【使いやすさで選ぶマウスパッドのおすすめ13選】ゲーミングとビジネスで使い分けを

マウスパッドを使いやすさの点から13種類厳選してご紹介します。ゲーミング用、ビジネス一般用と分け、さらに操作性や手首軽減効果などの機能性でお探しのマウスパッドを...

マウスパッドを使いやすさの点から13種類厳選してご紹介します。ゲーミング用、ビジネス一般用と分け、さらに操作性や手首軽減効果などの機能性でお探しのマウスパッドをわかりやすく解説しました。また一般の方には分かりづらい、マウスパッドの素材の特徴

ママアイテム編集部

マウスパッドのおすすめな選び方

この記事ではコンピューターを使い続けて20年、さらにゲーマーとしても活動している立場から、マウスパッドの選び方を徹底解説します。

ひとくちにマウスパッドといってもその用途や素材によって特徴がはっきり異なります。まずは使用用途やサイズ、素材、使い方から選び方をみてみましょう。

1. ゲーミング用かビジネス用かなどの使用用途とサイズを決める

「お気に入りのマウスパッドでテンションUP!」

仕事にせよゲームにせよ、マウスパッドの選びは超重要だということはご存知ですか?

ほとんどの方はデザインや色、形だけでマウスパッドを選んでいるようですが、これは本当にもったいないことです。

そもそもマウスパッドには「ビジネス用」「ゲーミング用」の2種類があり、素材や大きさ、マウスとの相性などさまざまな選び方があります。

買うマウスパッドを探す場合はまず「ビジネス用」あるいは「ゲーミング用」のどちらが良いのかしっかり考えておきましょう。

2.使っているマウスの種類に合う素材を選ぶ

マウスパッドとマウスの相性はとても重要です。そもそもみなさんはマウスパッドの素材について考えたことはありますか?

マウスパッドの種類には以下のようなものがあります。

  • ボールマウス

  • 光学式マウス

  • レーザー式マウス

  • 青色LEDマウス

それぞれの特徴は以下の通りです。

ボール式マウス

マウス本体内にボールが埋め込まれていて、そのボールの動きをマウスが検知してマウスカーソルを動かします。最も初期の方式として用いられていました。

光学式マウス

赤いLEDが埋め込まれ、光とマウスパッドの反射を利用してマウスの動きを検知する方式です。光沢のある面やガラス面では使えません。

レーザー式マウス

光学式と同じく光の反射を利用してマウスの動きを検知しますが、多少光沢がある面でも利用可能です。ただしカーペットのような素材は苦手です。高い精度が求められるゲーミングマウスに採用されていることが多いです。

青色LEDマウス

青色LEDマウスは光学式マウスやレーザー式マウスが苦手とする素材(不透明ガラスやカーペットなど)でも利用できるマウスです。

自分のマウスがどの方式に当てはまるのかを確認する場合、マウスの裏面をみてボールが入っていればボール式マウス、赤色LEDなら赤色LEDマウス、見えない光であればレーザー式、青色LEDなら青色LEDマウスと見分けられます。

次に素材です。マウスパッドで用いられる素材には以下のようなものがあります。

  • プラスチック

  • ガラス

  • シリコン

  • レザー

主な素材としてはこの5種類ですが、マウス購入前にその特徴やマウスとの相性を把握しておきましょう。

プラスチック

プラスチック素材は比較的軽く、安価なものが多いのが特徴。つまり手軽に使えるということですね。しかしながらマウスがスベりやすく、画面上のマウスポインタが止まりづらいという欠点があります。ゲーミング用にはあまり向かず、ビジネス用途と割り切りきるのがおすすめです。

ガラス

ガラスは高級感がありますが、重いという欠点があります。しかし素材の性質からすべりがよく長持ちし、メンテナンスも楽ですからビジネス用途に向いていますね。

シリコン

シリコン製は軽くクッション性があるため、長時間の利用に向いている点が優れています。しかしその反面、長持ちしないという欠点もあります。

レザー

レザーは最も高級感にあふれる素材で、手触りも最高です。使い込むほどに風合いが増して、あなただけのマウスパッドになるでしょう。無機質なパソコンやオフィスに温かみも与えてくれますが、欠点は手入れが若干面倒な点。あなたがレザー製品の手入れになれていないなら、手を出さない方が無難です。

