おすすめの安いCDプレイヤーを知りたい!CDプレイヤーの種類も詳しく解説

高価なものでなくてもCDプレーヤーを1台は用意しておきたいもの。しかし、いくら安いCDプレイヤーでいいとはいっても、最低限の性能にはこだわりたいところです。今回は安価でおすすめのCDプレイヤーだけでなく、CDプレイヤーの詳しい種類や機能なども詳しく解説していきます。

おすすめの安いCDプレーヤーが知りたい

画像出典:Adobe Stock
ちょっとした時間に音楽を聴きたい、そんなときにCDプレイヤーが1台あればうれしいといったことはないでしょうか。最近は音楽鑑賞もYouTubeなどの動画サービスやサブスクリプションサービスを利用してスマートフォンで完結してしまう方も多いかと思いますが、気に入っている音楽や懐かしい音楽、思い入れのあるアーティストの音楽などは、形のあるCDとして手元に持っておき、ふとした瞬間に聴きたくもなるものです。また、せっかく人からおすすめの音楽を教えてもらったりCDを借りたりしても、CDプレーヤーがなければ聴くことができません。

そんなときのために、高価なものでなくてもCDプレーヤーを1台は用意しておきたいものです。しかし、いくら安いCDプレイヤーでいいとはいっても、最低限の性能にはこだわりたいところです。今回は安価でおすすめのCDプレイヤーだけでなく、CDプレイヤーの詳しい種類や機能なども詳しく解説していきますので、ぜひ検討の際の参考にしてみてください。

CDプレーヤーの種類

「CDプレーヤー」と一口に言っても、家電量販店に行くとさまざまな製品が置いてあります。どれもおすすめ、と書いてあってどれを選んでいいかわからない……と、困ってしまうことはないでしょうか。そもそも、CDプレーヤーを選ぶときの基準にはどのようなものがあるのか、ご存じですか。
決め手となる基準は人それぞれですが、まずはいくつかに候補を絞ることになるでしょう。最終的に選ぶときには価格だけでなくおすすめの機能や音質など、いくつかの要素を基準に決めることになるので自分が何を一番に重視したいのかを考えておく必要があります。

しかし、そもそもCDプレーヤーにはいくつかの種類があり、その種類ごとに特徴が異なるため、製品の性能を知る前に、どのような種類があるのかを知っておくと選ぶ際の検討材料にできます。まずは、どのような種類があるのか1つずつ詳しくみていきましょう。

音を重視するなら「CDレシーバー」


画像出典:Amazon.co.jp


CDレシーバーは、非常に音質がいいCDプレイヤーです。その価格帯はさまざまで、最新式のCDレシーバーは、価格に見合った上質な音を聞かせてくれますが、最新技術が詰め込まれたCDレシーバーは、それに応じて価格も跳ね上がります。とはいえ、必ずしも安価=低品質というわけではありません。安いCDプレーヤーでもできるだけ音の質にこだわりたい、というのであればCDレシーバーもおすすめです。中には、ネットワーク機能が備わっているものもあり、スマホやパソコンに入れている音楽を流すこともできる優れた性能を持つCDレシーバーもあります。

価格と見合うかどうかは人それぞれですが、欲しい機能があるなら予算内で検討してみましょう。安いCDプレーヤーの場合、最新技術を備えた高価格帯のモデルほどの機能は期待できませんが、頑張って探せば音質には自信がある、という商品も見つけることができるでしょう。

室内で使うなら「CDコンポ」


画像出典:Amazon.co.jp


CDコンポは「コンポーネントステレオ」の略であり、CDプレーヤーにアンプやスピーカーを組み合わせた音響機器です。スピーカーの質にもよりますが、高音質の音楽を大きな音で聞きたいというのであればおすすめです。

さまざまな機器が詰め込まれていることもあり、その多くが大きさも重量もそこそこあるため、基本的には室内に置いておくタイプのCDプレーヤーです。そのため、部屋のインテリアに合う色や形の製品も選択肢に入れるといいでしょう。いくつかのコンポを組み合わせて、好みのCDコンポに仕上げることが好きな人も多くいます。音楽にこだわりがある人にはおすすめのタイプであり、種類が多いので重視するポイントは事前に決めておくほうがいいでしょう。

