リクライニングチェアのおすすめ10選!背もたれとオットマンで選ぶ

リクライニングチェアは人によって感じ方が違うため、おすすめの商品が必ずしも自分に合うとは限りません。そのためこの記事ではリクライニングチェアの『選び方』を含めた、多くの人が気に入るであろう『おすすめのリクライニングチェア』を11種類紹介していきます。リクライニングチェアは何もゆったりくつろぐためだけ

リクライニングチェアは人によって感じ方が違うため、おすすめの商品が必ずしも自分に合うとは限りません。
そのためこの記事ではリクライニングチェアの『選び方』を含めた、多くの人が気に入るであろう『おすすめのリクライニングチェア』を11種類紹介していきます。
リクライニングチェアは何もゆったりくつろぐためだけではなく、デスクワークの疲れを軽減させたり、集中を高めるためにも効果的です。普段何気なく座っている『イス』を変えるだけで、あなたの今の生活はより快適なものへと変わっていくことでしょう。

ママアイテム編集部


リクライニングチェアのおすすめな選び方5つ

画像出典:Adobe Stock
まず初めにリクライニングチェアの『選び方』から見ていきましょう。リクライニングチェアはゆったりとするためのものです。自分がリラックス出来る座り心地の良いものを選ぶ必要があります。以下の5つのポイントに注意して選ぶと良いでしょう。

1.肌触り重視?デザイン重視?材質の特徴をチェック


まずチェックして欲しいのが『材質』です。材質は座り心地や肌触りといった『くつろぎ感』に直接かかわってくる要素ですので、念入にチェックしておいてください。

チェアの材質には大きく分けて『布製』と『革製』があります。双方のメリット・デメリットを考慮したうえで、どちらが良いか決めましょう。
布製革製
メリット
・肌触りが優しい
・通気性が良い
・比較的安価
・高級感がある
・汚れに強い
・比較的丈夫
デメリット
・色落ちしやすい
・シミになりやすい
・掃除がしにくい
・蒸れやすい
・水分に弱い
・高価

2.心地良い角度で選ぶ!リクライニング機能をチェック


次にチェックすべきが『リクライニング機能』です。この機能はリクライニングチェアの要なので、出来れば実際に座って確かめることをおすすめします。

もしもそれができない場合は、出来るだけ『細かく角度調整できる』ものを選んでください。リラックスできる角度というのは人によって異なり、またその時の気分によっても違ってきます。

出来るだけ『細かく』なおかつ『広い範囲の角度』調整ができるタイプを選べば失敗は少ないでしょう。

3.頭を支えられると疲れにくい!背もたれをチェック


『背もたれ』の長さや大きさもくつろぎ感に大きく影響を与える要素です。しっかりチェックしておきましょう。その人がリラックスできる適切な背もたれというのは身長・体格によって異なり、出来ればこれも直接座ってみて確かめるのが一番です。

しかし通販などで購入を考えていてそれができない場合は、出来るだけハイバックの高めのものを選びましょう。

その時のポイントとして、『頭までしっかり支えられるか』どうかを見ておいてください。頭まで支えられると、より疲れにくくリラックスできるといわれているからです。

4.足までリラックス出来るか?オットマン付きをチェック


よりゆったりとくつろぎたいのであれば、『オットマン付き』のものを選びましょう。

人は足を延ばした状態の方が、より血流がスムーズになり緊張がしにくいといわれています。通常は独立したタイプのオットマンが多いですが、最近では『フットレスト』と呼ばれるオットマンとチェアが一体化したタイプも多く出回るようになりました。

ものによってはリクライニングチェアを購入すると、セットでオットマンが付いてくる商品もあります。チェアを選ぶときは、そういったところもチェックしておくと良いでしょう。

5.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック


リクライニングチェアの価格帯は、しっかりチェックしておくべきポイントです。以下に大手通販サイトなどを参考にした価格相場と特徴を挙げておきますので、自身の予算とほしい機能とをチェックしておきましょう。
布製革製
メリット
・肌触りが優しい
・通気性が良い
・比較的安価
・高級感がある
・汚れに強い
・比較的丈夫
デメリット
・色落ちしやすい
・シミになりやすい
・掃除がしにくい
・蒸れやすい
・水分に弱い
・高価

リクライニングチェアのおすすめメーカー・ブランド

画像出典:Adobe Stock
次にリクライニングチェアのメーカー・ブランドの中からおすすめのものを紹介していきます。いずれのメーカーも人気や信憑性が高いので、どれを選べばいいか迷った時には、こちらから選べば失敗は少ないでしょう。

1.アイリスオーヤマ


仙台市青山区に本社を置く、家庭用プラスチック製品の製造販売を行っている企業です。最近では家電・家具など幅広いジャンルを取り扱っていますが、家電メーカーとしての知名度・人気はかなり高く、豊富なラインナップが魅力的です。

