FXの勉強方法を紹介|初心者が学ぶべき3つのポイント!

「FXで利益を上げるための勉強方法が分からない」「FXの勉強に必要な時間や期間はどのくらい?」このような疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。

FX取引に限らずどんな分野であれ、まずは基本的な知識を身に付け、経験値を重ねていかなければ上手くいかないので、この機会に学ぶことの大切さを理解しましょう。

そこで本記事では、これからFXを始める初心者に向けて、利益を上げるための勉強方法や手順、学ぶべきポイントやおすすめFX口座について詳しく解説します。

FX取引の勉強のコツを知り、いち早く利益を上げられるトレーダーになりましょう。
FXの勉強法についてまとめ!
・FXは「実戦で慣れる・基礎を学ぶ」が◎
・最初は「デモトレード」や少額取引」がおすすめ!
・なので、そういったサービスのあるFX口座を選ぶ!
・「外為どっとコム」ならデモトレード口座があり、
 最小4000円から
取引が可能なので初心者には◎
・さらに「FXを学べるコンテンツ」も豊富に用意!
・口座開設&取引で「30万円以上のキャッシュバック
外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

FXの勉強は実践から学ぶのが一番上達する理由

FXの勉強は実践から学ぶのが一番上達する理由

FXの勉強はネット記事や本、YouTube動画やデモトレードで学ぶことも大切ですが、それ以上に実際に口座を開いて実践に移すことが一番上達します。

インプットした情報を知識として留めるのだけではなく、行動に移すことで初めて気付くことが多いです。つまり行動というのはアウトプットです。

 学んだことを実践に移すことで、初めは大きく稼ぐのは難しいかもしれませんが、実際に身銭を切って取引をしているためデモ口座との真剣度が異なります。

仮想のお金ではなく、汗水垂らして労働して稼いだお金を利用して取引を行うため、緊張感はもちろんのこと、FXに真剣に向き合えることが自己成長に繋がります。

真剣に取引を行うとで新しいことを学ぶ吸収力の効率が高まり、一つ新しいことを覚えると点と点が線となるように徐々に理解が深まっていきます。

そして、FXの知識がある程度身に付くと視野が広がり、FX以外の株式投資や仮想通貨などの知識もすんなりと理解できるので、何事もまずは実践から学ぶことが大切です。

「量は質を凌駕する」という言葉がある通り、まずは練習を沢山やることから始めましょう。

FXの勉強に必要な時間や期間はどのくらい?

座学にかける時間や期間

FXの勉強に必要な時間や期間はどのくらい?

座学とは「座って学ぶ」と書く通りで、FXに関する書籍を読んだり動画を見たりと、座ってじっくりと知識をインプットする形のことです。

座学で学ぶポイントは、基礎中の基礎であるFXの専門用語、FX取引で利益を上げる仕組みや構造、注文方法や決済方法などが挙げられます。

 特にFXの専門用語はカタカナ用語が多く覚えるのに一苦労ですが、英単語と同じで一度頑張って覚えてしまえばすぐに理解できるようになります。

また、その他にも座学で学ぶことは、FX取引を行う時のツールの使い方やテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析のやり方についてです。

この部分はある程度のFXの知識や経験がないと全く分からないため、数ヶ月程度基礎を学んでから段々と取り組むようにしていきましょう。

ちなみに、雑学にかける時間は人それぞれですが、会社員の方を対象にすると目安としては1ヶ月〜2ヶ月前後で重点的に学んでいくことをおすすめします。

座学で頑張ってインプットしたことを、アウトプットすることも大切なことです。

実践練習にかける時間や期間

FXの勉強に必要な時間や期間はどのくらい?

