屋根の雨漏りは自分で直せる?修理方法やかかる費用の相場を解説

屋根が雨漏りしてしまった場合には、早急に修理をしないと、水が屋内にどんどんとしみこんできて、柱や壁板や床板の腐食を招いたり、金属部分に錆を表示させる原因になってしまいます。しかし、屋根の雨漏りを業者に依頼すると高額な費用がかかってしまいます。

この記事では、屋根の雨漏りは素人が格安で修理することはできるのかどうかと、素人とプロの業者の修理内容の違い、プロの業者に依頼した場合にどのくらいの費用がかかるのか一般的な相場について、屋根の雨漏りを修理する前の注意点など、屋根の雨漏りの修理に関するお役立ち情報を詳しくお伝えします。

わたしの家だといくら?

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

屋根の雨漏りの応急処置方法

屋根の雨漏りを素人が自分で完璧に修理することはできません。素人ができるのは、雨漏りが始まった直後に応急処置を施すことだけです。屋根が雨漏りしてしまった場合に、素人でも自分でできる応急処置の方法についてお伝えします。

ビニールシートをかぶせる

まずは雨漏りしている箇所から雨が侵入するのを防がなければいけません。雨漏りしているおおよその箇所を特定したら、その場所にビニールシートをかぶせて、土のうなどのおもりで固定します。ビニールシートを雨漏り箇所にかぶせて、雨が侵入する穴を塞ぐことで一時的ですが雨漏りを抑えることができます。

しかし、ビニールシートによる応急処置は、一時しのぎでしかありません。ビニールシートだけでそのままにしておくと、家の劣化を早める原因になってしまうので、できるだけ早くしっかりした修理を行うようにしましょう。

防水テープで塞ぐ

ビニールシートをかぶせる一時的な応急処置ができたら、次は雨漏りの原因となる穴の箇所を特定します。特に屋根で雨漏りしやすい箇所は、損傷や劣化をしやすい板金や防水紙です。

雨漏りしている箇所を特定する方法は、家の屋根裏や天井などで水が染み出して、色が変わっている箇所を見つけたり、雨が上がった後で、実際に屋根に水を撒いてみて水が染み込む場所を特定したりする方法があります。

雨漏りしている箇所を特定したら、そこに防水テープを貼り付けると、ビニールシートをかぶせておく時よりも確実に水の侵入を防げるようになります

ただし、防水テープは耐久性が低いので、恒常的な修理には使えません。出来る限り早くプロの業者に修理を依頼しましょう。

バケツや洗面器を設置する

台風や大雨などで雨漏りが始まってしまったら、屋根に登ってビニールシートを設置したり、防水テープを貼ったりするのはとても危険です。こうした作業は雨が上がるまで待つしかありません。

雨が降っている間にできることは、家の中に侵入してきた水が、床板の下にまで到達しないようにすることです。そのために、家の中の雨漏りが発生している箇所にバケツや洗面器など、水を受ける器を用意して、室内への水の浸入を出来る限り防ぐようにしましょう。

こちらは、とにかくその時家の中で用意できるものをかき集めて、雨漏りしているところへ置くだけで済みます。特に費用がかかるものではありません。雨漏りが発生したら早急に対処しましょう。

雨が上がったら、ビニールシートや防水テープでの応急処置を行い、早急に修理業者に修理を依頼しましょう。

業者が行う屋根の雨漏り修理方法

雨漏りの原因となる台風や大雨が過ぎ去ったら、できるだけ早くプロの業者に雨漏りの修理を依頼しましょう。プロの修理業者がどのような手順で雨漏りを修理するのか、その方法もお伝えします。

棟板金からの雨漏りの場合

雨漏りしている箇所が棟板金の場合の修理方法についてみていきましょう。棟板金というのは、三角屋根の三角形の頂点にかぶせてある板金のことです。棟板金が劣化して浮いてしまい、雨漏りの原因になる場合には、棟板金を丸ごと交換する必要があります。その手順は次のとおりです。

  1. 古い棟板金を撤去する
  2. 棟板金の下の貫板を撤去する
  3. 貫板の釘穴に水が染み込まないように防水コーキングを行う
  4. 新しい貫板を取り付ける
  5. 貫板の上から新しい棟板金を取り付ける
  6. 継ぎ目に防水コーキングを行う

スレートからの雨漏りの場合

スレート屋根は板状のスレートで屋根を葺いたものです。屋根のスレートに何らかの原因でひび割れが入ってしまい、そのひび割れが原因で雨漏りしてしまうこともあります。スレートのひび割れが雨漏りの原因の場合には次のような手順で、ひび割れたスレートを交換して雨漏りを修理します。