布製は手触りが良く、持ち運びにも便利なことが特徴です。また布の繊維で凹凸があるため、マウスを目的の位置で止めやすいという特徴があります。ゲーミング用途にもビジネス用途にもピッタリですが、ゲーミング用途は若干大きめのため、オフィスデスクで邪魔にならなければおすすめできる素材です。製品によっては洗濯できるものもあります。しゅるい

3.長時間使う人は手首が疲れないもの

マウスパッド選びはあなたのマウスの使い方にかかっています。もし長時間マウスを使うのであれば、絶対にガラスなどの製品は避けて、シリコン製など手首のクッションとなる素材を選びましょう。また布製で裏面にシリコンなどのクッション兼すべり止めがついているような製品もアリです。ゲーミングマウスにはこのような素材が多く採用されていて人気です。

4.マウスが操作しやすいもの

そして何より、マウスの操作が楽になる素材を選びましょう。ビジネス用途であればマウスの止まりが良いシリコン製が無難ですし、趣味や軽いゲーム程度であればプラスチック製やガラス製が良いです。レザー製もアリですね。パソコン周りのインテリアと考えればレザー製は高級感抜群です。

マウスパッドのおすすめメーカー・ブランド

ここでは良質なマウスパッドを提供するメーカーやブランドをご紹介します。最低限、これらのメーカやブランドは商品チェックの際に押さえておきましょう。

1.SteelSeries

SteelSeriesはアメリカに本社を置く、ゲーミング用マウスパッドのトップブランドです。マウスパッドだけでなく、マウスやキーボードなど色々なゲーミング用途のPC周辺機器を販売しています。ゲーミング用途のため大きめでマウスの止まりや操作精度型かくなるマウスパッドを販売していることが特徴です。

2.サンワサプライ

サンワサプライは日本におけるオフィス用途向けOA製品のトップブランドのひとつで、多種多彩なマウスパッドを販売していることが特徴です。ホームページにて、あなたが求める条件から最適なマウスパッドを探してくれる機能があるので、ビジネス用途のマウスパッド選びで迷ったらとりあえずサンワサプライは候補になります。

3.エレコム

エレコムも日本のPC周辺機器を販売するメーカーで、スタンダードなマウスパッドから疲労軽減タイプまで幅広い種類のマウスパッドを展開しています。サンワサプライ同様、ビジネス用途で迷ったらエレコム製マウスパッドも有力候補です。

4.ARTISAN

ARTIZANは世界中のゲーマーから支持されるマウスパッドブランドで、ゲーミング用途のマウスパッドであればSteelSeries同様「間違いないマウスパッド」を提供してくれます。販売されているマウスパッドのほとんどはゲーミング用途です。

5.Razer

言わずと知れたゲーミング機器業界の世界トップブランド。Razerといえばプロゲーマー御用達のブランドとして名を馳せています。ゲーミング用途の中でも、マウスの仕様やゲームごとに最適となるマウスパッド表面素材の設計力、製造力は世界ナンバーワンと言っても過言ではありません。

今回の商品の選定ポイント

今回は下記の観点から13種類のマウスパッドを比較してみました。

  • サイズ

  • 対応マウス

  • マウスの操作性

  • 表面の材質

  • 底面の材質

  • デザイン性

  • 手入れのしやすさ

  • 疲れにくさ

ビジネスや家庭の通常用として使うおすすめマウスパッド3選

ビジネスや家庭の通常用としてつ買うマウスパッドに求められる特徴は、なめらかに動いて疲れにくいことや、手入れのしやすさです。またビジネス用途であれば特に、マウスの操作音(すべらせるときの音)も気になるため、静音性が高いマウスパッドであることもおすすめポイントとなります。これらの点に着目して、ビジネス用途や家庭用としておすすめのマウスパッドを3点選びました。

