南アフリカランド/円の今後の見通し|高金利通貨の特徴とは?

南アフリカランドは高金利通貨なので、スワップポイント投資にベストな通貨です。高金利通貨への投資で利益を上げる方法を知りたい方は多いのではないでしょうか。

最近の南アフリカは一時産品価格の上昇から輸出が増え始め、ワクチン接種によるコロナウイルスの規制緩和など、景気は緩やかに右肩上がりになりつつあります。

そこで本記事では、南アフリカランド通貨に投資する時に最適な取引口座やオススメの投資方法、通貨の特徴や今後の見通しについて詳しく解説させて頂きます。

スワップポイント投資をされる方は参考にしてください。

南アフリカランドとは?

南アフリカランドとは?

南アフリカランドとは?
南アフリカランドはその名の通り南アフリカ共和国の通貨で、2021年11月現時点では金利3.50%とあって長期投資には最適です。

南アフリカランドは他の通貨よりも金利の高い高金利通貨の一つなので、多くのFXトレーダーはスワップポイント投資で長期に資産運用されている方が多いです。

特に南アフリカランドは金利が3.50%と高いため、低金利通貨を売って高金利通貨を買うスワップポイント投資で利益が上げやすい通貨になっています。

 南アフリカランド/円の為替レートは、2012年に9〜12円台、2017年に8円台、2020年に6円台と徐々に右肩下がりを推移しています。

このことから分かるように、南アフリカランドはここ10年金利が落ちてきていることがわかると思います。

とはいえ、2021年には7円台後半へと経済回復と共に金利上昇もしているので、徐々にコロナが終息していけばさらに右肩上がりに上昇していくでしょう。

また、南アフリカは世界銀行からGDP成長率を直近で3.3%とされ、2022年は5.1%、2023年には5.4%と今後成長が大きく見込まれると推測されるので期待できる国です。

南アフリカランドは長期投資に最適な通貨です。

南アフリカランド通貨の特徴

新興国通貨(エマージング通貨)

南アフリカランド通貨の特徴

南アフリカランドは新興国通貨(エマージング通貨)と言われ、金利が高いため資金を預けると利益が大きく見込まれる一方、政策金利や政情不安で相場が大きく変動しやすいです。

特に南アフリカランドはメジャーな通貨ペアに比べ、取引量が少なく流動性がないため、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の効果があまり期待できません。

 なぜなら、市場に資金が少ないと意識されるポイントでチャートが反応しない場合や、急な外的要因からチャートが強く影響を受けてしまうからです。

また、国自体も外国資本に大きく頼って経済発展してきたこともあり、資金流出を防ぐ手立てとして政策金利を上げ、なるべく外貨が逃げないようにしている側面もあります。

いずれにせよ南アフリカ共和国は、今後経済発展が期待できる一方で、未だに外国資本の力なしでは成り立たない国であることから、南アフリカランドには慎重に投資を行いましょう。

