米ドル円(USD/JPY)の今後の見通し|通貨の特徴と為替相場の予想

「米ドル/円(USD/JPY)の特徴や今後の見通しとは?」「日本とアメリカの金融性先はどうなるか?」このように疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

日本円と組み合わせた米ドル円(USD/JPY)の通貨ペアが一番メジャーな組み合わせであり、米ドルは世界で一番の取引量を誇り大きな影響力を持っています。

そこで本記事では、米ドル円(USD/JPY)通貨ペアの特徴や今後の見通し、為替レートの変動要因やおすすめのFX口座について詳しく解説します。

米ドル/円は最も金融市場での影響力が強いので要チェックです。

米ドル/円(USD/JPY)の今後の見通しとは?

米ドル/円(USD/JPY)の今後の見通しとは?

米ドル/円(USD/JPY)の今後の見通しは、銀行や金融機関、証券会社が発表しているデータ(野村証券•三菱UFJ•外為度とコム)によると、今後も円安ドル高が継続していくとしています。

具体的には。2022年3〜6月の見通しは118円、一方で2022年9〜12月は116円に推移していくのではないかと考えられています。

 世界各国の経済は成長が鈍化しており、日本の需給のギャップの縮小などが原因で日本銀行が金融緩和を少しずつ緩めていく可能性が高いです。

そのため、2022年3〜6月は一時118円台に推移し、2022年後半になると金融緩和で徐々に円高ドル安に推移し、116円で安定する確率が高いといえるでしょう。

ただし、世界的な事件や事故、戦争などが起こってしまうと、この米ドル/円(USD/JPY)の今後の見通しは一瞬で崩れることを抑えておいてください。

今後の見通しは、おおむね1ドル100円〜120円の間で推移していくでしょう。

米ドル/円(USD/JPY)とは

米ドル/円(USD/JPY)とは

米ドル/円(USD/JPY)はアメリカのドルと日本円の通貨ペアです。世界中で使用されるドルは為替市場で中心的な役割を担っています。

「米ドル(USD)」は取引量が多く流動性が高いので、他の通貨ペアに比べて安定した値動きが特徴です。相場変動は比較的小さめとなっています。

 「円(JPY)」は米ドルやユーロなどと同様に、取引量が多く流動性が高いので、「世界三大通貨」「G3通貨」とも呼ばれています。

ただ、米ドルやユーロに比べ、国際決済通貨として利用されることは少なく、金融市場が世界的に動揺する時(リスクオフ)に円が買われる傾向があります。

特に米ドル/円(USD/JPY)は、通貨ペアの中で一番取引しやすいと言われているので、これからFXを始められる方は米ドル/円から取引を始めてみてください。

アメリカと日本の情報は入手しやすいため、値動きの予測をしやすい特徴があります。

米ドル/円(USD/JPY)の特徴

一番メジャーな通貨ペア

米ドル/円(USD/JPY)の特徴

日本では米ドル/円(USD/JPY)が一番メジャーな通貨ペアとして人気です。その理由は、ボラティリティが低く安定した値動きをしており、初心者でも取引しやすいからです。

