【野菜の鮮度が長持ち】 魔法の保存袋、いろんな野菜で試してみた

野菜を使いきれず無駄にしてしまった…、そんな経験ありますよね。そこで今回は「野菜の鮮度」や「栄養」が長持ちするアイテムをご紹介! 無理に使い切らなくて良くなるので、節約にもつながりそうです。


味や栄養素も守ります。

更に、メーカーによる味や栄養素の検証結果がこちら。
フルーツや野菜を、エンバランス加工されたチャック付き袋と、市販のポリ袋に入れて保存。10℃で7日間保存した後、それぞれの栄養素を測定しています。

■キウイフルーツでビタミンC測定

■プチトマトで糖度比較

■ほうれん草で腐敗の進行比較


鮮度はもちろん、美味しさまで増してくれる、という結果に。使い始めるともう他の保存袋では満足できない?!とっても優秀な保存袋です。

用途に合わせて使い分け!豊富なサイズ展開

バリエーションは全部で選べる6種類。食材に合わせて選べる5つのサイズと、それらが全部入ったバラエティーセットをご用意。


例えば、ミニトマトや小ネギなどの食材には「ミニサイズ11枚入り」を。
バナナ、キュウリがすっぽり収まるのは「中広口サイズ6枚入り」。
白菜、レタスなどの大物野菜収納には「特大サイズ4枚入り」がピッタリ。


どれにしようか迷う、色々試してみたい、という方は、全サイズお試し出来る「バラエティーセット7枚入り」がおすすめ。
全サイズをお試しいただければ、無駄なく使用頻度の高いサイズだけを買い足していただけますよ。


▼ご紹介したアイテムはこちら
【日本製】 鮮度保持チャック付き袋/エンバランス

いかがでしたか?
その日のメニューに合わせて野菜を買い足す暮らしから、いつでも豊富な種類の野菜がストックされている暮らしへ。
週末のまとめ買い後も、慌てて使い切ったり、傷んで捨ててしまう、ということもなくなりそうです。
食材が豊富に揃っていれば、毎日の献立作りももっとストレスフリーで楽しめそうですね。

この記事のキーワード

キーワードから記事を探す