量(全30通貨ペア合計)に応じて最大30万円キャッシュバック!

外為どっとコムのキャンペーン達成条件

LINE FX

LINE FX公式トップ

LINE FXのおすすめポイント※公式サイトより
  • 経済指標が相場変動をLINEで受取
  • LINEのチャットで24時間受付可能
  • 高水準のスワップポイントが魅力
  • 最小約4,000円からOK!

コミュニケーションアプリLINEが提供するLINE FXは、サービス開始から8ヶ月でFX業界最速の10万口座を突破した若い世代に大人気のFX口座です。※公式サイトより

 普段使い慣れているLINEに経済指標や相場急変動通知などの情報をLINEで通知が来るので、スピーディーに専用FXアプリに移行して取引を開始できます。

また、最低取引単位1,000通貨(最小約4,000円)から取引できたり、あらゆる手数料が0円から利用可能だったりとコストを抑えて取引できます。

さらに「かんたん本人確認」を利用すればスマートフォンで最短3分で申込みが完了し、最短当日から取引をスタートできるのでおすすめです。

LINEユーザーとの相性抜群に良いのが他の口座にはない最大のメリットです。
最大30万円キャッシュバック!
LINE FX
公式サイトはこちら!
最低取引単位1,000通貨
取引手数料無料
最低入金額クイック入金
・1000円以上1円単位
取扱通貨ペア数23通貨ペア
デモ取引不可
取引ツールPC版
・LINE FX pro
モバイル版
・LINE FXアプリ
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
出典LINE FX公式サイト
最大30万円キャッシュバック!
LINE FX
公式サイトはこちら!

まとめ

ここまで本記事では、デイトレードの特徴や他の手法との違い、FX初心者がデイトレードが一番おすすめな理由や利益を上げるコツなどについて紹介してきました。

デイトレードはスキャルピングとスイングトレードの間をとったトレードスタイルです。画面に張り付く必要がないため、会社員の方でも始めやすいのがメリットです。

予め指値注文や逆指値注文を入れておけば、想定外の損失を被るリスクを抑えられるため、精神的にも負荷がなくFX取引に余計な時間が取られないのも特徴です。

始めは少額資金から取引を始め、まずはデイトレードがどのような投資方法なのか理解することから始めましょう。
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事