メキシコペソ/円の特徴や見通し|MXN/JPY取引におすすめFX口座

メキシコペソの今後の見通しを把握するためにも、メキシコペソの特徴や高金利通貨への投資で利益を上げる方法を知りたい方は多いのではないでしょうか。

メキシコペソは新興国通貨に位置付けられ、他の通貨に比べ金利が高く、スワップポイント狙いで長期投資をされるFXトレーダーが多くいます。

そこで本記事では、メキシコペソに投資を検討されている方に向けて、今後の見通しや予想、メキシコペソの特徴などを詳しく解説させて頂きます。

スワップポイント投資に興味のある方は参考にしてください。
メキシコペソ(MXN/JPY)取引におすすめ

初心者向け国内FX口座
詳細はこちら!!

メキシコペソとは?

メキシコペソとは?

メキシコペソとは?
メキシコペソは名前の通りメキシコの通貨です。銀や鉱物、石油や天然ガスが豊富で資源国通貨の位置付けられ、中南米を代表する通貨の一つです。

メキシコペソはトルコリラ(16.00%)に次いで、政策金利で(4.75%)と以前金利が高く高金利通貨となっています。

現在メキシコはアメリカの政策金利や景気動向が強く影響する国なので、米国との関係が良好な場合は好材料になり、金利上昇の兆しが見えてくるのが特徴です。

 一方で両国の関係が悪化すると下支えの材料が無くなるため、外国資本が流入して来ず、金利が右肩下がりに陥ってしまう傾向があります。

また、メキシコペソが上昇する要因は、大きく分けて3つあり、資源価格の上昇、アメリカ経済の景気が良い、中央銀行が政策金利を引き上げるなどが挙げられます。

反対に下降する要因は、資源価格の下落、アメリカ経済の景気が悪くなる、中央銀行が政策金利を引き下げるなどがあります。

このようにメキシコペソは新興国通貨であるが故に、7割近くがアメリカ経済次第という他力本願な通貨であるという事実は否めないのが実際のところです。

新興国通貨の中では一番安定度が高い通貨です。

メキシコペソの特徴

高金利通貨&新興国通貨

メキシコペソの特徴

メキシコペソは言わずと知れた高金利通貨なので、低金利通貨を売りメキシコペソ建てをして、スワップポイントで稼ぐ投資家が多いです。

日本円は金利が0.1%ですが、最近メキシコペソは政策金利がで4.75%から5.00%へと引き上げが決まり高水準を保っています。

 2020年3月のコロナショック真っ最中の時期は一時4円台に突入し最安値を更新しましたが、徐々に右肩上がりに金利が推移しています。

主な要因はアメリカのバイデン大統領の勝利、メキシコ中央銀行の金融政策決定会合の2つが理由で、金利が上昇しています。

特にメキシコペソは大国である米国経済の動向が如実にメキシコ経済に影響するため、今後米国経済が良くなればメキシコペソも上昇していくでしょう。

金利が高くスワップポイント投資にオススメです。

先進国の政策金利に強く影響する

メキシコペソの特徴

先述でも触れましたが、メキシコ経済は米国経済が握っていると言っても過言ではないほど、両国の良好な経済関係がメキシコ経済の安定性を保っています。

なぜなら、米国18州の多くはメキシコを第一の輸出国とし、毎日10億ドル(1100億円)がメキシコからアメリカに渡っており、米国にとってメキシコは欠かせない国の一つだからです。

 そのため、アメリカで経済状況や政情不安、政策金利などが大きく変化すると、メキシコ経済にも強く影響するためアメリカの政策が肝になるのです。

メキシコとアメリカは地理的条件でも依存度が非常に高く、輸出の8割がアメリカ向けで、輸入の5割がアメリカからなので、米国の景気動向がメキシコにとって非常に重要です。

事実過去には2006〜2008年には10〜11円台を保っていたメキシコペソですが、米国のリーマンショック破綻などの影響で、一気に6円台まで落ちてしまったことがあります。

