外壁サイディングの知識を深めよう:メーカーランキングや注意点も紹介

古びた外壁は、住宅全体を古く劣化した印象にしてしまいます。外壁を張り替える際に人気となっている外壁材がサイディングです。軽量でデザイン性が高く、カラーバリエーションも豊富な建築材であるため、採用率が高くなっています。外壁は住宅の広い面積を占めるため、どのようなサイディングを選ぶかによって家の印象も大きく変わってきます。

この記事では、外壁サイディングの種類の解説と併せて、おすすめメーカーについてランキング形式で紹介します。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

外壁サイディングとは

外壁に使用されるサイディングは、外壁材の中でも人気が高い建築資材です。国内の住宅の9割以上がサイディングを利用しているともいわれるほど知名度の高い外壁材となっています。好みの色やデザインを選ぶことができて、費用も比較的安く仕上げることができる点から考えてもメリットの多い外壁材といえるでしょう。

外壁サイディング素材の種類

外壁に使用されるサイディングには素材別にいくつかの種類があります。どの種類を選ぶかによって外観にも大きな違いが出てくるため、ひとつに絞りきれずに迷っている人もいるでしょう。ここでは、サイディングの種類別に特徴をまとめておきます。

窯業系サイディング

窯業サイディングは、繊維とセメントを板状にしたものを指します。施工単価が安く施工が比較的簡単に行える点から、国内でのシェア率がもっとも高いサイディングでもあります。コーキング材でつないでいくため、つなぎ目が目立つ点をデメリットと感じる人もいるでしょう。また、コーキング材は劣化しやすく汚れが目立ちやすい点も理解しておく必要があります。

耐用年数は40年とされていますが、よりよい状況を長く保つためには7、8年ごとにメンテナンスを行うことをおすすめします。

金属系サイディング

金属系サイディングは、文字通り表面がスチールなどの金属で覆われているサイディングを指します。裏面には断熱材が入っているのも特徴のひとつです。具体的な種類をあげると、ガルバリウム鋼板やアルミニウム合金などがあります。耐久性、耐震性、耐熱性に優れている点が魅力で、耐用年数は40年とされています。

初期費用、メンテナンス費用が安い点もメリットのひとつです。メンテナンスは10〜15年ごとに行うことをおすすめします。

木質系サイディング

木質系サイディングは、天然木などの木材を使用したサイディングです。サイディングの多くは、合成素材を使用している中で天然素材を使用した独特の味わいが魅力となっています。天然の木材は年月を経るごとに色合いや質感が変化していきます。これは経年劣化のひとつですが、天然素材ならではの味わいが出てくる点も木質系サイディングの魅力と捉えられます。

木質系サイディングのデメリットは、防火性に劣る点です。そのため防火地域での使用はできない点には注意が必要です。耐用年数は40年といわれており、メンテナンスは、8〜12年ごとに行うことをおすすめします。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、プラスチックなどを素材として使用したものです。プラスチック特有の性質で雨もりしにくく外壁材の内側が乾燥しやすい構造になっている点が特徴となります。耐用年数は40年といわれており、メンテナンスは、10〜20年ごとに行うことをおすすめします。ただし、デザインのラインアップが少ない点は外観にこだわりを持つ人にとってはデメリットとなるでしょう。

外壁サイディング材のデザイン

外壁サイディングには、カラー、デザイン、素材とさまざまな種類があります。これらを組み合わせるとかなりの数のデザインが存在することになるでしょう。そのような中から自分の希望にあったデザインを見つけ出すのは難しい作業になることもあります。悩んだときは信頼できる業者に相談してみることもひとつの方法です。ここでは主に3種類のデザインについて紹介しますので参考にしてみてください。

レンガ調

レンガの家に住むのが夢だったという人もいるでしょう。外壁にレンガを使用するのは施工期間が長くなりかなりの費用がかかることもあります。そこで便利なのがレンガ調のサイディングです。上から塗装を重ねればさまざまな印象のレンガスタイルを作り出すこともできます。スタイリッシュに仕上げたり、かわいらしい印象に仕上げることもできるでしょう。

たとえば、重厚感を出したい場合は濃いめの赤茶色、カントリー調なら一般的な赤茶色、淡めの黄色やオレンジなら南欧風のモダンなスタイルにすることができます。白い塗装もおしゃれな印象に仕上がるためおすすめです。

タイル調

タイル調のサイディングは重厚感があっておしゃれな印象を与えてくれます。見た目のグレードがアップすることで家全体の高級感も増します。本物のタイルと比較すると重量が軽いため、住宅にかかる負担が少なくてすむ点はメリットといえるでしょう。軽量である点には耐震性の高さもプラスされるため、デザイン性と機能性を同時に備えたサイディングであるともいえるでしょう。

本物のタイルを使用した施工よりも費用は安くなりますが、ほかのサイディングと比較すると単価が高い点には注意が必要です。

木目調

文字通り木目のデザインを施したサイディングを木目調と呼びます。木質系サイディングがメインとなりますが、窯業系サイディングでも木目調を出すことは可能です。2種類を比較すると、よりナチュラルな印象になるのは木質系サイディングになります。費用は木質系サイディングのほうが高額にはなりますが、ナチュラルで味わいのある仕上がりを希望する場合には木質系サイディングを選択することをおすすめします。

