FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

「FXに興味がありチャレンジしてみたいけど、どんなインジケーターを利用すればいいのか?」こんな風に疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、FX初心者のあなたの向けて、インジケーターの選び方や使い方、注意点やオススメのFX口座について詳しく解説していきます。

特にインジケーターはチャート分析において根拠や優位性になるので、この機会に自分に適したインジケーターを見つけみるきっかけにしてください。

どんなインジケーターを使用するかで、成果が大きく変わってきます。
チャート分析には欠かせない!!

インジケーターが豊富な
おすすめ国内FX口座

FXのインジケーターとは?

FXのインジケーターとは?

FXのインジケーターとは?
テクニカル指標のチャート分析において、決済手段の根拠にしたり優位性を高めるための指針として利用されています。

FXのインジケーターは主に売買サインのサポートをしてくれる役割を担っています。例えば、「ここのポイントにきたら買う」「トレンドラインが効いているからエントリーする」などと判断することが可能です。

 テクニカル分析では過去の値動きから未来の値動きを予測します。そのため、インジケーターがあることでチャート分析の精度が高まる点が大きなメリットです。

また、インジケーターを利用しているにつれ新しいチャートの見方や分析方法を発見したり、他のインジケーターと組み合わせることで、自身のトレードルールを構築することもできます。

為替相場はチャートが上下にランダムに動くため何の根拠もなく取引するのは難しいです。そのため、多くのトレーダーはインジケーターを使用し、勝率の高い売買根拠を作って相場に挑んでいるのです。

インジケーターは私達トレーダーを支えてくれているのです。

FXのインジケーターは大きく分けて2種類ある

FXのインジケーターは大きく分けて2種類ある

トレンド系のインジケーターの特徴

FXのトレンド系のインジケーターは、中長期的な目線でチャートの方向性を大局的に図るための指針の一つです。

 主に「順張り」と言われるトレード手法に使われることが多く、チャートの流れに逆らわず、トレンドの波に乗るようなイメージです。

そのため、トレンド系のインジケーターは相場が上場傾向の時に買いエントリー、下降傾向の時に売りエントリーを行う時に使われます。

ポイントとしては、長期足と短期足共にトレンド系のインジケーターで分析すれば精度が高まるので、試してみてはいかがでしょうか。

オシレーター系のインジケーターの特徴

FXのインジケーターは大きく分けて2種類ある

FXのオシレーター系のインジケーターは、世界中の投資家達のポジション比率や売買強弱などの取引状況を把握できるインジケーターの一つです。

 ポジション比率とは、「保有中のポジション状況(損失・利益ポジション)」や「未約定のオーダー状況(指値/逆指値注文)」のことです。

どのレートで損失ポジションが溜まっていて、どのレートで買いの攻勢や売りの攻勢が強くなるのか?などをオシレーター系のインジケーター割り出すことが可能です。

また、その他にも相場の方向性を予測したり、どの水準のレートが意識されていて、サポートライン(抵抗線)の役目になるのかなどを把握することができます。

オシレーター系は売買攻勢が把握できるところが特徴です。
チャート分析には欠かせない!!

インジケーターが豊富な
おすすめ国内FX口座

FXのインジケーターの選び方と使い方

FXのインジケーターの選び方と使い方

インジケーターの選び方

FXのインジケーターの選び方は至ってシンプル。まずは色々なインジケーターを触ってみて、試してみることから始めてください。

ポイントは、一つはオシレーター系のインジケーター、もう一つはトレンド系のインジケーターと、2つ同時に使用してみることです。

 色々とインジケーターを触っているうちに、いつかしっくりくるものが見つかると思うので、その中でも「勝率の高いインジケーター」を選びます。

「この2つのインジケーターで決めた」となれば、まずは数ヶ月〜半年間は同じインジケーターを使用して検証を重ねるようにしましょう。

なぜなら、途中で他のインジケーターに浮気をすると途中からインジケーター迷子に陥り、無意識にトレードルールを破ったり、手法がぐっちゃぐちゃになってしまうからです。

自分が思うオシレーター系とトレンド系のインジケーターの両者トップを見つけましょう。

インジケーターの使い方

FXのインジケーターの選び方と使い方

FXのインジケーターの使い方として最適なのは、相場の状況に合わせ適材適所に使い分けられるようになることが、トレーダーとしての第一歩です。

そもそも、多くの初心者トレーダーは「どのタイミングでインジケーターを使用すればいいのか?分からない…」といった悩みを多く抱いています。

ではどうすればインジケーターの種類や活用法を理解できるのか?