また、ミニコンポとも呼ばれる、小型のCDコンポも多く販売されています。もし部屋が狭くて大きな機器は置けない、というのであればミニコンポもおすすめです。たとえミニでも、CDコンポには違いがありません。音質にこだわる人には、ぜひ手に入れて部屋で美しい音楽を堪能してほしいものです。おすすめの安いCDコンポも、探せばあるものです。

持ち運びに便利な「ポータブルCDプレーヤー」


画像出典:Amazon.co.jp


低価格帯のCDプレーヤーの中でも特におすすめなのが、「ポータブルCDプレーヤー」です。持ち運びできるほど小さく、車や電車の中でも聴くことができます。いつでもどこでも音楽を聴きたい、そんな人におすすめです。もちろん周囲に人がいる状態で大きな音量の音楽をかけていれば、迷惑になるのは当然です。しかし、ポータブルのCDプレーヤーであれば、イヤホンを接続できるようになっている物も多いため、そのような心配は不要です。もともと持ち歩くことを前提にしている製品であるため、移動中に音楽を聴くために必要と思われる機能は、すべて詰め込まれています。

ただし、充電はできないものがほとんどです。乾電池式のものは12時間程度しか持たないので、電池切れには注意しましょう。もちろん、製品によって機能や音質には差がありますが、価格が高いものも安いものも基本的な機能は同じです。

よほど高性能なポータブルが欲しいわけではないなら、安い製品でも十分満足できるでしょう。有線のものもありますが移動することが前提であるため、電池で動く製品がほとんどです。近くに電源がなくても音楽を聴くことができるのが、大きな魅力。「イヤホンは耳が痛くなるし、自分一人の場所であればなるべく使いたくない」という方にはスピーカー内蔵タイプがおすすめです。

スピーカー内蔵タイプであれば、たとえポータブルであっても大きな音量でも聴くことができます。移動中には好きなところへ持っていけて、家では通常のCDプレーヤーとして扱われるのでおすすめです。

省スペースで音楽を楽しめる「壁掛け型」


画像出典:Amazon.co.jp


壁に掛けるタイプのCDプレーヤーであれば、場所をとることがないので狭い部屋の中でも音楽を楽しめます。たいていの壁掛け型CDプレーヤーは横幅が狭いものです。小型や薄型のものが多いため、割とどこでも掛けられるのが利点です。デザインはおしゃれなものも多く、インテリアとして飾ることも可能であるため部屋の雰囲気に合った壁掛けタイプを選ぶようにしてください。

電源は乾電池式のものもありますが、もっともおすすめなのがBluetoothに接続されているタイプのものです。Bluetoothに接続されているなら他のデバイスに接続してさまざまな音楽を楽しむことができるのが利点です。

CDプレーヤーの選び方

CDプレーヤーは、どのようなものでもいいというわけにはいきません。それなりのこだわりがあるのなら、選ぶべきポイントに気を付けましょう。安いだけでなく、機能も大切です。どのような機能を備えていれば満足できるのか、音楽を楽しむのに欠かせない機能は何かをきちんと考えて選ぶのが大切です。ここでは、CDプレーヤーの選び方を詳しく解説していきます。

電源方式


電源方式は、CDプレーヤーの形態に合わせて選ぶのがおすすめです。例えばCDコンポなどは、室内に固定して使用することが多く、めったに動かすことはないでしょう。その場合、家庭用コンセントから電源を取る事が出来れば問題ありません。

一方でポータブルCDプレーヤーのような持ち運びできるタイプであれば、乾電池式かUSB充電タイプが望ましいでしょう。家で使いたいときもあるためさらに、家庭用コンセントから優先で充電できればいうことはありません。複数の電源方式を有していると、使い勝手がいいでしょう。そのほか、壁掛けタイプのものであれば、家庭用コンセントからの電源供給優先の場合には使用可能な場所が限られてしまうため、どこでも使えるように乾電池式がおすすめです。

周波数特性は十分か


周波数が十分でないCDプレーヤーでは、きれいな音楽を聴くことができません。周波数は音の聞こえる範囲であり、十分であれば低い音から高い音まで問題なく聴くことができます。そのため、たとえ安価なCDプレーヤーだとしても、周波数が十分な製品を選ぶようにしましょう

再生できるディスク・フォーマット


CDプレーヤーは、市販の音楽CD以外にもパソコンなどから書き込みをしたCDが再生できる場合があります。そのほか、MP3が再生できるものやできないものなど、製品によって再生できるディスクは違ってくるため、再生したいディスクに対応しているCDプレーヤーを選びましょう。

