ラジカル塗料は外壁塗装におすすめ?メリットデメリットから解説

一戸建てに住んでいる場合には、10年から15年に一度、外壁塗装が必要になります。塗装業者からは色々な塗料の種類を提案されますが、それぞれの塗料に機能や価格の違いがあり、メリットとデメリットがあります。

ここ最近注目を集めている塗料の一つに、ラジカル塗料があります。ラジカル塗料は高機能なのに安価だということで、希望する方も多いようですが、引き受けてくれる業者を見つけるのが大変だという声もあります。

この記事では、ラジカル塗料とはどのような特徴があるのか、どうして業者が見つかりにくいのかなど、ラジカル塗料について詳しく解説します。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

ラジカル塗料の基礎知識

まずは、ラジカル塗料とはどのようなものなのか、詳しく解説していきます。ラジカル塗料がいいと言われても、その仕組みをしっかりと理解していなければ、他の種類の塗料との違いを比較できません。まずはラジカル塗料についての知識を深めていきましょう。

そもそもラジカルとは

塗料の種類には、シリコン塗料やアクリル塗料など、塗料の主な成分で通常は名前がついています。しかし、ラジカル塗料の場合には「ラジカル」という成分があるわけではありません。ラジカル塗料の「ラジカル」とは、塗膜の劣化や破壊を促進する因子のことです。

外壁塗装とは、外壁に塗料を塗り重ねることで、水滴やホコリなどから外壁を守り長持ちさせることです。塗料を塗った塗膜にラジカルが発生すると、塗膜が劣化しひび割れなどの破壊を促進してしまいます。

ラジカル塗料とは、塗料の中にラジカルの発生を抑制する成分を混ぜた塗料です。ラジカルの発生を抑制できる分だけ、塗膜の劣化が抑制されて、外壁塗装の効果を長持ちさせることができるのです。

ラジカル塗料に含まれる主な成分は2つ

ラジカル塗料に含まれる、ラジカルの発生を抑制する成分には主に高耐候酸化チタンと光安定剤の2つの成分があります。

酸化チタンには光を発散させる効果があるので、白色系の顔料によく用いられています。しかし、酸化チタンには紫外線に当たるとラジカルを発生させやすいというデメリットがあり、外壁塗装が長持ちしない原因の一つとなっていました。

高耐候酸化チタンは、酸化チタンにラジカルを発生させにくくするための「ラジカルバリア」というコーティングを施すことで、劣化しにくく、長持ちできるようにしたものです。

しかし、高耐候酸化チタンを使ってもラジカルの発生を完全に抑えることはできません。そこで活躍するのが光安定剤です。光安定剤とは、酸化チタンに紫外線が当たることで発生したラジカルと反応して、ラジカルの作用を無害化するものです。

高耐候酸化チタンで、ラジカルの発生を極力少なくした上に、発生したラジカルも光安定剤の効果で無害化することで、外壁に劣化を起こしにくくします。この2つの成分を含む塗料のことをラジカル塗料といいます。

塗料の第5の分類として登場

ラジカル塗料が出現するまでは、塗料は主成分となる樹脂の種類で次の4種類に分類されていました。

  • アクリル
  • ウレタン
  • シリコン
  • フッ素

ラジカル塗料はこの4つの種類の塗料に続く第5の分類の塗料として登場しました。しかし、ラジカルというのは、他の塗料とは違い、上記で見たように樹脂の名前ではありません。

それでは、ラジカル塗料に樹脂が使われていないのかというと、塗料に樹脂は欠かせない主成分です。

実は、ラジカル塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素のいずれかの樹脂が入っています。ラジカル塗料の主成分は、従来の分類で分けられている4つの樹脂なのです。

ラジカル塗料とは、従来のこの4種類の樹脂をベースとした塗料に、高耐候酸化チタンと光安定剤を配合したものです。ラジカル塗料の種類には、水溶性のものと溶剤タイプの物があります。ベースとなる樹脂にどのようなものを使っているのかでも、色々と効果や機能も変わってきます。

しかし、ラジカル塗料とうたっていても、ベースとなる樹脂に何を使っているのか公表していないメーカーもあります。

元々、ラジカル塗料が開発された背景には、耐久性が高いけれども高額なシリコンを配合せずに、シリコン並みの耐久性を持つ塗料を開発したいという思いがありました。

しかし、メーカーによってはラジカル塗料にさらにシリコンを混ぜることでより強固な効果を発揮しているものもあります。ラジカル塗料を選ぶときには、どのような樹脂がベースとして使われているのかも確認した上で選ぶことをおすすめします。

