屋根のリフォームの方法を徹底解説|費用を抑えて工事をしよう

屋根が古びてきたので新しくしたい、雨漏りが最近気になるなど、屋根が古くなってきたり、不具合が見つかったりすると屋根のリフォームを検討する時期です。

しかし、屋根のリフォームといっても何をすればよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

屋根のリフォームには、屋根全体を張り替える方法や、塗装をする方法などいくつか存在します。どの方法を選ぶかは、屋根の状態や予算に合わせて業者と相談して選ぶとよいでしょう。

ここでは、屋根のリフォームの方法やそれぞれどれくらいの費用が必要かなどを解説しています。リフォーム費用を抑えて施工を依頼する方法も解説しているので、屋根のリフォームを検討する際の参考にしてください。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

屋根のリフォーム方法の種類と特徴

よく行われる屋根のリフォームには3つの種類があります。ここでは、それぞれのリフォーム方法のメリットやデメリットを確認しながら、リフォーム方法について解説します。

古い屋根を剥がして新しくする「葺き替え」  

メリットデメリット
  • 下地を補修できる
  • イメージを変えられる
  • 屋根全体の耐久性を上げられる
  • 施工費が高い
  • 古い屋根材の撤去・処分費用がかかる
  • 工期が長い

屋根材を全部取り替えて、新しい屋根材に交換する葺き替えは、下地に補修が必要な場合に適したリフォームです。下地の傷み具合を確認して補修したり、交換できるので、屋根の耐久性を上げることもできます。

古い屋根材を撤去する必要があるので、撤去のための費用や下地を補修するための費用が必要です。そのため、古い屋根材をそのまま撤去しないで行うカバー工法よりも費用が多くかかります。

より軽い屋根材を選ぶことで、軽量化して耐震性が上げられるので、耐震性をアップしたい家におすすめです。また、屋根材の寿命が近づいている場合や、傷みが激しい場合にはこの葺き替え工法が適しています。

古い屋根は残したままの「カバー工法」  

メリットデメリット
  • 費用が安い
  • 騒音・ほこりが少なく工事できる
  • 断熱性・遮音性が上がる
  • 工期が短い
  • 廃材がでない
  • 下地が劣化していてもわからない
  • 既存の屋根が瓦屋根の場合は施行が難しい
  • 屋根材の選択肢が少ない
  • 屋根が重くなる

築年数が浅く、下地の傷みがない場合には、カバー工法でリフォームができます。既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるように施工するので、古い屋根材の撤去の費用がかかりません。

そのため、葺き替え工法に比べると、費用も安く、工期も短くできます。屋根材を撤去する作業がないので、騒音やほこりも少なく工事が行えます。

ただし、新しい屋根材を重ねて耐震性能に影響がある場合には向いていません。また、2004年以前のスレートを使用した屋根で、屋根材の撤去でアスベストが飛散する可能性がある場合にも用いられる工法です。

屋根を長持ちさせるための「塗装」  

メリットデメリット
  • 費用が安い
  • 工期が短い
  • 気軽にイメージチェンジできる
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 色あせする

屋根を塗装して耐久性をアップしたり、イメージチェンジしたりすることができます。比較的低予算でできるので、費用を抑えて屋根のリフォームを行いたい場合にはおすすめの方法です。

ただし、雨漏りがひどい場合や屋根材の劣化がひどい場合には、塗装でのリフォームよりも葺き替えが適している場合があります。

工期はほかの2つの工法に比べると2週間程度と短く施工が行えます。屋根材を長持ちさせたい場合や、外観のイメージチェンジをしたい場合にはおすすめです。

ただし、塗装は定期的なメンテナンスが必要です。およそ10年ごとに塗装を繰り返すと屋根を長持ちさせられます。そのたびに費用が発生するというデメリットがあります。

屋根のリフォームにかかる費用の相場

ここではリフォームにかかる工法ごとの相場価格を見てみましょう。屋根の大きさや形状、屋根材などの違いで費用に差が出ます。

屋根の葺き替えにかかる費用  

葺き替えを行う場合には、新しい屋根材の費用に、工事の費用、塗料の費用、経費などがかかります。

屋根材単価(平方メートル)
ガルバリウム6,000円~9,000円
スレート(コロニアル)4,500~8,000円
スレート(樹脂・セメント)9,000円~
8,000円~12,000円
本瓦50,000円~
鋼板18,000円~20,000円

