外壁塗装で耐用年数30年は本当?知っておきたい塗料の基本

木造住宅であっても、鉄筋コンクリートで建てられた建物であっても、全ての建築物には基本的に10年から15年に一度の外壁塗装が必要です。しかし、一般的な住宅でも一度の外壁塗装には100万円程度の出費が必要になるので、できれば外壁塗装の回数は抑えたいという方もたくさんいます。

外壁塗装業者の中には、そのような顧客の心理に付け込んで、耐用年数30年という業者もいます。しかし、実際のところ現在の塗料の技術では耐用年数30年の塗料はありません

この記事では、耐用年数30年という言葉に騙されないようにするために、外壁塗装の耐用年数について正しい知識をお伝えします。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

そもそも外壁塗装の耐用年数とは

外壁塗装の耐用年数を考える場合に、考えなければいけないポイントは2つあります。外壁に使われている建材の耐用年数と、現在の上から塗られている塗料の耐用年数です。

例えば、建材の耐用年数が30年とされている場合、何もメンテナンスをしないで30年保つことを保証しているわけではありません。10年に一度の外壁塗装を行い、想定した範囲内での使い方をした場合に、メーカーが保証できる耐用年数が30年だということです。

塗料の耐用年数は、塗料の種類によって変わります。耐用年数が長い塗料を使えば、長く保ちますが費用も高額になってきます。費用対効果で塗料を選ぶことが大切です。

耐用年数30年は嘘!外壁塗装に使う塗料の基本

外壁塗装の耐用年数が30年ないのは、30年保つ塗料がないためです。どうして30年の耐用年数のある塗料が作れないのか、塗料の基本について詳しく見ていきましょう。

外壁塗装に使う塗料の種類別の耐用年数

外壁塗装に使う塗料の種類は基本的に次の5種類があります。

塗料の種類耐用年数解説
アクリル5年~7年耐用年数が短くてあまり使われない
ウレタン8年~10年耐用年数が短く現在では外壁塗装の主流ではなくなってきたが、機能性など選べるのでまだまだ人気が高い
シリコン10年~15年費用と耐用年数のバランスがいいので現在外壁塗装の主流
フッ素15年~20年耐用年数は長いが、費用が高額なのであまり選ばれない
ラジカル塗料14年~16年シリコン以上の耐用年数があり、コスパもいいとされているが、新技術で信頼性に欠ける

外壁塗装に使う塗料には以上のように5つの種類があり、それぞれ耐用年数も違います。最も耐用年数が長いフッ素塗料でも、耐用年数は最長20年までで、耐用年数30年の塗料はない点に注意しましょう。

塗料は3回塗りで耐久性を発揮

外壁塗装は通常は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りで耐久性をアップさせます。それぞれに役割があり、使われる塗料の種類も変わってきます。

外壁塗装をする前に高圧洗浄で外壁を洗って、外壁にクラックなど入っていればその修理を行います。その上から下塗りをします。

下塗りには以前の外壁塗装の塗料の効果を消し、上塗りを現在に密着させる役割があります。上塗りの塗料の相性があるので、通常は上塗りで使われる塗料ごとに種類が指定されます。

中塗りと上塗りは同じ塗料で行います。上塗りの回数は塗料によって指定されているので、中塗りが行われないこともあります。見積もり書に必ず使われる塗料のメーカーと商品名が記載されているはずです。何回塗りなのか、ホームページで商品の詳細を検索して、正しい回数が塗られるのか自分でよく確認しましょう。

耐用年数は家がある環境で変わる

同じ種類の塗料でも、耐用年数に幅があるのは、家のある環境で耐用年数が大きく変わるためです。外壁塗装を劣化させる主な要因は、雨と紫外線と、外気のホコリです。

現在の雨は酸性雨なので、外壁に当たるたびに雨に含まれる酸によって外壁が劣化していきます。紫外線は私達の肌を時には水ぶくれができるほどの日焼けをさせるのと同じように、外壁も劣化させていきます。ホコリは何度も当たると、外壁を削っていきます。

雨の多い地域は雨の、日差しが強い地域では紫外線の、交通量の多い幹線道路沿いの家では排気ガスに含まれるチリの影響を大きく受けます。その結果として耐用年数に大きな違いが生まれます。

外壁塗装の劣化のサイン

外壁塗装が必要になる劣化のサインには次のようなものがあります。

劣化のサイン解説
コケ・カビ・藻湿気が多く、塗装の内部に水が侵食していることを表します。
退色紫外線による劣化のサインです。チョーキングのサインである触ると指が白くなることがあります。
水滴による汚れ水滴ができやすい排気口の下や、雨がよく当たる場所などの色が変色してきたら、もう少し放置するとコケやカビが発生します。外壁塗装のサインです。

