【収納ケースのおすすめ10選】収納ケースの置き場所と素材をチェック

キレイな部屋をつくるのに欠かせないのが「収納ケース」。いろいろなものがありますが、どうやって選べばよいのでしょうか?この記事では専門家への取材をもとに、収納ケー...

キレイな部屋をつくるのに欠かせないのが「収納ケース」。いろいろなものがありますが、どうやって選べばよいのでしょうか?この記事では専門家への取材をもとに、収納ケースを選ぶときに注意したい5つのポイントを徹底解説。さらにそれらをふまえて、編集部が厳選した「本当に使える」10点を大公開します!部屋は人の心をうつす鏡といわれています。この記事を参考に、ぜひいい収納ケースを選んでくださいね。そして部屋も心もすっきりさっぱり、整理してしまいましょう。

ママアイテム編集部

収納ケースのおすすめな選び方5つ

たかが収納ケースとあなどるなかれ。「快適な部屋は適切な収納ケース選びから」と言っても過言ではありません。チェックすべきポイントは次の5つです。

1.クローゼットやリビングなど!収納ケースの置き場所をチェック

まずは収納ケースを「どこに置くか」を考えることが大切です。押し入れやクローゼットで使うならスペースを有効に活用して、とにかくたくさん収納できるものがいいでしょう。

置き場所のサイズ(幅、奥行き、高さ)をミリ単位できっちり測って、そこからはみ出さず、かつできるだけスペースが余らないようなちょうどよい大きさのものを探しましょう。ぱっと見て、中身がすぐに分かることも大切です。

いっぽうで人目にふれる場所に置くときは、部屋のインテリアにあったケースを選びたいもの。今はいろいろな収納ケースがありますから、妥協せずおしゃれなものを選びましょう。フタや扉がついたものだと部屋がすっきりと見えますよ。

2.プラスチックや布製など!収納ケースの素材をチェック

ひとくちに収納ケースといっても、いろいろな素材のものがありますね。

プラスチック製のものは丈夫で、つみ重ねても型くずれしにくいため、たくさんのものを効率よく収納できます。反対に布製のケースは色やテイストが豊富。部屋に置いてもおしゃれに見えるものが多いです。

そのほか、高級感のある木製や籐製、軽くて廃棄も簡単なダンボール製、湿気に強いシリコンゴム製やビニール製など、素材によって違う特長があるので、目的にあわせて選びましょう。

3.洋服や書類など!収納ケースに入れる物をチェック

最初から「何を入れるのか」を具体的に考えて選びましょう。

たとえば日常的に着る洋服なら出し入れしやすい引き出しタイプが適していますが、衣替えでしまっておく洋服なら、フタ付きのボックスのほうがたくさん入ってよいでしょう。

ほかにも、書類を入れるならA4サイズ(21cm×29.7cm)が入る浅型の引出しやトレイタイプ。おもちゃなら子供でも片付けが楽なように、軽くてもち運びやすく、口がひろいバケツのようなタイプがおすすめです。

4.引き出しや蓋付きなど!収納ケースのタイプをチェック

上の話と重複しますが、「出し入れのしかた」も大切なポイントです。

毎日出し入れする洋服やタオルは、簡単に開閉できる引き出し式がおすすめ。いっぽうで長い期間しまっておくものは、しっかり中身を守るフタ付きが安心です。ただプラスチックなどは通気性が悪くなるので、湿気対策も合わせて考えたいですね。

また、フタも引き出しもない放り込むだけのタイプは、いちばん気軽に出し入れできますが、気をつけないと少しごちゃついて見えてしまうこともあります。

5.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

ちまたでは、いくら位の収納ケースが選ばれているのでしょうか?例として「押し入れやクローゼットで使える1段タイプの収納ケース」について、おおよその価格帯を見てみましょう。

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯
500円〜1,500円2,000円〜4,000円5,000円〜22,000円

最安値価格帯でよく見られるのは、プラスチック製で簡単な作りのフレームに透明な引き出しがついた、最小限のシンプルなタイプ。

売れ筋商品にはそこに「プラスアルファの工夫」が加わったものが多い印象です。たとえばフレームが頑丈、かさねて使ってもずれにくい、サイズ展開が豊富で組み合わせて使えて引き出しストッパーつきなどなど。