上記のように屋根材には様々な種類があり、どれを選ぶかで費用が大きく変わります。そして、このほかにも足場代などがかかります。

作業単価(平方メートル)
足場代600円~1,500円
下地補修2,000円~3,500円
防水シート500円~1,500円
撤去費用1,500円~3,000円

諸経費としてこのほかに5%かかります。また、アスベストを含むスレート屋根の撤去には、20,000円~95,000円/平方メートルと高額の撤去費用が必要です。

30坪程度の戸建てでおよそ60万円から200万円の費用がかかります。屋根の形状や広さ、屋根材の種類などによって費用が異なります。

屋根のカバー工法にかかる費用  

カバー工法を行うときには、以下のような軽量の屋根材がおすすめです。

屋根材単価(平方メートルあたり)
ガルバリウム6,000円~9,000円
アスファルトシングル5,000円~8,500円
軽量瓦6,000円~12,000円

そして、屋根材のほかにも以下の費用がかかります。

作業単価
足場代600円~1,500円/平方メートル
防水シート500円~1,500円/平方メートル
棟板金・雪止め金具の撤去費用30,000円~55,000円/棟
棟板金施行5,000円~8,000円/メートル
換気棟施行20,000円~45,000円/箇所
雪止め金具施行1,800円~3,000円/メートル
軒先・ケラバ・谷板金処理2,500円~2,000円/平方メートル
下地補修500円~2,000円/平方メートル

費用の総額は、30坪の家で80万円から150万円です。ほかに足場代や防水シートの施工費用がかかります。また、屋根材を重ねるのに邪魔な棟板金や雪止め金具を撤去・処分する費用がかかります。

壁との境目や屋根の先端部分の板金処理を行うための費用などもかかり、屋根の大きさによって費用は大きく異なります。

また、屋根に換気口を設ける場合には、換気棟の施工費用も必要です。

屋根の塗装にかかる費用  

塗装の施工は、使用する塗料や屋根材によって施工費用が変わります。

 ウレタン塗料シリコン塗料フッ素塗料
セメント瓦屋根1,800円~2,000円2,300円~2,500円3,100円~3,500円
スレート屋根(コロニアル)1,500円~2,000円1,800円~2,500円3,300円~4,500円
トタン屋根1,800円~2,000円1,800円~2,200円3,300円~4,500円

そして、上記の塗料と屋根材を使用した場合の30坪の塗装費用の相場は以下になります。およそ30万円から70万円が相場です。

 ウレタン塗料シリコン塗料フッ素塗料
セメント瓦屋根27万円~30万円34万円~37万円46万円~52万円
スレート屋根(コロニアル)22万円~30万円27万円~37万円49万円~67万円
トタン屋根27万円~30万円27万円~33万円49万円~67万円

ほかにも足場代や高圧洗浄費、飛散防止シートの費用がかかります。

作業単価(平方メートル)
足場代600円~1,500円
高圧洗浄代200円~400円
縁切り500円~800円
ケレン300円~1,000円

縁切りとは屋根に水や湿気がたまるのを防ぐための作業で、ケレンはさびを落とす作業です。そして、付帯設備の塗装を行う場合にはその費用も必要です。そして、諸経費として5%から10%が必要です。

屋根のリフォームはどの方法がおすすめか

屋根のリフォームには3つの方法があり、屋根の状態に合わせて選ぶことが大切です。ここでは、それぞれの工法ごとにおすすめの人を解説します。

葺き替えでのリフォームがおすすめの人  

葺き替えは屋根全体のリフォームのため、屋根の傷みが激しい場合におすすめです。

  • 使用中の屋根材が瓦
  • 屋根の耐久性を上げたい
  • すでにカバー工法でリフォームを行ったことがある
  • 雨漏りしている
  • 屋根の劣化がひどい
  • 屋根材の寿命が近い