これ以上の、ひび割れやコーキングの劣化などが見られたら、本格的な補修を検討したほうがいいでしょう。

外壁塗装の劣化で起きる家のトラブル

 外壁補修をせずに放置した場合には家に次のようなトラブルが生じるようになります。

トラブルの種類解説
雨漏り外壁塗装を行わないと、外壁材やシーリング材の劣化が進み雨が侵入しやすくなります。
見た目が汚くなる外壁塗装を行わないと、変色や退色、カビや汚れの発生などにより、色がくすんで汚く見えるようになります。
外壁材の劣化が進む塗装が劣化すると、雨や紫外線が直接外壁材に当たるようになり、外壁の劣化が進みます。
害虫が侵入外壁塗装をせずに外壁やシーリングにひび割れなどができると、そこから害虫が侵入できるようになってしまいます。
耐震性が悪化水の建物内部への侵入を許すことで、内部の腐食が起こります。シロアリの侵入を許せば柱や壁の木材を食い荒らされてしまいます。どちらの場合でも耐震性の低下につながります。

いずれにせよ、外壁塗装を行わないと、時として家族の命に関わるような問題に発展することもあります。外壁塗装の耐用年数が過ぎる前に必ず実施するようにしましょう。

外壁塗装の耐用年数を長くするポイント

外壁塗装は30年の耐用年数はありませんが、工夫をすれば出来る限り耐用年数を長くして、外壁塗装の回数を減らすことは可能です。外壁塗装をできるだけ長持ちさせるためのコツについて詳しく解説します。なお、こちらでは外壁の建材への言及はしません。外壁塗装の塗料や塗装についてのみお伝えします。

耐用年数の長い種類の塗料を使う

外壁塗装の耐用年数をできるだけ伸ばしたいのであれば、耐用年数の長い塗料を使うようにしましょう。最も耐用年数が長い塗料はフッ素です。シリコンの1.33倍ほど耐用年数が長くなります。

フッ素は高額なので、あまり使われず、メジャーな塗料とは言えません。しかし、シリコンの1.25倍ほどの価格差でしかありません。耐用年数で割った場合のコスパはシリコンよりもフッ素の方がいいということになります。

ただし、一時的な支払金額は高額になる点には注意しましょう。

塗料はグレードまでこだわる

同じ種類の塗料でも、グレードによる耐用年数の違いがあります。同じシリコンやフッ素の塗料であっても、シリコンやフッ素の含有率が低ければ耐用年数が短くなり、含有率が高いものは高額になりますが耐用年数が長くなります。

耐用年数を長くして、外壁塗装の回数を出来る限り少なくしたいと考えるのであれば、塗料のグレードまでこだわって、出来る限りいいものを使うように、業者にお願いしましょう。

外壁塗料を技術力のある業者に依頼

外壁塗装の技術も、会社や職人さんの腕前によって大きな差が出ます。隅から隅までしっかりとキレイにまんべんなく塗ってくれればもちろん問題はありません。しかし、少しでも塗り残しがあれば、そこから外壁の建材の劣化が進み、家の傷みが進む原因となってしまいます。

また、下手な会社や職人が塗った場所は、いくら高額でいい塗料を使っていたとしても、早く剥がれてしまいます。

塗装には塗装技能士という国家資格があります。塗装技能士とは、国家資格であり、実技と学科で実施されます。実技試験にも合格しないと取得できないので、塗装に関する技術が確かにあることも証明されています。

スタッフ全員が塗装技能士を持っている必要はありませんが、作業にやってくる職人の中に、確実に塗装技能士がいるかどうかは、事前に必ずチェックしておくことをおすすめします。

外壁材の耐用年数なら30年を超える

外壁塗装は30年の耐用年数はありませんが、外壁に使う建材なら30年の耐用年数があるものも選べます。こちらでは外壁材の耐用年数についても見ておきましょう。

外壁材の種類別の耐用年数

外壁材に使われる建材には色々な種類があります。外壁材の種類によって耐用年数が違うので詳しく見ておきましょう。

材質耐用年数1平米あたり単価解説
窯業系サイディング20年~30年4,200円~5,100円窯で焼いた陶磁器のこと。価格が安くデザインが豊富で日本では人気。
金属系サイディング20年~30年4,300円~5,300円断熱材の表面に金属メッキを施したもの。最も重量が軽い。錆びやすく腐食しやすい点が難点。
木質系サイディング15年~30年5,200円~8,000円木のぬくもりを感じられるが、メンテナンスが頻繁に必要な上に、耐用年数が短いことがデメリット。
樹脂系サイディング20年~30年4,230円~9,000円日本ではあまり普及していないが、メンテナンスの手間がかからない点がメリット。
モルタル(塗壁)10年~20年6,000円~10,000円新築時に塗る。ひび割れしやすい点がデメリット。
タイル30年~50年10,000円~20,000万円外壁に陶器製のタイルを貼り付ける。デザイン性が高く耐久性があるので人気。
ALC60年以上5,500円程度気泡を内部に入れた軽量コンクリート。耐久性と断熱性に優れている。

