注意しないと費用や施工結果で損をする?屋根修理業者の選び方

屋根の修理を検討している場合、依頼する業者を探す必要が出てきます。全国には多数の業者があるためどのような基準で業者を選ぶとよいのかわからないという人もいるでしょう。残念ながら業者の中には悪徳な屋根修理業者も存在するため業者選びは慎重に行う必要があります。

そこでこの記事では、悪徳な屋根修理業者に引っかからないためのポイントについて解説します。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

屋根修理業者の種類と特徴

屋根の修理を依頼できる業者についてはいくつかの種類があります。それぞれに特徴があるため、よく理解してから依頼先を決める必要があります。ここでは、屋根修理業者の種類と特徴について解説します。

建設から関わった工務店・ハウスメーカー

家を建ててもらった工務店やハウスメーカーに屋根の修理を依頼する方法もあります。新築から10年以上以内であれば「瑕疵担保責任期間」を利用して保証の範囲内で修理してもらえる可能性もあるでしょう。さらに工務店やハウスメーカーに修理を依頼する場合、屋根だけでなく家全体の修理もしてもらえる点は魅力です。ただ、工務店とハウスメーカーの違いをよく理解しておく必要があります。

工務店は、ハウスメーカーと比較して規模が小さい点が特徴です。地域密着型で展開しており、施工主の希望や条件に応じた自由度の高いプランを提供できます。ただし、現場で施工する人の技術力によって品質が左右されるというデメリットはあります。会社によって点検や修理に対する対応が異なるため依頼する際には注意が必要です。

一方のハウスメーカーは、全国展開しているところが多く均一な品質が保持できる点が特徴です。修理やメンテナンスについてはメーカー独自のルールが定められているため自由度は工務店よりも低くなると考えておきましょう。

屋根以外の修理もできるリフォーム業者

リフォーム業者のメリットは、外装だけでなく内装の修理も依頼できる点です。屋根だけでなく自宅の中もリフォームしたい場合には、同じ業者に依頼したほうが余計な費用がかからず節約できるケースもあります。ただし、リフォーム業者には作業に得手不得手がある場合が多いため、屋根修理の実績が豊富であるかなどを事前に確認しておくことをおすすめします。

屋根の修理に特化した専門の業者

屋根の修理だけを依頼したいのであれば、やはり専門の業者がおすすめです。塗装業者や瓦の葺き替え、板金業者から依頼先を探しましょう。ただし、修理の範囲が広範囲に渡り、完全な修理を行う場合には複数の業者に依頼しなければならない場合がある点には注意が必要です。

3つの方法で屋根修理業者を探す

屋根修理業者を探すには、3つの方法があります。国や地方自治体に登録されている業者から探す、インターネット上の屋根修理業者紹介サイトから探す、チラシや看板から見つけるという方法が主流です。それぞれに特徴があるため、ここで紹介しておきます。

国や自治体に登録されている業者から探す

大きな災害が起きると、それを逆手にとって詐欺などを働く悪徳業者が増えるという事実があります。国ではこうした悪徳業者を回避するために、政府や自治体のホームページでリフォーム業者の紹介をしています。登録されている業者の多くは、工務店や設計会社です。専門業者を見つけるには難しいため、工事自体は外注となるケースが多くなる点は注意が必要です。

インターネット上の屋根修理業者の紹介サイト

全国の厳選された業者が登録された一括見積もりサイトを利用すれば、自宅にいながら簡単に複数者に見積もりを取ることができます。屋根修理を適切な価格で行うには、複数者から相見積もりを取ることがおすすめです。ただ、自分で業者に足を運んで1社ずつ見積もりを取ることは手間がかかります。さらに中には悪徳業者がいる可能性もあり、うまい手口に騙されてしまう可能性も少なからずあるでしょう。

屋根修理を依頼する業者を探したい場合には、一括見積もりサイト「Excite外壁塗装」がおすすめです。自社独自の厳しい審査基準を満たした優良店のみが登録されており、一括で複数の見積もりを取ることが可能です。悪徳業者は排除される仕組みになっている点も安心です。

