外貨預金はおすすめしない5つの理由|長期的な資産運用ならFX積立!

外貨預金はおすすめしないと言われがちだけど理由を知りたい
外貨預金に代わる運用はなにがおすすめ?

実際に外貨預金は定期預金よりも高い金利が魅力ですが、その金利の高さがボトルネックとなり、仕組みを知らないが故に失敗してしまう方も少なくありません。

そこで今回は、投資に興味がある方に向けて、外貨預金をおすすめしない理由や外貨預金よりもFX積立の方が資産形成に向いている訳について詳しく紹介します。

外貨預金はおすすめしない?その理由

・日本円⇆外国通貨の「為替手数料が高い
・相場が「急変した際には対応が難しい

・「預金保険の対象外」など…
(銀行が破綻したときに預金を保護してくれる保険)

・投資初心者は「FXの積立」がおすすめ!
資産を守る法律も適用される!
FX口座によっては低コスト
でコツコツ!

外貨預金をおすすめしない5つの理由

為替手数料が高い

外為預金をおすすめしない5つの理由

日本円を外国の通貨で外貨預金する場合、為替レートに加えて銀行の手数料がかかるのが一般的です。

この手数料については、多くの銀行は「1ドル=1円」として換算されますが、外貨預金の場合は為替手数料が高いところがデメリットです。

 手数料がかかるタイミングは、「日本円から外貨にする預入時」と「外貨を日本円にする払戻時」に為替手数料がかかる仕組みになっています。

外貨預金は手数料が高く設定されており、大手銀行でも片道25銭から1円相当かかるため、かなり高水準の手数料体系なのが現状です。

例えば、1万ドル(約100万円)を米ドルで外貨預金する場合、預入時に2,500円、払戻時に2,500円、合計5,000円の手数料がかかることになります。

このように外貨預金の手数料は他の金融商品と比べて高いため、外貨預金はおすすめしません。

外貨預金は預金保険の対象外

外為預金をおすすめしない5つの理由

実は外貨預金は預金保険の対象外です。預金保険とは、あなたが預けている銀行が破綻した場合、その預金を全て保護してくれる保険制度のことです。

 一般的な定期預金では、1つの金融機関で1,000万円までは保護されるため、1,000万円以上を超える預金に関しては破綻した金融機関の状況によって支払われます。

なので、1,000万円以上の資産がある方は他の銀行口座を作って資産を分散させることでリスクヘッジを行い、予め不測な事態に備えることが可能です。

ですが、外貨預金の場合は預金保険の対象外なので、仮にもしも預けている金融機関が破綻した場合1円たりとも戻ってこないため、非常にリスキーな投資だと言えます。

預金保険のない外貨預金はおすすめできない投資方法の一つです。
出典:「預金保険制度の概要」預金保険機構

相場の急変時に対応できない

外為預金をおすすめしない5つの理由

為替相場は外的要因などの影響から、急に大きく相場が動くことが多々あるため、堅実な投資をされたい方には外貨預金はおすすめできません。

外貨預金は日本円を米ドル、ユーロ、ポンドなの外貨に替えて資産運用しますが、外貨の価値は様々な要因で日々変わるため将来の予測がしづらいです。

 例えば、政策金利で利上げが行われると円安になり数円ほど暴落したり、戦争などが始まると有事の円買いで円高になるなど、外貨は世界情勢の変化で大きな影響を受けやすいです。

一方で外国為替証拠金取引であるFX取引では、短期取引でリスクを最小限に抑えながら利益を上げることができるかもしれませんが、外貨預金はスピーディーに対応できません。

このような要因から、外貨預金は相場の急変時に即座に対応できない上に、世界情勢などの影響もダイレクトに通貨に与えるため、外貨預金はおすすめできません。

外貨預金は相場状況に応じて柔軟に対応できないのがデメリットです。

元本割れリスクがある

外為預金をおすすめしない5つの理由

外貨預金は投資の一環なので、元本割れリスクがあることを忘れてはいけません。

元本割れとは、当初投資した金額が相場の下落などが原因で、投資金額を大きく下回ることを言います。

 例えば、為替レートが預入時に米ドル/円の通貨ペアで100円の時に100万円を投じた場合、100円よりも上に行けば利益が出ますが、100円より下にいけば損失が出ます。

レバレッジや手数料を抜きでザックリお伝えすると、100円から90円になると10万円の損失、100円から110円になると10万円といったイメージです。

つまり、預入時から円安に陥ってしまうと元本割れリスクが生じてしまう可能性が高いので、投資するタイミングには注意する必要があります。

目の前の利益だけを考えて投資してしまうと損失を被る場合もあるので要注意。

リスクに対するリターンが見合わない

外為預金をおすすめしない5つの理由

外貨預金は他の定期預金よりも金利が10倍高く、高い金利で運用するため利益が出やすい一方でリスクも大きいことを忘れてはいけません。

基本的に定期預金の金利は0.001%なので、100万円を預入すると年間に10円の利益が出ますが、外貨預金は金利が0.01%なので100万円の預入で1年に100円の利益が出ます。

