アイシャドウブラシのおすすめ7選!サイズと特徴で選ぶ

アイシャドウブラシのおすすめが知りたい!アイシャドウをまぶたに綺麗にのせたり、自然なグラデーションにしたりするのなら、絶対に欠かせないアイシャドウブラシ。アイメ...

アイシャドウブラシのおすすめが知りたい!アイシャドウをまぶたに綺麗にのせたり、自然なグラデーションにしたりするのなら、絶対に欠かせないアイシャドウブラシ。アイメイクの濃淡の表現が難しい、ぼかしが上手くいかないと悩んでいるあなた。もしかして、アイシャドウパレットに付いているアイチップだけを使っていませんか?アイシャドウブラシを使えばそんな悩みも解決するかも!今回は、アイシャドウブラシのサイズや特徴による違いなども比較しながら、特におすすめしたい7つのアイテムをセレクトしました。アイメイクのスキルアップを目指している方は必見ですよ!

ママアイテム編集部

アイシャドウブラシのおすすめな選び方5つ

アイシャドウブラシってどれも同じじゃないの?いいえ、そんなことはないんです!ブラシのサイズや素材で、アイシャドウをまぶたにのせた時の感動が変わりますよ。

1.使い方が変わる!ブラシの【サイズ】をチェックしよう 

アイシャドウブラシには、大きく分けて3種類のサイズがあります。

まずは、二重の幅を十分覆える程度のラージサイズ。アイシャドウのベースカラーをのせる時に使います。ベースカラーはムラなく広げるのが大切なので、ブラシを往復させるとアイホール全体に丁度良く広がるラージサイズがベスト。

次にミドルサイズのブラシ。これはベースカラーと締め色の中間にあたる色をのせる際におすすめ。この中間色は、アイホールの真ん中にのせるのが一般的。締め色にかぶらず、かつある程度の幅が必要な時に役立ちます。

最後に締め色をのせるなら、スモールサイズのブラシがマスト。差し色を入れたり、目尻に入れたりする際に活躍するブラシです。これらのサイズのアイシャドウブラシを使い分けることによって、より美しいアイメイクが可能になります。

2.肌当たりが大事!【柔らかさ】をチェックしよう 

アイシャドウブラシの素材は、天然毛と人工毛があります。

天然毛は全体的に粉含みがよく、手の甲にあてて軽く押すと根本まで触れられるしなやかさが特徴です。

さらに、獣毛の種類によっては長所がそれぞれ異なっているのもポイント。例えば化粧筆によく用いられているヤギの毛は、粉含みの良さと肌あたりの柔らかさに優れていることで知られています。

対して人工毛は、天然毛の弱点である液体(リキッドファンデ・コンシーラー等)などを使用する場合に活躍します。

また人工毛は艶やかでコシがあるのも特徴。中にはより良い肌触りをもたせるため、天然毛をブレンドしたものも。

肌触りに関して、天然毛に劣らず人工毛も改良がなされ、両者優れた品質になっています。そのため肌触りで選ぶ際は先入観などを捨て、自分が一番気に入った素材のものをチョイスすることがおすすめです。

3.長く使いたい!【耐久性】をチェックしよう 

もしアイシャドウブラシを選ぶうえで耐久性を重視したいなら、ポリエステルやナイロンなどの人工毛がおすすめ。

天然毛は適切な手入れをすればするほど長く使うことができますが、それよりも消耗品という意味で使える間はしっかりと使えるものが欲しいという方には人工毛が向いています。

また、先ほどもお伝えしたように普段のメイクでリキッドタイプのアイテムをよく使う方も人工毛はおすすめ。天然毛は液体化粧品にそこまで強くないうえ、水洗いも可能ではありますが頻繁に使用するにはおすすめできません。

これらの点を総合的に見て買い替えをいとわず、短期間で自由に使いたい。液体化粧品を良く利用するのでこまめに水洗いもしたい。そういった方には人工毛の方が適しているでしょう。

4.いろんなブラシがほしい!【セット】をチェックしよう 

先ほど紹介したように、アイシャドウブラシには数種類のサイズがあります。このうちの1本だけ持って、あとは付属のチップを使用すると言うだけでもメイクの仕上がりはかなり変わります。

でもせっかくならセットで揃えておきたいとおもうのが女心。そんなあなたにおすすめしたいのがブラシのセットシリーズ。

アイシャドウブラシのみのセットもあれば、口紅用とセットになったもの、さらにはクリスマスコフレなどでよく見かけるファンデーションからアイシャドウまですべてのタイプが揃ったものもあります。