FX取引においてある程度の知識が身に付いたら、次はインプットした情報をアウトプットに使う練習を行いましょう。つまり、実際に行動に移し取引をするのです。

例えば、デモトレードと言われる架空のお金を利用してFX取引の練習をしてみたり、少額資金を活用して本番口座で練習してみるなどのイメージです。

 具体的な実践練習方法は、インジケータを活用してテクニカル分析を行なってみる、スキャルピングやデイトレードなど様々な取引方法を試してみるなどが挙げられます。

また、メジャー通貨ペアである米ドル/円以外にも、ユーロ/ドル、ユーロ/円、ポンド/ユーロなどの色々な通貨ペアで取引してみたり、損切りや利確を実際に行ったりしてみましょう。

一通りFX取引に関わる全てのアクションを試してみると、なんとなく自分の中で「こんな風にFXで利益を上げるんだ〜」と納得でき体系的に理解することができます。

まずは知識の正しい使い方や自分に最適なトレード手法を構築するための勉強をしていきましょう。ちなみに、実践練習にかける時間は半年〜1年と考えておいてください。

インプットした知識の正しい使い方を覚え、分からないことを一つずつクリアしていきましょう。

FXの勉強で初心者が学ぶべき3つのポイント

FXの基本的な専門用語や仕組み

FXの勉強で初心者が学ぶべき3つのポイント

FXとは英語で「Foreign Exchange」の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」という意味があります。

FXで利益を上げる仕組みはシンプルで、証拠金を利用して今現在のレートが安い時に買って高い時に売る、今現在のレートが高い時に売り安い時に買うことで利益を上げます。

 FX取引はチャートが上がるか下がるか、どちらか一方を選ぶマネーゲームです。FX初心者でもある程度の知識と経験値を積めば、利益を上げられる可能性のある金融商品です。

また、FXは平日であれば24時間いつでも取引が可能なので、大学生や会社員、主婦を問わず誰でも取引できるため、投資を始めるきっかけになるケースが多いです。

特に21時頃からはニューヨーク市場が開く時間帯です。この時間は1日の中で一番値動きが激しくチャンスの多いので、会社終わりに副業として稼ぐ方も少なくありません。

FXは特有の専門用語があるため初めは何を言っているのか理解できないかもしれませんが、一つずつ用語を覚えれば、FXの記事や書籍を読んで理解が深まることでしょう。

月に5万円〜10万円ほどFXで稼げるようになれば凄いことです。

FXの注文方法や資金管理方法

FXの勉強で初心者が学ぶべき3つのポイント

FX取引において必ず覚えておかなければならないのは、「注文方法」と「資金管理方法」の2つです。

代表的な注文方法は「成行注文」「指値注文」「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」この5つがあり、それぞれ特徴が異なります。

 「成行注文」は今現在のレートで「買う」「売る」を決められ、「指値注文」は予め価格を指定して「買い」「売る」を決められます。

「IFD注文」は新規注文が成立すると予め設定した決済注文が発注され、「OCO注文」は2種類の新規注文を同時に出し、片方が成立したら片方がキャンセルされます。

FX初心者の方はまずは「成行注文」で取引を重ねることをおすすめします。

また、「資金管理方法」については、取引に使用する資金や1度の取引で希望する利益・許容で切り損失など、細かいルールに従い資金の管理を行うことを言います。

 FX取引は「資金管理」と「メンタル」が全てと言われているので、今の資金でどの程度のポジションが取れて、損切り目安はいくらなのかなど常に把握しておくことが大切です。

その他にも、レバレッジ、Lot(ロット)、損切りライン(ストップロス)、利確ラインなど、資金管理を行うことで、俯瞰して相場を見れるようになるのでしっかり勉強しましょう。

FX初心者はレバレッジを抑えて、少額資金から取引を始めましょう。

FXで利益を上げるための分析方法

FXの勉強で初心者が学ぶべき3つのポイント

FX取引ではチャートが上がるか下がるかを予想するだけですが、そこには根拠や優位性がなければ利益を上げられるようにはなりません。

そこでポイントになるのが、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つです。

 テクニカル分析とは、水平線やインジケーターなどを組み合わせ、過去の値動きからチャートパターンを推測し、今後の相場動向を予測するものです。

主なテクニカル指標は、移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、フィボナッチリトレースメント、MACDなどが挙げられます。

