ハイローとFXの違いは?稼ぎ方や勝ち方を解説!おすすめ口座も紹介!

ハイローは基本的に為替レートの上か下かを予想するだけの投資方法なので、FX初心者の方でも手軽に始めることができるのでおすすめです。

ですが「FXの違い」や「ハイローでの稼ぎ方を知りたい」という方もいるでしょう。

そこで今回は、ハイローに興味がある方に向けて、ハイローの特徴やFXとの違い、ハイローで勝つ方法や稼ぐコツなどについて詳しく解説します。

ハイローを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

ハイローとは?

ハイローとは?

ハイローとは英語で「High & Low」、日本語では「高い&低い」という意味があり、バイナリーオプションとも呼ばれています。

 これはいわゆるオプション取引を基にした金融商品の一種で、為替相場において為替レートの上昇や下降を予測する取引方法です。

予測した為替レートの目標よりも為替レートが上がるか下がるかを予測し、予測が当たると投資収益を得ることができます。

ハイローは為替レートの上下を予測をするシンプルな取引方法です。

また、ハイローでは大きく分けて3つの取引方法があります。「ラダー制」とは、予め設定した目標レートに到達しているかどうかを予測する取引。

 「レンジ制」とは目標レンジ内に判定時間ご到達しているかどうかで勝ち負けを決める取引方法。

「タッチ制」とは、予め設定した目標レートにタッチするかしないかを予測する取引方法などがあります。

ハイローは取引開始時点で得られる利益が決まっています。

ハイローの特徴

短期間で損益が確定する

ハイローの特徴

ハイローでは予め為替レートの予測をし、その目標の期限に到達することで自動的に損益が確定する取引方法です。

 取引時間は平日の午前7時〜翌6時までの間で行われ、30秒後、1分後、3分後、5分後、15分後、1時間後、24時間後と判定時間を決めてエントリーします。

もしも予測が外れると、投じた資金のオプション料がそのまま損失金額になるため、リスクのコントロールがしやすいです。

ただ、ハイローは数秒から数分で大金を失う可能性も高いので、自身の資金状況に応じながら適切な額を投じることが大切です。

初心者でも取引しやすい

ハイローの特徴

ハイローは様々な取引種類があるものの、シンプルな取引方法が魅力の投資方法の一つです。

 一般的なFX取引では難しい投資知識や分析方法で取引しなければいけませんが、ハイローは将来を予測するだけです。

為替レートの上下を当てるだけの投資方法なので、初心者でも取引しやすいのが大きな特徴です。

投資経験ゼロでも利益を上げられるのはハイローの魅力です。

ハイローは様々なルールがある

ハイローの特徴

ハイローはシンプルな取引で初心者に人気の投資ですが、実は様々なルールがあるので抑えておきましょう。

 ルールの代表格は権利行使のタイミングです。タイプは3種類ありヨーロピアンタイプ、アメリカンタイプ、バミューダンタイプがあります。

ヨーロピアンタイプは満期のみ権利行使可能、アメリカンタイプは満期までの間いつでも権利行使可能、バミューダンタイプは複数の権利行使可能です。

特に国内の証券会社が提供するタイプはヨーロピアンタイプが多く、一方でアメリカンタイプは海外の証券会社に多いです。

ハイローとFXの違い

取引時間の間隔

ハイローとFXの違い

一般的なFX取引では、月曜日午前7時00分に市場がオープンし土曜日の午前6時30分と、平日の24時間いつでも取引可能です。

ただ、米国夏時間・冬時間によって時間帯は多少異なります。

 一方でハイローの取引時間は2〜3時間ごとに1回だけなので、FX取引と比べると取引時間に制限があるのが大きな違いです。

例えば、1万円を稼ぎたいと思った場合、FXではレートの変動を待たなければいけませんが、ハイローは予測したレートに到達すれば2〜3時間に1度稼ぐことが可能です。

ハイローの取引ではどうしても短期取引がメインとなりざるを得ませんが、短期間で効率よく稼げるところがメリットです。

レバレッジ

ハイローとFXの違い

FX取引では最大25倍のレバレッジを効かすことが可能ですが、ハイローはレバレッジ取引ができません。

例えば、予め設定した目標為替レートが100円のHighを200円で購入した場合、利益が出ても200円分の利益のみになります。

 一方でFXはレバレッジを利用すれば、現在の投資資金の25倍もの取引ができるため、うまくいけば大きな利益になります。

