外壁リフォームの基本を徹底解説!種類や費用で後悔をしない

外壁は家のイメージを左右する大事な部分です。しかし、イメージだけでなく、大切な家を守ってくれる重要な役割も担っています。

そのため、劣化してきた外壁を放置することはとても危険です。ここでは、外壁リフォームの種類や費用、節約のポイントなどについて解説します。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

外壁塗装の種類と特徴

外壁塗装にはどのような種類があるのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットを理解し、自分の住宅に最適な外壁塗装を選びましょう。

外壁の内部までメンテできる「張り替え」

「張り替え」では、文字通り既存の外壁を撤去し、新しい外壁に取り替える工法になります。表面的な補修だけでは不十分な不具合や寿命が発生している外壁には最適な工法です。

既存の外壁材を撤去し取り外すので、内部の防水シートなどの補修を施すことも可能になります。また、新しい外壁材を取り付けるため、家のイメージを一新することもできます。

既存の外壁を撤去する費用や新しい外壁材に加え、内部の補修費用なども加算されるため、工事費用がどうしても高額になってしまいがちです。

また、モルタル外壁のような塗り壁はパネルやボードの組み合わせではないので、張り替え工事ができない外壁になります。

既存の外壁は残す「カバー工法」

既存の外壁の上に新しい外壁材を取り付けるカバー工法は、張り替えに比べて費用が安価で済むメリットがあります。

既存の外壁に表面的な補修で済む不具合が生じている際には検討してみるのも良いでしょう。内部のメンテナンスは施せないので、深刻な雨漏りなどが発生している場合は、張り替えをして内部から徹底的に補修するのがおすすめです。

カバー工法では、外壁材を2重に取り付けることになるので、重さが増してしまい耐震性能が低下する可能性があります。そのため、新しく取り付ける外壁材には軽量な金属サイディングの中から選ぶと良いでしょう。

外壁材を支えるメインの柱の耐荷重を事前に調べておくこともおすすめです。外壁の重さに耐えきれなくなり、徐々にゆがみが発生するのを防ぐためにも大切な調査です。

外壁の寿命を延ばす「塗装」  

最も手軽な方法なのが塗装です。塗装では、単に外壁の色を塗り替えるだけでなく、外壁の表面を新たにコーティングし直してくれるため、外的要因からしっかりと家を守ってくれる耐久性がアップします。

外側から塗装でコーティングすることで、防水性が高まり、シロアリやカビなどを防ぐことにもつながります。

外壁塗装には、遮熱性や断熱性を高める効果のある塗料もあるので、そのような塗料を使用すれば室内空間をより快適に保つことも可能になります。

劣化や損傷が少なく、美観を整えながら家の防御力を高めたい方や、安価に外壁工事を施したい方にはおすすめの工法です。

種類別外壁リフォームの費用相場

外壁リフォームなど、家のメンテナンスにかかる費用は高額なイメージがあります。外壁リフォームもその一つで、とことんこだわればどんどん高額になってしまいます。

ここでは、さまざまな工事でかかる費用について説明します。家の大きさや外壁の劣化具合によっても費用は異なるので、あくまで目安とし、正確な金額は業者に相談してみるのがおすすめです。

外壁の張り替えにかかる費用  

外壁の張り替え工事では、既存の外壁材の撤去費用や新しい外壁材の費用だけでなく、他にも必要な費用があります。単価をチェックしておきましょう。

工事内容単価
新しい外壁材
(材料費・施工費・既存外壁材の撤去費込み)

サイディング(窯業/金属)6,650~9,000円/㎡
タイル10,000~50,000円/㎡

足場600~1,500円/㎡
養生(シート/ネット/テープなど)100~460円/㎡
コーキング(シーリング)打ち替え700~1,200円/㎡
諸経費総工事費の3~10%

張り替え工事では既存外壁の撤去費用が発生する点が他の工事との大きな違いです。また、新しい外壁材をどんなものにするのかによっても総額の費用は変わってきます。

2階建ての1戸建てで、サイディング材への外壁へ張り替え工事を行った場合、100~360万円程度が相場です。価格の幅は、家の大きさや建物の状況などによって変動すると認識しておきましょう。

建物の劣化が激しければ、既存外壁を撤去した後、内部のメンテナンス費用が高額になるケースもあります。そのため、事前の調査や見積もり提示などが大切な工程とも言えるでしょう。

外壁のカバー工法にかかる費用

カバー工法では、既存の外壁材の撤去費用が発生しません。しかし、張り替え工事と同様に足場代などの費用は必要になってくるので、どのようなものにどの程度費用が発生するのかみてみましょう。