1.バード電子「SMP-10M」

  • サイズ 220×160×3mm ◯

  • 対応マウス ボール式・光学式 △

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 ステンレス鋼による静音加工 ◎

  • 底面の材質 ポリオレフィンフォーム ◯

  • デザイン性 ◎

  • 手入れのしやすさ ◎

  • 疲れにくさ ◯

バード電子「SMP-10M」がおすすめの理由

おすすめポイントは「静音加工」です。マウスとマウスパッドがこすれる音は意外とうるさいもので、使っている本人は気づきませんが、「シャー」「サー」という音は静かなオフィスではちょっとうるさいです。またステンレス鋼のため手入れのしやすさも抜群で、不意に飲み物をこぼしてもサッと拭くだけでキレイになる優れたマウスパッドが本商品です。

弱点はレーザー式マウスに対応していないこと。多機能マウスにはレーザー式を採用しているものも多いため、このようなマウスを使っている方は要注意ですね。一般的なオフィスPCのマウスであれば問題ありません。

2.エレコム「デザインマウスパッド ボタニカル 抗菌 MP-BOBU」

  • サイズ 150x180x5mm

  • 対応マウス ほぼすべてのマウス

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 UV樹脂

  • 底面の材質 ソフピール

  • デザイン性 ◎

  • 手入れのしやすさ ◯

  • 疲れにくさ ×

エレコム「デザインマウスパッド ボタニカル 抗菌 MP-BOBU」おすすめの理由

本商品をおすすめする理由はズバリ、マウスの操作性が良いことです。というのも、マウスパッド表面には特殊な凹凸加工がされているため、マウスが止まりやすく操作しやすいマウスパッドに仕上がっています。弱点はサイズが若干小さめなので使いづらい場面がある点で、オフィスやゲーミング用途ではなく、家庭で使う雑貨に近いイメージのマウスパッドです。

3.SteelSeries「QcK+マウスパッド63003」

  • サイズ 450x400x2mm

  • 対応マウス すべてのマウス

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 布

  • 底面の材質 ラバー加工

  • デザイン性 △

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ×

SteelSeries「QcK+マウスパッド63003」がおすすめの理由

こちらのマウスパッド、SteelSeries「QcK+マウスパッド63003」をおすすめしたい理由は、その操作性の良さにあります。デザインは超シンプルな黒一色ながらも、手触りの良い布の感触とマウスのすべりが適度かつきちんと止まる表面の凹凸加工は素晴らしいです。とてもおすすめな逸品です。

レーザー・光学式マウスに対応しているおすすめマウスパッド2選

レーザー・光学式マウスはマウスパッドを選ぶため、これらのマウスをいる方は注意が必要です。非対応のマウスパッドを使用すると、時折マウスの動きが悪くなることがあってとてもストレスを感じることでしょう。最悪の場合、マウスカーソルがぶれたり、動かなかったりすることもあります。ここではレーザー・光学式マウスに対応したマウスパッドをご紹介します。

1.サンワサプライ「マウステーブル 200-MPD003」

  • サイズ 196x252x108mm

  • 対応マウス レーザー・ブルーLED・光学式

  • マウスの操作性 △

  • 表面の材質 布

  • 底面の材質 不明

  • デザイン性 △(カラー2色展開)

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ×

サンワサプライ「マウステーブル 200-MPD003」がおすすめの理由

このマウステーブル200-MPD003の特徴はなんといっても机の下に収納できることです。この製品は机のふちに特別な工具不要で取り付けることが出来て、ちょうど身体の横にマウスパッドが来るようになっています。机上の省スペース化にも役立つでしょう。

カラーは2色展開、机への取り付けといったことからデザイン性や手入れのしやすさには欠けるものの、個性的なマウスパッドや資料が多く机上でマウスを使うことが不便な方には特におすすめです。

2.エレコム「FITTIO High MP-116」

  • サイズ 135x150x26mm

  • 対応マウス レーザー・光学式

  • マウスの操作性 ◯

  • 表面の材質 ポリウレタン合成皮革

  • 底面の材質 ポリウレタン

  • デザイン性 △(カラー2色展開)