例えば、10万円の投資資金で25倍のレバレッジで取引すれば、たった10万円で250万円分の取引が可能となります。

このようにハイローとFX取引では、レバレッジの有無が大きな違いと言えます。

スワップポイント

ハイローとFXの違い

スワップポイントとは、金利差調整分と呼ばれており、2カ国間の通貨の金利差によって生じる投資収益のことを指します。

このスワップポイントは低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことで発生します。

 例えば、低金利通貨の代表格である日本円(金利0.1%)を売り、高金利通貨であるトルコリラ(金利14%)を買うことで利益が発生します。

反対にハイローでは短時間でしか取引は不可能なので、スワップポイントという仕組みがありません。

なので、短期投資メインで投資を行うならハイローがおすすめですが、短期だけではなく中長期投資もやりたい方はFXもおすすめです。

損失額について

ハイローとFXの違い

FXは損切りと言われる一定の損失額をが増えた際、これ以上の損失を防ぐためにポジションを決済する場合があります。

ですがハイローの場合は、損失が限定されているので損切りという仕組みがありません。

 例えば、レート100円の「High」を200円で購入したが、予測が外れて80円になった場合損失は投資額の200円限りです。

要するに、あなたが投資した額がイコールの損失額ということになります。100円投資したら100円の損失額、200円投資したら200円の損失額というイメージです。

FXは損切りをしなければ損失はどんどん増えていきますが、ハイローは損失額を最小限に抑えながら効率よく稼ぐことが可能です。

損失額は投資額と同じなので、リスクが限定的なところがメリットです。

ハイリスク・ハイリターン

ハイローとFXの違い

ハイローは一般的なFX取引に比べてハイリスク・ハイリターンな取引方法と言われています。

 なぜなら、FX取引は投資額よりも利益の方が少ないですが、ハイローは利益額よりも投資額が高くなるからです。これは損失額にも同じことが言えます。

一度でも損失を出してしまうと投資額を回収するには、何度も利益を上げなければいけなくなるため、ハイリスク・ハイリターンな投資方法です。

ハイローで勝つ方法

ボラティリティが激しい時間帯に取引する

ハイローで勝つ方法

ハイローで勝つにはボラティリティが激しい時間帯に狙いを定めて取引することをおすすめします。

ボラティリティとは為替相場の大きさを示しており、為替レートの振れ幅が大きければ大きいほどチャンスになります。

 数時間程度相場が荒ぶった後はトレンドの方向性が出やすくなるため、トレンドの波に乗じてポジションを持つことが勝つ秘訣です。

一方でボラティリティが低いと市場に流動性がないため、今後レートが下がるのか上がるのかを予測しづらいので要注意です。

日本時間の21時以降はニューヨーク市場が開くので、ボラティリティが高くなりやすいです。

取引する通貨の特徴や傾向を把握する

ハイローで勝つ方法

FX取引同様にハイローでも通貨取引が行われるため、自分が取引する通貨の特徴は把握しておくことが大切です。

例えば、通貨には安定した値動きをする通貨、ボラティリティが激しい通貨、取引に向いていない通貨など様々あります。

 仮に初心者に向いていない通貨で取引してしまえば、初めから挫折してしまうので、まずは取引する通貨の特徴を抑えましょう。

また、為替に関しての知識や経験値が徐々についてくると、何時〜何時は狙い目などと新しい発見を得られたり、自分に最適な通貨も見つけられるようになります。

データを取って分析を行う

ハイローで勝つ方法

ハイローは取引したデータをとって分析を行うことが、利益を効率的に上げる方法の一つです。

 データとは何曜日の何時何分にどこにエントリーしたのか、下がったのか上がったのか、苦手な時間帯はいつなのかなどをメモすることです。

約数ヶ月程度データを取れば、自分が取引しやすい時間帯やパターンを発見できるので、初心者の方はまずはデータ収集を始めてみましょう。

誰しも始めは失敗するのが当たり前ですから、データ分析を行い少しずつ勝率を上げていくことで結果にもついてきます。

緻密にデータ分析をすれば、必ず勝率の高いポイントを見つけられます。

ハイローにおすすめのFX口座

主要8通貨ペアが対応!外貨ex by GMOの「オプトレ!」

外貨exbyGMOのオプトレ!