長く使うことを前提に選ぶものなので、人目にふれない部分でも品質にはある程度「気を使いたい」という消費者心理が見えてきます。

いっぽう高級価格帯で多く見られたのが、プラスチックではなく桐材を使ったものです。通気性にすぐれ虫害にも強いといわれる桐などは、布物の収納にとても適した素材。「和服などを大切に収納したい」という人に選ばれています。

今回の商品の選定ポイント

それでは、上で説明した内容をふまえて編集部が選んだおすすめアイテムを公開します。とくに重要な比較ポイントを下にあげたので、チェックしながら読んで下さいね。

  • 大きさ 
  • 重量
  • 素材

※大きさはW(幅)×D(奥行)×H(高さ)

今、編集部がおすすめする収納ケースはコレ!

最もおすすめしたい収納ケースは、収納力にもデザイン性にも、組み合わせの融通の利き方にもすぐれたこの一品です!

アイリスオーヤマ「スタックボックス 扉付き STB−400D」

  • 大きさ:40×38.8×30.5(cm)
  • 重量:約5.3kg
  • 素材:木材(パーティクルボード)

もはや家具!実用的でおしゃれな収納ケース

おなじみ「アイリスオーヤマ」の木製収納ケースです。出し入れしやすくてすっきり隠せて、頑丈で組み合わせ自在なうえに見た目もおしゃれ。収納に求められる要素を全て満たしていると言ってもよいすぐれものです。

斜めに大きく開いた開口部は、真上から取るタイプよりものを取り出しやすくて便利。スライド式のフタを閉めれば、ごちゃごちゃしたものをすっきり隠せます。部屋に漂う生活感がぐっと薄くなりますよ。

頑丈な木製で、3段までスタッキングが可能。同じシリーズで、フタのないオープンタイプ、引き出し式などバリエーションが豊富にあるので、組み合わせて自由に収納をアレンジできます。

カラーはブラウン・ナチュラル・オフホワイトの3色。どれも上品な色味で、もはや収納ケースというより「家具」と呼びたくなるような高級感があります。インテリアにこだわる人に、とくにおすすめしたい一品です。

容量が大きいので沢山入る!押し入れで使えるプラスチック製の収納ケースおすすめ5選

押し入れやクローゼットで使いたい、便利なプラスチック収納ケースのおすすめは次の5品。吟味の結果、みんなが知ってる人気メーカーがそろいました。

1.アイリスオーヤマ「ワイドチェスト 3段 W−543」

  • 大きさ:W54×D40×H62.5(cm)
  • 重量:約4.1kg
  • 素材:ポリプロピレン

とにかく服が多くて困る!という人に

ワイドな54cm幅に余裕の3段仕様で、たっぷりな容量が魅力。奥行き40cmでクローゼットのなかに置くのにいいサイズです。

本体は軽く、キャスターをつければ前後移動も可能。引き出しは簡易ストッパー付きで「奥のものを出そうとして引き出しが外れる」なんてこともありません。

引き出し1段につき、平積みのYシャツなら8枚、セーターも余裕をもって4枚はしまえます。引き出し内寸の高さは16.6cm。たたんだTシャツやカットソーを立ててしまうのにぴったりで下着などにも対応できる高さです。

シンプルですが、臨機応変にいろいろなしまい方ができる一品です。

2.アイリスオーヤマ「チェスト 浅型 BC−L」

  • 大きさ:39×50×23.2(cm)
  • 重量:約1.4kg
  • 素材:プラスチック

せまい場所でもすっきり置ける

せまめのクローゼットにもすっきり置ける、奥行き50cmのコンパクトな収納ケース。

すっきりサイズながら収納力は十分。例えばセーターなら4枚、バスタオルなら10枚しまえます。同じシリーズの深型タイプ「BC−LD」と組み合わせれば、さらに収納力はアップします。

かさねるときは上段を下段にひっかけて固定できるようになっていて、引き出したときに箱ごと前に倒れてきたりしません。置くだけよりも安定感がありますね。快適に使うための小さな工夫は、地味ながら高評価です。