 それは一つひとつじっくりと、そのインジケーターの機能性を理解しようと努めることしか方法はありません。

インジケーター一つとっても、それぞれ個性的な機能を有しており、ユニークな分析ツールが揃っています。一度試しに触ってみると、こんな機能があるのかと驚くことばかりです。

インジケーターと聞くと、「なんか難しそう…」と思われる方も多いでしょうが、本気でFXで稼ぎたいなら積極的にインジケーターを試してみることが大切です。

チャート分析には欠かせない!!

インジケーターが豊富な
おすすめ国内FX口座

FX初心者におすすめのトレンド系インジケーター3選

移動平均線

FX初心者におすすめのトレンド系インジケーター3選

FX初心者にオススメのトレンド系インジケーター1つ目は「移動平均線」です。

 チャート画面上にローソク足に沿って、時間足ごとにおける終値の平均値をグラフ化したツールです。

移動平均線の魅力は、今現在の相場状況を大局的に見ることができ、上昇トレンドなのか下降トレンドなのか把握しやすい点です。

FX初心者でも上級者でも「移動平均線」は重要視されているので、FXを始めるならマストで導入するべきインジケーターの一つです。

移動平均線はFX初心者でも聞いたことあると思います。

一目均衡表

FX初心者におすすめのトレンド系インジケーター3選

FX初心者にオススメのトレンド系インジケーター2つ目は「一目均衡表(いちもくきんこうひょう)」です。投資界隈では「いちもく」と呼ばれています。

 ローソク足に加え、5本の補助線である、転換線、基準線、遅行線、先行スパン1,2を使用し、相場状況を把握します。

一目均衡表は、チャート画面上に「雲」のようにふわふわと表示され、抵抗線や転換線の役割を持ち、その「雲」にチャートが触れると反転する可能性が高いです。

この雲の厚さが厚いほど、チャートが意識されており、抵抗線や支持帯としての機能が効きやすいため、雲に触れた直後に逆張りエントリーを入れてもいいかもしれません。

ボリンジャーバンド

FXアプリのメリット

FX初心者にオススメのトレンド系インジケーター3つ目は、「ボリンジャーバンド」です。投資界隈では「ボリバン」と呼ばれ愛用される方が多いです。

 ボリンジャーバンドの役割は、今現在の為替レートから平均値がどの程度乖離しているのかを割り出し、レンジブレイクやトレンド転換点を把握できます。

「トレンド相場」ではバンドに触れたら順張りエントリー、「レンジ相場」ではバンドに触れたら逆張りエントリーするなど、FX初心者でも大いに役立つインジケーターです。

ボリンジャーバンドは初心者が必ず使うべきインジケーターです。
チャート分析には欠かせない!!

インジケーターが豊富な
おすすめ国内FX口座

FX初心者におすすめのオシレーター系インジケーター3選

RSI

FX初心者におすすめのオシレーター系インジケーター3選

1つ目は「RSI」です。日本語では相対力指数と言われ、今現在の相場で買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを数値化して判断する指標の一つです。