 また、日本時間の16時以降はロンドン時間、21時はニューヨーク時間と活発に売買が行われるため、仕事終わりに好きな時間で取引できるというのも人気の理由の一つです。

米ドル/円はあまり大きく動く通貨ペアではないため、「利益を出せないのでは?」と思われるかもしれませんが、損失が出にくく安定した利益を得られる最適な通貨ペアです。

米ドル/円は安定した値動きをしているため取引しやすいです。

流動性が高く安定した値動き

米ドル/円(USD/JPY)の特徴

米ドル/円(USD/JPY)は市場参加者が多いため取引量が多く、他の通貨ペアに比べ安定した値動きなのが特徴的です。

 1日の変動率は054%で値動きは1円前後です。過去に大きく動いた時でも3〜5円前後なので比較的安定しています。

そこまで値動きが大きくないためコツコツ継続的に利益を積み重ねることが可能で、損失も小さく抑えられるのがメリットと言えます。

スプレッドが狭くてコストが安い

米ドル/円(USD/JPY)の特徴

米ドル/円(USD/JPY)のスプレッドは、どの会社も業界最狭水準スプレッドで提供しており、コストを最小限に抑えて取引できます。※公式サイトより

 スプレッドは0.2銭で設定している会社が多いです。基本的に流動性の高い人気通貨はスプレッドが狭く、流動性の低い不人気通貨はスプレッドが広いです。

例えば、南アフリカランド/円(約1.0銭)、香港ドル/円(約2.0銭)、トルコリラ/円(約1.9銭)とマイナーな通貨ペアほどスプレッドが広いのが特徴です。

コストを最小限に抑えて取引したい方におすすめです。

情報が豊富で予想が立てやすい

米ドル/円(USD/JPY)の特徴

米ドル/円(USD/JPY)は基本的にアメリカと日本のニュースを確認しておけば、ある程度相場の予測を立てやすいです。

 例えば、アメリカの経済指標や政策金利、日本銀行総裁の発言、世界的な事件や事故の勃発などのニュースを確認しておきましょう。

特に世界の主要通貨である米ドルは、他の通貨にも間接的に影響を与えるので、アメリカの経済や金融のニュースは毎日確認しておくことをおすすめします。

米ドル/円(USD/JPY)の為替レートの変動要因

国際情勢

米ドル/円(USD/JPY)の為替レートの変動要因

国際情勢とは、世界各国の経済状況がどのような変化や出来事があるのかという事を示しています。

 軍事的な衝突が起こりそうだったり、リーマンショックなどの世界的な金融恐慌が起こったりすると、米ドル/円(USD/JPY)は上昇しやすいです。

一方で地政学リスクや金融不安の後退などが起こると、米ドル/円(USD/JPY)は下降しやすい特徴があるので把握しておくことをおすすめします。

ロイター通信やブルームバーグなどでマーケット情報を常に収集しておきましょう。

政治

米ドル/円(USD/JPY)の為替レートの変動要因

アメリカ大統領や連邦公開市場委員会の議長などの要人発言は、為替相場が大きく動く要因になるので注意しましょう。

 例えば、国の経済政策である、財政政策、金融政策、外国為替政策、直接統制、制度変更などは、相場に影響を及ぼすので要人発言は注目されています。

世界各国の要人発言はスケジュールが予め決められているので、取引する前は1日のスケジュールを確認しておくことが大切です。

金融政策

米ドル/円(USD/JPY)の為替レートの変動要因

金融政策は、金融市場においての金利調整を行うことです。目的は物価の安定を図り、経済が安定的かつ成長を遂げることです。

 政策金利において金利を引き上げると「ドル高円安」になり、金利を引き下げると「ドル安円高」になる傾向があります。

例えば、2008年のリーマンショックでは政策金利の引き下げを行ったため、ドルが大きく売られ円が買われました。要人発言は必ずチェックしましょう。

米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言には気をつけましょう。

経済指標

米ドル/円(USD/JPY)の為替レートの変動要因

経済指標は、世界各国の経済に関する統計データのことです。この経済指標は景気、消費、雇用、物価、貿易など様々な経済指標があります。

 この経済指標のデータを受けて国が経済政策を図るため、中長期的なトレンドが発生するケースが多く相場が大きく変動する原因となります。

例えば、重要度の高い経済指標は、米国雇用統計、消費者物価指数、FOMC、国内総生産(GDP)などは発表と同時に大きく動くうケースが多いので注意が必要です。

その他

米ドル/円(USD/JPY)の為替レートの変動要因

その他には、地震や津波、噴火などの自然災害、新型コロナウイルス感染症や戦争などが起こると、大きく相場は動くので注意しましょう。

これらの事象は予め予測しておくことは不可能なので、世界中が混乱している場合は取引せず、静観しておくことをおすすめします。