カラーはホワイト・モカブラウン・ブラウンの3色です。透明な引き出しのホワイトは中身が見やすくて便利。ブラウン系の2色は引き出しが半透明なので中身がほどよく隠れてすっきり見えます。

3.アイリスオーヤマ「キャリーストッカー AA-740 クリア」

  • 大きさ:40×74×31(cm)
  • 重量:約1.47kg
  • 素材:ポリプロピレン

シーズンオフの服の収納ならおまかせ

かさばる冬物や分厚い毛布もたっぷり入るのが、こちらのフタ付き収納ケースです。奥行き74cmは押し入れにぴったり。高さは31cmで、これも2つかさねると一般的な押し入れの下段にちょうど収まるサイズです。

透明なので、中身は一目瞭然。どこにしまったっけ?と探し回る必要はありません。底にはローラー付きで前後移動もOKです。もちろん積みかさねができるから、収納スペースを無駄なく使えます。

押し入れに適したサイズですが、横向きにすれば押し入れほど奥行きのないクローゼットにも問題なく置けます。たとえば捨てられない空き箱とかぬいぐるみなど、かさばるものを入れて天袋にしまっておくのにもよさそうですね。

4.Fits「S-30」

  • 大きさ:30×53×高さ18(cm)
  • 重量:約1.68kg
  • 素材:ポリプロピレン、スチロール樹脂

堅牢な作りで選ばれ続ける「天馬のフィッツ」

収納ケースといえばまず天馬の「フィッツ」でしょ!という人も多いのではないでしょうか。積みかさねてもたわみにくい頑丈さ、サイズの豊富さに定評のあるロングセラーです。

こちらの「S−30」は、幅が30cmとややスリムなタイプ。引き出し内寸の高さは13cmで、下着やハンカチの収納にぴったりです。同じ幅、奥行きで深さの違うタイプと自由に組み合わせて、使いやすい収納コーナーを作れます。

ユーザーからも「10年近く使っている」「書類を入れても平気」「開閉がスムーズ」「美しい」などよい口コミがたくさん上がっています。ずっと安心して使える、高品質な収納ケースですよ。

5.ニトリ「押入れ収納ケース 引き出し3段」

  • 大きさ:37×70×63(cm)
  • 重量:約5.7kg
  • 素材:ポリプロピレン

たくさん入って、移動もラクラク

アイリスオーヤマと並ぶ生活雑貨ブランドの筆頭格「ニトリ」。もちろん収納ケースもいろいろそろっています。これは押し入れにぴったりおさまる3段タイプで、たっぷりの容量が魅力。Tシャツなら、引き出し1段に20枚くらい入ります。

シンプルなつくりで、大型ながら軽いのも特徴です。底にはキャスターもついているので、移動がかんたん。床にたまりがちなホコリも、楽に掃除できますよ。引き出し落下防止のストッパーもついていて安全にも配慮されています。

使う前にニッパーを使っての組み立て作業が必要ですが、それほど難しくはないので、すぐに使い始められます。てっとり早く大量の服を収納したい人におすすめの一品です。

インテリアにもなるおしゃれな収納ケースおすすめ4選

続いては、目立つところに置いて人に自慢したくなるような、おしゃれな収納ケース4選です。

1.Costway「収納ケース」

  • 大きさ:41×33.5×38(cm)
  • 重量:約0.9kg
  • 素材:麻、竹

ナチュラルな部屋に似合う素敵なデザイン

グレーの麻布と竹製の持ち手の組み合わせが大人っぽい素敵な収納ケース。竹の部材はていねいに仕上げられていて、ちょっと高級感があります。

ランドリーボックスとして作られていますが、もちろんリビングやキッチンにおいてもまったく違和感なし。おもちゃや生活雑貨、4つ折の新聞や雑誌、常温保存の食材など、何を入れてもおしゃれに決まります。

容量もかなりあるので、ついいろいろ適当に放り込んでしまいそうですね。ただ竹製の取っ手や枠がほそめなので、重いものをたくさん入れて持ち運ぶことはしない方がいいかもしれません。