化粧筆を全く持っていないという方はこちらのフルセットでも良いですね。既にいくつか持っているけれど、今回はアイメイクに力を入れたいという方はアイシャドウブラシオンリーセットを購入すると良いでしょう。

5.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェックしよう

アイシャドウブラシを購入する際において、「とにかく安く買いたい」「みんなが買っているものが良い」「高品質のものが良い」……とそれぞれ譲れないポイントはあるかと思います。

そこで、アイシャドウブラシの相場を「最安値価格帯」「売れ筋価格帯」「高級価格帯」の3つに分類して、以下の表をつくってみましたので参考にしてみてください

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯
100円~500円(税抜)3,500円~4,500円(税抜)4,000円~5,500円(税抜)
100均・ドラッグストア等に設置されているプチプラブランドにて購入可能百貨店などで人気のデパコスブランドで販売されているシリーズ化粧筆の専門店などで販売されている。品質は確かなものだが高価格。

アイシャドウブラシのおすすめメーカー・ブランド

アイシャドウブラシを取り扱っているブランドについて簡単に説明します。プチプラ・デパコス・専門店から代表的なものをひとつずつ取り上げているので、購入時のブランド選びの参考にしてみてくださいね。

1.ロージーローザ

ロージーローザは「こだわりの品質と正当なプライス」がモットーのプチプラブランド。

アイシャドウブラシは、ナイロンなどの合成繊維を素材にした人工筆が数種類展開されています。そのため、使いやすさ・手入れのしやすさを求める方におすすめしたいブランドです。

2.M.A.C

M.A.Cはデパコスブランドのなかでもデイリーユースがしやすい良心的価格のブランドとして人気です。

「多様性と個性の尊重」を信念としており、バリエーションに富んだ商品展開が特徴的。アイシャドウブラシ含むメイクブラシは、ホリディコフレとしてフルセットで販売されることも。

3.白鳳堂

筆づくりで有名な広島市熊野町にある化粧筆の専門店。伝統技術を用いた高品質な筆に、ものづくりへのこだわりがうかがえます。

そんな白鳳堂の化粧筆は、国内外のメイクアップアーティストご用達。まさに一流の商品です。

今回の商品の選定ポイント

今回、おすすめしたいアイシャドウブラシを選ぶうえで注目したのが以下の5点。

これらを比較したうえで、さらに各商品の個々の特徴もピックアップ。総合的に優れていると判断した7つのアイテムをご紹介していきます。

*サイズ
*先端
*毛の長さ
*素材
*セット

使いやすいアイシャドウブラシのおすすめ4選

まずは使いやすさバツグンのアイシャドウブラシを4点ご紹介します。ミドル・ラージサイズは単色をのせるだけではなく、ブレンディングにも使えます。

いずれもデパコスブランドではありますが、化粧ブラシなら色選びなどで失敗することもないので安心。デパコスデビューをしたい方のはじめの一歩としてもおすすめです。

1.M.A.C「テーパードブレンディングブラシ #224」

*サイズ:ラージ
*先端:ラウンド
*毛の長さ:長め
*素材:天然毛(ヤギ)
*セット:なし

さっとぼかして、綺麗なグラデーションが完成

アイシャドウパレットにある色をアイホールのうえで綺麗なグラデーションにしたい!そんなあなたにおすすめなのがこのアイシャドウブラシです。

アイシャドウをブラシにのせて(粉含みが良いのでしっかり付きます)、まぶたの上にポンポンと置いたら、あとはこのブラシでぼかすだけでOK。あっという間に綺麗なグラデーションが完成します。

メイク初心者さんや時短メイク派の方にぴったりのアイシャドウブラシと言えるでしょう。

こちらのブラシは元々ブレンディング用として販売しており、アイメイクのグラデーションや色づきのニュアンス調整をするのに優秀な役割を果たします。

また、ブラシの毛には粉含み・肌あたりの良さに定評のあるヤギを使用。また肌あたりが良いといってもある程度コシが保たれているため、粉を毛が吸収してしまうことなくぼかせますよ。

さらに丸みのおびた先端になっているので肌を傷めずブレンディングをすることが可能です。

そんなアイシャドウブラシは、M.A.Cの店舗で行われる大人気サービス「メイクアップサービス」でも使われている一品。プロのM.A.Cアーティストも愛用する優秀ブラシとなっています。

2.アディクション「アイシャドウブラシ D&L」

*サイズ:ミドル
*先端:ラウンド
*毛の長さ:普通
*素材:天然毛(イタチ)
*セット:なし

アイラインをととのえるならコレ!

