外壁塗装の疑問を解消!費用相場や優良業者の選び方を解説

どのような種類の建物でも、必ず10年から15年に一度の外壁塗装が必要です。一戸建ての外壁塗装には100万円前後のお金がかかります。しかし、実は同じような家で全く同じ塗料を使ったとしても、業者によって10万円から20万円程度の価格差が出てしまうことも少なくありません。

この記事では、外壁塗装にどうして多額のお金がかかるのか、その大まかな内訳と、外壁塗装の適正な相場をお伝えします。その上で、適正な相場で請負ってくれる優良な業者を見つけるためにはどうしたらいいのか、業者選びのポイントについて詳しくお伝えします。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

外壁塗装の費用相場は

まずは、外壁塗装の一般的な相場についてお伝えします。外壁塗装の一般的な相場は、平均額は110万円程度で、80万円から130万円の間の金額での施工が多いようです。

ただ塗るだけの作業に、どうしてこんなにお金がかかるのか、疑問に思う方もいるようです。しかし、高所での危険な作業も多いので、外壁塗装には足場が必要になる上に、職人さんへの日当や塗料代などを含めると、どうしても100万円程度の金額にはなってしまいます。

外壁塗装の金額を決める要素は、塗装が必要な外壁の面積と、塗料のグレードで決まります。それから塗装と一緒に修繕も一緒に行う必要があるかどうかで変わってきます。

詳しい見積もりは、実際に外壁塗装業者が実際に建物の状況を見ないとわかりませんが、家の延床面積の坪数でおおよその相場は分かります。家の大きさで塗る外壁の面積が変わってくるためです。家の延床面積に応じたおおよその相場は次の表のとおりです。

家の延床面積塗装面積外壁塗装の相場
25坪110~120平方メートル85~100万円
30坪120~130平方メートル96~111万円
35坪130~140平方メートル105~117万円
40坪140~150平方メートル115~124万円
45坪165~175平方メートル118~130万円
50坪170~180平方メートル122~136万円
55坪190~200平方メートル125~143万円
60坪205~215平方メートル129~150万円

外壁塗装費用の決まり方

外壁塗装の費用がどうしてこれほどまでに高額になるのか、疑問に思う方も少なくないようです。こちらでは、外壁塗装で必要になる主な費用の内訳と、業者などによって同じような建物でも大きな価格差が出るポイントについてお伝えします。

外壁塗装の4つの費用

外壁塗装には具体的にどのような費用がかかっているのか理解していれば、高額になってしまうことにも納得ができます。外壁塗装の費用の内訳は主に次の4つに分けられます。

材料費

外壁塗装では、様々な材料を使います。費用の内訳には材料費が含まれています。材料費の内訳は、塗料と養生、修繕に使うコーキングなどです。

外壁塗装には当然のことながら大量の塗料を使います。塗装業者が仕入れる塗料は15kg缶です。塗料の種類によって、価格も1缶で塗れる面積も違いますが、通常は3回塗りをするので、少なくとも1回の塗装で3缶から5缶程度は使います。

また、窓ガラスなど塗装しない部分はシートやテープで覆う養生が必要です。シートやテープも大量に必要です。コーキングの張替えなどの修繕を行う場合には、コーキング代などもかかります。これらの費用が材料費となります。平均して20万円から25万程度かかります。

人件費

外壁塗装に含まれる費用には、職人さんや作業員の人件費もあります。塗装業界の人件費の相場は1人1日あたり2万円から3万円です。1人3万円の日当で毎日2人来て、作業日数が5日だった場合には30万円かかります。この他に、営業の人件費も入れると33万円程度が平均的な相場です。

足場代

外壁塗装は高い場所の作業も多く、危険を伴うために必ず足場を組みます。足場代の平均は15万円から20万円程度となります。

その他

最も注意しなければいけない項目が、こちらのその他の項目になります。上記の3つの費用に入らないものは全て、こちらの費用になります。通常は30万円程度はかかると考えてください。

「その他」や「雑費」などと記載されて、細かい内訳が書かれていない場合には、金額と照らし合わせて違和感がないかどうか注意してみましょう。30万円から35万円程度なら妥当ですが、それを大きく超えるようなら、業者が利益を取りすぎていたり、中間マージンが入っている可能性があります。

こちらの項目には、交通費や事務手数料、保証料、廃棄物処理代、交通費、印紙代などが含まれます。「一式」などとなっている場合には、その内訳まで細かく教えてもらったほうが良いでしょう。