2.StrageWorks「不織布インナーボックス」

  • 大きさ:36.5×25.5×23.5(cm)
  • 重量:約2.5kg(3個で)
  • 素材:ポリエステル不織布、紙(芯材)

おしゃれな収納ケースで、自慢できる部屋に

不織布を使った、軽くて丈夫な収納ケース3個セットです。

手頃な大きさでおもちゃやゲーム機、本や雑誌などを入れるのに最適。芯材が紙なので湿った場所(脱衣所など)には向きませんが、それ以外ならいろんな場所で便利に使えます。組み立ても簡単、もちろん使わないときは折りたためます。

でも、最もおすすめしたいポイントは「見た目」。ロープ状の持ち手がいい味を出していますよね。こういう収納ケースの持ち手ってベルト状のものが多い印象ですが、そんななかでもこれは少しめずらしいデザイン。

ぜひ、3個一緒に並べたり重ねたりして目立つ場所に置きたい!と個人的には思います。

3.ニトリ「引出収納A5 2個(クレル)」

  • 大きさ:38×28×13(cm)
  • 重量:約2.73kg
  • 素材:ポリエステル、木材    

文房具の収納にいい小型サイズの引き出し

ニトリの41.9cm幅のカラーボックスにちょうど入るサイズの、小型の収納ケース。外枠は丈夫なパーティクルボード(木)製、引き出し部分はポリエステルの布貼りです。

浅い引き出しが横に2つ並び、文房具やデスクまわりの小物の収納にぴったり。ナチュラルなカラーや素朴な丸い取っ手は、女の子の部屋に似合いそうですね。

浅型なので、たとえばカラーボックスの棚の上の空間が余ってもったいないというときなどに便利です。同じシリーズでサイズ違いもあるので、組み合わせてデスクまわりを効率よく整頓することもできます。

尚、こちらはドライバーを使った組み立てが必要な製品です。

4.BUYUE「収納ボックス」

  • 大きさ:44×30×25(cm)
  • 重量:約313g
  • 素材:綿、麻

かわいいデザインで部屋も明るくなる!

ハリネズミやくじらなどのイラストがかわいい収納ケース。でも、シックな色づかいだから子供っぽくなりすぎません。同じデザインでほかのサイズもあるので、そろえるとお部屋に統一感が出ますね。

ささえがなくても自立するので、おもちゃや雑貨などをポンポン放り込んで整理できます。ほかにも使わないときはたたんでおける、巾着状のフタがついてホコリ除けになり内側は防水加工で水拭きができるなど、なにかと使い勝手のいい商品です。

「かわいくて使いやすい」「自立するし結構たくさん入る」「子供の服を子供ごとに収納している。役に立っている」など、ユーザーからも高評価が集まっています。

収納ケース購入時に気になる疑問・質問

収納ケースを選ぶ前に知っておきたい「ちょっとした豆知識」をピックアップしてみました。

Q1:収納ケースに仕切りをつけて上手に収納する方法はあるの?

アクリルなどでできたT字型の「カードスタンド」を使って収納する方法があります。

たたんだ服をしまうとき、立てて入れると便利ですよね。きれいに立てておくためには、やはり内部に仕切りがほしいところです。そこで使えるのがアクリルなどでできたT字型のカードスタンド。

これの底の部分に裏から両面テープを貼って、適当な間隔で引き出しのなかに固定すればOKです。T字型のカードスタンドはロフトやハンズのほか、楽天などでも買えるので試してみて下さい。

まとめ

収納ケースのおすすめや購入時にチェックしたいポイントについて、専門家へのヒアリングをもとにまとめてみました。

昨今「断捨離」「ミニマリスト」などの言葉が流行し、「持たない暮らし」がもてはやされています。でもやはり、普通に暮らしていればモノは増えていくもの。現実には難しいと思う人が多いのではないでしょうか。

だからこそ「使いやすい収納」が私たちには必要なのです。この記事を参考に、改めて部屋を見直してみてはいかがでしょう。何となく片付かなくて気になっていたあのコーナーがすっきりしたら、きっともっと素敵な部屋になりますよ。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す