屋根塗装の相場を解説|見積もりで騙されないように相場価格を知ろう

屋根にどのような素材が使われていて、どれくらいの面積があるのか知らない人は多いのではないでしょうか。

そして、屋根の塗装にどれくらいの費用がかかるのか見当もつかない人も多いでしょう。屋根の塗装を依頼する前には、おおよその相場を調べることが大切です。

屋根は直接見ることが少ないので、手抜き工事をされたり、必要のない工事をされたりして、余分な費用が請求されることがあります。

ここでは、屋根の工事を行うときの相場や、どのような工事が必要なのかを解説しています。騙されて高額な支払いをすることがないように、工事を依頼するときのポイントを参考にしてください。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

屋根塗装の相場はいくら?

初めに、屋根を塗装するときにどれくらいの費用がかかるかを、おおよその面積で確認してみましょう。ただし、これはあくまで相場価格ですので、この価格で施工できるわけではありません。

坪数別の屋根塗装の相場  

坪数屋根面積(平方メートル)相場
202532万円
304539万円
407547万円
509058万円
6012065万円

坪数からおおよその屋根面積を計算した、屋根塗装にかかる費用の相場です。手頃なシリコン塗料を使用した場合の相場を出しています。

この中には、足場代や養生代、コーキング代、諸経費などが含まれていますが、屋根材の種類や屋根の状態によって金額は変わります。一般的に30坪で40万円から80万円程度かかるといわれており、相場にも幅があります。

相場を確認したい場合には、見積もりを取るのが最も早い方法です。いくつかの施工会社に見積もりを依頼して比較すると、おおよその相場がわかります。

屋根塗装で使う塗料の種類別の相場  

塗料耐用年数価格(平方メートル)特徴
アクリル塗料5~8年1,000円~1,200円耐久性が低い
汚れやすい
ひび割れしやすい
ウレタン塗料8~10年1,800円~2,500円柔軟性・密着性あり
紫外線に強い
水をはじく
長持ちする
汎用性あり
シリコン塗料10~15年2,500円~3,500円紫外線に強い
防汚性あり
耐候性が高い
フッ素塗料12~20年3,500円~4,500円耐候性あり
高価
紫外線に強い
光触媒塗料15~20年5,000円~5,500円防汚性がある
高価
無機塗料15~20年5,000円~5,500円防汚性が高い
耐久性が高い
燃えにくい
遮熱・断熱塗料15~20年5,000円~5,500円遮熱・断熱の効果あり
高価

屋根に使われる塗料には、上記のような種類があります。特徴を知り、予算に合わせて選ぶとよいでしょう。この塗料の価格は、平方メートルあたりのおおよその価格なので、屋根の面積で乗じて塗料代を計算できます。

事前に屋根の面積がどれくらいあるかを調べておくと、おおよその塗料代がわかります。なお、耐用年数も選ぶ塗料で差があるので、自分の家に合った耐用年数の塗料を選びましょう。

塗料以外にかかる費用の相場  

 単位相場価格
足場代架設面積(平方メートル)700円~1,000円
養生屋根面積(平方メートル)400円~500円
高圧洗浄屋根面積(平方メートル)100円~300円
コーキング代穴埋めが必要な部分(メートル)500円~900円
縁切り必要な部分(平方メートル)500円~700円

塗料のほかにも、足場を組んで解体する費用が必要です。足場を設置する面積で計算され、平方メートルあたり700円から1,000円程度かかります。

ほかにも、養生代や高圧洗浄代がかかります。穴埋めが必要な場合には、コーキング代が発生することもあります。そして、ストレート屋根の場合には、専用のへらのような道具で、塗膜に切れ目を入れて水を排出する隙間を作る縁切り作業が必要です。

また、諸経費として全体の10%程度かかると考えておくとよいでしょう。 

屋根塗装の相場を理解するポイント

塗装の費用は、塗装を行う人の技術や塗装の工程、家の周辺環境などさまざまなことが影響します。妥当な金額かを確認できるように、どのようなことが塗装費用の相場に影響するのかを見てみましょう。

屋根塗装は3回塗りが行われる  

屋根の塗装を行うときには、一般的に3回塗装が行われます。なお、塗装の前には、屋根の洗浄を行い、コケや藻など汚れを落とします。そして、下地が傷んでいる場合には補修を行い、その後、塗装を行います。

初めに塗る工程が下塗りです。下塗りには、塗料ではなく下地強化剤が使われます。下地強化剤は3種類あり、下地の状態で選びます。

プライマーは、塗料の密着を高める効果がある下地強化剤です。また、下地の傷みが激しい場合には、シーラーを使用します。塗料の吸い込みを抑えたり、塗りむらを防止する効果があります。そして、下地にクラックやでこぼこがある場合には、フィラーと呼ばれる下地強化剤を使います。

下塗りが終わると、中塗りを行います。この中塗りでは上塗りと同じ塗料を使って塗装します。塗料の耐久性を上げたり、より定着するように中塗りが行われます。最後に上塗りをすることで、厚みが出て、より強度が上がり、美しい仕上がりになります。