原油価格がメキシコ経済に大きな打撃を与える

メキシコペソの特徴

メキシコは鉱山資源国で銀、石油、天然ガスなどの産出が多く、メキシコペソは資源国通貨と言われております。

特にメキシコは原油埋蔵量が世界で10位に入る国だけあって、原油価格の高騰時にはメキシコペソ相場が大きく変動する特徴があります。

 特に「WTI原油先物」のチャート見ると分かりますが、原油の価値が高まると同時にメキシコペソも連動して上昇していく関連性があります。

特に2020年4月は新型コロナウイルスの影響を受け、1バレル当たりマイナス37.63ドルと史上最低水準を更新したタイミングでメキシコペソも大きく下落しました。

ただ、少しずつ経済回復していくと同時に原油価格も上昇し、今現在では2018年の高値を超えて1バレル当たり80ドルを安定的に推移しています。

メキシコペソも少しずつ上生じており、当面は原油もメキシコペソも底堅いと言えるでしょう。

原油価格とメキシコペソは連動している傾向があります。

流動性が低く不人気な通貨という位置付け

メキシコペソの特徴

メキシコペソは高金利通貨なので金利差を利用して利益を出せる一方で、市場に取引参加者が少なく流動性が低い不人気な通貨としての位置付けがあります。

なぜなら、メキシコは新興国であるが故に自国内の内需だけに頼れず、外国資本の力を借りないと経済成長ができない国だからです。

 そのため、先進国である主にアメリカの政治や経済、世界的な事件や戦争、政策金利や要人発言などが強く経済に影響します。

例えば、コロナショックの場合、先進国の通貨(ドル)は上昇した一方で、新興国などの資源国家は資源需要減少により通貨安へと繋がりメキシコペソも下落しました。

このようにメキシコペソは「アメリカの景気動向に左右される」「市場に取引参加者が少ない」「先の見通しな付かない」などの理由があり投資家達はリスクの高い通貨だと考えています。

メキシコペソの今後の見通しとは?

先進国の政策金利や景気状況次第

メキシコペソの今後の見通しとは?

今現在のメキシコペソは、金融政策で金利が引き上がりましたが、今後上昇するための材料が少なく上値が重い状況が続いているのが実際のところです。

とはいえ、コロナ終息と共に米国経済の景気がさらに良くなれば、メキシコペソの金利が上昇し外資の流入が増える可能性も高いです。

 メキシコとアメリカの問題である不法移民問題や追加関税問題が解決すれば、信頼が生まれ多くの投資家がメキシコペソに注目するでしょう。

いずれにせよメキシコペソは米国経済に強く影響される通貨なので、自国の政策金利や内需だけでは大きな変化は見込まれず米国次第というのが現実です。

新興国通貨なので先進国の景気動向で大きく変化します。

原油価格や鉱山資源の輸出増がポイント

メキシコペソの今後の見通しとは?

メキシコペソは新興国通貨の中でも安定性を誇る通貨の一つなので、大きく相場が動くことは少ないですが、原油価格や鉱山資源の輸出増でトレンドが見えてきます。

特に「WTI原油先物」はメキシコペソと連動している傾向があり、原油の需要が増えるとメキシコペソが上昇し、原油の需要が減るとメキシコペソも下降しやすいです。

 また、「ロイター・コアコモディティーCRB指数」と言われるエネルギーや貴金属、農産物などのコモディティの商品先物指数もメキシコペソと連動している傾向があります。

このCRB指数は物価上昇率の指標として見られているので、メキシコの鉱山資源やエネルギーの輸出が増えると、メキシコペソの価値も高くなる傾向があるので注目しましょう。

不法移民問題や追加関税問題が解決すれば上昇

メキシコペソの今後の見通しとは?

現在メキシコとアメリカの間で問題になっているのは、不法移民問題と追加関税問題があり、2つの問題が改善されれば金利上昇が見込まれます。

現在アメリカにはメキシコから1,200万人の不法移民が流入し、メキシコ人口の約1割が米国に移住しています。

 大きな原因はメキシコ国内の経済の悪化や政治の不安定化によるものが大きく、今現在でも不法に入国しようとするメキシコ人が後を絶ちません。

その結果不法移民の流入に対抗するべくアメリカは、メキシコに追加関税をかけており、メキシコ経済は悪循環サイクルに陥っている現状があります。

なので、仮に不法移民問題が改善すれば追加関税処置も和らぎ、メキシコへの外国資本が流入が期待できるので、メキシコペソの流動性が出てくるでしょう。

他の新興国通貨よりも安定度が高いので長期投資が最適

メキシコペソの今後の見通しとは?