2.karimoku(カリモク)


日本最大級の大手家具メーカーです。高級家具としても広く知られ、中々手が出せないというイメージもあります。しかし品質・デザイン・アフターケアなどが一流で、一生ものの家具といわれるくらい長持ちするのが特徴です。良いものがほしい人に向いています。

3.Coleman(コールマン)


アメリカのキャンプ用品の製造・販売を行っている企業で、100年以上の歴史を持つ老舗メーカーでもあります。ここのチェアはキャンプ用品らしい軽さとシンプルさを持ちながら、そうとは思えない座り心地の良さとデザイン性の高さが特徴的です。

今回の商品の選定ポイント

以下、リクライニングチェアに求められる重要な要素を選定ポイントとして設定しました。今回はこれらを重視しておすすめ商品を選びましたので、いずれの商品も機能性が高く評判が良いものばかりです。

  • リクライニング
  • サイズ
  • 重さ
  • 材質
  • オットマン
  • 折り畳み

今、編集部がおすすめするリクライニングチェアはコレ!

今回紹介する商品はいずれも良い品ばかりなので、一番を決めるのに苦労しました。しかし総合評価や機能バランスなどを考えると、以下の商品が最もおすすめという結果になりました。

アイリスオーヤマ『170°リクライニング ハイバック』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る

  • リクライニング/無段階(170度)
  • サイズ/68×65×111(cm)
  • 重さ/22.6kg
  • 材質/レザー、メッシュ
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

肉厚でほぼ水平に倒せる、まるで簡易ベッドのようなチェア

この商品を一番にすすめる理由は『ほぼ水平に倒せるリクライニング機能』と『収納式のフットレスト』、『頭までスッポリ支えられるハイバック』に『肉厚でふかふかした座面と背もたれ』の4つにあります。これは上述で取り上げた『おすすめの選び方』のチェックポイントを、ほぼ全て満たしているといえます。肉厚な座面と背もたれで『座り心地』をよくして、ハイバックの背もたれで『ゆったりと寄りかかることができる』のでくつろぎとリラックスしやすい環境を作っています。またリクライニング機能は、ほぼ水平にすることができるだけの『角度幅』がありますので、ほとんどすべての人の『リラックスできる角度』に調整することができます。こういった汎用性の高さはかなり魅力的でしょう。また足を延ばすことができるフットレストと組み合わせれば、それはもう『ほぼベッド』と言ってもいいくらいにリラックスできること間違いなしでしょう。枕や腰当にもなる『クッション』も付いている『ちょっとした気遣い』も評価されるポイントです。口コミでの評判も高く、口コミ数の約70%以上が『非常にいい』と回答していることからも、どれほど良い商品であるかが伺えます。リクライニングチェアとしての機能や重要な要素をほぼ満たし、購入者からの評判も良い。パーフェクトといっても過言ではないリクライニングチェアです。

オフィスでのパソコン作業に!PC向けリクライニングチェアおすすめ3選

一番のおすすめ紹介は済んだところで、ここから先は『目的・使用別』でおすすめのリクライニングチェアを紹介していきましょう。まずは『オフィス向き』のリクライニングチェアの紹介です。オフィス向きチェアは単純なリラックスさだけではなく、作業に集中できるだけの『快適さ』も求められます。以下の3つの商品はくつろぎ感を得られながらも、決して作業を邪魔するほどではないので、おすすめです。

1.タンスのゲン『リクライニング オフィスチェア Siesta』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/無段階
  • サイズ/66×66.5×103(cm)
  • 重さ/24g
  • 材質/レザー、メッシュ
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

ハイタイプなのにコンパクトなボディで場所を取らない!

このチェアの良さは『リクライニングさ』はきちんと持ち合わせていながらも、オフィスでも使いやすいだけの『コンパクトさ』や『角のなさ』にあります。オフィスでリクライニングチェアを使う場合は、どうしてもデスクや周囲に配慮しなければならないので、コンパクトさや小回りの良さが求められます。この商品は『無段階リクライニング機能』や『ハイバック』『フットレスト』といったリクライニング機能の高さはきちんと持ちながらも、小回りが利くシュッとしたデザインが魅力的です。またフットレストが『椅子の下』に収納できるので、足場を邪魔しない点もオフィスで使うには良い理由でしょう。

2.サンワダイレクト『オットマン付きゲーミングチェア』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/無段階
  • サイズ/71×75×118.5(cm)
  • 重さ/23.9g
  • 材質/PUレザー
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