このように、屋根の塗装は正しい工程で塗装を行うことで、強度や耐久性、美観が保たれます。工程が省かれたり、乾燥する時間が確保できていないと、トラブルの原因となるので注意しましょう。

屋根の種類で塗装の費用は変わる  

屋根には、色々な形状があり、波型のように曲線がある瓦を利用しているものもあります。平面であれば面積の計算も簡単なのですが、瓦屋根のように曲線があると面積は単純に計算できません。

このような屋根の面積を計算するために、屋根の種類ごとに係数があります。例えば、セメント瓦の和瓦だと係数が1.08となります。これに、軒の長さと斜面の長さをかけると面積が計算できます。

屋根の種類によって係数は変わるので、同じ軒の長さや斜面の長さでも、屋根の面積は変わります。

そのため、どのような種類の屋根なのかで屋根の面積がかわり、塗装する面積が変わるので費用も変わります。

実際の屋根塗装の費用は家ごとに決まる  

塗装費用は、同じ坪数だから同じ金額でできるとは限りません。家の形もですが、家の周りの環境によっても費用が変動します。家の前に工事車両が進入できないと、手間や時間がかかるため工事費用が高くなります。

屋根の状況は、家ごとに異なります。そのため、同じ屋根材を使っていても、相場より高くなる場合があります。

このように、家の形や周囲の環境、屋根の状況、選ぶ塗料などそれぞれの家に合わせて計算されるため、相場価格は参考程度に考えておくとよいでしょう。

地域の天候が相場に影響  

塗装の費用は、家が建っている地域によっても異なります。雨や雪が多い地域では、屋根の傷みが早く、塗装のサイクルが短くなる場合があります。防水効果が高い塗料や耐久性の高い塗料を使うため、費用が高くなる傾向があります。

また、海が近いと潮風の影響を受けるため、金属の屋根材だと錆びてしまい、塗装回数が増える可能性があります。

このように家のある環境によっては、高い塗料が必要となる場合があり、相場価格が高くなる場合があります。

相場より極端に安い業者は要注意  

見積もりを見比べると、極端に安い業者がある場合があります。屋根の塗装費用は高額なため、少しでも安く抑えたいところですが、安すぎる業者には注意が必要です。

安い金額を提示している業者は、塗料を薄めて使ったり、人件費を削って少ない人数で施行したり、技術のない人間を使って施行をしたりする場合があります。

塗料は、1缶で塗装できる範囲が決まっているので、薄めると性能を最大限に発揮できません。また、技術をもたない人が塗装すると、すぐに剥がれたり、雨漏りしたりする可能性があります。

このように安すぎる業者は、工程を省いたり、塗料をけちったりしてトラブルが起きる可能性があるので注意しましょう。

最新の相場で優良な屋根塗装の業者を探す方法

ここでは相場価格の確認の仕方や、有料な塗装業者を見つける方法を解説します。

屋根塗装の見積もりを複数社に依頼する  

屋根塗装の見積もりを取るときには、複数の会社に見積もりを依頼しましょう。なぜなら、業者が出す見積もりの額は10万円以上も差がある場合があるからです。

業者ごとに面積の計算方法が異なったり、使用する塗料が異なったりします。そのため、このような見積もり額に差が出るのです。

見積もりを複数の業者から入手して比較すると、相場価格が分かりますし、極端に安かったり高かったりする業者がわかります。

見積書を見るときには、工程ごとに施行する面積ごとの単価が記載されているかを確認しましょう。それぞれの工程の単価がわかると、適正な相場価格で出された見積もりなのかを判断できます。

見積もりを取るときには、一括見積もりのサイトを利用すると、無料で簡単に見積もりが依頼できます。一度に複数の会社に見積もりが依頼できるので、手間も時間もかかりません。

屋根塗装を行うときには、一括見積もりサイトを利用して最適な塗装業者を見つけましょう。

見積もりの根拠を業者に質問  

屋根の塗装は、頻繁に行うものではないので費用についても、どのような工事が必要なのかも知らない人は多いでしょう。

しかし、工事の工程やおおまかな費用を把握していないと、高額な費用を請求されたり、激安で手抜き工事をされたりする可能性があります。

工事を依頼する前には、事前に相場価格や工事の流れを把握することをおすすめします。そして、見積もりが提示されたときには、面積が合っているか、どのように計算したのか、工程が省かれていないかなどを確認しましょう。

なぜ、この見積額になるのかの根拠を尋ねることも大切です。疑問点やわからない言葉も質問し、納得してから契約を結びましょう。

契約は担当の人柄まで見てから  

屋根の塗装工事は、高額になることもあり、信頼できる人や業者に任せたいと考える人がほとんどでしょう。

工事内容や見積もりにしても、素人にはわからない言葉があって、不安を感じることは少なくありません。このようなときに、気軽に質問ができて、丁寧に答えてもらえる担当者なら安心して任せられます