  • 手入れのしやすさ ◎

  • 疲れにくさ ◯

エレコム「FITTIO High MP-116」がおすすめの理由

エレコム「FITTIO High MP-116」はオフィス用途にぴったりのマウスパッドとしておすすめします。リハビリテーションセンターと共同開発された本商品は疲れにくさを徹底追求しており、書いたりキーボードを叩いたり、そしてマウスを良く使って腕を酷使するオフィス用途にはピッタリでしょう。さらにポリウレタン合成皮革のため、汚れもサッと拭き取るだけでOK。普段使いにもおすすめです。惜しむらくはカラー2色展開というデザイン性の低さですが、むしろオフィスの雰囲気に合わせるのであれば、デザインの凝ったものよりシンプルで良いとも言えます。

長時間使用しても疲れにくいおすすめマウスパッド3選

長時間使用しても疲れにくいマウスはオフィス用途に特におすすめです。ゲーマーも長時間マウスを使いますが、ゲーマーの場合は疲れにくさよりも精度をメインに選ぶことが多いでしょう。

1.エレコム「COMFY MP-096」

  • サイズ 135x220x25mm

  • 対応マウス ほぼすべてのマウス

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 UV樹脂

  • 底面の材質 ソフピール(吸着力の高いノンスリップ素材)

  • デザイン性 ◎

  • 手入れのしやすさ ◯

  • 疲れにくさ ◯

エレコム「COMFY MP-096」がおすすめの理由

エレコム「COMFY MP-096」は表面に抗菌加工がなされており、いつも清潔。かつリストレストがマウスパッドと一体化している機能性と素晴らしい操作感が魅力です。

マウスパッドは手を置く場所なのでどうしても汚れがちですよね。抗菌加工で見えない菌をシャットアウトできます。またUV樹脂を凹凸特殊加工した表面はすべりにくく操作性は抜群です。加えて底面は吸着力の高いノンスリップ素材(ソフピール)を使用しているため、「不意にマウスパッドが動いてしまう」というあのイヤな現象も防ぎます。UV樹脂であればお手入れもしやすいので、疲れにくいマウスパッド・清潔感を保ちたい方にはぴったりではないでしょうか。

2.サンワサプライ「低反発リストレスト付きマウスパッド MPD-MU1N」

  • サイズ 180x245x22mm

  • 対応マウス 光学式

  • マウスの操作性 ◯

  • 表面の材質 ナイロン・ネオプレン

  • 底面の材質 ポリウレタン(すべり止め効果あり)

  • デザイン性 △(カラー3色展開)

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ◯

サンワサプライ「低反発リストレスト付きマウスパッド MPD-MU1N」がおすすめの理由(見出し4)

サンワサプライ「低反発リストレスト付きマウスパッド MPD-MU1N」も疲れにくさを追求したマウスパッドです。マウスの操作性を保ちながら疲れにくくするために工夫された丁藩閥リストレストがなんといってもイチオシ。このリストレストは「心地よい手首の枕」といった感触で、手放せなくなるかもしれません。リストレスト付きマウスパッドは見た目が個性的なためか、いまひとつ手が出せないという方がいらっしゃいます。しかしそれはとてももったいない。手首の疲れを感じる方には一度試して欲しい一品です。ただし、光学式マウスのみ対応のため、一般的なオフィスPCのマウスではOKだと思われますが念のためご確認下さい。

3.JETech「光学式マウス対応パット M0882」

  • サイズ 22.4 x 19.6 x 2 mm

  • 対応マウス 光学式

  • マウスの操作性 ◯

  • 表面の材質 布

  • 底面の材質 すべり止めゴム加工

  • デザイン性 △

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ◯

JETech「光学式マウス対応パット M0882」がおすすめの理由

JETech「光学式マウス対応パット M0882」がおすすめな理由はそのリストレストにあります。リストレストは低反発素材にジェルを加えた柔らかく優しい感触が魅力です。さらにマウスパッド本体はマウスの動作範囲に応じて若干丸みを帯びた変形型のため、手首を無理に返すことなく画面全体をストレスなくクリックできます。布素材独特の風合いと手触りもおすすめです。表面が布加工なのに対して、底面はしっかりとしたすべり止めゴム加工のため、使いづらさは皆無と言っても良いでしょう。マウスパッドの形(正方形・長方形(にこだわらない方で疲れにくいマウスパッドをお探しの方はこれで決まりかもしれませんね。

