屋根のカバー工法の費用は?カバー工法の流れとメリットとデメリット

屋根の傷み具合が激しくなり、小手先の修繕だけでは対処しきれなくなったら、全面的な葺き替えを検討しなければいけません。しかし、屋根の葺き替えには多額の費用がかかります。

そこで、葺き替える代わりに、新しい屋根をかぶせてしまうカバー工法が注目されています。この記事では、屋根のカバー工法とはどのような方法で、どのようなメリットとデメリットがあるのか詳しく解説します。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

屋根のカバー工法(重ね葺き)とは

まずは、屋根のカバー工法とはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。カバー工法は重ね葺きとも呼ばれます。重ね葺きという言葉からもわかる通り、既存の屋根の上に新しい屋根を重ねてかぶせてしまう方法です。スレート屋根やトタン屋根などの平らな屋根ならカバー工法が使えます。

ただ新しい屋根をかぶせるだけではなくて、防水シートもかぶせます。雨漏りの心配が出てきた屋根も、防水シートを新しくかぶせることで、カバー工法で十分に雨漏り対策もできます。

既存の屋根の上に防水シートをかぶせたら、その上から新しい屋根材を葺いていきます。古い屋根材を撤去して処分する費用を節約できるために、葺き直しよりも低価格で施工できます。

カバー工法の種類

カバー工法には2つの方法があります。直接下葺き材カバー工法と、野地板増し張りカバー工法です。どちらの工法を選択するのかは、既存の屋根の状態によって決めます。

直接下葺き材カバー工法とは、古い屋根の上に直接防水シートを張って、新しい屋根を葺く方法です。既存の古い屋根の状態がよく、屋根を支えている野地板の補修が必要ない場合にこちらを採用します。

野地板増し張りカバー工法は、古い屋根の上に野地板を張ってから防水シートをかぶせていく工法です。既存の屋根の野地板の状態が悪い場合に、こちらを採用します。野地板を張る作業が加わる分だけ、直接下葺き材カバー工法より費用がかかります。しかし、野地板の状態が悪い場合には、こちらの工法を採用するしかありません。

どちらの工法を採用するのかは、既存の屋根の状態によって変わります。業者によく屋根の状態を調べてもらって、よく相談しましょう。

「葺き替え」との違い

屋根の全面リフォームの方法には、カバー工法の他に葺き替えもあります。葺き替えとは、屋根を全て取り外してから、下地の修繕も行なった上で、新しい屋根材を葺き直します。瓦屋根の場合には、再利用できる瓦は再利用することもあります。

葺き替えのメリットは、下地まで確実に修繕できる点と、家の総重量が変わらないので耐震性が以前と変わらない点です。

しかし、屋根をすべて取り外す手間や、古い屋根材を処分するのにコストがかかってしまいます。特に、2004年以前の屋根材の中には、アスベストを利用しているものがあり、余計にコストがかかります。

アスベストが入った屋根材は、取り外す際にアスベストが周囲に飛散しないように、配慮しなくてはいけないので手間がかかります。また、廃棄費用も他の廃棄物よりもかかってしまいます。

そのために、経済的な理由から、葺き直しではなくてカバー工法を選択する方も少なくありません。

カバー工法施工の価格相場

カバー工法にはどのくらいの費用がかかるのか、特に気になっている方が多いことでしょう。カバー工法の費用の総額は、家の大きさや地域差が大きいのですが、80万円から180万円の間に収まります。費用の内訳は次のとおりです。

費用の内訳費用の相場(1平米あたり)
新しい屋根材(スレート・ガリバリウムなど)5,000円~11,000円
ケラバ・軒・雪止め金具取り付け・棟板金など3,000円~11,000円
コンパネ・野地板など(必要に応じて)1,500円~2,500円
防水シート500円~1,500円
足場費用600円~1,500円
その他諸経費業者によって項目や計算方法が違う

なお、葺き替えを行った場合の費用の総額は140万円から200万円程度です。経済性を考えると、葺き替えよりもカバー工法の方が安くすみます。

屋根カバー工法の費用

具体的に屋根のカバー工法には、どのくらいの費用がかかるのか詳しく見ていきましょう。

屋根カバー工法の費用が変動する理由

屋根のカバー工法の費用の相場は、約80万円から180万円の間だとお伝えしました。これほどまでに金額の幅が広いのは、屋根の広さによる違いだけではありません。屋根のカバー工法の金額を決める要因は主に次の3つがあります。