計算式を用いて売買強弱を把握しますが、計算方法は簡単です。上昇と下落の値幅の合計に対し、上昇値幅が何%あるのかを把握するだけです。

 目安としては、「RSI」が70%以上だと買われ過ぎだと判断でき、一方で30%以下の場合は売られ過ぎだと判断できます。

RSIはFX初心者にオススメのオシレーター系のインジケーターですが、FX上級者のトップトレーダーの多くも使用されています。

MACD

FX初心者におすすめのオシレーター系インジケーター3選

2つ目は「MACD(マックディー)」です。日本語では移動平均収束拡散と言われ、2つの移動平均線から買いと売りの売買シグナルを把握する指標の一つです。

 実はこのMACDは、オシレーター系インジケーターの中でも、新規売買とトレンドの方向を予測する精度が高いと人気です。

また、MACDがシグナルを上抜けするとゴールデンクロス(買うサイン)、下抜けするとデッドクロス(売るサイン)とFX初心者ならこれだけは覚えておきましょう。

2本の移動平均線がクロスするタイミングがチャンス。

フィボナッチ・リトレースメント

FX初心者におすすめのオシレーター系インジケーター3選

3つ目は「フィボナッチ・リトレースメント」です。かの有名な自然界で多く見られるフィボナッチ数列をFXトレードに応用したインジケーターです。

 フィボナッチというのは、自然や宇宙でも通用する法則です。例えば、貝殻の模様、花びらの数、台風の目、銀河の渦、全てが全て共通しています。

これはFXのチャートも同じで、4時間足で見られることが、1時間足でも見られ、30分足、15分足、1分足、秒足でも同じ事象が見られます。

このフィボナッチ・リトレースメントを使用すれば世界中の投資家達が、どこで売買判断を下すのかを予測できるので、FX初心者はフィボナッチ比率に基づいて取引してみてください。

チャート分析には欠かせない!!

インジケーターが豊富な
おすすめ国内FX口座

FXでインジケーターを使用するときの注意点

FXでインジケーターを使用するときの注意点

インジケーターを組み入れ過ぎない

インジケーターが頼りになるからと組み入れ過ぎるといつの間にか「どのテクニカル指標が一番効力があるんだっけ?」と迷いが生じてしまいます。

特に一度トレードでミスをし、次から次へとインジケーターをひっきりなしに交換するタイプの人は、なかなか自分のトレード手法が確立されません。

 すると、自分の都合で相場を見てしまったり、なんとなくインジケーターを使うことが増え悪循環に陥ってしまうのです。

例えば、「このチャートパターンだからこのインジケーターを使おう」「トレンドになりそうだからこのインジケーターを使おう」というようなイメージです。

〇〇になりそう」は不確実性が高い上に、相場を自分の都合で解釈してしまっています。これだと一生勝てないので、まずはインジケーター無しで始めてみましょう。

最終的にはインジケーターより、自分の推測を信じることが大切です。

インジケーターは参考指標の一つ

FXでインジケーターを使用するときの注意点

インジケーターは頼りになる指標の一つですが、信用し過ぎるのもよくありません。

なぜなら、特に短期取引のFXでは、資金量豊富な機関投資家やヘッジファンドに勤めるトレーダーが、「だまし」を作ってくることが多いからです。

 テクニカル分析において「だまし」とは、ある一定のテクニカルシグナルが発動したにも関わらず、逆を突かれてしまう現象です。

いつも通りインジケーターの指標通り従っていれば稼げたところ、急な値動きによってストップラインを超え損失を被ってしまうケースがあるのです。

資金量豊富な機関投資家やヘッジファンドのトレーダーは大金を使ってチャートを一瞬動かすことができるので、インジケーター信用し過ぎには要注意です。

FXのインジケーターは組み合わせで最大限効果が発揮する

FXのインジケーターは組み合わせで最大限効果が発揮する

FXのインジケーターの醍醐味は、一つのインジケーターだけではなく、二つ三つと組み合わせることによって、最大限の実力を発揮してくれるところです。

というのも、一つのインジケーターを売買根拠にするよりも、複数のインジケーターの根拠が重なった方が優位性が高いですし自然と勝率も高くなります。

 FXは待つことも一つのお仕事と言われているように、一つだけの根拠で取引してしまうと「あの時待っておけばチャンスが来たのに…」なんてことがよくあります。

複数の根拠が重なるには時間がかかりますが勝率は高くなります。つまり、FXでは最適なインジケーターの組み合わせを見つけ出すことこそが成果を上げるための秘訣なのです。