細かな動きとサイズが大きいゲーミング用のおすすめマウスパッド5選

ゲーマーがマウスパッド求めるものは精細な手の動きを再現できるマウスパッドに他なりません。ある程度の大きさがあり、わずかなマウスの動きもキャッチするためには表面素材にこだわりたいところ。そしてマウスパッドが動かないことが絶対条件です。ここではそんなマウスパッドを5点紹介します。

1.SteelSeries「Dex Gaming Mousepad」

  • サイズ 274x320x3mm

  • 対応マウス すべてのマウス(商品仕様に記載はありませんが一般的なゲーミングマウスなら使用可能)

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 布

  • 底面の材質 シリコン

  • デザイン性 △

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ×

SteelSeries「Dex Gaming Mousepad」がおすすめの理由

本商品の際立った特徴は表面に施された六角形の凹凸加工です。この凹凸加工はマウスとの接触面を極力減らしながら、ゲーミングマウスのレーザーの動きを的確に捉え、わずかな手の動きもゲーム内のキャラクターに反映させることを可能にしました。FPSなど繊細な動きが求められるゲームには必須の機能性といえるでしょう。

底面素材もシリコンのため「肝心なときに限ってマウスパッドがずれる」といったこともありません。マウスパッドのスベりにくさとマウスの繊細な動きを再現するにはもってこいの商品です。

2.ARTISAN「飛燕 SOFT HI-VE」

  • サイズ 445x346x3mm(Lサイズ)

  • 対応マウス ほぼすべてのマウス

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 布

  • 底面の材質 エンボス加工

  • デザイン性 △

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ×

ARTISAN「飛燕 SOFT HI-VE」がおすすめの理由

マウスの軽快な操作感を求める方にイチオシしたい商品がこのARTISAN「飛燕 SOFT HI-VE」です。表面の布素材は「軽いすべり」を実現する加工が施されており、サクサクとキャラクターを動かしたい方には最適なマウスパッドでしょう。またLサイズの大きさは縦横およそ40cmと十分なサイズ。この大きさもゲーマーには助かりますね。ひとつ懸念があるとすれば布マウスパッドの耐久性ですが、よほど使い込まない限りは大丈夫。4年、5年ともたせるのであれば表面がガラス加工の商品を選ぶことが無難です。

3.ARTISAN「紫電改 MID」

  • サイズ 320x250x3mm(Mサイズ)

  • 対応マウス 不明

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 布(ガラスコーティング)

  • 底面の材質 エンボス加工

  • デザイン性 △

  • 手入れのしやすさ △

  • 疲れにくさ ×

ARTISAN「紫電改 MID」がおすすめの理由

耐久性のあるゲーミング用途のマウスパッドを求めるのであればARTISAN「紫電改 MID」がおすすめです。このマウスパッドは表面の布にガラスコーティングが施されているため耐久性が抜群。ガラスというとスベりやすい、止まりにくいというイメージですが、この点をしっかりクリアして狙った敵を逃さないマウスの動きを実現します。底面はエンボス加工でスベりにくくしっかりとゲーミングマウスとして機能します。布+ガラスコーティング=シルキー、そんなすばらしい感触のマウスパッドです。

4.Razer「Goliathus Cosmic Large (Speed)」

  • サイズ 444x355x3mm

  • 対応マウス ほぼすべてのマウス

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 布

  • 底面の材質 すべり止めゴム加工

  • デザイン性 ◯

  • 手入れのしやすさ ◯

  • 疲れにくさ ×

Razer「Goliathus Cosmic Large (Speed)」がおすすめの理由

お待たせしました。ゲーマーなら知らない人はいないといっても過言ではない、Razer社の「Goliathus Cosmic Large (Speed)」をご紹介です。このマウスパッドの特徴はマウスパッドの滑り出しの良さと適度な広さ。FPSでは最近低感度でAIMの正確性を重視する風潮がありますが、そこでネックになるのがマウスパッドの広さです。本商品は低感度プレイヤーにも十分な広さを提供し、すべり出しの良さからプレイヤーの反射神経をそのままキャラクターに反映させることが出来るでしょう。間違いないマウスパッドのひとつです。