ラジカル塗料で外壁塗装をするメリット

従来の樹脂のみをベースとした塗料を使った外壁塗装と比べた場合、ラジカル塗料を使って外壁塗装をすることにはどのようなメリットがあるのか詳しくお伝えします。

チョーキングを抑制してくれる

ラジカル塗料を使うメリットのひとつはチョーキングを抑制できるというものです。チョーキングとは、日本語では「白亜化」といい、塗装の表面が劣化することです。外壁をなでると、指に白い粉が付くことがあります。この白い粉は、外壁が劣化して粉状になって剥がれ落ちたものです。

外壁は常に太陽の紫外線と熱、風や雨、ホコリなどにさらされ続けているので、表面に細かい傷がたくさんできてチョーキングが起こります。

ラジカル塗料はこのチョーキングを防ぐための仕組みなので、外壁塗装の期間を長くすることができます。

シリコン塗料よりコスパに優れている

外壁塗装の4つの樹脂の中で、最も耐久性に優れているものはフッ素樹脂の15年から20年です。その次に耐久性のあるのがシリコン樹脂の12年から15年です。ラジカル塗料の耐久性は14年から16年です。

シリコン樹脂の坪単価は1万6,000円で、ラジカル塗料の坪単価は1万7,000円です。最も耐久性が短かった場合の1年あたりの価格で見てみると、シリコン樹脂は12年の耐用年数で1年あたり約1,330円、ラジカル塗料は14年の耐用年数で1年あたり約1,210円です。

支払総額はラジカル塗料の方が多くなりますが、1年あたりで考えると、シリコン樹脂よりもラジカル塗料の方がコスパに優れています。

塗装できる材質の種類が豊富

ラジカル塗料以外の4つの樹脂を主成分とする塗料は、それぞれ相性のいい外壁の種類があります。しかし、ラジカル塗料であれば下地の選び方を間違えなければ、外壁の種類を選ばずに使えます。窯業系や金属系、コンクリートなど、どの種類の外壁でも選ばずに利用できるというのは大きなメリットです。

外壁が汚れにくい

ラジカル塗料には汚れにくいという性質もあります。外気に常にさらされている外壁には、空気中を漂うチリや排気ガスなどの汚れが付きやすいものです。しかし、ラジカル塗料にはツヤがあり汚れがつきにくいという特徴があります。そのために、ツヤと色が長持ちしやすいというメリットがあります。

カビや藻の発生を抑えてくれる

湿気の多い場所に建てた家の場合には、外壁にカビや藻が発生して、外壁の腐食や、住人のカビによるアレルギーの原因になってしまうことがあります。

ラジカル塗料には、カビや藻の発生を防ぐ効果があり、家や住人を腐食やアレルギーから守る効果も期待できます。

業者が外壁塗装をしやすい

ラジカル塗料は粘度が適度で、塗装業者が作業をしやすいというのも大きなメリットです。粘度が低いと飛び散りやすく、高いとなかなか伸びずに作業効率が悪くなります。

ラジカル塗料ならローラーでもハケでも塗りやすく、また飛び散りにくいために、作業する業者にとっても作業効率が良くなるというメリットがあります。

ラジカル塗料で外壁塗装をするデメリット

ラジカル塗料にはメリットもたくさんありますが、反対にデメリットもあります。ラジカル塗料のデメリットについても理解しておきましょう。

実際の耐用年数は不明

ラジカル塗料のデメリットとしては、実際に耐用年数が14年あるかどうかまだ不明だという点です。ラジカル塗料の技術が使われるようになったのは2012年のことです。耐用年数は14年から16年とされていますが、まだ最初に使われてから14年経っていません。2026年から2028年にならないと、実際の効果は測れないという点は現時点でのデメリットと言えるでしょう。

他の塗料より扱える業者が少ない可能性

ラジカル塗料を自分の家に使いたいと思っても、比較的新しい塗料で、まだ扱っている塗装業者が少ないという点もデメリットのひとつです。ラジカル塗料の使用をお願いすれば、扱ったことがなくても快く引き受けてくれる業者もいます。しかし、まだ耐用年数が来ていなくて実際の効果が分からないことから、断られる場合も少なくありません

また、実際にラジカル塗料が使われた実績もまだまだ少ないために、口コミなどでもいい業者を探すのが難しいのが現実です。

色によって十分に効果を発揮できない

ラジカル塗料は白系の色の薄い塗料でしか利用できません。色の濃い塗料を塗る場合には、ラジカル塗料は利用できないということは理解しておきましょう。

ラジカル塗料で発生を抑制するラジカルというのは、そもそも白系の顔料の酸化チタンを使った時に発生しやすいものです。色の濃い顔料であれば、酸化チタンを使わずに済むので、ラジカルの発生はありません。ラジカルを抑制する必要がないので、ラジカル塗料を利用する必要もありません。