一方でファンダメンタルズ分析とは、経済指標や先進国の経済状況、要人発言や世界的な事件や事故などのニュースが挙げられます。

有名な重要指標は、GDP(国内総生産)、米国消費者物価指数、雇用統計、FOMC、非農業部門雇用者数などは、大きくレートが動くので注意しましょう。

全ては相場が教えてくれるので、チャート分析は毎日のように行いましょう。

FXの勉強方法|何からやるべき?流れを解説

FXの専門用語や仕組みを覚える

FXの勉強方法|何からやるべき?流れを解説

まずはFX特有の専門用語を覚えることから始め、徐々にFX取引の仕組みについて理解を深めていきましょう。なぜなら、単語を覚えると点と点が徐々に繋がって、FX取引全体の仕組みを把握できるようになるからです。

まずは書籍などを購入して、基礎を徹底的に学びましょう。

FXの注文方法や決済方法を覚える

FXの勉強方法|何からやるべき?流れを解説

ある程度の知識をインプットできたら次は取引の練習です。まずは基本的な「注文方法」や「決済方法」について理解しましょう。

それに加えて、FXなどの投資で一番大切な「資金管理」も合わせて勉強しましょう。資金管理が徹底されていないと大きく資金を減らすことに繋がるので納得するまで勉強してください。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を覚える

FXの勉強方法|何からやるべき?流れを解説

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を習得するには一朝一夕では無理なので、日一度はチャート画面にトレンドラインを引く練習をしてみてください。

その他にも、積極的に海外ニュースを見たり、経済指標発表時にはチャート画面に張り付いて、どのくらいチャートが動いたのか確認してみましょう。

トレーディングスキルを磨いていきましょう。

デモトレードを利用して利益を上げるコツを学ぶ

FXの勉強方法|何からやるべき?流れを解説

次にデモ口座を開き、デモトレードで練習を重ねていきましょう。本物のお金は減りませんが、緊張感を持って取引することで自己成長に繋がります。

取引でミスをしたら、何が原因でミスをしたのか、どのケースが一番ミスが多いのか、逆に自分が勝ちやすい時間やチャートパターンは何なのかなどを理解しましょう。

少額資金から本番口座で取引を始めてみる

FXの勉強方法|何からやるべき?流れを解説

ある程度デモトレードで月のトータル収支がプラスに終わる回数が増えてきたら、少額資金を本番口座へ入金し早速取引を始めてみましょう。

最近はFX取引の需要が増えたこともあり、数千円程度から取引を始められる口座も増えてきたので試してみてください。

少額資金でレバレッジを低くして取引を始めてみましょう。

FXの勉強におすすめなFX口座5選を紹介

DMM FX

DMM FX

DMM FXのココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大204,000円キャッシュバック
  • 各種取引手数料が無料!
  • リアルタイムで入金できるクイック入金あり
  • 口座開設から最短1時間で取引を始められる
    ※公式サイトより

DMM FXは使い取引システムを複数取り揃えており、初めてFX取引を始める方でも高機能チャートを簡単に利用できます。

 24時間問い合わせできるため、安心して取引を続けられるでしょう。

証拠金が必要な際も、クイック出金を利用すればすぐに口座へ入金を反映させられるためすぐに取引を再開可能です。

また、24時間のサポート体制以外にも業界初のLINEで問い合わせを受け付けているためスマホから簡単に質問できます。

「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、最短1時間で口座開設から取引開始を実現できます。

入力5分!最短1時間後に取引できる!

 DMM FXの基本情報

最低取引単位10,000通貨
取引手数料無料
最低入金額制限なし
取扱通貨ペア数21通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・DMM FX PLUS
・DMM FXSTANDARD
・プレミアチャート
モバイル版
・スマホアプリDMM FX
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座・法人口座ともに
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

入力5分!最短1時間後に取引できる!

出典:DMM FX公式サイト

外為どっとコム

外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大302,000円キャッシュバック
  • 各種取引手数料無料
  • 高金利通貨ペアのスプレッドが比較的狭い
  • 初心者からベテランまで満足できる取引ツールあり
  • 学習コンテンツが豊富にあるので勉強もできる!