世界的に見てコロナが終息に向かう中、政策金利でメキシコペソもコロナ前の2020年初めの5円台に金利が戻ってきました。

ただ、メキシコ国内の経済不況や政治の不安定さ、米国の今後の景気の見通しが不透明が故に、メキシコペソは上値が重い状態が続いています。

 ですが、メキシコペソは他の新興国通貨よりも安定度の高い通貨としての位置付けもあり、今後景気変動次第では金利上昇が見込まれると推測されます。

メキシコ国内で深刻な問題が出てこない限りは先進国の景気が良くなることで、今のレートの水準を保ちながら、6円台へと徐々に上昇していくと考えられます。

もしもメキシコペソに投資をするなら金利差を利用したスワップポイントを活用し、リスクを抑えて長期的に資産運用していくことがベストな選択肢でしょう。

先進国の景気が良くなればメキシコペソも上昇していくでしょう。

メキシコペソを利用したおすすめの取引方法

メキシコペソを利用したおすすめの取引方法

メキシコペソに投資をして利益を上げるには、長期投資をベースにスワップポイントで2カ国間の金利差によって生じる利益を狙う取引方法がオススメです。

メキシコペソは今現在5%前後の金利の高さなので、低金利通貨を売りメキシコペソ買いでポジションを保有すればスワップポイントを得ることが可能です。

 例えば、今現在日本円は低金利の0.1%を買い、メキシコペソ建てをすることで、土日を除いて毎日スワップポイントが寄与されます。

今現在メキシコペソ/円(MXN/JPY)のスワップポイントは10万通貨で70円と非常に高い水準になっているので、投資をするならスワップポイント一択です。

スワップポイント投資は売買タイミングが一番大切なので、アメリカとメキシコの関係性、WTI原油先物、CRB指数をチェックしながら投資タイミングを図りましょう。

メキシコペソを利用するメリット・デメリット

メリット

メキシコペソを利用するメリット・デメリット

メキシコペソは他の新興国通貨よりも安定度のある通貨なので、長期投資であるスワップポイント投資で利益を上げやすい点がメリットです。

今までメキシコペソはメキシコ中銀によって、政策金利が引き下げられたり引き上げられたりと、常に金利が変わる傾向の強い通貨でした。

 ですが、近年は米国との良好な関係性、原油や天然ガスの需要増などの要因から、金利が安定し今現在は5%前後を推移しており安定性があります。

新興国通貨は短期取引だと市場参加者が少なく流動性がないため投資しづらいですが、計画性に基づいた長期投資のスワップポイントであれば旨味のある通貨です。

それに加え特にメキシコペソ/円は他の通貨に比べて価格が安いため、1Lotあたりに必要な証拠金が最小約2,000円程度と少額資金から取引できる点も大きなメリットです。

一般的にはメジャーな通貨である米ドル/円では、1Lot辺りに必要な証拠金は最小約5万円程度かかるので、約1/20の金額から投資を始められるのでオススメです。

約2,000円程度から投資を始められるのは嬉しいポイント。

デメリット

メキシコペソを利用するメリット・デメリット

メキシコペソに投資をするデメリットは、新興国通貨であるが故に外的要因が強く影響するので、なかなか先の見通しがつかない点が挙げられます。

主にメキシコペソは米国経済の動向次第で変化する通貨なので、メキシコ国内の政策金利や景気動向が良くなっても通貨に影響することは少ないです。

 米国がメキシコ経済の命運を握っているため、米国の景気動向や政策金利、政情不安などが原因でメキシコペソ相場が大きく変動することが多いです。

一方でメキシコは資源国通貨としての位置付けがあり、原油やコモディティの指標と連動する傾向があるので、世界中で需要が増えると好材料になり金利上昇が見込まれます。

とはいえ、メキシコペソは過去にインフレで大きく相場が動き、通貨安に陥った経験があることから、金利が得られる一方でその分リスクの高い通貨でもあります。

メキシコペソで取引する際のオススメFX口座3選

DMM FX

DMM FX公式

DMM FXのココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大204,000円キャッシュバック
  • 口座開設数が80万件以上
  • 各種取引手数料
  • 10000通貨が最低取引単位
  • リアルタイムで入金できるクイック入金あり
  • 口座開設から最短1時間で取引を始められる
    ※公式サイトより

最大20万4000円キャッシュバック!!

DMM FX
口座開設はこちら!!

メキシコペソに投資するなら、多くの新興国通貨を取り扱う日本一の口座数80万口座以上を誇るDMM FXで口座開設することをオススメします。※公式サイトより

 DMM FXではメキシコペソ/円をスプレッド0.3銭で、スワップポイントは1万通貨で1日8円と業界トップの水準で提供しています。※

その他にも、高機能取引ツールが充実していて、初心者でも使いやすい設計になっていたり、手数料が全て無料など顧客第一を徹底している口座です。

DMM FXの基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
最低入金額 制限なし
取扱通貨ペア数 21通貨ペア
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭

GMOクリック証券

GMOクリック証券公式

GMOクリック証券のココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック
  • 業界最小水準のスプレッド!※原則固定、例外あり ※公式サイトより
  • 9年連続FX取引高1位※GMOクリック証券:FX取引高 世界1位を達成(2012年〜2020年)
  • 各種取引手数料無料
  • 24時間サポート体制を提供
  • 業界高水準のスワップポイント※公式サイトより

最大30万円キャッシュバック!!