  • 使う材料の質
  • 施工する環境
  • どの会社に依頼するか

カバー工法には、屋根材と防水シート、下地を張るのなら下地材を使います。それぞれにグレードがあり、高品質なものを使えばそれだけ高額になります。また、通常の釘留めではなくて、耐風性のあるビス留めにすると費用は上がります。

また、同じ面積でもへの字の2面だけの切妻屋根と、1つの建物にいくつも屋根面がある複合屋根では、費用が大きく変わります。複合屋根は用意しなければならない材料の数が増えるために、費用が高くなります。

屋根のカバー工法を行う会社は、リフォーム会社か板金工事会社です。板金工事会社に依頼した場合には、板金工事会社が職人を抱えているので、下請けに依頼する手数料が発生しません。

しかし、リフォーム会社や工務店に依頼してしまった場合には、リフォーム会社や工務店から板金会社に依頼することになり手数料が発生します。依頼手数料は、見積書には記載されていませんが、顧客には分からないように上乗せされています。

どこの会社に依頼するのかでも、大きく金額が変わるのです。

カバー工法料金明細の例

カバー工法を依頼した場合の明細書の例をご紹介します。

2階建て、切妻屋根、屋根面積は80平方メートルの家にカバー工法を施工した場合の明細書です。

項目単価(平米)面積・長さ小計(税抜)
足場工事750円270平米202,500円
防水シート(ゴムアス)600円80平米48,000円
ガリバリウム鋼板6,300円80平米504,000円
軒先板金取付1,500円20m30,000円
ケラバ板金取付1,500円16m24,000円
棟板金交換3,000円10m30,000円
搬入搬出費1式30,000円
管理諸経費(廃材処分費など)3%26,055円
消費税89,456円
端数値引き11円
合計金額984,000円(税込)

屋根のカバー工法を依頼する流れ

屋根のリフォームでカバー工法を依頼したい場合には、どのような流れで依頼すればいいのか、詳しく見ていきましょう。

お問い合わせ電話やメールをする

屋根のカバー工法を実施している会社を見つけたら、まずは電話かメールで問い合わせをしてみましょう。

工事の内容などは、実際にスタッフが現地調査をしてみないと詳しいことはわかりません。しかし、おおよその状況を把握するためにも、電話番号やメールアドレスなどの連絡先の他に、住所、建物の階数、屋根材の種類、火災保険を利用するかどうか、といったことは必ず伝えるようにしましょう。

なお、どこの会社に依頼したらいいのかわからないという方もいるでしょう。その場合には、一括見積りサービスを依頼すると便利です。たった1回の登録だけで、複数の近隣の会社からの見積もりお取り寄せられます。屋根のカバー工法を依頼する当てがない場合には、ぜひ利用してみましょう。

現地調査日を設定する

問い合わせをしたら、現地調査日を設定します。問い合わせの電話ですぐに日時を決められる場合もありますが、担当者が不在のことも多いので後から折返しで連絡が来ることがほとんどです

現地調査日は多くの会社で土日祝日も対応しています。会社にもよりますが、必ずしも家の中を見るわけではないので、立ち会いが必要というわけではありません。多くの場合、問い合わせてから1週間以内で設定されます。

現地調査後に見積もりを受け取る

現地調査の当日になったら、屋根の修理工事の会社からスタッフがやってきて調査を行います。調査ははしごをかけて屋根の上に登って行います。この時に建築図面があれば、より正確な見積もりができます。現地調査から約1週間程度で見積書が出来上がります。見積書の作成までは完全無料です。

発注を決める

見積書の内容を見て、その会社に屋根のカバー工法の工事を依頼するかどうかを決めます。一括見積もりサービスを利用している場合には、複数の会社の見積書がそろいます。見積書の金額の総額だけではなく、内訳などの内容をよく比較検討しましょう

工事を依頼する会社を決めたら、正式に契約書を交わして契約します。契約後に屋根材と塗装が必要であれば塗装の色を決めます。屋根材や塗料の色は、パンフレットでは実際の色味と雰囲気が変わる場合があります。