  1. ひびの入ったスレートをスレーターズリッパーで取り除く
  2. 下地を整えてコーキング剤を塗る
  3. 新しいスレートを置く
  4. スレートの位置を微調整する
  5. シーラーを塗る
  6. 周囲のスレートにマスキングテープを貼って同系色で塗装する

瓦屋根の雨漏りの場合

瓦屋根が雨漏りする場合には、屋根瓦の破損が原因だと考える方がとても多いのですが、実は瓦の破損だけが雨漏りの原因ではありません。瓦屋根が雨漏りする原因はいくつか考えられます。瓦屋根の雨漏りの原因に対する対処法はそれぞれ次のとおりです。

雨漏りの原因解説対処法
瓦の破損瓦が何らかの原因で割れたりずれたりしてしまう。新しい瓦に交換する
板金の浮きや釘のゆるみ板金は棟や谷に使われていて、釘で留められています。金属なので瓦よりも早く劣化する。板金や釘の交換
漆喰の劣化棟と瓦の間の隙間を漆喰で埋めている。漆喰が劣化すると剥がれてしまい雨漏りの原因になる。漆喰の塗り直し
下葺き材の劣化瓦の下に防水のために設置されている。瓦が破損してもしばらくは下葺き材だけで防水してくれるが、劣化すると雨漏りが始まる。下葺き材の交換
コーキングの劣化外壁から飛び出す屋根瓦の場合には、外壁と屋根を接着するのにコーキングが使われている。劣化すると隙間ができて雨漏りの原因になる。コーキングの補修

屋根の雨漏り修理にかかる費用の相場

屋根の雨漏りの修理にはどのくらいの費用がかかるのか気になっている方もいるでしょう。屋根の雨漏りの修理にかかる費用の相場について詳しくお伝えします。

自分で修理する場合

自分で応急処置をする場合には、シートや防水テープなどを用意するための道具や材料の費用だけで済みます。ただし、本格的な修理はできないので、一時的な応急処置のための出費だと考えましょう。

修理に必要なもの費用の目安
ブルーシート2,000円~
防水テープ700円~
コーキング材300円~
ペンキ2,000円~

業者に修理を依頼する場合

プロの修理業者に修理を依頼する場合には、修理の内容や修理する範囲によって費用が大きく変わってきます。雨漏りしている箇所が特定できない場合には、修理するべき箇所を特定するための調査費用も別に必要になります。プロの業者に依頼する場合の費用の内訳について詳しくみていきましょう。

部分的な修理にかかる費用

雨漏りの修理には、部分的な修理で済む場合があります。部分的な修理で済む場合には10万円以下で済むこともあります。屋根瓦やスレートが数枚破損して、破損した部分だけ差し替えればいい場合には5万円程度、雨どいや板金の交換が必要になる場合には10万円程度かかります。

修理するべき箇所が複数ある場合には、30万円程度かかることがあります。

部分的な修理だけであっても、業者によっては職人の安全を考えて足場を組む場合があります。足場を組む場合には、修理代金とは別に10万円から20万円ほどの足場代がかかります。

全体的な修理にかかる費用

屋根全体を葺き替える必要がある場合には、かなり高額な工事となってしまいます。屋根の種類や、下地の交換まで必要なのかどうかで費用は変わってきますが、修理費用だけでも60万円から200万円となります。塗装も同時に行うのであれば40万円から80万円の塗装費用が別途かかります。

屋根全体を修理する場合には、足場が必須です。上記の費用の他に、足場代も10万円から20万円ほどかかります。

雨漏りの原因調査にかかる費用

瓦やスレートの破損といった、目で見て簡単に修理箇所がわかる場合には調査の必要はありませんが、コーキングや板金の劣化箇所の特定が難しい場合には調査が必要になります。調査する方法と費用の目安は次の表のとおりです。

調査方法相場解説
目視調査0円目で見て修理箇所を確認する方法
発光液調査5万円から20万円ブラックライトで発光する塗料を混ぜた液を流し込んで、雨漏り箇所を特定する方法
散水調査10万円から30万円水道水を実際に流して雨漏り箇所を特定する方法
赤外線サーモグラフィー調査10万円から40万円温度を感知する赤外線サーモグラフィーを使って、雨漏りが原因で温度が低くなっている場所を特定する方法