金利が高く長期投資にオススメの通貨です。

貿易収支・資源価格の変動で相場が大きく動く

南アフリカランド通貨の特徴

南アフリカ共和国は世界有数の鉱山資源国家なので、プラチナ、金、ダイヤモンド、クロム、バナジウム、鉄鉱石などの鉱山資源の価格変動で相場が大きく動きやすいです。

鉱山部門は国全体の主要産業の中でのGDPが占める割合は6.8%となっており、関連業界や輸出、加工鉱産物などを含めるとなんと50%を占めています。

 そのため、特に「金」「鉱山資源」「石油」などの商品価格に南アフリカランドは強く影響し連動しやすいという特徴があります。

例えば、2007年頃に石油や鉄鉱石、レアメタルなどの資源が高騰したことで、南アフリカランド通貨が大きく上昇し、円チャートで15円から19円まで上昇しました。

このように、資源価格の価値が高まると同等に南アフリカランド通貨の価値が高まるので、投資する際は通貨と資源の両方の関係性を把握しておくことが大切です。

南アフリカランドと金の連動性が低下

南アフリカランド通貨の特徴

南アフリカでは2007年まで金の産出量が世界No.1と「南アフリカ」=「金」というイメージが強くありましたが、今は世界7位になっています。

以前は南アフリカランド通貨と金の関連性が強く関連性がありましたが、最近では相関関係が弱まっておりあまり重要視されていません。

 実際に2007〜2011年まで金の価格が急激に上昇した局面でも、南アフリカランドはそれほど上昇せず、逆に下がった場面も見受けられます。

これは金の産出量が減ると通貨との関係性が弱くなる証拠とも言えるため、今後も南アフリカランド通貨と金との関係性は強くはならないでしょう。

ちなみに、最近では金の産出国は中国が1位で、続いてオーストラリアが2位、ロシアが3位になっているので、参考程度に覚えておきましょう。

南アフリカは鉱山資源の輸出が大きな国です。

先進国の政策金利に大きく振り回される

南アフリカランド通貨の特徴

南アフリカ共和国は新興国であるが故に、先進国の政策金利や政情不安などがダイレクトに影響するため、南アフリカランドはリスクマネー言われています。

例えば、グローバルな資金移動に影響を受けやすかったり、先進国が経済不況に陥ると自国も悪化したり、資金流出を防ぐなどために金利を上げるなど先進国との依存率が高いです。

 なぜなら、南アフリカ共和国は恒常的な経営赤字国なので、自国内だけでは経済発展が見込めず、外資に頼らずおえない状況が続いているからです。

ただ、南アフリカランドは長期的な運用をすることで、リスクを最小限まで減らしながら資産構築ができるため、一概に全てが全てデメリットとは言い難いです。

金利差で利益を上げるスワップポイント投資では、南アフリカランドを買い低金利通貨を売ることで最大限利益を享受できるので、長期投資をされる投資家も少なくありません。

失業率が世界No.1の国

南アフリカ共和国は2019年28.7%と世界No.1の失業率で、特にその数字の中でも若い世代の失業率が50%を占めており大きな問題になっています。

さらには2020年に起きたコロナショックでは失業率が30%以上を超えてしまい、年々悪化の一途を辿っています。

大きな原因は教育制度が行き届いていないことです。色濃く地域差格差が広がっているのが南アフリカ共和国の現状です。

首都ケープタウンは失業率の高さ治安の悪さでも有名です。

南アフリカランド通貨の今後の見通しとは?

南アフリカランドは今後上昇する

南アフリカランド通貨の今後の見通しとは?

今現在南アフリカランドは、コロナショックや先進国の政策金利の影響から、以前と比べ低金利に陥っています。

 実際に投資家達は「リスクが高い」と判断し国外へと資金を逃しているため、今後コロナが終息し先進国の景気が良くなれば資金が戻り上昇するでしょう。

一方で今後も海外流入資金が減少し新しい株などが出てコロナが長期化すれば、さらに低金利に陥ってしまうことで、右肩下がりに下降していく可能性もあります。

とはいえ、世界銀行から「南アフリカ共和国の経済は期待できる」というお墨付きがあるので、短期的には低金利ですが中長期的には高金利になるでしょう。

先進国の政策金利など外的要因が強く影響します。

貴金属上昇で貿易黒字

南アフリカランド通貨の今後の見通しとは?

今アフリカ共和国は鉱山資源国なので、主要輸出品の貴金属の価格上昇から貿易黒字になると南アフリカランドにも強く影響します。

実際に2021年の4月には貴金属上昇と貿易黒字が後を押し、大きく高値を押し上げる結果になりました。

 南アフリカランドは貴金属の輸出に伴う貿易が拡大することで、暫定的な経常収支が黒字になる関連性が挙げられます。

なので、強みである鉱山資源などの貴金属の輸出が増えれば南アフリカランドも上昇し、逆に輸出が冷え込めば下降すると推測できます。

特に最近は金属などの輸出品の需要が世界で増えてため、今年の南アフリカ共和国の景気は予想以上に回復しています。

失業率の増加で上昇しづらい

南アフリカランド通貨の今後の見通しとは?