『痩せマッチョ』なオフィス用リクライニング

このチェアの特徴は、通常のオフィスチェアの形をしながらも『座面や背もたれだけが肉厚になった』ような独特のデザインにあります。形そのものは『オフィスチェア』の細身さと機能美を持っているのに、リクライニングチェアの『どっしりさ』と『機能性』だけを備えたようなこのチェアは、まるで余計な筋肉も脂肪も一切ついていない『ボクサーの肉体』のような鋭さを兼ね備えています。また、勾玉のような独特の曲線を描く肘掛けは、非常にしっくりと腕を置ける上に、ちょうどよい箇所に移動させることができます。背もたれだけでなく肘掛けの位置まで調節できる、カッコいいうえに気遣いまでできる素敵なチェアです。

3. DORIS『リクライニングチェア STUHL』


  • リクライニング/無段階
  • サイズ/77×81×115.5(cm)
  • 重さ/25kg
  • 材質/PUレザー
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

デスクワークで足腰が痛くなる人へ

このチェアの魅力はリクライニング機能やデザインもありますが、それ以上に『立体3Dクッション』を採用しているところにあります。非常にしっかりしたクッションでありながらも、背もたれにRが付いているため非常に楽に座ることができます。使っている人の感想では『高反発でへたりも少なく、長時間座っていても足腰が楽』だそうです。低反発な柔らかなクッションが好みの人にはイマイチかも知れませんが、どっしりしたスプリング性のあるクッションが好きな人にはピッタリなチェアでしょう。

アウトドアでリラックス!折りたたみ可能なリクライニングチェアおすすめ3選

続いては『アウトドア』で使える折り畳み式のリクライニングチェアの紹介に移りたいと思います。自然の多い野外で、リクライニングチェアでくつろぐなんて、とても贅沢な時間でしょう。ここで取り上げる商品は、いずれもそういった環境に適した造りをしているうえに、リクライニング性にも優れています。キャンプのお供にぜひどうぞ。

1.Coleman『イージーリフトチェアST』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/記載なし
  • サイズ/90×127×89(cm)
  • 重さ/6.7kg
  • 材質/ポリエステル
  • オットマン/×
  • 折り畳み/〇

『肉巻きアスパラ系』なリクライニングチェア

このチェアの良さは、見た目は『軽そう』なのに、中身は『しっかりしている』ギャップにあります。スチール製の骨組みとポリエステルのシートで作られたチェアなので、非常に軽く女性でも1人で持ち運ぶことができるでしょう。見た目からしてそこまで高い機能はなさそうですが、耐久性やリクライニング機能は中々にあなどれません。実際に使った人の話では『思ったよりも広範囲にリクライニング出来る』『流星群を見るのに使ったが、通常のリゾートチェアよりもずっと広く見られた』と、キャンプ用にしては優れたリクライニング機能を持っているようです。

2.CAPTAIN STAG『ジュール リクライニングラウンジチェア』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/3段階
  • サイズ/79×68.5×91.5(cm)
  • 重さ/3.5kg
  • 材質/ポリエステル
  • オットマン/×
  • 折り畳み/〇

通常のキャンプ用イスにリクライニング機能を追加

このチェアの特徴は『肘掛けまで再現している』ところと『そのままでもゆったり座れる角度』『普通のキャンプ用のイスとしても使える形状』の3つにあります。通常のキャンプ用のイスと比べると大きめで、耐荷重80kgと大人の男性が座っても耐えられるだけの頑丈さはあります。またリクライニングを使用していない角度でも中々にゆったり出来るらしく、口コミでの評判も中々でした。リクライニング機能は全部で3段階で、一番倒した状態では『歯医者で治療を受けている』くらいの角度になります。通常のイスとしても使えるので、キャンプ用のイスがほしい人は、リクライニング機能が付いている分こちらのほうがお得でしょう。

3. Coleman『レイチェアグリーン』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/3段階
  • サイズ/61×70×98(cm)
  • 重さ/3.7kg
  • 材質/ポリエステル
  • オットマン/×
  • 折り畳み/〇

キャンプ用には珍しい『ハイバック』のイス

このチェアの特徴は、キャンプ用には珍しい『ハイバックタイプ』であることが挙げられるでしょう。通常のキャンプ用のイスだと、リクライニングタイプでも頭までは支えられないものが多いです。しかしこの商品はきちんと頭まで支えられる上に、リクライニングも3段階まで調節できます。簡易式とはいえ中々に本格的なリクライニングチェアと言えるでしょう。また組み立ても非常に簡単で、肘掛けの部分が『木製』というところにも注目してほしいです。ポリエステルと金属の無機質なチェアに木の温かみがプラスされ、全体的にデザイン性が高くなっているうえに、木製なので結構しっかりと手を置けます。キャンプでもきちんとしたリクライニングチェアがほしい、という人におすすめしたい商品です。

極上のリラックス!高級リクライニングチェアおすすめ3選

最後は『ハイクラス』タイプのリクライニングチェアを紹介しましょう。高級なリクライニングチェアはデザインも座り心地も、通常のものとは比べ物にならないくらい優れています。多少高価でもよりリラックスしたい人や、どうせ買うなら良いものを買いたいと思っている人には、以下の3つが特におすすめです。

1.カリモク『リクライナー』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/無段階
  • サイズ/80×85×110(cm)
  • 重さ/記載なし
  • 材質/本革
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

思わずガウンを着て座りたくなるtheお金持ちのイス!