主要メーカーのラジカル塗料の特徴

現在様々な塗料メーカーがラジカル塗料を続々と発売しています。その中でも特に現在、注目するべき主要メーカーのラジカル塗料は次の3つです。

日本ペイント「パーフェクトトップ」

メーカー日本ペイント
商品名パーフェクトトップ
単価750円~850円
耐用年数8年~15年
使える外壁モルタル、コンクリート、窯業系サイディングボード、ALCパネル、金属パネル、FRP、木部

日本で最初にラジカル塗料として発売されたのが日本ペイントのこのパーフェクトトップです。多くの外壁塗装業者からの信頼も厚く、現在最も多く使われているラジカル塗料です。

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

メーカー関西ペイント
商品名アレスダイナミックTOP
単価900円~1300円
耐用年数約15年
使える外壁コンクリート、モルタル、窯業系サイディング、ALCパネル

こちらの関西ペイントのアレスダイナミックTOPには、シリコンの成分が配合されている点が大きな特徴です。日本ペイントのパーフェクトトップよりも費用は高くなりますが、シリコンが配合されていることにより、より耐久性が高くなっています

エスケー化研「エスケープレミアムシリコン」

メーカーエスケー化研株式会社
商品名エスケープレミアムシリコン
単価800円~1,300円
耐用年数14年~16年
使える外壁コンクリート、モルタル、窯業系サイディング、ALCパネル、PC外壁、サイディング外壁

こちらの塗料は、高緻密無機シールド層、高緻密有機シールド層、超耐候形特殊ハイブリッドシリコン樹脂の3層構造によるトリプルガード効果で、平均15年という長い耐用性を保持できます。

ラジカル塗料の外壁塗装で失敗しないコツ

ラジカル塗料での外壁塗装を希望しても、業者によっては断られてしまうこともあります。ラジカル塗料の外壁塗装をよりコスパよく、失敗せずに行うためにはどのようなコツがあるのか、詳しく解説します。

外壁塗装の業者は一括見積もりの利用から

外壁塗装業者を探すと、それぞれの地域にいくつもの業者が見つかることでしょう。しかし、最初に依頼した業者でラジカル塗料を扱っていないと、ラジカル塗料を希望しても、他の塗料でしかやってもらえないことがあります。

外壁塗装の業者を選ぶときには、一括して見積もりを取り寄せられるサイトを利用することをおすすめします。一括サイトなら、複数の業者からの見積もりを簡単に取り寄せられる上に、扱っている塗料の種類なども正式に依頼する前に確認できるのでおすすめです。

適用できる保険や補助金はないか探す

経年劣化による10年から15年に一度の外壁塗装ではなく、台風や地震などの災害で外壁塗装が必要になった場合には、火災保険や行政からの補助金が利用できる場合があります。

保険や補助金を利用する場合には、業者と正式に契約する前に申請しなければいけません。大きな被害が出た台風などの後なら、業者に見積もりを依頼する時に、火災保険や補助金の対象にできるかどうか質問してみるといいでしょう。対象にできそうだということであれば、保険会社や役所に問い合わせをして、必要な手続きを行いましょう。

屋根の塗装もできないか確認

塗装は外壁だけではなくて、屋根にも必要です。タイミングによっては、外壁塗装と屋根の塗装が同時期に必要になる場合もあります。

外壁と屋根の塗装の業者は違いますが、もしも同じタイミングでやってもらえるのであれば、足場代が1回分で済むので節約できます。

足場は組んで解体するだけで15万円から30万円ほどかかります。もしも同じ足場でやってもらえれば、この費用が1回分で済んでしまいます。

外壁塗装をお願いする場合には、屋根の塗装も同時にできないかどうか、塗装業者にお願いしてみるといいでしょう。

業者まで厳選してラジカル塗料で外壁塗装

ラジカル塗料を選べば、コスパ良く耐久性も見た目もいい外壁に塗り替えることができるのはご理解いただけたことでしょう。まだ、実際の耐用年数に至っていないとはいえ、発売前には厳格な耐久性テストも行なっているはずです。品質に問題はないと考えられます。

ラジカル塗料を希望しても、業者によってはなかなか扱ってもらえないことも少なくありません。ぜひ、一括見積もりで、ラジカル塗料をコスパよくやってもらえる外壁塗装業者を見つけてください