今現在南アフリカ共和国は、貴金属の需要が増え貿易黒字化は実現しましたが、失業率が増え続け右肩上がりの状態です。

「失業率が改善されない」=「経済が回復していない」と同じことなので、今の状況だと短期的には南アフリカランドの価値は上昇しづらいです。

 それに加えて周辺国のナミビアやボツアナなど、経済が回復しておらずコロナも終息していないので、貿易収支だけで判断するのは時期尚早です。

また、先進国の景気がダイレクトに影響するため、先進国の経済が低迷している点と失業率が依然高い点は大きなマイナス材料です。

なので、短期的には南アフリカランドは上昇せず横ばいを継続していく可能性が高いが、先進国の景気や自国の雇用が戻り始めると上昇が見込めます。

失業率が改善しないと景気回復とは言えません。

南アフリカランド通貨を利用したおすすめの取引方法

南アフリカランド通貨を利用したおすすめの取引方法

南アフリカランドに投資をするなら、金利差を利用したスワップポイント投資で長期に資産を運用することをオススメします。

今現在のレートで南アフリカランドは3.50%(2021年3月時点)なので、低金利の通貨を売り高金利の南アフリカランドを買いポジションで保有するのが最適です。

 南アフリカランドは長期的には下降トレンドを形成しており、短期的には若干横ばい状態が続いていますが、今後経済が回復すれば上昇が期待できます。

そこで南アフリカランド買いを行い、数ヶ月〜1年間を通じてポジションを保有していればインカムゲイン(通貨上昇による利益)がずっと発生するのでオススメです。

特に資金が豊富にあって長期的な目線で利益を増やされたい方には最適な投資商品です。

南アフリカランド通貨を利用するメリット・デメリット

メリット

南アフリカランド通貨を利用するメリット・デメリット

南アフリカはに日本の金利よりも高い水準を推移しているため、南アフリカランド建てで為替差益を狙えるところがメリットです。

今現在南アフリカランド/円の通貨ペアでは、円高方向が続いていますが、直近数ヶ月は円安方向へと徐々にシフトしてきました。

 大きな理由は先進国の経済回復や鉱山輸出の増加が挙げられ、今後コロナ終息が近い場合、金利上昇が見込まれるでしょう。

なので、一度日足や4時間足などの長期足ベースで押し目を作ったタイミングで、南アフリカランド建てをすれば大きくスワップポイントが狙えます。

必ずしもこのようにチャートが推移していく訳ではありませんが、金利の高い通貨は長期投資がベースなので数ヶ月前後で投資されるのが無難です。

いずれにせよ南アフリカランドは高金利通貨なので、低金利通貨を売って南アフリカランド建てで放っておくだけで利益が出る点はメリットと言えます。

新興国通貨はスワップポイントが一番オススメの投資方法です。

デメリット

南アフリカランド通貨を利用するメリット・デメリット

南アフリカランドは自国の内需だけでは経済成長できない国なので、外国資本に頼らなければいけない側面がある点が大きなデメリットです。

すると、先進国の政策金利や政情不安、景気の良し悪しをダイレクトに影響を受けてしまい、相場の変動が大きくなってしまうのです。

 南アフリカランドに限らず新興国通貨全てに言えることですが、外的要因が大きく働く通貨は投資家達からするとリスクが非常に高いです。

金利が高く魅力が見える通貨ですが、高い為替手数料がかかってしまう点、10年単位で長期的に下落を続けている点などから南アフリカランド建てはオススメできません。

とはいえ、今後コロナ終息に向かい先進国の経済状況の変化、自国の失業率の回復などが見込まれれば金利上昇も期待できるので、あとは投資するタイミングだけです。

南アフリカランドで取引する際のオススメFX口座3選

DMM FX

南アフリカランドで取引する際のオススメFX口座3選

DMM FXのココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大204,000円キャッシュバック
  • 口座開設数が80万件以上
  • 各種取引手数料
  • リアルタイムで入金できるクイック入金あり
  • 口座開設から最短1時間で取引を始められる
    ※公式サイトより

 

最大20万4000円キャッシュバック!!

DMM FX
口座開設はこちら!!

南アフリカランドで投資するなら、本No.1の80万口座以上を誇るDMM FXを利用して長期投資をすることをオススメします。※公式サイトより

 DMM FXは南アフリカランド通貨スプレッド1.0銭で提供しており他社に比べて0.1銭広いですが、補うように高機能ツールが使える点が魅力です。

その他にも取引手数料が全て無料だったり、24時間サポートですぐに相談に乗ってくれたりと、至れり尽くせりなサービスが充実している日本No.1のFX口座です。

GMOクリック証券

南アフリカランドで取引する際のオススメFX口座3選

GMOクリック証券のココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック
  • 9年連続FX取引高1位※1
  • 各種取引手数料無料
  • 24時間サポート体制を提供
  • 業界高水準※2のスワップポイント
    ※1 GMOクリック証券:FX取引高 世界1位を達成(2012年〜2020年)
    ※2 公式サイトより

最大30万円キャッシュバック!!