上記の場合には、カバー工法を行ってもすぐにほかの箇所で不具合が見つかる可能性があるので葺き替えがおすすめです。

また、瓦屋根の場合は、軽い材質の屋根材に葺き替えることで、屋根自体が軽くなり、耐震性・耐久性ともに上げられます。

カバー工法でのリフォームがおすすめの人  

カバー工法なら、既存屋根材の撤去の必要がないので、費用を抑えて施工できます

  • 下地や耐震性には問題がない
  • 費用を抑えてリフォームしたい
  • ほこり・騒音が少ない工法で施工したい
  • アスベストを含む屋根材を使っている

上記のような場合には、カバー工法が向いています。築年数が浅く、下地の傷みがほとんどないと考えられる場合におすすめです。

また、アスベストを使ったスレートを使用した屋根の場合、撤去には高額の費用がかかります。そのため、カバー工法で費用を抑える方法があります。

ただし、使用する屋根材は耐震性能に影響しないものを選ぶ必要があり、耐震性に影響がでる場合にはカバー工法は適していません。

塗装でのリフォームがおすすめの人  

塗装を行えば、外観をイメージチェンジできるだけでなく、屋根の耐久性をアップしたり、防水効果をアップしたりできます。

  • 家のイメージを変えたい人
  • 費用を抑えてリフォームをしたい人
  • 耐久性・遮熱性・断熱性をアップさせたい人

また、塗料の中には、遮熱効果があるものや断熱効果があるものがあります。これらの塗料を使用して塗装すると、遮熱・断熱効果がアップして、光熱費の節約にもなります。

工期も比較的短くできるので、安く早くリフォームしたい人にはおすすめです。ただし、雨漏りがひどい場合や、屋根材の寿命が近づいている場合、屋根材の劣化が激しい場合には向いていません。

屋根のリフォームは4つの方法で節約

リフォームを行うときには、補助金制度を利用したり、火災保険を利用したりして費用が節約できます。ここでは、リフォーム費用を節約する方法を解説します。

リフォーム業者を相見積もりで厳選  

屋根のリフォームを行うときには、初めに見積もりを依頼します。このとき、複数の業者に見積もりを依頼すると、見積もりの金額や保証内容や条件などを比較して検討できます。

また、いくつかの見積もりの金額を比べることで相場がわかります。そして、高額な請求をしている業者や安すぎる業者を見分けて、避けることができます。

見積もりを取る際には、一括見積もりサイトを利用すると一度で簡単に複数の業者に見積もりが依頼できます。わざわざ、業者を探して出向いたり、電話をかけたりすることなく見積もりが依頼できるので、忙しい人にもおすすめの方法です。

災害による屋根の傷みには保険を適用  

落雷や風災、雪、雹(ひょう)などの自然災害によって屋根が破損した場合には、火災保険を利用して屋根の修理が行えます。経年劣化による屋根の傷みの修理には利用できないので注意しましょう。

火災保険の申請手続きは以下の流れで行います。

  1. 保険会社に連絡する
  2. 業者に見積もりの依頼をする
  3. 保険金申請書・事故状況説明書を記入する
  4. 屋根の破損状況がわかる写真と見積書、保険金申請書、事故状況説明書を送付する
  5. 承認
  6. 工事

保険金の申請には、保険金申請書、事故状況説明書、見積書、事故状況がわかる写真が必要です。書類の提出後、問題がなければ2週間程度で承認されます。

その後、業者と契約し、工事を行います。

省エネや耐震のリフォームに補助金  

自治体制度金額
東京都台東区高反射率塗料施行助成金制度
  • 工事費用(税抜)の20%
  • 上限15万円
東京都大田区住宅リフォーム助成事業
  • 工事費用(税抜)の10%
  • 上限20万円