外壁塗装費用の差がつく3つの項目

同じくらいの大きさの家を外壁塗装したとしても、10万円以上の価格差がついてしまうことがあります。費用に差がつく3つのポイントをお伝えします。

どの塗料を使用するのか

まず、塗料のグレードが費用の差に大きく影響します。外壁塗装に使われる塗料の種類は次の通りです。ご覧の通り、安い塗料と高級な塗料では3倍程度の価格差があります。

塗料の種類耐久性1平方メートルあたり単価
ウレタン樹脂8~10年1,700~2,200円
シリコン樹脂10~15年2,300~3,000円
ラジカル塗料12~15年2,500~3,000円
フッ素樹脂15~20年3,800~4,800円
光触媒塗料15~20年4,200~5,000円
無機塗料20~25年4,500~5,500円

どの程度まで修復するか

外壁塗装では足場を組むために、家の修繕も同時に行なってしまうことも少なくありません。外壁のコーキングの張替えや、雨どいの交換、ベランダ防水、屋根塗装などを一緒に行うことがあります。これらの料金が外壁塗装の料金に上乗せされます。

外壁塗装業者が他の業者を手配する場合には、業者の手配手数料も必要です。外壁塗装と同時に行う工事の内容によって、次の料金が追加されます。

修繕内容費用の相場
屋根塗装20万~30万円
コーキング張替え5~15万円
雨どい交換15~20万円
ベランダ防水10~30万円
業者手数料工事総額の10%~20%

工事を依頼する業者は?

外壁塗装の工事を依頼する業者によっても、価格が大きく変わります。全く同じ塗料で全く同じ内容で外壁塗装や補修を行ったとしても、100万円近く価格差が出ることもあるので注意しましょう。

大手のハウスメーカーはアフターフォローがとても充実していますが、最も金額が高くなります。

リフォーム会社は外壁塗装の専門ではないので、下請けに出します。大手よりは安いのですが、中間マージンがかかります。ただし、修繕を一緒に行いたい場合には、一括してお願いできるので安心です。

地域密着型の塗装会社であれば、最も費用を安く抑えることもできます。外壁塗装に限れば、専門業者なので品質もしっかりと保証されます。修繕が必要な場合には、業界の横のつながりで専門業者を紹介してもらえるので、リフォーム会社に依頼しなくても特に困ることはありません。

外壁塗装の費用を抑えるポイント!

外壁塗装の費用も出来る限り安く抑えるためには、次のようなポイントがあります。以下のポイントの中で、利用できそうなものがあればぜひ利用して、できるだけ費用を安く抑えましょう。

複数の会社から見積もりを取る

外壁塗装には一括見積もりサービスがあります。一括見積もりサービスに使えば、簡単な入力作業だけで複数の業者から見積もりを取って比較できます。価格だけではなくて作業の内容なども、見積書で比較して検討できるので、一括見積りサービスの利用はおすすめです。

繁忙期を避けて施工する

外壁塗装の繁忙期は春と秋です。天候が安定しているので、外壁塗装に適しているためです。逆に、夏と冬は閑散期になります。繁忙期よりも閑散期の方が安く施工してもらえるので、閑散期に依頼することをおすすめします。

ただし、雪の多い時期や、夏の気温が35度を超える時期には外壁塗装はできません。また、雨が降ると基本的にできません。地域によっては閑散期の依頼ができないこともある点には注意しましょう。

火災保険を有効活用

外壁塗装が必要になる理由が、台風やひょうなどの自然災害による家の破損の場合には、火災保険が適用されることがあります。火災保険には風災による被害の保障もあるので、それが適用できれば、保険によって修理費用をまかなえます。まずは加入している火災保険の保険会社か代理店に問い合わせをしてみましょう。

自治体の補助金を利用する

現在、地球温暖化による夏の高温対策が急がれています。その一環として、自治体によっては遮熱性の高い塗料を使った外壁塗装に対して、補助金を出してくれるところがあります

屋根に遮熱性の高い塗料を塗ると、屋根の表面温度が約10度、室温は2度から3度下がると言われています。お住まいの地域の自治体に、このような補助金がないか、役所か業者に問い合わせてみましょう。

ローンを使って早めに塗装する

外壁塗装をする費用を捻出できない場合でも、家の劣化は待ってくれません。外壁塗装には耐用年数があり、耐用年数を過ぎてしまうと、外部からの太陽光線の紫外線や雨、ホコリ等から家を守る力が弱くなってしまい、家の劣化を早めます。

家の劣化が進んで修繕が必要になると、外壁塗装材よりもはるかに高額な修繕費が必要になる場合も出てきてしまいます。一括して塗装代を出さない場合には、ローンを組んででも早めに行っておきましょう