サイディング外壁の人気メーカーランキング

サイディングには、色、デザイン、サイズなどさまざまな種類があります。どのようなサイディングが多く利用されているかは、これから外壁を施工する人にとって気になるポイントでしょう。ここではサイディング外壁の人気色メーカーをランキングで紹介します。

ランキングの判断基準

サイディング外壁の人気メーカーランキングを紹介する前に、ランキングの基準について説明しておきます。

コスト

何を行うにも価格は最も気になる要素でしょう。外壁を作り上げるには同じ種類のサイディングが複数枚必要となります。そのため、1枚あたりの単価が安いほうが当然総額も安くなります。機能性やクオリティー、サイズが同等であるならば単価が安いサイディングを選択する人が多いことも納得できるでしょう。

デザイン性 

住宅の印象を決めるのは外観と言っても過言ではないでしょう。大きな面積を占める外壁にどのようなサイディングを採用するかで住宅のイメージが決まります。そのためデザイン性の高いサイディングに人気が集まることもあります。多数あるサイディングの中から希望のデザインを選択するのは容易ではありません。そこで専門の業者に相談して仕上がりのイメージを具体的にすることも大切な工程といえます。

1位:ニチハ株式会社

ニチハ株式会社の代表商品はイフーカ プレミアムです。深堀りの高級感ある意匠で、チャコールカラーがシックな印象です。

スペック
寸法21×455×1820mm(6尺)
価格7,000円/枚、8,453円/㎡
張り方横張り
カラーバリエーションホワイト/アイボリー/グレー/チャコール

2位:アイジー工業株式会社

アイジー工業株式会社の代表商品はシンプルモダンシリーズです。同社は金属サイディングを得意としており、特有のこだわりを感じます。

スペック
寸法15×422×4,000mm(6尺)
価格5,100円/㎡
張り方縦・横張り
カラーバリエーションガルステージシャインJの場合

3位:旭トステム外装株式会社

旭(アサヒ)トステム外装株式会社の商品でおすすめなのはAT-WALLです。細いラインが若々しく、シンプルですがモダンなデザインでかっこいいです。

スペック
寸法15×455×3030mm(6尺)
価格5,900円/枚、4,280円/㎡
張り方縦・横張り
カラーバリエーションディープブルー/ペールブラック/ナチュラルホワイト

外壁サイディングの色選びの注意点 

自分の希望とイメージだけでサイディングの色を決めてしまうと後から後悔することになる可能性もあります。サイディング外壁の施工は高額な費用をかけて行うため、イメージと異なるからといって簡単にやり直しをすることはできません。特に色の選び方に関しては注意しておきたいポイントがあるため、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

色味は屋外でも要確認

自分の希望のイメージを探すためにインターネットの画像検索を利用する人もいるでしょう。また、業者が提供してくれる色見本を参考にするケースもあるでしょう。これらに共通するのは室内で色を確認するという点です。外壁や屋根に使うサイディングは、太陽光に照らされた状態の色を確認することが重要なポイントとなります。

室内で色見本やインターネットの画像を見ただけで決めてしまうと、光が当たったときに違った印象になってしまうことも多くあります。特にインターネットの画像はパソコンの画面の明るさなどによって彩度などが異なるため注意が必要です。色を決定する場合には、太陽光の下でも確認してから決定することをおすすめします。

色見本を過信しすぎない

外壁工事を業者に依頼する場合には、色見本を参考にサイディングを決定することも多いでしょう。ただ、色見本はあくまでも見本です。必ずその色合いが出るとは限りません。これは外壁の下地や光の当たり具合など住宅の造りや環境によって色の出かたが異なることがあるからです。

サイディングの色を決める際には、実際に施工した住宅を見せてもらったり、自分が住んでいる家に施工を施した場合にはどのような色合いになるかを業者にしっかりと確認することをおすすめします。

色あせするカラーかどうかの確認

外壁の色は年数が経過すると色あせを起こすものです。どの色を選択しても色あせは起こります。ただ、選ぶ色によっては劣化速度が早いものもあります。特に原色に近い色は色あせしやすい点には注意が必要です。色あせしやすい色を選択したい場合には、塗り直しなどのメンテナンス費用を確保しておく必要があるでしょう。

まとめ

サイディングを採用した外壁を造りたいけれど、どんな色やデザインを選べばよいか迷っている人もいるでしょう。イメージ通りの外壁工事を希望するなら、信頼できる業者に施工を依頼することも検討してみましょう。業者に依頼する前には必ず見積もりを取りましょう。特に複数社から見積もりを取る相見積もりがおすすめです。相見積もりを取ることで費用の相場を把握することができます。

複数社に見積もりを取る場合には、一括見積もりサイトが便利です。忙しい人にとっては見積もりを取るだけでも大変な作業となるでしょう。そこでおすすめなのは一括見積もりサイトです。一括見積もりサイトでは、一度自分の情報を入力するだけで希望にあった複数の優良な業者に一括で見積もりを出してもらうことができる点がメリットです。

一括で複数社に見積もりが取れるexcite外壁塗装なら、自社独自の厳しい審査基準を満たしている業者のみと提携しています。そのため、安心して見積もり依頼をすることができると同時に信頼できる業者を見つけて安心してサイディングの選択を行いましょう。