オプトレ!のおすすめポイント
  • 結果が2時間で分かる
  • 取扱通貨ペアは主要8つ
  • オプションタイプは「ラダー」「レンジ」の2種類
  • 専用のスマホアプリで取引が可能
  • デモ取引ツールも用意!

「オプトレ!」は外貨ex byGMOが展開するハイロー/バイナリーオプションのサービスです。1日のなかで11回の取引機会があり、結果は2時間でわかるのでスムーズに取引できます。

取引は、8つの主要通貨ペア2つのオプションタイプから選べるので値動きなどに合わせて対応もできるでしょう。また、スマホアプリもあるのでスキマ時間でも手軽に取引ができます。

取引フローはシンプルです。購入上限があるので損失となる場合「原則オプション購入代金のみ」となります。
最大30万円キャッシュバック!
外貨ex byGMO
公式サイトはこちら!

外貨ex byGMOのキャンペーン

外貨ex byGMOのキャンペーン2022年7月

外貨ex byGMOでは「新規口座開設&取引に応じて最大30万円キャッシュバック!」を実施中です!2022年7月1日(金)~の申込に適用されます。

最大30万円キャッシュバック!
外貨ex byGMO
公式サイトはこちら!
取扱通貨ペア数8通貨ペア
デモ取引対応
手数料口座開設手数料:無料
取引手数料:無料
タイプヨーロピアンタイプ
※行使期間の最終日にだけ、その取引を実行するかを決められるオプション
最大購入可能口数
※1通貨ペア1回号あたり
ラダーオプション:500口
レンジオプション:100口
※投資可能金額によって上限が変動(参考
購入限度額(1営業日)500万円
詳細外貨ex byGMO公式サイト
口コミ・評判外貨ex byGMOの口コミ
最大30万円キャッシュバック!
外貨ex byGMO
公式サイトはこちら!

よくある質問

ハイローとは?
ハイローは英語で「High & Low」、日本語で高いと低いを意味しており、為替レートが上に行くか下に行くかをシンプルに予測する投資方法の一つです。
ハイローの特徴とは?
ハイローは2〜3時間の間に1度取引と結果が出る仕組みなので、短時間で沢山稼ぎたい人、投資知識や経験が無くても投資で稼ぎたい人にはピッタリの投資方法です。
ハイローとFXの違いとは?
FXは取引間隔は24時間いつでも取引できますが、ハイローは時間間隔が決められています。また、FXは大きく損失を被る場合がありますが、ハイローは投資額=損失額になります。
ハイローで勝つ方法とは?
ハイローで勝つにはデータ分析から始めましょう。何時何分にどんなエントリーをしたのか、自分の苦手な取引やうまくいく取引は何なのかなどを把握して手法を構築しましょう。
ハイローは自動売買が禁止されている?
ハイローは口座契約情報に「自動売買は禁止」されているので機械的な取引は控えましょう。規約違反になると口座が凍結されてしまう危険性もあるので注意が必要です。
ハイローの注意点とは?
ハイローの注意点はギャンブル取引をしないことです。損失を取り戻そうと躍起になると、どんどんお金を溶かしてしまうので、少額資金から始めることをおすすめします。
ハイローにおすすめのFX会社とは?
ハイローにおすすめのFX会社は「外貨ex byGMO」です。中でも「オプトレ!」はハイロー/バイナリーオプションのサービスであり、結果が2時間で分かるスムーズさが特徴です。デモ環境もあるので、練習することもできます。

まとめ

ここまで本記事では、ハイローの基本情報や特徴、FXとの違いとは何なのかだったり、ハイローで勝つ方法などについて詳しく紹介しました。

ハイローはFX取引とは異なり、損失を最小限に抑えながら取引ができ、少額資金から投資初心者でも気軽に投資ができるためおすすめの投資商品の一つです。

投資経験や知識が無くても、判定時間までに価格が下がるか上がるか二者択一を予想するシンプルな投資方法なので、興味がある方は試してみてください。

ハイローは短期間の間に沢山利益を上げたい人に最適な投資方法です。
最大30万円キャッシュバック!
外貨ex byGMO
公式サイトはこちら!
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事