工事内容費用
足場約15万円
胴縁組み約10万円
新しい外壁の張り付け約105万円
すき間のシーリング約6万円
諸経費約13万円

これは30坪弱の住宅で外壁面積が120㎡のケースで算出した例になります。この場合、工事費用の総額は約150万円と計算することができます。

新しい外壁材としては、最も一般的に使用される金属サイディングの普及グレード品を使用したと仮定しています。つまり、一般的なカバー工法の相場と言える金額になります。

張り替え工事と同様に、費用を大きく左右するのは、外壁面積と使用する新しい外壁材の単価です。カバー工法に適していない外壁材もあるので、カバー工法ができる外壁材で予算内の気に入った外壁を見つける必要があるでしょう。

外壁の塗装にかかる費用  

塗装では総額費用に大きな影響を与えるのが外壁面積です。塗装する面積が広くなればなるほど、費用が上がっていくと考えると良いでしょう。

工事内容単価
足場代700円/㎡
高圧洗浄300円/㎡
養生300円/㎡
飛散防止ネット100円/㎡
シーリング700円/㎡
塗装代3,000円/㎡
廃棄物処理など20,000円

この相場で延べ床面積30坪の住宅で塗装工事を行った場合、総額は約65万円と計算することができます。

塗料のグレードによっても価格は変動しますが、耐久性などにも関わってくるため、しっかりと検討することが大切です。

塗料の種類耐用年数単価
アクリル塗料3~8年1,000~1,800円/㎡
ウレタン塗料5~10年1,500~2,500円/㎡
シリコン塗料7~15年1,800~3,500円/㎡
フッ素塗料12~20年3,000~5,000円/㎡

塗料のグレードはこのように分かれており、耐用年数や単価が変わります。塗料のグレードを下げれば工事費用を抑えることができますが、耐用年数も短くなってしまうため、メンテナンス周期が早まってしまうことも検討しなければなりません。

外壁リフォームはどの方法がおすすめ?

外壁リフォームを検討していても、自分の家にはどの工法を選べば良いのか分からない方も多いでしょう。工法の違いは、既存の外壁材も関わってきますが、一番の決め手は建物の劣化具合です。

外壁のリフォームで張り替えがおすすめの人

張り替え工事がおすすめのケースとしては、外壁の劣化が進んでいる住宅です。崩れたり腐食していたりする場合には、張り替え工事を行い、内部の損傷部分もきちんと補修しておくのがおすすめです。

外壁が剥がれたりしている部分がある場合は、たとえ小さな剥がれだったとしてもすぐに工事が必要です。剥がれている部分から内部まで損傷が広がっている可能性が高いため、張り替え工事で内部まできちんと補修しておくと安心でしょう。

外壁のリフォームでカバー工法がおすすめの人

外壁のメンテナンス時期にきているけれども、外壁の崩れや腐食が見受けられない場合は、カバー工法を検討してみましょう。

崩れや腐食が見受けられないうちは、まだカバー工法で間に合うことがあります。これを放置しさらに被害が深刻になると、張り替え工事しか選択肢がなくなってしまうので、タイミングを見計らうことも大切です。

また、リフォームの費用を抑えたい場合や、現在よりも断熱性や防音性を高めたい場合にもおすすめです。メンテナンス時期よりも早めに外壁リフォームに取りかかっている場合であれば、既存の外壁の劣化が深刻でない場合が多いので、カバー工法でも対処できます。

外壁のリフォームで塗装がおすすめの人  

大きな外壁の崩れや腐食は見受けられず、ひび割れや既存の外壁の反りやサビなどが目立ってきたら、塗装での外壁リフォームを考えるタイミングです。

家の劣化でタイミングを見計らうだけでなく、家のイメージを変えたい場合や外壁の寿命を延したい場合などにも、外壁塗装はおすすめです。

張り替えやカバー工法と比較しても、安価で外壁工事をすることができるので、メンテナンス時期を待たずに施工を検討してみるのも良いでしょう。

外壁リフォームの費用を節約する5つの方法

外壁リフォームは数十万から数百万円が必要となる大がかりな工事です。そんな高額な費用は、計画的に貯蓄していても大きな痛手になるでしょう。さまざまな制度やサービスを活用して、リフォーム費用を抑えましょう。

リフォーム業者の厳選に一括見積もりを使う

外壁リフォームでは、どの業者に依頼するのかがとても重要になります。悪徳業者につかまってしまえば、仕上がりの質が落ちるだけでなく、相場以上の費用を請求される可能性も高まります。

良質で腕の良い業者を見つけるには、複数の業者に見積もり依頼ができる一括見積もりサービスを活用しましょう。

一括見積もりサービスの独自基準で優良な業者が厳選されているので、悪徳業者にひっかかるリスクを低くすることができます。

また、相見積もりをすることで費用の最新相場を把握することが可能になります。適正な価格で、質の良い工事をしてもらうためにも、一括見積もりサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

外壁と屋根のリフォームをまとめて行う

外壁リフォームは高所での作業になるため、足場が必要になってきます。足場代だけでも数十万円必要になるため、屋根などの足場を必要とする他のリフォームを同時に行うことがおすすめです。