外為どっとコムは業界最狭水準のスプレッドを提供している会社です。※公式より基本的にスプレッドは固定されているため、コストをできるだけ抑えた状態で取引を進められます。

 外為どっとコム主催のセミナーや他にはない、豊富なマーケット情報を展開中です。

トルコリラやメキシコペソなど、高金利通貨のスワップポイントを高い水準で提供しているためスワップポイントを狙った取引を考えている場合には最適です。

また、取引数量や回数に応じてキャッシュバックを受けられるサービスを提供しているため、新規口座開設者はお得に取引を続けられます。

シンプルな取引ツールは、無駄な機能を一切搭載していないため、初心者からベテランまで充実した取引が可能です。

最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

 外為どっとコムの基本情報

最低取引単位1,000通貨
※RUB/JPYは10000通貨
取引手数料無料
最低入金額1,000円以上1円単位
※クイック入金サービスの場合
取扱通貨ペア数30通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・外貨NEXT NEO
(ブラウザ版・アプリ版)
モバイル版
・外貨NEXT NEO GFX
iPad版
・外貨NEXT NEO iOS
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

出典:外為どっとコム公式サイト

LINE FX

LINE FXキャンペーン2022年

LINE FXのココがおすすめ
  • 相場の急変動通知をLINEでお知らせ
  • 業界最狭水準スプレッドを全23通貨ペアで実現※公式より
  • 最小取引単位1,000通貨(最小約4,000円)から取引可能
  • 口座開設が簡単で最短当日から取引開始
  • 大手企業運営でセキュリティにも注力している

LINE FXはコミュニケーションアプリを運営・開発するLINE株式会社提供のFX口座サービスなので、使いやすく分かりやすい設計になっています。

FX取引の全てをLINEで行うことが可能であり、1,000通貨(最小約4,000円)と少額から取引できるため、手軽に投資を始めたい人に最適なFX口座です。

 特にFXに関する情報をLINE通知で瞬時に確認できるので、相場の急変同時や重要指標発表時などはチャンスを逃さず取引できることも嬉しいポイントです。

また、LINEの専用アプリでは、1画面で最大4画面の通貨ペアのチャートを表示でき、テクニカルチャートは11種類と豊富に取り扱っています。

口座開設も簡単で「かんたん本人確認」を利用すればスマートフォンで完結し最短3分で申込完了。そして、最短で翌日からFX取引を始められます。

手軽にFXで投資を始めたい方、少額資金からFXを始めたい方におすすめの口座です。

最大55,000円分お得になる!
LINE FX
公式サイトはこちら!

 LINE FXの基本情報

最低取引単位1,000通貨
取引手数料無料
最低入金額クイック入金
・1000円以上1円単位
取扱通貨ペア数23通貨ペア
デモ取引不可
取引ツールPC版
・LINE FX pro
モバイル版
・LINE FXアプリ
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

最大55,000円分お得になる!
LINE FX
公式サイトはこちら!

出典:LINE FX公式サイト

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券FXネオの公式

GMOクリック証券(FXネオ)のココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック
  • 9年連続(2012年〜2020年)FX取引高1位※1
  • 各種取引手数料無料
  • 24時間サポート体制を提供
  • 業界高水準※2のスワップポイント
    ※1 ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)
    ※2 公式サイトより

GMOクリック証券のFXネオは、国内FX取引高が9年連続1位のサービスです※1

業界最小水準のスプレッドと抜群に使いやすい取引ツールで人気を集めており、高水準のスワップポイントも魅力的です※2

 専用取引ツールでは、スマホからパソコン同様の取引環境を実現しています。

各種取引手数料は無料のため、初めてFX取引を行う場合でも無駄なコストを抑えてトレードを続けることができるでしょう。

また、24時間取引サポートを提供しており万が一取引中にトラブルが発生した際は、電話もしくはメールで問い合わせることでスムーズに解決まで導いてくれます。

スマホを利用すれば、最短当日から取引を始められます。

最大30万円キャッシュバック!
GMOクリック証券のFX
公式サイトはこちら!

 GMOクリック証券(FXネオ)の基本情報

最低取引単位10,000通貨
※例外通貨ペアあり
取引手数料無料
※ロスカット発生時に別途あり
最低入金額即時入金サービス
・1000円以上1円単位
振込入金
・制限なし
取扱通貨ペア数20通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・はっちゅう君FXプラス
・FXツールバ
・プラチナチャート
モバイル版
・GMOクリックFX neo
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※通常モードの場合
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

最大30万円キャッシュバック!
GMOクリック証券のFX
公式サイトはこちら!