GMOクリック証券
口座開設はこちら!!

GMOクリック証券は、世界1位の取引高と日本で9年連続1位の取引高を誇る、大手GMOクリック証券株式会社が提供するFX口座です。※公式サイトより

 2019年7月8日からメキシコペソ/円の取扱が可能となり、業界最安水準スプレッドと高スワップポイントで大変人気の口座になっています。

特にFXネオではメキシコペソ含め、トルコリラ、南アフリカランドなどの新興国通貨を多く取り扱う口座なので、スワップポイント投資には最適だと言えるでしょう。

GMOクリック証券の基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
最低入金額 下限なし
取扱通貨ペア数 20通貨ペア
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※入金額・取引通貨量等により変化
スプレッド
※原則固定、例外あり
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)

出典:GMOクリック証券公式サイト

外為どっとコム

外為どっとコム公式

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大105,000円キャッシュバック
  • 各種取引手数料無料
  • 高金利通貨ペアのスプレッドが狭い ※原則固定、例外あり
  • 取引に応じたキャッシュバックサービスを提供
  • 初心者からベテランまで満足できる取引ツールあり

最大10万5000円キャッシュバック!!

外為どっとコム
口座開設はこちら!!

メキシコペソ/円の取引では『みんかぶFX』でFX総合部門No.1を獲得した外為どっとコムがスワップポイント投資にオススメの口座の一つです。※公式サイトより

 業界最高水準の10万通貨辺り1日で70円のスワップポイントを得られ、業界最狭水準の0.2円を実現した最大限に利益を享受できるFX口座です。

さらに加えFX初心者に嬉しい投資コンテンツも充実しているので、豊富なマーケット・投資情報で学びながらリアルに実践に移せるとあって初心者人気です。

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
最低入金額 1,000円〜
※クイック入金サービスの場合
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
レバレッジ 最大25倍
スプレッド
※原則固定、例外あり
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)

出典:外為どっとコム公式サイト

よくある質問

メキシコペソとは?
メキシコペソは中南米を代表するメキシコの通貨であり、金利の高い高金利通貨です。鉱山資源や原油、天然ガスなどのエネルギーの埋蔵量も多いため、資源国通貨とも言われています。
メキシコペソの特徴とは?
メキシコは米国経済と密接に関係しているため、米国経済の景気動向でメキシコ経済に影響を与えます。政策金利や政情不安、原油価格の高騰などの外的要因でメキシコペソが大きく変動します。
メキシコペソの今後の見通しとは?
今現在メキシコではアメリカとの不法移民問題や追加関税問題があり、この2つの問題が改善されればメキシコペソの安定感が増し、外国資本の流入でさらに金利が上昇していくと見込まれます。
メキシコペソにオススメの取引方法とは?
メキシコペソは他の新興国通貨に比べて安定度の高い通貨なので、金利差を利用したスワップポイント投資で長期的に資産運用する投資方法が、リスクを抑えた最適な取引方法と言えるでしょう。
メキシコペソを取引するメリットとは?
日本の金利は0.1%と低金利ですが、メキシコペソは現在金利が5%前後なので日本の約50倍の金利差があります。金利差を利用した投資をすることで、インカムゲインを得られる点が大きなメリットです。
メキシコペソを取引するデメリットとは?
メキシコペソは高金利通貨である一方で米国経済や原油価格に強く影響し、政情不安や景気動向、急激なインフレなどで大きく相場が動くことで通貨安になるリスクがある点がデ大きなメリットです。
メキシコペソにオススメのFX口座とは?
メキシコペソに投資する際にオススメのFX口座は、スワップポイントが高い口座、もしくはスプレッドが狭くなるべくコストがかからない口座で取引した方が最大限の利益を享受できます。

まとめ

ここまで、メキシコペソの特徴や投資する際のメリット・デメリット、オススメの投資方法などについて詳しく解説させて頂きました。

メキシコペソは高金利通貨なので、低金利通貨を売りメキシコ建てでポジションを保有すれば、長期的な資産運用になることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

特に新興国通貨に投資する際はスワップポイント投資がオススメなので、スワップポイントが高く手数料の安い口座を使用することで最大限利益を得ることができます。

スワップポイントに興味がある方は、この機会に口座開設してみてください。
最大20万4000円キャッシュバック!!

DMM FX
口座開設はこちら!!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動のより損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事