5.Mionix「ALIOTH」

  • サイズ 370x320x3mm

  • 対応マウス レーザー・光学式

  • マウスの操作性 ◎

  • 表面の材質 布(撥水加工)

  • 底面の材質 天然ゴム

  • デザイン性 △

  • 手入れのしやすさ ◯

  • 疲れにくさ ×

Mionix「ALIOTH」がおすすめの理由

Mionix「ALIOTH」のおすすめポイントはトラッキング性能です。正確なトラッキング性能が要求されるMMORPGのRAIDなど、ひとつの操作が生死を分ける状況ではこのマウスパッドが威力を発揮するでしょう。またゲーミング用途のマウスパッドには必須ともいえる布製表面には撥水加工も施されているため、お手入れも簡単です。万が一の汚れもサッと拭き取るだけ。何かと汚れがちなゲーミングマウスパッドを常に清潔に使いたい方にもおすすめです。

マウスパッドを購入時の気になる疑問・質問

マウスパッドを選ぶときの良くある質問や疑問にお答えします。

Q1:ゲーミング用と一般的なマウスパッドはどう違うの?

ゲーミング用のマウスパッドには「正確性」「すべり出しの良さ」「ピタッと止まる操作感」「トラッキング性能」が求められます。ゲームはわずかなマウス操作でキャラクターを動かすことが多いためこのような性能が求められるわけです。さらにゲーム用マウスも非常に細かくマウスカーソルの早さ(dpi)を設定できるため、マウスの動きをコンピューター上で実現するためにゲーミング用マウスパッドには表面の凹凸加工などさまざまな工夫がなされています。一般用のマウスパッドにはこのような工夫はあまり必要ないため、比較的安価で手入れのしやすさや抗菌加工など、ゲーミング用にはない機能性で付加価値が付けられています。

Q2:手首の疲労軽減機能がついているものは本当に効果的なの?

手首の疲労軽減機能はある程度効果があると考えて良いでしょう。一般に疲労軽減効果のあるマウスパッドにはリストレスト(手首の下に置く枕のようなもの)が付けられています。このクッション性や高さと手首や動きの癖の相性が合えば、素晴らしい疲労軽減効果に恵まれます。まさにベッド用の枕と同じ感覚ですね。逆にリストレストがない状態では手首を常に斜めに向けてマウス操作する必要があるため、疲れやすいと考えられます。手首の疲れを感じる方には試す価値があります。

Q3:マウスパッドは汚れたら買い替える必要があるの?

マウスパッドの汚れはほとんどの場合、汚れが少ないうちに拭き取ることで解決できます。目に見えて汚れている場合でも、マウスパッドによっては洗濯可能なものもあるため、汚れが気になる場合はそのような製品を探しても良いでしょう。比較的安価なマウスパッドを使い捨て感覚で取り替えるのもアリです。マウスパッドを雑貨や文房具感覚で色々試してみるのも楽しいですよ。

まとめ

この記事では一般用、ゲーミング用のマウスパッドの素材から始まり、具体的な製品を13種類紹介しました。ただのマウスパッドと言ってもそれぞれ個性があり、自分にぴったりなマウスパッドは見つかりましたか?マウスパッドは大きく分けると一般用・ゲーミング用と分かれます。一般用では疲れにくさ、操作性、手入れのしやすさ、デザインなどを重視して選ぶと良いでしょう。ゲーミング用ではマウスの設定や自分の設定感度(センシ)と合わせてマウスパッドの広さを決め、そのあとにすべり出しの良さや止まり感で選ぶと良いマウスパッドに出会えます。この記事で紹介したマウスパッドなら、きっとご自身に最適なマウスパッドがあるはずです。普段使っているマウスパッドを見直して、仕事、生活、趣味をより充実させて下さい!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す