日本を代表するメイクアップアーティストAYAKOが立ち上げたブランド「アディクション」。

幅広い年代の女性をターゲットにしたアディクションが販売するこちらのブラシは、ナチュラルなアイラインを表現できるアイライナーブラシとなっています。

目を大きくみせたり、引き締まった顔にみせたりするために大切なアイライン部分のメイク。でもアイラインのメイクって目のキワにうまく引くことができなかったり、濃淡の調整が上手にいかなかったりと結構難しいものですよね。

そんなときに重宝するのがこれ。イタチの毛でつくられたしっとりコシのあるブラシで、自然なラインが表現できます。均一になめらかなラインを描けるのはもちろん、ブラシの角度を変えればラインの太さも調節可能。

アイラインをぼかしたいときは、ざっくりとライナーをひいてブラシでさっとのばすだけでOK。目尻までしっかり流すことができるので、ハネ上げラインも簡単につくれますよ。

また下まぶたのキワから目尻に向けてラインを引けば、タレ目メイクが完成。このブラシが1本あれば自由自在にアイメイクが楽しめます。色々なバリエーションのメイクに挑戦したいという方におすすめです。

3.カネボウ「ルナソル アイシャドウブラシ」

情報が取得できなかったよ・・・

*サイズ:スモール・ミドル・ラージ
*先端:ラウンド・平型
*毛の長さ:長め
*素材:天然毛(混毛)
*セット:なし

肌触りの良さに定評あり

上質な女を引き出すメイクブランド「ルナソル」。ルナソルのアイシャドウは、CAさんの長時間フライト時に選ぶアイメイクとして上位に入るほどの人気。

そんなアイシャドウと合わせて使ってほしいのがこちらの「ルナソル アイシャドウブラシ」。3種類のサイズが展開されており、それぞれ使用している獣皮が異なっているのが特徴です。

スモール・ミドルはカナダリスと馬の混毛。ラージはカナダリスと松リスの混毛となっています。素材は異なっていますが、すべて肌触りの良さは満点。

毛がやわらかく、ソフトタッチな肌触りとなっており、まぶたにブラシを滑らせた時の気持ちよさは格別。また、粉含みも良く適度に広がるため綺麗に色がのります。

もちろん、アイホールにぼかしを入れる際も使えるので、BAさんにタッチアップしてもらったかのような美しい仕上がりが期待できますよ。

アイメイクにおけるサイズの特徴としては、ラージは、ブラシをくるくる回しただけで広範囲をブレンディングできるため、グラデーションをつくる時にぴったり。

ミドルは角度を変えることで幅を調節することが可能。ブレンディングや差し色・締め色に使える万能型です。

スモールは目のキワやポイントメイクなど、絶対ミスしたくないアイメイクをする時におすすめ。もしアイシャドウブラシのサイズ選びに悩んだら、まずは万能型のミドルサイズをセレクトしてみるのが良いでしょう。

4.NARS「アイシャドウブラシ #40」

*サイズ:ラージ
*先端:ラウンド
*毛の長さ:普通
*素材:自然毛(セーブル)
*セット:なし

ラメ系のアイシャドウと相性バツグン

モダン&クリエイティブでアーティスティックな商品を展開する「NARS」。NARSのアイシャドウは発色が良く、まぶたにのせるとキラキラするラメの美しさが特徴。

でもラメ系のアイシャドウは、バランスよくラメがのらないと仕上がりが微妙になることも。そんな悩みを解決するのがこちらのアイシャドウブラシです。

イタチ科の動物であるセーブルを用いたこちらのブラシは、ラージサイズで厚みがあるため、サッと滑らせるだけでアイホール全体にシャドウを広げることができますよ。コシもあるため、使い心地もバツグン。

ラメやパールを使用する際に指にのせていた方も多いかと思いますが、商品によっては指の脂が原因で固まってしまうものも。ですがこのブラシなら綺麗にのせられるので、最後まで使うことができますよ。

もちろんアイホールにのせた時の均一さ、ブラシをフラットに使用することでできるブレンディングの仕上がりもGOOD。

ラメやパールのキラキラを損なうことなく、上品なメイクが完成します。普段のアイメイクでラメ・パールを好んで使うという方にはぜひ使ってほしいブラシです。

プチプラなアイシャドウブラシのおすすめ

いつものメイクをちょっと良いものにしてくれる、プチプラのアイシャドウブラシ。最近は、プチプラでもデパコスに負けないくらい支持されているものも出てきました。

その代表的なものが以下で紹介するアイシャドウブラシです。

ルージーン「ミニアイシャドウブラシ」

*サイズ:スモール・ラージ
*先端:ラウンド
*毛の長さ:短め
*素材:天然毛使用(ウマ)
*セット:なし

人気急上昇の100均コスメ!