屋根の雨漏り修理に関する注意点

屋根の雨漏りを修理する時には、注意しなければいけない点があります。屋根の雨漏りを考えた場合、特に考えなければいけない重要な3つの注意点についてお伝えします。

雨漏りの修理費用は業者によって異なる

1つ目の注意点は、ほとんど同じ修理内容であっても、業者によって見積金額が大きく異なる場合が多いという点です。住宅の修理に関する費用は、業者によって自由に決めることができるために、業者ごとに設定している作業の単価が変わってくるためです。

おおよその相場でプロに頼んだ場合の相場に大きな価格の幅がありましたが、それは修理の内容の違いだけではなくて、業者間での違いもあります。

1つの修理業者だけに見積もりを依頼するのではなくて、複数の業者から見積もりを取り寄せることで、費用や修理内容の違いなどを事前に比較して、最もあなたに合う業者を選ぶことができます。

複数の業者から見積もりを取る場合には、一括見積もりサービスを利用すると良いでしょう。見積もりを取るだけであれば無料で利用できます。

業者の中には悪徳業者もいる

屋根の修理業者の中には、残念ながら悪徳業者もいるので注意しなければいけません。屋根の修理業者となるためには、特に許可を得たり、資格を持った人を置かなくてはいけないという法律の規制がありません。

そのために、しっかりとした契約書を作らずに口約束だけで工事を始めて、最初の金額よりも高額な金額で請求したり、手抜き工事を行うような業者も少なからずいるのが現実です。

途中で怪しいと思って解約を申し出ても、高額な違約金を求められることもあります。屋根の修理業者を選ぶときには、本当に信頼できる業者なのかどうかをしっかりと確認することが大切です。

屋根の修理はなるべくプロに任せる

この記事の中で、自分で応急処置をする方法もお伝えしました。しかし、応急処置は応急処置でしかありません。確実に雨漏りしないようにするためには、費用をかけてでもプロにお任せしたほうがいいでしょう

素人のいい加減な処置だけで、目に見えない水の侵入を許してしまうと、家の劣化を早めてしまうことになります。また、慣れない屋根の上の作業で、足を滑らせて怪我をしたり、時には命を失う方もいます。そうならないようにするためにも、雨漏りの修理はしっかりとした業者に依頼することが大切です。

屋根の雨漏りの修理費用を抑えるには?

屋根の雨漏りの修理には多額の費用がかかります。特に、屋根全部の葺き替えが必要になった場合には、100万円単位での出費になることもあります。屋根の雨漏りの修理でできるだけ節約する方法をお伝えします。

火災保険を利用する

屋根の雨漏りが起きるのは、台風や集中豪雨などで、通常では考えられないような大雨が降った場合がほとんどです。台風や集中豪雨などで雨漏りが起きた場合には、火災保険を適用できる場合があります。加入している火災保険で、台風や豪雨災害もカバーしているかどうか一度確認してみましょう。

なるべく早く修理を依頼する

雨漏りが起きてしまったら、できるだけ早く修理をして、それ以上、家の内部に水を侵入させないようにすることが大切です。応急処置だけでは、見えない部分からの雨の侵入を完全に防げずに、屋根裏や壁の内側への水の侵入を許してしまう可能性があります。

家の内部に水が侵入し続けると、木部の腐食や金属のサビからの腐食の原因になり、家の傷みが早くなります。家の内部の腐食の修理は、雨漏りの修理の費用よりも遥かに高額になります。そうならないためにも、初期の雨漏りのうちに修理してしまうことが大切です。

定期的なメンテナンスを心がける

雨漏りの原因となる、板金やコーキングの劣化などは、定期的なメンテナンスで補修する部分です。通常は、一戸建ては10年から15年に一度外壁塗装を行いますが、その時に同時にメンテナンスも行うことが多いでしょう。

劣化しやすい部分のメンテナンスをしっかりと行っていれば、コーキングなどの劣化が原因の雨漏りはかなりの確率で防げます。定期的な外壁塗装とメンテナンスを行うことも、雨漏りの修理の余計な出費を抑えるためには大切です。

屋根の雨漏り修理は信頼できるプロに任せよう

この記事では、雨漏りの修理について詳しく解説してきました。家は雨風から住む人を守るためのものなので、雨漏りは家にとっても住人にとっても大敵です。雨漏りしてしまったら、できるだけ早く修理をすることで、それ以上の余計な出費も掛けずにすみます

できるだけ早くいい業者を見つけて、しっかりと直してしまうようにしましょう。いい業者探しは一括見積もりサービスをご利用ください。