このチェアの魅力はいちいちレバー調整しなくても『もたれかかるだけで倒れる』リクライニング機能と、『柔らかなフットレスト』、『回転の固定機能』にあります。非常にどっしりした造りながら本革製の素材と柔らかな座り心地は、まさにカリモクの商品だと納得できる抜群の出来栄えです。一度座れば病みつきになること間違いなしの心地よさに加えて、レバーを使わずに『力を加えるだけ』で倒れる背もたれも魅力的です。しかも好きな状態の角度で止めることができるので、少し休みたい時などには非常に便利です。またイスの回転を固定する機能や柔らかくて足に優しいフットレストなど、細かいところにまで気を配った設計はまさに『一生使える』リクライニングチェアといえます。

2.シモンズ『フィヨルド アルファ』


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る


  • リクライニング/無段階
  • サイズ/77×78×105(cm)
  • 重さ/記載なし
  • 材質/本革
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

『あの』シモンズのチェアが、心地良くないはずがない!

この商品はマットレスで有名な『シモンズ』から販売されているリクライニングチェアです。それを聞いただけですでに『座り心地がいいはず』と期待してしまうことでしょう。実際にこのチェアの座り心地は抜群らしく、座った人の話では『驚くほど楽で気持ちがいい』と絶賛していました。レバーいらずのリクライニング機能や、アルファベットの『C』をモチーフにした独創的なデザインなど、一目見て『いいものだ』と思えるくらい圧倒的なオーラを放っています。天然素材を使って作られているため、使えば使うだけ体に馴染む柔軟性があります。愛用すれば、もうそのチェア以外は使えなくなること請け合いの、最高のリクライニングチェアです。

3.レイジーボーイ『Maverick Reclina-Way Recliner』


  • リクライニング/無段階
  • サイズ/100×97×107(cm)
  • 重さ/記載なし
  • 材質/総本革
  • オットマン/〇
  • 折り畳み/×

まるで羽毛布団のようなリクライニングチェア

このリクライニングチェアの魅力は、なんと言ってもその『包容力の高さ』にあるでしょう。まるで羽毛布団に包まれているかのような抜群の包容力は、一度座れば虜になってしまうこと間違いなしの心地良さです。リクライニング機能は無段階ですが、フットレストは3段階仕様で、好みに合わせて好きなように調整できます。また通常だと普通の1人掛け用のソファにしか見えないので、リビングなどにも違和感なく使えるインテリア性も兼ね備えています。ロゴが入った『天然木』のレバーや、総本革張りの使用はまさに『高級』の一言。暖炉やペルシャ絨毯が似合いそうな重厚感あふれるデザインは、頼りがいがありながらもフカフカと柔らかそうな外見で優しさをプラスしています。

リクライニングチェアを購入時の気になる疑問・質問

画像出典:Adobe Stock
リクライニングチェアの気になる疑問に答えていきましょう。

Q1:リクライニングチェアで寝ると腰を痛めたりしますか?


本格的に眠らなければ問題はありません。リクライニングチェアは、リラックスするために背もたれを倒してはいますが、実際に水平になるわけではありません。腰が曲がった状態で、しかも椅子の上という狭い場所で本格的に眠ってしまうと体を痛める危険性があります。しかしちょっと休むくらいであれば問題はありませんので、過度に心配する必要はないでしょう。

Q2:リクライニングチェアとパーソナルチェアの違いは何ですか?


パーソナルチェアは『個人用のイス』で、リクライニングチェアは『背もたれの角度調節ができるイス』です。パーソナルチェアの中にもリクライニングチェアは存在します。単純に『個人用のイス』がパーソナルチェアで、背もたれの調節ができてキャスターなどの『イスの足』が付いているならば『リクライニングチェア』と覚えておけばよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リクライニングチェアというと大型で価格も高い、というイメージがありますが、意外とコンパクトなものや安いものもあることに驚かされたのではないでしょうか。リクライニングチェアはデザインや機能性もそうですが、何よりも『使い心地』が一番大切な要素です。ここで取り上げた商品は、いずれも多くの人が満足しやすいものを選んだので合わないということは少ないでしょうが、やはり一度自分で座って確かめてみることが一番です。何よりも自分が気に入ったチェアが見つかれば、毎日を快適に過ごせます。そんなチェアに出会えたなら、きっとあなたにゆったりとした贅沢な時間を与えてくれるでしょう。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す