大きく相場が動いた後はトレンドが発生しやすいので、混乱が収まったらエントリーしましょう。

米ドル/円(USD/JPY)の過去の変動要因

2008年~

米ドル/円(USD/JPY)の過去の変動要因

2008年の米ドル/円(USD/JPY)の相場は、リーマンショックが起きたことが原因で、ドルが大きく売られ円高になった時期です。

 2008年は1ドル86円、2009年は1ドル82円、2010年は1ドル80円、2011年は一時1ドル75円まで落ちてしまった過去があります。

そのため、2008年に起きたリーマンショックが原因で2012年まで、ドルの価値が右肩下がりに推移した円高ドル安の時期でした。

リーマンショックが原因で大きくドルの価値が下がりました。

2012年~

米ドル/円(USD/JPY)の過去の変動要因

2012年の米ドル/円(USD/JPY)の相場は、安倍首相が2012年9月26日に首相になり、アベノミクスの影響で相場が大きく動きました。

 2012年は1ドル75円でドル安円高でしたが、年々ドルの価値が高まっていき、2016年には1ドル126円まで伸びました。

たった4年で51円も上昇し「ドル安円高」→「ドル高円安」へと推移しました。アベノミクスにより輸出企業の業績が回復しました。

2016年~

米ドル/円(USD/JPY)の過去の変動要因

2016年以降の米ドル/円(USD/JPY)の相場は、2016年1月〜6月の半年間で一気に120円→99円まで下がりました。

 大きな原因は日本銀行の黒田総裁がマイナス金利を導入することを発表したことが原因で、一気に円高ドル安に推移しました。

また、2016年はアメリカ大統領選でトランプが大統領となり、2016年6月〜12月の半年間で一気に99円→119円近くまで上がりました。

2016年の同じ年のうちに相場が同じ幅だけ上がって下がりました。

2020年~

米ドル/円(USD/JPY)の過去の変動要因

2020年以降の米ドル/円(USD/JPY)の相場は、新型コロナウイルス感染症の発症が原因で、1年間で112円→102円まで下がりました。

 有事の円買いが世界中で行われ、2020年は綺麗な右肩下がりに円高が推移しております。ちょうど1年間で10円下がりました。

世界中の経済が停滞し、外出自粛や渡航禁止などで企業の多くは業績が落ち、世界各国で金融緩和が行われる未曾有の大惨事に見舞われました。

米ドル/円(USD/JPY)で取引する際のオススメFX口座3選

DMM FX

DMM FXの公式トップ

DMM FXのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料!
  • 口座開設数80万口座突破
  • FX業界初!LINEからお問合せ可能
    ※公式サイトより

DMM FXはFX業界トップの口座開設数80万口座を突破した、充実の取引ツール・チャート機能が豊富のFX口座です。※公式サイトより

大きな特徴は見やすいデザインと豊富な機能を兼ね備えており、FX初心者からプロのトレーダーまで幅広いニーズに人気となっています。

FXをこれから始める方は、まずは口座開設をしておきましょう。
入力5分!最短1時間後に取引できる!

 DMM FXの基本情報

最低取引単位10,000通貨
取引手数料無料
最低入金額制限なし
取扱通貨ペア数21通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・DMM FX PLUS
・DMM FXSTANDARD
・プレミアチャート
モバイル版
・スマホアプリDMM FX
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座・法人口座ともに
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

出典:DMM FX公式サイト

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券FXネオの公式

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • FX取引高世界No.1を獲得!※1
  • 業界最狭水準スプレッド※2
  • 申込みから最短当日で取引可能
    ※1ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)
    ※2原則固定、例外あり

DMM FXはFX口座開設数73万を突破し、FX取引高も世界第1位を獲得※1した総合的に評価が高いFX口座サービスです。

「取引量が多い=信頼されている証」であり、日本では最も人気のあるFX口座なので、FXを始める方は口座開設しておきましょう。

手数料の安さやスプレッドの狭さなど、取引コストが最安水準なのも魅力です。
最大30万円キャッシュバック!
GMOクリック証券のFX
公式サイトはこちら!