 預金額を増やせば1,000万円で1,000円、1億円で10,000円の利益を得ることができますが、外貨預金はあくまでも「定期預金よりも金利が高いだけ」というメリットしかありません。

株式投資で考えると年間の利回りが平均3〜5%であり、100万円を投じれば年間に3〜5万円の利益が出るため、外貨預金はあまり旨味のある投資とは言い難いのが現状です。

また、上記でもお伝えしましたが外貨預金は預金保険の適用外なので、総合的に評価するとメリットよりもリスクの方が大きいというのが事実です。

もしも外貨預金を検討しているなら、FX積立や株式投資などの投資方法の方が堅実に資産が増えていくので、外貨預金はあまりおすすめできない投資方法です。

当サイトではFX積立をおすすめしています、外貨預金と比べてどのようなメリットがあるのか後で解説します

外貨預金のメリット・デメリット

外貨預金のメリット

円安になると儲かる可能性

外為預金のメリット・デメリット

外貨預金では為替変動により円安になると、短期間のうちに資産が増える可能性があるのがメリットの一つです。預入時よりも円安に推移すれば、資金を預けているだけでコツコツと資産を増やすことができます。

ですが冒頭でも述べた通り、外貨預金は相場が急変動する際には対応できません。ある程度の確信があれば良いかもしれませんが、経験者でも難しいでしょう。

投じたタイミングが良ければ、数ヶ月〜半年という短期間で大きく利益を上げられることもあります。

投資知識や経験がなくても始めやすい

外為預金のメリット・デメリット

資産運用と聞くと難しいイメージを持たれる方が多いですが、外貨預金は資産を預けておくだけで資産形成できるので、投資初心者でも始めやすいのがメリットです。

特に株式投資や投資信託の配当金は企業の業績によって変わりますが、外貨の金利は確実に得ることが可能なので、将来確実に受け取れるお金があるというのは安心感があります。

為替は企業の業績は一切関係なく、国の経済状況によって変化します。

外貨預金のデメリット

為替差損が発生するリスクがある

外貨預金は為替差益が得られる一方で為替差損が発生するリスクがあるのがデメリットです。

 為替相場はチャートが上がるか下がるか二者択一なので、リスクとリターンの割合は同程度だと認識しておくべきです。

例えば、今月は10万円利益が上がったとしても、次月20万円の損が発生する可能性も高いため堅実な投資とは言い難いです。

為替手数料が高い

外為預金のメリット・デメリット

外貨預金は預入時と払戻時、両方に為替手数料がかかります。この手数料は一般的な金融商品よりも高めに設定されています。

基本的には預入時25銭、払戻時25銭の金融機関が多いです。仮に100万円預入時・払戻時はそれぞれ2,500円相当の手数料がかかります。

他の金融商品に比べて手数料が高いのが大きなデメリットです。

ペイオフが無い

外為預金のメリット・デメリット

外貨預金は預金保険制度の適用がないので、仮に預入先の金融機関が破綻した場合、1円たりとも返金されないのがデメリットです。

株式投資やFX取引の場合は、基本的に1,000万円までの利息等が保証されています。

外貨預金とは?基本をおさらい!

外為預金とは?

外貨預金とは外貨建て預金のことです。日本ではなく外国の通貨である、米ドルやユーロ、ポンドなどの通貨で預金することを言います。

預金の方法は円預金と同じですが、日本と外国の通貨では金利が違います。基本的には外国の通貨の方が金利が高い傾向となっています。

 もちろん金利が高い通貨にお金を預けておいた方が利息が多くつくため、円ではなく外貨預金として資産を保有される方も少なくありません。

資産運用では預けた資産が現在の為替レートよりも円安になっていれば為替差益が生じ、円高になっていれば為替差損が生じる仕組みです。

また、外貨預金には種類があり、日本円を外国の通貨で預ける預金を「外貨預金」、定期で預けることを「外貨定期預金」などがあります。

外貨での元本は保証されていますが、円建ての金額は預けた時期よりも減少することがあるので、メリットやデメリットを把握した上で投資することが大切です。

日本は低金利なので外貨預金は資産運用の一つとして人気となっています。
出典「外貨預金の特徴を知る」一般社団法人 全国銀行協会

外貨預金よりもFX積立がおすすめ!比較してみよう

FX積立が外貨預金よりも優れている理由

FX積立のメリット
  • 急変動にも対応できる
  • 万が一の時、資産が守られる
  • 手数料なども抑えられる
  • 売却のタイミングも自由

FX積立ではドルコスト平均法と呼ばれる、定期的に一定額の金融商品を購入する投資方法を採用しているので、相場の変動に関わらず購入価格を平準化できます。

一方で外貨預金は預けるだけの投資方法なので、市場が危機的な状況に陥っても対処するには時間がかかってしまい、柔軟性が無いところが大きなデメリットと言えます。

 外貨預金は資金を投じてしまうと、相場の動きに応じて柔軟に対応できませんが、FX積立は相場状況次第ですぐに円建てに変えることが可能です。

また、FX積立は信託保全と言われる、顧客の資産を安全に保証してくれる法律が義務付けられているので、銀行が倒産した場合でも投資家の資産は守られます。

ですが、外貨預金は預金保険の対象外なので、預入先の銀行が倒産してしまうと1円たりとも戻ってきません。しかも元本割れリスクも非常に高いです。

通貨によって「円安でも利益が出せる」「知識がなくても可能」など外貨預金のメリットはFX積立でもカバーできるのがポイント!