工事が終わっても、再度、メンテナンスを依頼することもあるでしょう。何でも話せて、気軽に相談できる人だと、連絡も取りやすいですし、不安なまま工事をしてトラブルが起きることも防げます。

このように、業者を選ぶときには、実際に担当者と話してみてその人の人柄を見ることも大切です。

相場通りでも費用が高額なら5つの方法で対策

屋根の塗装は、相場価格でもそれほど安くはありません。ここでは、費用を抑えて施工できるポイントを解説します。

閑散期に屋根塗装を依頼する  

屋根の塗装費用を少しでも抑えるには、工事の閑散期を狙って依頼するよいでしょう。工事は、いつの時期でも行えますが、12月から2月の間や7月から9月の間が閑散期にあたり、比較的工事が少ない時期です。

この時期に塗装を依頼すると、工事の予約も取りやすいですし、値引き交渉がしやすいです。ただし、この時期でも災害後などは、工事の依頼が増えるため予約がとりにくくなります。

工事は依頼してすぐに始められるわけではないので、施工したい時期の1ヶ月から2ヶ月前には依頼しましょう。

外壁塗装も行い足場代を節約  

屋根の塗装は、屋根材にもよりますが8年から15年に1度は必要です。また、外壁の塗装は、およそ10年に1度程度行うのがよいでしょう。

屋根を塗装する際には、屋根の塗装費用だけでなく足場費用も必要です。これは外壁塗装を行う場合にも必要となります。

そのため、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うと、足場代が1回ですむので、別々に行うよりも費用の節約になります。屋根塗装を行うときには、外壁の塗装時期も調べてみるとよいでしょう。

屋根の寿命に合わせた塗料を使う  

屋根の塗装を行う前には、屋根材の耐用年数の確認をしましょう。屋根材にも寿命があり、耐用年数は塗料の耐用年数とは異なります。

屋根の塗装を行っていても、屋根材が傷んでいると雨漏りや破損が起こります。そのため、塗装を行うときには、屋根の寿命を考えることが大事です。

屋根材のメンテナンスの時期が近いのに、耐用年数の長い塗料を塗装しても葺き替えを行うと全て無駄になります。

屋根の塗装を行うときには、屋根の葺き替えやカバー工法を行う時期を考慮して、適度な耐用年数の塗料を使うとよいでしょう。      

災害が原因で屋根塗装をするなら保険を使う  

火災保険に加入していると、火災による屋根の損傷や、台風、落雷、水害などの自然災害によって破損した屋根の塗装を保険でカバーできる場合があります。

ただし、火災保険には、住宅火災保険や住宅総合保険、特約火災保険などいくつか種類があり、どの火災保険に加入しているかで、補償範囲が異なります。

火災保険よりも補償範囲が広いのが住宅総合保険で、水害や水濡れなどもカバーできます。

火災保険を使って屋根塗装ができるかは、保険会社が決めるので自然災害が原因の場合には保険会社に問い合わせしてみるとよいでしょう。

自治体の補助金で使えるものがないか探す  

住んでいる自治体によっては、屋根の塗装のための補助金制度や助成金制度を設けている場合があります。補助金や助成金を受け取るには、条件がありその条件を満たせば制度を利用して塗装が行えます。

以下は、補助金制度や助成金制度がある自治体の一例です。

自治体内容条件
足立区補助対象経費の3分の1に相当する額
上限5万円
補助対象経費が5万円以上であること
区内に住民登録があること
区内の住宅であること
住民税の滞納がないこと
墨田区工事に要する経費の10%
上限20万円
区内の建物
台東区工事費用(税抜)の20%
上限15万円
区内の建物であること
住民税の滞納がないこと
埼玉県川口市工事費用の5%
上限10万円
20万円以上の工事が対象
川口市内の戸建て
本社が川口市内の事業者に施行を依頼すること
市税の滞納がないこと

工事にかかる費用の一部がまかなえるため、自治体に制度がある場合には費用を抑えて工事が行えます。ただし、多くの制度では工事前の申請を条件としています。

工事を行う前に、自治体に補助金制度があるかを確認しましょう。塗装を行う際の塗料や塗装業者に条件がある場合があるので、必ず工事の依頼前に調べましょう。

すべての自治体で制度が設けられているわけではありませんが、利用できると費用を抑えて工事ができます。

相場を調べてから屋根塗装の業者を決めよう

相場価格がわからないまま工事を依頼すると、その見積額が妥当なものなのかわからず不安を感じるものです。また、屋根は直接見る機会も少ないので、きちんと工事が行われているか不安を感じる人も多いでしょう。

屋根塗装を行うときには、信頼できる優良な業者を見つけて依頼することが重要です。そのためには、事前に相場価格を確認しておくとよいでしょう。相場価格がわかると適正な価格がわかるので、優良な企業を見つけやすくなります。

屋根塗装の際には、一括見積を利用して相場価格を確認し、自分の家に合った優良な業者を見つけましょう。