 長年FXトレードをされている方は徐々に自分の勝ちパターンを見つけていきますが、FX初心者は一つのインジケーターにこだわってしまうので要注意。

様々なインジケーターを自分なりにカスタマイズし、「〇〇になったら買ってみよう、売ってみよう」と試行錯誤を繰り返すことで、自分の手法が確立されていきます。

「量は質を凌駕する」という言葉がある通り、まずはトレードの経験値をつけましょう。

インジケーターの多いFX会社3選

DMM FX

DMM FX公式トップ

DMM FXが取扱うインジケーターの数は何と29種類のテクニカル指標があり、自分好みにトレード環境を自由自在に整えることが可能です。

 メジャーなスーパーボリンジャーやパラボリック、フィボナッチからニッチな分析ツールまで取扱っているため分析の幅が広がります。

また、CFD27銘柄のチャートと通貨ペアのチャートを重ねると、どの通貨ペアが下がり、どのCFDが上がっているかなどの相関関係を見つけることも可能です。

DMM FXはオシレーター系トレンド系、両方とも充分な数のインジケーターが利用できるので、この機会に口座開設して試してみはいかがでしょうか。

入力5分!最短1時間後に取引できる!

DMM FXやアプリ基本情報

最低取引単位10,000通貨
取引手数料無料
最低入金額制限なし
取扱通貨ペア数21通貨ペア
デモ取引可能
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
スマホアプリDMM FX
動作環境
iPhone
推奨機種:iPhone5s以上
推奨OS:iOS10~15
推奨解像度:1136×640〜2778×1284
推奨画面サイズ:4inch以上6.7inch以下
Android
推奨OS:Android5.0〜12.0
推奨解像度:1280x720〜1920x1080
推奨画面サイズ:4inch〜7inch
搭載テクニカル指標移動平均線
指数平滑移動平均線
一目均衡表
ボリンジャーバンド
スーパーボリンジャー
スパンモデル
モメンタム
移動平均乖離率
RSI
MACD
RCI
ストキャスティックス

入力5分!最短1時間後に取引できる!

出典:「スマホアプリ操作マニュアル」DMM FX公式サイト

GMOクリック証券:FXネオ

GMOクリック証券FXネオの公式

GMOクリック証券のプラチナチャートでは、インジケーターの数はなんと38種類の人気のテクニカル指標を取り扱っています。

 例えば、売買サインに用いるエンベロープ、移動平均線からの乖離を調べるボリンジャーバンド、人間の心理を数値化したサイコロジカルラインなどなど。

GMOはFX初心者から上級者まで幅広いニーズに対応したFX口座です。多彩な分析手法に対応しているので、テクニカル分析が主流の人には一番最適な口座と言えます。

最大30万円キャッシュバック!
GMOクリック証券のFX
公式サイトはこちら!

 GMOクリック証券やアプリ基本情報

最低取引単位10,000通貨
取引手数料無料
最低入金額制限なし
取扱通貨ペア数20通貨ペア
デモ取引可能
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
GMOクリック FXneo
動作環境
iPhone
推奨機種:iPhone5s以上
推奨OS:iOS10~15
推奨解像度:1136×640〜2778×1284
推奨画面サイズ:4inch以上6.7inch以下
Android
推奨OS:AndroidOS5.0〜12.0
推奨解像度:1280x720〜1920x1080
推奨画面サイズ:4inch〜7inch
搭載テクニカル指標単純移動平均
指数平滑移動平均
ボリンジャーバンド
一目均衡表
平均足
MACD
RSI
DMI/ADX
ストキャスティクス
RCI
スーパーボリンジャー
スパンモデル

最大30万円キャッシュバック!
GMOクリック証券のFX
公式サイトはこちら!