自治体ではリフォームを行う際に利用できる補助金や助成金制度を設けているところがあります。上記の自治体では、断熱化工事を行う人を対象の制度があります。

助成金を受け取るには制度ごとに、住民税を滞納していないことや指定する塗料を使うことなどの条件があります。すべての自治体に制度があるわけではありませんが、省エネリフォームを行う際には最寄りの自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。これらの制度が利用できると、費用を節約してリフォームが行えます。

まとまったお金がないならリフォームローン  

比較的費用を抑えて施工できる塗装でも、数十万から屋根の広さによっては100万円以上の費用がかかります。

定期メンテナンスであれば、リフォーム時期の調整ができますが、雨漏りなどの不具合がある場合には、早急な対処が必要です。

しかし、ほかに住宅ローンの支払いや車のローンなどの支払いがある場合には、リフォーム費用を準備することが難しい場合もあるでしょう。

高額の支払いを一時的に避けるなら、リフォームローンの利用がおすすめです。住宅ローンを組んだ金融機関で借りられる場合もありますし、クレジットカードの会社で借り入れできる場合もあります。

支払い額は増えてしまいますが、一時的な出費は抑えられます。

屋根のリフォームで失敗しない注意点

屋根はその家で生活するための重要な部分です。工事の後に後悔しないためにも、屋根リフォームで気をつけるべき点を事前に確認しましょう。

DIYでのリフォームは避ける  

簡単な雨戸などの塗装であれば、DIYで行う人も多くみられます。しかし、屋根の塗装の場合には、DIYでのリフォームはおすすめできません。

なぜなら、屋根は高所になるため、落下の危険があります。慣れない人が屋根に上って作業を行うことは、極めて危険性が高いためおすすめできません。

また、慣れない人が施工すると、修理箇所を正しく把握できなかったり、完全に修理が行えなかったりします。そして、結局、すぐに不具合が発生する事態にもなりかねません。

そして、慣れない人が屋根に上ると屋根材を破損させることがあります。業者に依頼することを考えると、費用は安くすませられますが、仕上がりや危険性を考えるとDIYでのリフォームはおすすめできません

訪問営業での契約はトラブルが起きやすい  

業者の中には、戸建ての家を訪問し、瓦がずれていて危険ですなどと言って屋根の修理を促す業者があります。

本当に屋根に破損がある場合もありますが、中にはまったく破損がないのに、わざと破損させたり、ほかの破損した屋根の写真を見せて不安をあおる方法で契約をすすめる業者があります。

このように不意に訪問してくる業者の中には悪意を持って近づいてくる業者があります。このような業者は、高額の費用を請求したり、手抜き工事をしたりするので注意が必要です。

訪問営業を行っている業者と契約するとこのようなトラブルが起きやすいので、すぐに契約したり、点検をお願いしたりしないようにしましょう。

費用だけでリフォーム業者を選ばない  

屋根の塗装をお願いするときに、最も気になるのが費用のことでしょう。屋根の塗装費用は、安くても数十万円するので、少しでも費用を抑えてお願いしたいと考える人がほとんどではないでしょうか。

しかし、金額だけでなく見積書の内容や担当者の応対の仕方、見積もり前の調査方法も比べて選ぶことが大切です。

  • 見積書はメーカー名や単価、数量などが工程ごとに記載されている
  • わからないことを聞いたときに、わかりやすく丁寧に説明してくれる
  • 調査は屋根に上り、時間をかけて丁寧に行っている

初めての塗装だとわからないことも多いでしょう。工事の内容を丁寧に説明したり、費用の内訳も詳しく説明してくれたりする担当者なら、信頼して安心して任せられるでしょう。

このように、実際に担当者が調査に来たときの対応の仕方なども参考にしながら依頼する業者を選びましょう。

屋根のリフォームは適切な方法から選んでいこう

屋根の塗装費用は、高額になるため失敗したくないものです。適正な価格でしっかりと工事を行ってもらえる業者を見つけて依頼しましょう。

業者選びのときには、見積書や担当者などを確認しながら、慎重に依頼先を決めましょう。一括見積もりサイトなら、相見積もりが簡単に依頼できます。

いくつかの業者を比較して、適切な工事を行ってもらえる信頼できる業者を見つけましょう。