外壁はもちろん、屋根も定期的なメンテナンスが必要な部分になるので、足場を組む回数を減らすことで足場代の節約になります。

リフォーム費用は外壁と屋根で総額としては上がりますが、その分値下げ交渉もしやすくなるでしょう。また、メンテナンス周期を合わせることで、今後のメンテナンスも同時に行いやすくなります。

日頃から外壁のメンテナンス  

外壁リフォームの費用を抑えるには、日頃から自分でできるメンテナンスを行っておくことも大切です。外壁の状態によってはリフォーム費用が高額になってしまうこともあります。

掃除や高圧洗浄なら自分で行っても問題ないので、美観を保ちながらメンテナンスを行うためにも、できることを日頃からやっておきましょう。

専門的な道具などを必要とするメンテナンスは、失敗するリスクもあるので、業者に任せるのが安心です。自分で手を加えたためにリフォーム費用が高額にならないよう注意しましょう。

自然災害による外壁の傷みに保険  

自然災害による被害を受けて外壁リフォームを検討する際は、火災保険が適用にならないか確認をするのがおすすめです。

火災保険が適用される自然災害としては、風、雪、ひょうなどが挙げられます。台風による強風の飛散物で外壁に穴が空いた場合や、雪の塊が落下して外壁に傷が付いた場合などが適用事例です。

雨による水の被害や、地震の揺れによる被害などは適用外になることがあるので注意が必要です。別途、水被害の補償や地震保険に加入している場合は、保険会社に問い合わせると良いでしょう。

補助金や助成金を申請する  

外壁リフォームでは、各自治体によって補助金や助成金の制度を設けているところがあります。主に、断熱性や遮熱性の性能が高い外壁にリフォームした場合や、耐震性を高められる軽量の外壁材にリフォームした場合などが適用です。

補助金や助成金制度の募集時期、適用条件、助成率や金額などは各自治体によって異なるので、市役所などに問い合わせて確認しておくと安心です。

外壁リフォームでよくある疑問

外壁リフォームは素人には疑問点ばかりではないでしょうか。専門的な知識や技術を要する部分なので、さまざまな疑問が湧いてきます。よくある疑問例を紹介します。

外壁リフォームのDIYは損って本当?  

近年のDIYブームで外壁リフォームにもDIYで対応できないか疑問に感じる方も少なくありません。自分で施工することができれば大幅に費用を抑えることができるでしょう。

しかし、外壁リフォームは2階部分などの高所で作業する必要もあるため、ケガをするリスクが高まります。DIYなど自分で施工する方法は避けましょう。

また、専門的な技術や知識を持たない人が施工することで失敗するリスクも高まります。一度失敗してしまうと、外壁の状況が悪化してしまう原因にもなります。

失敗してから専門業者に依頼すると、より費用が高額になってしまうことも考えられるため、出費がかさんでしまうことになりかねません。

技術不足で抱えていた外壁の問題を解決できないということにならないよう、最初からプロの業者に依頼して施工してもらうようにしましょう。

確認申請の手続きは外壁リフォームで必要?  

確認申請とは、リフォーム計画が建築基準関係規定に適合しているかを審査してもらいます。着工前に申請し、建築確認済証を交付してもらうために必要な手続きになります。

建築申請が必要なケースは一般的な木造2階建てや平屋の住宅で行う外壁リフォームは該当しません。木造3階建てや鉄骨2階建ての建物で、外壁の半分以上を張り替える、または下地や構造部分も変更するような工事内容の際には必要になります。

表面の外壁材を変更するだけなら確認申請が不要なケースもあるのであらかじめ確認しておくと安心でしょう。

確認申請は各自治体に提出します。しかし、申請が必要かどうかの判断基準は複雑なため、確認申請に関する知識が豊富な地元の業者に相談するのもおすすめです。

外壁リフォームのタイミングはいつがベスト?  

外壁は定期的なメンテナンスが必要と言っても、そのタイミングは素人では判断できないこともあるでしょう。

外壁リフォームを行うタイミングとしては、既存の外壁の耐用年数を基準に考えるのも良いです。ただし同じ外壁材でもエリアの気候条件などによっては劣化スピードが異なるので、日頃から外壁の劣化具合をチェックしておくのもおすすめです。

外壁工事は雨が降ってしまうと中断してしまうこともあるため、雨が少ない時期を狙いましょう。基本的には春がおすすめですが、雪が降るような地域なら夏の時期に外壁リフォームを行うのが最適です。

持ち家で長く暮らしたいなら外壁リフォーム

家にとって外壁は、自然の外的要因から守ってくれる大切な役割を担っています。室内空間を快適にしてくれるのも、劣化していない外壁があるからこそです。

そのため、外壁の劣化は、室内空間の崩れにもつながります。定期的なメンテナンスや、外壁リフォームで美観を保ちながら、家の機能性を向上できるような外壁にしましょう。

施工するのは専門の業者に依頼するのが鉄則です。適正価格で信頼できる業者に依頼するためにも、一括見積もりサービスを活用して、安心して施工してもらい、快適な室内空間を維持しましょう。