出典:「操作マニュアル」GMOクリック証券公式サイト

外貨ex byGMO(MT4:チャート機能のみ)

外貨ex byGMOのキャンペーン2022年4月

外貨ex byGMOでは、分析専用としてMT4(メタトレーダー4)という高機能分析ツールを利用し、チャート分析をすることが可能です。※チャート機能のみ

外貨ex byGMOが取扱うインジケーターは10種類ですが、多くの分析ツールが備わっているMT4を利用すれば高機能分析ができるようになります。

MT4とは言わずと知れた世界中のトレーダーに大人気です。まずFX初心者は外貨ex byGMOで口座を開設してMT4に登録し、高機能チャート分析ツールを試してみてください。

最大15万円キャッシュバック!
外貨ex byGMO
公式サイトはこちら!

外貨ex byGMOやアプリ基本情報

最低取引単位1,000通貨
取引手数料無料
最低入金額制限なし
取扱通貨ペア数24種類
デモ取引可能
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
外貨exアプリ
動作環境
iPhone
推奨機種:iPhone5s以上
推奨OS:iOS11.0以上
推奨解像度:1136×640〜2778×1284
推奨画面サイズ:4inch以上6.7inch以下
Android
推奨OS:AndroidOS5.0以上
推奨解像度:1280x720〜1920x1080
推奨画面サイズ:4inch〜7inch
搭載テクニカル指標移動平均線(SMA)
指数平滑移動平均線
一目均衡表
ボリンジャーバンド
スーパーボリンジャー
スパンモデル
エンベロープ
回帰トレンド
MACD
RSI
ストキャスティクス
フィボナッチリトレースメント etc…
最大15万円キャッシュバック!
外貨ex byGMO
公式サイトはこちら!

出典:「外貨exアプリテクニカル設定外貨ex byGMO公式サイト

よくある質問

FXのインジケーターとは?
FXのインジケーターは視覚的にサポートしてくれるチャート分析ツールです。値動きの予測や売買根拠、通貨強弱やオーダーブックなど、様々なインジケーターを活用することが可能です。
FXのトレンド系のインジケーターとは?
FXのトレンド系のインジケーターは、順張り手法でメインに使用され、上昇トレンド中や下降トレンド中の売買シグナルの指標として効力を発揮するインジケーターの一つです。
FXのオシレーター系のインジケーターとは?
FXのオシレーター系のインジケーターは、主に「売り圧力」「買い圧力」の売買強弱を割り出したり、保有中のポジションや未約定のオーダーを把握するためのインジケーターです。
FXのインジケーターの選び方とは?
FXのインジケーターの選び方は、まずメジャーなものからマイナーなものまで使用し、その中でしっくりきたオシレーター系、トレンド系のインジケーターをそれぞれ選びます。そして、数ヶ月試してみてください。
FXではインジケーターがどうして大切なの?
FXでインジケーターが大切な理由は、複数のインジケーターの根拠が重なる勝率の高いポイントを見つけられればトレード手法が確立されます。すると、負ける回数が圧倒的に減り必然的に勝ち組トレーダーになれるからです。
FXのインジケーターの注意点とは?
FXのインジケーターの注意点は必ずしも想定通りにはいかないことです。インジケーターは一つの目安なので頼りにし過ぎると、損切り貧乏に陥ってしまうなど勝率が落ちてしまうので要注意。
インジケーターを多く取扱うFX口座とは?
インジケーターを多く取扱う国内のFX口座は、「DMM FX(29種類)」「GMOクリック証券(38種類)」「外貨ex byGMO+MT4(50種類以上:チャート機能のみ)」これらのFX講座がオススメです。

まとめ

ここまで、FX初心者に向けたオススメのインジケーターの紹介や、具体的な使い方・選び方について詳しく解説させて頂きました。

特に為替相場のテクニカル分析において、いかにインジケーターがチャート分析の役割の中で最も重要な部分を占めているかお分かり頂けたと思います。

そして、自身のトレード手法やトレードスタイルに適したインジケーターを利用すれば、どんどん勝率が高まってくるので楽しく取引ができるでしょう。

まずは初心者にオススメのFX口座を作ることから始めましょう。
入力5分!最短1時間後に取引できる!
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事