身近で見かけるチラシや看板

地元を歩いている看板で業者を見かけることもあるでしょう。また、自宅のポストにチラシが投函されていることもあります。この場合、どのような業者かは個別に調べる必要があるため手間がかかります。どこまで修理できるかはチラシや看板だけでは判断できない場合があるため、いずれにしても実績などを調査する必要が出てきます。

地元密着型である場合には、地域の人の口コミなども参考にどのような業者かをよく調べましょう。実績が豊富であるか、費用はどのくらいかかりそうかなどをよくチェックしましょう。

屋根修理業者の選び方

屋根修理を依頼するには、まず業者を探す必要があります。全国には数多くの業者があるためどこに依頼したらよいのかわからずに迷っている人もいるでしょう。そこでここでは、屋根修理の業者を選ぶ方法について解説します。

新築の保証期間内なら家の施工業者

家を建ててから10年以内であれば「瑕疵担保責任期間」が設定されているため、構造的な欠陥による屋根の修理であるなら保証を使って修理してもらえる可能性もあります。保証は基本的には10年ですが、場合によっては延長も可能となっています。ひとまず新築からさほど年数が経過していない場合には、家の施工業者に相談してみましょう。

相場にあった費用の見積もりを出す

屋根修理は、施工内容によって費用が変動します。そのため、依頼した業者が出した見積もりが適正なものかどうかを判断することは難しいでしょう。そこで、ここでは屋根修理の費用相場を表にまとめて整理してみます。これらを参考にして、複数の業者で相見積もりをとることで最新の相場を把握しやすくなります。

修理内容約30坪の家の修理費用の相場
棟板金の取り替え30,000〜100,000円
雨どいの修理3,000〜100,000円
雪止め設置30,000〜80,0000円
漆喰(しっくい)補修30,000〜100,000円
スレート屋根の差し替え10,000〜50,000円
瓦の差し替え10,000〜50,000円
雨漏り修理50,000〜300,000円

見積もり書の内訳に納得できる

屋根修理を業者に依頼する場合、複数社から相見積もりを取ることをおすすめします。ただ、見積もりを取ったものの内容をどのように比較すればよいかわからないという人もいるでしょう。見積もりを比較するポイントとしては内訳と合計金額の部分をチェックすることが挙げられます。

内訳の内容が曖昧であったり、相場から極端にかけ離れた金額を提示してくる業者には注意が必要です。加えて、施工面積を広めに記載している業者もあるため面積についてもチェックしておきましょう。

担当と話してみて信頼できるか

見積もりをチェックして、依頼業者を決めたとしても担当者とそりが合わないこともあります。担当者との相性が悪いと、修理完了までにストレスが溜まったり、希望通りの修理にならなかったりと問題が起こる可能性もあります。最近では、口コミなどを検索することもできますが、必ずしも自分と相性がよいとは限らないため実際に話してみてから判断することをおすすめします。

悪徳な屋根修理業者を避ける3つのコツ

屋根修理の業者の中には、残念ながら悪徳なセールスを持ちかけてくる業者もいます。悪徳業者の罠に引っかからないためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。ここでは、悪徳な屋根修理業者を避けるための3つのコツを紹介します。

訪問営業をしてくる業者は屋根に上げない

何の連絡もなく突然訪問営業していくる業者もいます。こうした業者は素性がよくわからないケースが多いため簡単に家の中に入れないようにしましょう。突然訪問してくるということは、知名度がなくほかの手段で十分な顧客を確保できないということが考えられます。いくら屋根の修理を検討しているからといって簡単に自分の情報を話したりはしないようにしましょう。

訪問営業する業者のすべてが悪徳とは限りませんが、以下のようなセールストークをしてくる業者には注意が必要です。

  • 屋根をみたら瓦がズレている
  • 早くしないと近隣に迷惑がかかる
  • 屋根に不具合があります
  • 板金が外れかかっています
  • 放置していると恐ろしいことになります

このように極端に不安をあおり、急いで工事を進めるように急かしてくる場合には注意しましょう。パッとみただけでどこがどのようになっているかは専門業者でもわかりにくいこともあります。屋根に上がって見てあげましょうなどと言われても簡単に承諾しないようにしましょう。