外壁材の耐用年数は定期的な外壁塗装が前提

外壁に使う建材の種類によって、耐用年数が大きく違うことがわかります。しかし、ここで注意しなければいけない点は、上記の建材ごとの耐用年数は、しっかりとメンテナンスをした上での耐用年数だということです。

全ての建材で外壁塗装が必要です。定期的に外壁塗装を行わないと、建材の劣化が進んでしまい、想定されている耐用年数よりも早く不具合が生じてしまうようになります。

10年から15年に一度の外壁塗装は必ず行うようにしましょう。

外壁材は問題なくてもシーリングが劣化

外壁の建材の種類によっては、外壁そのものは外壁塗装を行わなくても問題がない場合もあります。しかし、シーリングの劣化により、ひび割れなどが起こり、壁の内部への水の浸入などを許してしまう場合もあります。

シーリングとは、外壁に使っているボードのつなぎ目を埋めるためのものです。シーリングを施すことで、ボードのつなぎ目から水や外気が壁の内側に侵入することを防ぐことができます。

また、シーリング材には柔軟性があるので、地震の時に揺れを吸収して、耐震性を高める効果もあります。

外壁の建材よりも、シーリングの劣化のほうが早く始まります。シーリングを長持ちさせるためにも、外壁塗装は定期的にしっかりと行う必要があります。

耐用年数を考慮した外壁塗装の節約方法

外壁塗装は耐用年数が長いものを使って、回数を減らせば数十年単位での節約は可能です。しかし、耐用年数が長いフッ素やシリコンのグレードの高い塗料を使えば、1回あたりの出費が大きくなってしまいます。

耐用年数をできるだけ長くしつつ、出来る限り1回ごとの外壁塗装の出費も節約するためにはどのような工夫ができるのか解説します。

外壁材やシーリングの耐用年数に合わせて塗料を選択

外壁のメンテナンスは外壁塗装だけではなくて、シーリングのメンテナンスも必要になります。シーリングの耐用年数は7年から10年くらいで、シーリングの劣化を放置してしまうと、家全体の劣化を早めてしまいます。

外壁塗装のメンテナンスとシーリングのメンテナンスを同時に行うことで、足場の設置を1回で済ませることも可能です。足場を組むだけでも15万円から20万円ほどかかるので、外壁塗装には少し早いかと思っても、結果として大きな節約になる可能性があります。メンテナンス業者とよく相談してみましょう。

外壁塗装は複数の業者で相見積もりもり

外壁塗装は、同じ塗料を使って、同じくらいの経験を持つ職人さんが作業をしてくれる場合でも、会社によって大きく費用が違います。場合によっては、20万円から30万円も変わってくることもあります。

後から他の業者の方が安くて、いい作業をしてくれると知っても後の祭りです。そうしたことがないように、外壁塗装の見積もりもりは、1社だけから取って依頼するのではなく、複数の会社から取った方がいいでしょう。

複数の業者から見積もりを取ることで、作業内容や使う塗料の違いを比較できます。今は、インターネットで一括して見積もりもりを取れるサイトもあります。一括見積もりりサービスを使うことで、簡単に複数の業者の費用を比較できます

下請けを利用しない外壁塗装の業者に依頼

外壁塗装を請け負う会社の中には、自前で職人をそろえている会社もあれば、下請けに依頼している会社もあります。下請けに発注する会社の場合には、元請けが中間マージンを上乗せしている可能性があります。

自前で作業を請け負える会社であれば、中間マージンの上乗せがないので費用を節約できます

外壁塗装で加入中の保険が使えないか調べる

外壁塗装が必要になるのは、経年劣化で定期的なメンテナンスが必要になった時だけではありません。災害で家が損傷を受けた場合にも、塗装が必要になることがあります。

台風や豪雨、雹などの災害によって、外壁塗装が必要になった場合には、火災保険や行政の補助が受けられる場合があります。

災害の後であったら、加入している火災保険が使えるかどうか、保険会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。

耐震や省エネの外壁塗装に補助金制度

近年、地球温暖化が進み、夏の異常な暑さが大きな問題になっています。近年開発された塗料の中には、遮熱性の高い塗料もあり、自治体によっては遮熱性のある塗料を使っての外壁と屋根の塗装に補助金を出すところもあります

遮熱性のある塗料を屋根に塗った場合、屋根の表面温度は8度から10度ほど、室内の温度は2度から3度ほど下がることが実験で実証されています。

「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」というサイトで検索すると、お住まいの自治体で外壁塗装に関する補助金が用意されているかどうか調べられます。

断熱性の高い塗料を使う、という条件はどこも一緒ですが、ぜひ外壁塗装をするのであれば、使える補助金はないか一度調べてみましょう。

耐用年数30年は疑い節約して外壁塗装

この記事では、外壁塗装の耐用年数について詳しく解説してきました。外壁塗装の耐用年数30年はありえないということは理解していただけたでしょうか。

外壁塗装30年はありえませんが、外壁塗装をできるだけ節約する方法はあります。ぜひ一括見積もりサイトを利用して、安くて腕が良い外壁塗装業者を見つけてみましょう