会社によっては、屋根材のカットサンプルや、実際に塗料を塗った板を用意してくれるところもあります。

屋根のカバー工法のメリットとデメリット

屋根を本格的にリフォームする場合には、葺き替えがいいのか、カバー工法がいいのか、どちらがいいのか迷うところです。葺き替えには下地からしっかりと補修ができるので、家をカバー工法より長持ちさせられるという大きなメリットがあります。

しかし、葺き替えではなくカバー工法を選択する方が増えている背景には、葺き替えと比較した場合のカバー工法のメリットが大きいことがあります

しかし、カバー工法にはデメリットもあります。こちらでは、特に葺き替えと比較した場合の、カバー工法のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

屋根のカバー工法のメリット

屋根のカバー工法のメリットには次のようなものがあります。

リフォーム費用が安い

屋根のカバー工法の費用の相場についてのところでも解説しましたとおり、カバー工法の最大のメリットは葺き替えよりも費用が安いという点です。1回の屋根のリフォームにかかる金額が、50万円ほどカバー工法のほうが安くなります。

後のことを考えたら、葺き直しのほうがいいとわかっていても、カバー工法を選ぶ方が多いのは、経済的な負担が少ないためです。

リフォーム工事期間が短い

カバー工法では、葺き替えよりも工期が短くてすみます。その理由は、古い屋根を取り外す手間がかからないためです。

下地板や防水シート、新しい屋根材を張っていく作業は、どちらも変わりません。しかし、葺き替えの場合には古い屋根を取り外す作業が追加されます。それがない分だけカバー工法のほうが作業量が少なくなり、工期が短くなります。

屋根の断熱性や防音性・防水性が向上する

カバー工法を行うと、古い屋根の上に新しい屋根をかぶせるので、屋根が二重になります。 屋根により厚みが増すことで、断熱性や防水性がより高くなります。また、防音性も向上するので、雨音が以前よりも気にならなくなります。

アスベストの飛まつ対策になる

古い屋根材にアスベストが使われている場合には、取り外す際に飛散しないように対策をしなければいけません。古い屋根材を取り外さないカバー工法であれば、アスベスト対策の必要がありません

屋根のカバー工法のデメリット

屋根のカバー工法には、上記のようなメリットもあればデメリットもあります。カバー工法のデメリットについてもお伝えします。

カバー工法できない屋根がある

カバー工法を使える屋根は、屋根材に平らな素材を使っている場合です。また、基本的には金属の屋根材の上に新しい下地や屋根材を打ち付けて行くものです。

そのために、金属材ではない陶器やセメントで成形した瓦屋根には使えません。特に波上の形状の日本瓦の屋根では不可能です。

全ての瓦屋根でカバー工法が利用できないというわけではありませんが、瓦屋根であれば思い切って葺き替えか、使える瓦を再利用する葺き直しをした方がいいでしょう。

また、下地の劣化が進んでいて補修が必要な場合には、屋根をすべて取り外さなくては補修できません。下地や屋根材の傷みが激しい屋根にもカバー工法は採用できません。

住宅への負担が大きくなる

建物は設計時の構造計算で耐震性を計算しています。地震の揺れは重量があればあるほど強くなるので、屋根材の重さなどを計算に入れて、構造計算しています。

カバー工法では、古い屋根の上からさらに屋根を取り付けるので、屋根の重量が重くなります。元々からある柱や基礎に掛かる負担がその分だけ大きくなり、耐震性が落ちる点は、よく頭に入れておきましょう。

後の屋根修理費用が高くなる

カバー工法では屋根の下地の補修はできません。しかし、築年数がたつとどうしても下地の野地板の腐食が進んでしまいます。カバー工法を行った後で、下地の補修が必要になった場合には、2重の屋根を取り外さなくてはいけなくなり、修理にかかる費用がかさんでしまいます。

カバー工法を行った後での下地の補修は現実的ではないので、その後はリフォームではなく取り壊すことを前提にしたほうがいいでしょう。  

屋根のリフォームは業者に相談しよう

屋根のリフォーム方法としては、カバー工法の方が工事をする時の費用は安くてすみます。しかし、リフォーム後も長くその家に住み続けたいと考えるのであれば、葺き直して下地からしっかりと直してしまった方がいい場合もあるでしょう。

屋根のリフォーム方法を選ぶときには、信頼できる業者とよく相談することが大切です。業者の当てがない場合には、一括見積もりサービスで、適正価格で施工してくれる腕のいい業者を見つけてみましょう。