出典:GMOクリック証券公式サイト

SBI FXトレード

SBIFXトレードのキャンペーン2022年5月

SBI FXトレードのココがおすすめ
  • オリコン顧客満足度“初心者部門”第1位※公式サイトより
  • 最低取引単位1通貨(最小約5円)から取引可能
  • 業界最良水準のスワップポイント
  • 口座開設+お取引で最大50,000円キャッシュバック
  • 業界トップクラスの取扱い34通貨ペア

SBI FXトレードは、ネット証券No.1のSBIホールディングス傘下が運営するFX口座なので、実績と信頼があり安心してFXを始められます。

最低取引単位1通貨(最小約5円)から取引可能なので、最小限にリスクを抑えながら少額資金でFXを始めたい人にはピッタリの口座です。

 特に「業界最良水準のスワップポイント」「業界最狭水準のスプレッド※」の強みがあり、初心者から経験者まで大人気のFX専業取引会社です。

その他にも、業界トップクラスの通貨ペア数34種類を取り揃えているため、投資戦略の幅を広げられたり、取引チャンスが多いところも魅力です。

SBI FXトレードは、少額資金で安心してFXを始めたい人におすすめです。

最大50,000円キャッシュバック!
SBI FXトレード
公式サイトはこちら!

SBI FXトレードの基本情報

最低取引単位1通貨
取引手数料無料
最低入金額クイック入金
・1000円以上
取扱通貨ペア数34通貨ペア
デモ取引不可
取引ツールPC版
・Rich Client NEXT
モバイル版
・SBI FX TRADEアプリ
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.09銭
ユーロ/円 0.3銭
ポンド/円 0.6銭

最大50,000円キャッシュバック!
SBI FXトレード
公式サイトはこちら!

出典:SBI FXトレード公式サイト
※原則固定、例外あり

よくある質問

FXの勉強に必要な時間とは?
FXの勉強に必要な時間は1ヶ月〜2ヶ月ほど重点的にインプットし、学んだ知識をアウトプットする繰り返しで知識を定着していきましょう。
FXの勉強で初心者が一番学ぶべきこととは?
FXの勉強で初心者が一番学ぶことは、資金管理です。今の資金を使ってどの程度のポジションを持てて、どのくらいの損失で損切りをしなければいけないかなどを学べます。
FXの勉強は何からやるべき?
FXの勉強はまずは難しい単語の意味から理解しましょう。単語の意味が理解できれば、書籍に書かれていることも徐々に分かるようになるのでまずは基礎固めをしましょう。
FXのテクニカル分析はどのように勉強する?
テクニカル分析には「トレンド系」と「オシレータ系」の2つがあります。初心者はまずは「トレンド系」から学び、過去チャートを分析して未来を予測する練習をすることをおすすめします。
FXのファンダメンタルズ分析はどのように勉強する?
ファンダメンタルズ分析は各国の経済動向を経済指標や要人発言などの外的要因から相場分析する方法です。初心者は各国の経済ニュースやレポートなどから学んでいくことをおすすめします。
FXの勉強をする上で気をつけることとは?
知識をインプットすることに偏りすぎないことが大切です。特にインターネットではFXで稼げる手法など根拠のない情報が出回っていたり、怪しい情報商材を販売している人もいるので注意しましょう。
FXの勉強におすすめなFX口座とは?
FXの勉強におすすめなFX口座は、日本No.1の80万口座数を誇る「DMM FX」、FX取引量世界No.1を達成した「GMOクリック証券のFXネオ」、最小取引単位1,000通貨から取引できる「外為どっとコム」がおすすめです。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

まとめ

FXはきちんと勉強すれば誰にでもチャンスがある金融商品です。なので、本気でFXで利益を上げたい方は真剣に勉強することが大切です。

というのも、中には「FXや株などの話になると、「お金を払って勝てる手法だけを手に入れれば一生安泰だ」と考える方も少なくありません。

どんな分野であれ勉強しなければ上手くいきませんので、自分を信じてまずはFXの基礎知識を徹底的に学ぶことから始めてみてください。

楽しんでFXの勉強をすると、何倍もはやく成長できるので意識してみましょう。
入力5分!最短1時間後に取引できる!
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事