外壁塗装と屋根塗装を同時に行う

足場を組むのに15万円以上の高額な費用がかかります。そこで、タイミングが合うようであれば、屋根の塗装の外壁塗装と一緒に行ってしまいましょう。別々に塗装すれば、足場代が2倍かかりますが、同時に行えば1回分ですみます

もうだまされない!業者選びには要注意

外壁塗装をした後で、他の人からもっと安くできたのに、という話を聞いたり、施工不良ですぐに剥がれなどの不具合が起きてしまい、後悔する方が後を絶ちません。どうして後悔する方が後を絶たないのか、その理由をお伝えします。

外壁塗装の業者選びが難しい理由

ほとんどの一般の方は、建設業界の事情には疎いので、外壁塗装の業者選びがとても難しいのが、後悔する方が少なくない理由です。外壁塗装の業者選びが特に難しい理由は次のとおりです。

定価が存在しない

外壁塗装の業者選びが難しい理由の一つには、外壁塗装には定価や法令で定められた上限金額が存在しないためです。そのために、業者は自由に金額設定できます。依頼する方としては、他の業者と比較する機会もほとんどないので、業者の言い値に従ってしまうことが少なくありません。

塗装工事の品質が判断できない

悪徳業者の中には、本来は上塗りを2回するべきところを1回しかしなかったり、2倍に薄める塗料を3倍に薄めて塗料代を浮かせたりする業者もいるのが現実です。

塗る回数が少なかったり、薄めすぎた塗料を使っている場合は、塗膜が薄くなるので、耐久性が保たれません。剥がれなどの不具合が出やすくなります。

しかし、依頼主にはやってもらった外壁塗装の品質を判断することはできません。この点が、外壁塗装で悪徳業者がはびこる原因になっています。

飛び込み営業が簡単

外壁塗装は10年から15年に1回と、比較的頻度が高く、塗装業者は飛び込み営業をよく掛けています。そろそろ外壁塗装が必要かな、と考え始めている所に、飛び込み営業をされると、他の業者と比較せずに決めてしまうことも少なくありません。

飛び込み営業で即決してしまうと、その業者の言い値でしかできなくなります。その結果として、もっと安く良い品質でやってもらえる業者もあったのかも、という後悔につながってしまいます。

優良業者を見分けるポイント

悪徳業者ではなくて、優良な業者に外壁塗装を見分けるためのポイントについてこの記事の最後にお伝えします。

資格・建設業許可があるかどうか

外壁塗装業者として開業するのに、実は特別な免許や許可は必要ありません。誰でも開業できるのが現実です。しかし、良心的な外壁塗装業者の中には、建設関係の許可を得た上で、塗装に関する資格を持っている職人を使っている会社もあります。

会社を選ぶときには、塗装会社の経営に6年以上携わった事がある人が得られる塗装工事業許可がある会社か、職人の中に国家資格の建築塗装工の資格を持っている人がいるかを確認しましょう。

施工工事の期間は1~4週間

外壁塗装だけであれば、足場の設置と養生から、高圧洗浄、下地処理、下塗り、中塗り、上塗り、点検と手直し、足場の撤去と片付けまで、1週間から10日ほどあればできます。天気が悪いと作業がお休みになりますが、最長でも2週間ほどでできます。

屋根塗装などの他の修繕も同時に行う場合には、工程が増える分だけ期間が長くなります。しかし、1か月あればどのような工程が含まれていても完了します。

もしも、明確な理由がないのに4週間以上の工期が予定されているようであれば、不要な工程が入っている可能性があります。明細をよく確認して、不明な項目がないか調べてみましょう。

実際の塗装現場を確認できるかどうか

施主の目があるのとないのとでは、職人の真剣さも変わってきます。塗装の現場を自分の目で確認できるかどうかも確認しておきましょう。作業が完了するまで現場を見ないでほしいという業者は、見られたくない何かがあると考えて、信頼しないほうが無難でしょう。

保証・保険の加入状態を確認する

通常、外壁塗装には保証が付いています。保証期間内の塗膜の剥がれや膨らみなどは、無償で修繕するという保証です。その会社独自の保証であった場合には、会社が倒産してしまったら、保証されない場合があります。塗料メーカーや、塗装業界の団体の保証が適用されるのかどうか、保証の内容も確認しておきましょう。

まとめ

外壁塗装は一戸建てを持ったら、そこそこの頻度で行わなければいけません。しかし、外壁塗装に関する十分な知識がなくて、悪徳業者にぼったくられる方も少なくないのが現実です。

飛び込み業者の言い値に従うのではなくて、複数の業者を比較した方が、より良い塗装を安くできる可能性が高くなります。一括見積もりサービスを利用すれば、とても簡単に複数の業者の比較ができます。ぜひ、一度かつ見積もりサービスで見積りを取り寄せてみましょう。