依頼予定のない業者はハッキリと断る

業者に見積もりを依頼したけれど、あまり乗り気になれない、見積もり内容に不安があるといった場合もあるでしょう。その場合には、ハッキリと早めに断ることも大切です。返事を曖昧なままにしているといつまでたっても営業が続きます。

業者側も断られない限りは可能性があると考えるため、徐々に強く営業してくることもあるでしょう。何事も断るには勇気が必要ですが、高額な費用がかかることでもあるため、申し訳ないと思わず、ハッキリと断った方がよいケースもあります。

屋根修理業者からの値引き提案は警戒

屋根修理の見積もりを取った場合、悪徳業者の中にははじめに適正価格に上乗せをした価格を提示しておき、割引によってお得感を出そうとしてくる業者もあります。適正な見積もり価格であればそこから大幅な値引きをすることは業者が赤字になる可能性が高いためほとんどの場合ありません。

赤字にならないために材料費や工事の手抜きをする場合も考えられます。いずれにしてもこちらが何もいっていないのに、業者側から大幅な値引きを持ちかけてきた場合には、良心的とはいえないので警戒する必要があります。

屋根修理を行うときの基礎知識

屋根修理を行う場合、業者に依頼する、自分でDIYするという方法があります。自分で修理したほうが費用が抑えられるというメリットはありますが、デメリットもあります。業者に依頼して補助金や助成金を使う方法もあるため基本的な知識を身につけてから施工の方法を決めるようにしましょう。ここでは、屋根修理を行うときの基礎知識について解説します。

屋根修理が完了するまでの流れ

屋根の修理は大がかりな工事になることが多いものです。そのため近隣に迷惑をかけることもあるため事前に挨拶をしておくことも大切なポイントとなります。屋根修理が完了するまでの流れと、各工程がどの程度の日数を必要とするかを知っておくことで近隣への気づかいの仕方も変わってくるでしょう。

  • 現地調査、雨漏り調査、散水試験…1〜2日
  • 見積もり作成、契約、工程表の提示…1〜2日
  • 工事着工から完了…3〜7日
  • 引き渡し…1日

屋根の修理はDIYより業者に依頼

屋根の修理をDIYで行いたいと考えている人もいるでしょう。DIYで修理を行うことは不可能ではありませんが、慣れていないと失敗して修理箇所が増えてしまう可能性がある点には注意が必要です。節約しようとして、行なったDIYで結果的に費用をかさ増ししてしまうこともあります。

加えて、屋根の修理は高所での作業となるため落下の危険性はゼロではありません。安全面や技術面を考慮するとDIYよりも業者に依頼するほうが懸命といえるでしょう。

補助金や助成金で屋根修理代を節約

屋根の修理を行う場合、事前にチェックしておきたいポイントとして、国や地方自治体の補助金や助成金制度が利用できるかどうかという点があります。省エネリフォームや耐震リフォームという名目で、補助金や助成金が下りる可能性があるため、自分が居住している地域の自治体で確認してみましょう。

これらの制度には、年度ごとに補助金の限度額や申込数で上限があるため、修理を決めた場合には早めに申請するようにしましょう。加えて修理工事の前に申請をしいておかないと適用外となることもあるため注意が必要です。

屋根修理業者への依頼は慎重に選んでから

屋根修理を行う場合、複数の業者から相見積もりを取ることをおすすめしいます。これは、工事費用の相場を把握するためだけでなく、悪徳業者に引っかからないためにも大切なポイントとなります。悪徳業者の中には、工事費用を極端に安く提示してくるところもあります。工事費用は材料費など必ず必要な費用というものが含まれているため、最低限ここまでしか値引きはできないというラインがあります。

それを超えて値引きをしてくる業者には注意が必要です。もしも費用相場を把握していなければ最低ラインを知らない状態で悪徳業者が提示する価格を見ることになるでしょう。そうすると、やはり安い価格のほうに魅力を感じるのが人の心理です。

安いからには何か理由があると考え、納得いくまで業者と話し合う必要もあるでしょう。相見積もりを取っておけばほかの業者の見積もりを提示しながら、内訳についてまで具体的に指摘しながら確認ができるためおすすめです。