外貨預金とFX積立の比較

外貨預金とFX積立を、手数料など項目別に比較してみましょう!※FX積立は外為どっとコムの場合

外貨預金FX積立
信託保全対象対象外
手数料/スプレッド25銭0.2銭
レバレッジ※個人口座最大25倍1倍
例:10,000米ドルを預金片道2500円20円

このように、外貨預金とFX積立を比べると「安全性や取引コスト面」でFX積立が大きく優ると言えるでしょう。特に初心者など堅実に長期投資として資産形成をしたい方はFX積立をおすすめします。

出典:「対象預金」預金保険機構

FX積立におすすめのFX口座「外為どっとコム」

外為どっとコム

外為どっとコムのFX積立

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料!
  • 1通貨単位からFX積立可能
  • 取引通貨ペアは30種類と豊富
  • 学べる投資情報が豊富!

外為どっとコムは、口座開設数56万口座を突破した各種手数料が無料で利用できるFX口座サービスです。※公式サイトより

 FX積立では最低取引単位1通貨(最小約100円程度)という少額資金から投資を始められるので、投資初心者におすすめです。

また、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円などの高金利通貨で、高水準のスワップポイントを提供しているため中長期投資にも最適です。

外為どっとコムのキャンペーン

外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

外為どっとコムでは「新規口座開設+1取引で最大2000円、取引に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン!」を実施しています。※通年で常時開催中、予告なく変更・終了する場合もあります。

※キャンペーンの詳細
①新規口座開設&1万通貨以上の新規注文で取引を1回すれば2,000円キャッシュバック!
②新規注文の取引量(全30通貨ペア合計)に応じて最大30万円キャッシュバック!

外為どっとコムのキャンペーン達成条件

人気通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!

外為どっとコムのキャンペーン2022年5月:スプレッド

さらに外為どっとコムでは「上記通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーン」を実施しています!

最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位1,000通貨
※RUB/JPYは10000通貨
取引手数料無料
最低入金額即時入金サービス
・1000円以上1円単位
取扱通貨ペア数30通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・外貨NEXT NEO
(ブラウザ版・アプリ版)
モバイル版
・外貨NEXT NEO GFX
iPad版
・外貨NEXT NEO iOS
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
出典外為どっとコム公式サイト
最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

よくある質問

外貨預金とは?
外貨預金は日本円ではなく外国の通貨に外貨建てする預金のことです。日本は低金利なので外貨に資産を預けて資産形成をする投資方法の一つです。
外貨預金をおすすめしない理由とは?
外貨預金は預入時や払戻時などの為替手数料が高いため利益を圧迫する可能性があります。また、預金保険の対象外なので預入先の金融機関が破綻すると1円も戻ってきません。
外貨預金のメリットとは?
外貨預金は金利が高く定期預金よりも利息が大きいため短期間で資産を増やすことができたり、投資知識や経験が一切なくても預けるだけで利益が得られるのがメリットです。
外貨預金のデメリットとは?
外貨預金はレートが上がるか下がるかの二者択一なので、予測が外れると大きく為替差損が発生する場合があるため、堅実にコツコツ投資したい方には不向きな投資方法です。
外貨預金よりもFX積立がおすすめな理由とは?
外貨預金は一度資金を投じてしまうと柔軟に対応できませんが、FX積立の場合は相場変動に対応しやすくすぐに円資産に戻すことができるなどの柔軟性がある点ががおすすめの理由です。
FX積立におすすめのFX口座とは?
FX積立におすすめの口座は、最小約100円程度から投資できる「外為どっとコム」です。
FX積立のメリットとは?
FX積立はドルコスト平均法と言われる投資方法で購入するため、大幅な損失を回避できるので、リスクを最小限に取りながら利益を狙えるところが大きなメリットです。

まとめ

ここまで本記事では、外貨預金がおすすめできない理由や、外貨預金のメリット・デメリット、おすすめのFX口座や投資方法について詳しく紹介してきました。

外貨預金は定期預金よりも金利が高く預入するだけで利益が出る一方、相場に柔軟に対応できなかったり、手数料が高かったりとデメリットの方が多いことを理解できたと思います。

今現在外貨預金を検討されている方は、安定したパフォーマンスが発揮できるFX積立を利用した方が長期的な資産形成に向いているので、この機会に検討してみてください。

FX積立はリスクを最小限に抑えながら、堅実に投資できるので初心者におすすめです。
最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事