GMOクリック証券
口座開設はこちら!!

南アフリカランドに投資をしてスワップポイントを得るなら、世界No.1の取引量を誇るGMOクリック証券を利用してみることをオススメします。※公式サイトより

 スプレッドが業界最狭水準の0.9銭と、新興国通貨の中でもひときわ狭いスプレッドなので、コストを最小限に抑えて投資をされたい方に最適な口座です。

また、現在保有中のポジションを決済せずともスワップポイントは出金可能なので、一度ポジションを保有すればずっと収益が発生するところも嬉しいポイントです。

外為どっとコム

外為どっとコムのキャンペーン

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 新規口座開設で最大105,000円キャッシュバック
  • 各種取引手数料無料
  • 高金利通貨ペアのスプレッドが狭い
  • 取引に応じたキャッシュバックサービスを提供
  • 初心者からベテランまで満足できる取引ツールあり

最大10万5000円キャッシュバック!!

外為どっとコム
口座開設はこちら!!

外為どっとコムはみんかぶFXでFX会社比較ランキング総合第1位を獲得した、お客さま第一主義を徹底している老舗のFX会社です。※公式サイトより

 高水準のスワップポイントを得られる口座なので、南アフリカランド建てで金利差を利用して利益を上げたいなら最適な口座と言えるでしょう。

その他にもFX初心者に嬉しい豊富なマーケット情報やFXの基礎を学べる投資コンテンツも充実しているので、非常に利便性の高い口座です。

よくある質問

南アフリカランドとは?
南アフリカランドは南アフリカ共和国の通貨で、金利が3.50%と高く流動性は少ないです。ここ10年間は南アフリカランド/円の為替レートは綺麗に右肩下がりに下がっています。
南アフリカランドの特徴とは?
南アフリカランドの特徴は流動性は低いものの金利の高い通貨なので、低金利の通貨を売り南アフリカランドを買いポジションの構築によるスワップポイント投資が最適な通貨です。
南アフリカランドに投資するメリットとは?
南アフリカ共和国はGDPの成長率が高く今後が期待できる国です。他の新興国と比べ輸出依存度が低い国なので、長期的には安定したパフォーマンスが発揮できる投資先と言えるでしょう。
南アフリカランドに投資するとデメリットとは?
南アフリカランドは外国資本に頼らずおえない状況なので、外資の流出や政情不安、政策金利など外的要因によって大きく通貨の価値が変わるため、今後の見通しがなかなか付かない点がデメリットです。
南アフリカランドにオススメの投資方法とは?
南アフリカランドにオススメの投資方法は、長期投資のいわゆるスワップポイント投資です。低金利の国の通貨を売り、南アフリカランド買いのポジション構築で金利差を狙うことが最適です。
南アフリカランドの今後の見通しとは?
南アフリカランドの今後の見通しは、先進国の政策金利の動向次第、または失業率の解消やコロナウイルスの終息、周辺国の経済回復などで金利の上昇が見込まれると推測されます。
南アフリカランドで取引する時のオススメ口座とは?
南アフリカランドで取引する際のオススメ口座は、スワップポイントが高く設定されている長期投資メインの口座、もしくはスプレッドが狭く設定されている口座で取引した方が最大限利益を上げられます。

まとめ

ここまで、南アフリカランドの特徴や魅力、メリットやデメリット、高金利通貨に投資をする際にオススメのFX口座を詳しくお伝えしてきました。

南アフリカランドは高金利通貨なので、スワップポイント投資では大きく利益がを上げられる一方で、その分リスクも高い理由がお分かり頂けたのではないでしょうか。

短期取引には向いていない通貨ですが、長期目線で資産運用として投資するなら南アフリカランドは最適な通貨なので、スワップ投資を検討してみてください。

スワップポイントの高い口座を開設することをオススメします。
最大20万4000円キャッシュバック!!

DMM FX
口座開設はこちら!!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動のより損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事