 GMOクリック証券(FXネオ)の基本情報

最低取引単位10,000通貨
※例外通貨ペアあり
取引手数料無料
※ロスカット発生時に別途あり
最低入金額即時入金サービス
・1000円以上1円単位
振込入金
・制限なし
取扱通貨ペア数20通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・はっちゅう君FXプラス
・FXツールバ
・プラチナチャート
モバイル版
・GMOクリックFX neo
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※通常モードの場合
※原則固定、例外あり
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

出典:GMOクリック証券公式サイト

外為どっとコム

外為どっとコムのキャンペーン2022年2月

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 少額投資(1000通貨)から取引可能
  • 高水準のスワップポイントが魅力
  • 老舗のFX会社ならではの安心感がある

外為どっとコムの醍醐味は、最低取引単位1000通貨(約最小4000円)で取引可能です。少額資金から投資を始めたい初心者にオススメの口座です。

また、充実した投資コンテンツが魅力で、WEBセミナー、公式YouTube、テクニカル分析方法など、実際に投資をしながら学ぶことができます。

安心の24時間サポート体制なので、疑問があればすぐに相談に乗ってもらえます。
最大30万2000円キャッシュバック
※対象期間:口座開設月から翌々月まで

 外為どっとコムの基本情報

最低取引単位1,000通貨
※RUB/JPYは10000通貨
取引手数料無料
最低入金額1,000円以上1円単位
※クイック入金サービスの場合
取扱通貨ペア数30通貨ペア
デモ取引可能
取引ツールPC版
・外貨NEXT NEO
(ブラウザ版・アプリ版)
モバイル版
・外貨NEXT NEO GFX
iPad版
・外貨NEXT NEO iOS
レバレッジ
※原則固定、例外あり
最大25倍
※個人口座の場合
基準スプレッド
※原則固定、例外あり
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭

出典:外為どっとコム公式サイト

よくある質問

米ドル/円(USD/JPY)とは?
アメリカのドルと日本の円の通貨ペアであり、日本で最も取引されています。また、世界的に見ても取引量が多く流動性が高いため「世界三大通貨」「G3通貨」に入っています。
米ドル/円(USD/JPY)の特徴とは?
安定した値動きをしているので、初心者におすすめの通貨ペアです。また、スプレッドも各社業界最狭水準で提供しているので、コストを抑えて取引できるのも魅力の一つです。
米ドル/円(USD/JPY)の変動要因とは?
変動要因はリーマンショックや軍事衝突などの「国際情勢」、首相や大統領の「要人発言」、経済の安定化を図るために行われる「政策金利」、世界各国の経済データである「経済指標」などは相場に大きな影響を与えます。
米ドル/円(USD/JPY)の今後の見通しとは?
米ドル/円の今後の見通しは、2022年3〜6月までは118円で推移し、2022年9〜12月にかけては116円で落ち着くのではないかと銀行•金融機関•証券会社が予測しています。
円高のメリット・デメリットとは?
円高のメリットは円の価値が高まることで、海外のサービスが安く購入できることです。一方で円高のデメリットは輸出企業が外貨を稼いでも円に転換すると価値が下がることです。
円安のメリット・デメリットとは?
円安のメリットは輸出企業が稼いだ外貨を円に転換できることです。一方で円安のデメリットは外貨が少なくなることで、海外の商品やサービスが高くなってしまうことです。
米ドル/円(USD/JPY)を取引するのにおすすめのFX口座とは?
FX取引におすすめのFX口座は、業界トップの口座数を誇る「DMM FX」、世界No.1※1のFX取引高を誇る「GMOクリック証券」、最小約4,000円から取引できる「外為どっとコム」が最適です。※1ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

まとめ

ここまで本記事では、米ドル/円(USD/JPY)の特徴や過去の変動要因、今後の見通しやおすすめのFX口座などについて詳しく紹介しました。

米ドル/円は日本で一番多く取引されており、他の通貨に比べて安定した値動きをしているため、初心者におすすめの通貨ペアである理由を理解していただけたのではないでしょうか。

実際にFXで稼いでいるトレーダーの多くは米ドル/円の通貨ペアなので、まずは米ドル/円の通貨ペアに絞って利益を上げられるように努力してみてください。

今後の米ドル/円の見通しは、100円〜120円の間で推移していくので参考にしてください。
入力5分!最短1時間後に取引できる!
FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事