SNSでも話題になった100均コスメ。超プチプラでありながら、そのクオリティは年々上がっているということで愛用者続出。もちろん、アイシャドウブラシも例外ではありません。

こちらの「ミニアイシャドウブラシ」は、馬毛をブレンドしています。低価格でありながら天然毛を取り入れている点でまず高ポイントですよね。

さらに、毛量もしっかりしていて厚めにつくられている本格仕様。毛先は密集しているのでやや硬めですが、そこまで気になるほどではありません。

サイズによる違いに関しては、スモールは目のキワや涙袋などの繊細なポイントや、アイラインに沿って濃い色を塗っていきたい場合におすすめです。

ラージはアイホール全体に乗せたい時や、ぼかしを入れたい場合にぴったり。ちなみに、どちらも全体的にコンパクトなつくりなので緊急時の化粧直しアイテムとして持っておくのもおすすめです。

また、100均の魅力は気軽に買い直しができること。そのため、短いスパンでもガンガン使っていきたい方におすすめ。こまめに洗っても良いし、毛が抜けるなど先が柔らかくなるのが嫌なら、思い切って新調するのも良いですね。

使い分けに最適!【セット】アイシャドウブラシのおすすめ2選

メイク初心者さんで、とりあえずアイシャドウブラシを含めたブラシ一式を揃えたい。またはどれを選べば良いかわからないので、いっぱい入っておトクなセットにしたい。という方におすすめのブラシセットをピックアップしてみました。

1.リアルテクニクス「コアコレクション ブラシセット」

情報が取得できなかったよ・・・

*サイズ:各種
*先端:ラウンド・シャープ
*毛の長さ:長め
*素材:人工毛(タクロン)
*セット:あり(本紹介品)

ネットで一躍話題に!海外の人気ブラシセット

YouTubeで美容・コスメ情報を配信する「メイクアップユーチューバー」御用達のブラシセットです。

販売しているのはリアルテクニクスという海外のブランド。このブランドの創立者である姉妹も、YouTubeのメイクアップ動画で一躍話題になりました。

そんなリアルテクニクスで販売している「コアコレクション ブラシセット」は、合成繊維の中でも高密度でコシの強いタクロンを使用。人工毛ブラシなのでこまめに洗ってもOK。

また、液体への耐久性が強いため、リキッドタイプの化粧品を使う方にもおすすめです。アイシャドウブラシに関しては、粉をしっかり拾ってアイホールに乗せてくれるため、思い通りの色合いを表現することが可能。

使い勝手の良い人工毛のブラシを探している方におすすめのセットアイテムです。

2.ロージーローザ「アイシャドウブラシセット」

*サイズ:スモール・ラージ
*先端:ラウンド・平型
*毛の長さ:短め
*素材:天然毛(ウマ)
*セット:あり(本紹介品)

コシがあって使い心地の良いブラシ

馬毛を使用した天然毛100%のアイシャドウブラシが2本入ったセットです。馬毛は発色の良さに定評があるため、シャドウの色合いが映えた美しい仕上がりが期待できます。

ブラシにはややコシがありますが、チクチクするような硬さはありません。

このセットでは、スモールとラージの2種類が入っているため使い分けてアイメイクをすることができます。スモールは二重幅にのせるメインカラーや、目のキワにのせる締め色におすすめ。ラージは、アイホール全体に使うのに丁度良く、ムラにならない綺麗な仕上がりになりますよ。

アイシャドウブラシを購入時の気になる疑問・質問

アイシャドウブラシを購入しようとする際に悩んでしまいがちな、よくある疑問・質問をまとめました。いずれも以下で説明しているポイントさえ抑えていれば、スマートに解決する問題なので安心してください。

Q1:100均でおすすめのアイシャドウブラシは?

やはり今回紹介しているルージーンの「ミニアイシャドウブラシ」がおすすめです。

他を挙げるならば同じく100均で販売されている「春姫」シリーズ。極細毛のブラシということで人気です。どちらが良いかは実際使ってみての好みによるところが大きいでしょう。

Q2:天然毛の手入れが面倒って本当?

天然毛は液体や水に弱いため、頻繁な水洗いは推奨されていません(半年に1回ほどが目安。その際は中性洗剤等を使用してOK)。

ただし、逆にいえば水を使わずにティッシュで拭き取ったり、櫛をかけるだけで良いんです。見方によれば、天然毛の方が手入れは簡単なのかもしれませんね。

まとめ

アイシャドウブラシはサイズによって使い方も異なれば、素材によって特徴も変わってきます。

それらをすべて踏まえたうえで色々と比較し、本当におすすめしたい!となったのがこの7アイテム。アイチップだけでは表現できない、アイシャドウブラシならではの美しい仕上がりを、ぜひ試してみてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す