また、中にはスマートフォンやパソコンなどのほかのデバイスをつなぐことによって、ダウンロードした音楽を再生できるものもあります。再生出来るものはディスクだけとは限らないので、いろいろと機能をチェックしてみるといいでしょう。

接続機器にあった出力端子


出力端子は、一つではありません。光ファイバーをケーブルに使用した光出力、音質が非常によく光出力と併用されている場合もある同軸出力、ヘッドホンを使うためのヘッドホン出力などがあります。機器によっても違い、さらに使いようによってもどの出力端子が必要なのかは違ってきます。購入するときには、接続機器に合った出力端子を選ぶようにしましょう。

あると便利な機能

たとえ安いCDプレーヤーでも、さまざまな機能がついています。とはいえ、もちろん便利な機能がすべてついている、となると価格も高くなってしまいます。また、いくら便利な機能とはいえ、すべてが必要なわけではありません。どの機能が本当に必要なのか、そこのところを見極めるのがポイントです。

CDプレーヤーは音楽を聴くだけのものではありません。スマートフォンやパソコンから音をダウンロードできたり、英語の勉強をしたりといろいろな使い方ができます。そのため、CDプレーヤーを購入する目的がどのようなものなのか、事前に優先順位を決めておく必要があるでしょう。

たとえすべての便利機能が詰め込まれていたとしても、使いこなすことは難しいでしょう。そのため、便利で必要と思う機能が一つか二つ程度ついている製品であれば、購入する価値もあるのではないでしょうか。

お風呂や屋外で利用するなら「防水機能」


CDプレーヤーは、必ずしも部屋の中だけで使用するとは限りません。「屋外で作業するときに元気になれる音楽を聴きたい」「お風呂にゆっくり浸かるときに、癒される音楽を聴きたい」ということもあるでしょう。そのようなときにあると便利な機能が「防水機能」です。

水没させてしまえばどうしようもありませんが、ちょっとした水滴や水蒸気程度であれば「防水機能」がついていれば壊れはしません。そのため、屋外やお風呂でCDプレーヤーを使用したい方には欠かせない機能の一つです。もちろんキャンプや旅行など遠出をするときにも、使うことができます。

再生ボタンを押す手間が省ける「リピート再生機能」


同じ曲や同じCDを何度も繰り返し聞きたい、そういった気分のときもあるでしょう。しかし、繰り返すたびに毎回ボタンを押すのも面倒です。そんなときに必要なのが「リピート再生機能」です。

この機能があれば、再生が完了する度に手をとめてわざわざ再生ボタンを押さなくても、CDや曲の終わりが来れば自動的に最初から再生しなおしてくれます。このほかにも「A-Bリピート」再生や、「プログラムリピート再生」「ランダムリピート再生」などさまざまなリピート再生方法があります。

場面によってうまく再生機能を使いこなすことができれば、好きな音楽を繰り返し好きなだけ聴けるのはもちろん、語学の習得も早まるでしょう。目的が一つだけとは限りません。何度も同じフレーズを聞きたい、テープに起こすのに何度も同じ場面を繰り返したい、語学を学習するのに同じ単語を何回も繰り返し聞きたいなど、再生する範囲も目的もいろいろあります。

目的は一つでなくても問題はないですが、なぜその機能が必要なのかを考えておくと、さまざまな種類がある再生機能の中で必要なものを知る事が出来るでしょう。

語学学習や文字起こしに便利「再生スピード調節機能」


「再生スピード調節機能」があれば、語学学習や文字起こしの際に便利です。

例えば、実際に話す英語を聞くだけですぐに理解できるでしょうか。ゆっくり何度も聞くことでようやく理解できることもあります。また、話されている言葉を同じスピードで文字に起こしていくことは少し難しいですが、再生するスピードを調節することで、「聞く」と「書き起こす」を同時に進めることが可能になります。

そのため、これらの用途に使うときには「再生スピード調節機能」がついているCDプレーヤーを選ぶようにしましょう。そのほか、歌詞を覚えたいときにも使える機能です。しかし、「再生スピード調節機能」を選ぶときには音質に変化のない機種を選ぶようにしてください。

移動中でも快適「音飛び防止機能」


「音飛び防止機能」があれば、移動中など機器に振動が加わる場面でも快適に好きな音楽を楽しむことができます。通常、走行中の車内や徒歩での移動中に使用するとどうしても振動で音が途切れ途切れになったり何小節か飛んでしまったりしますが、「音飛び防止機能」があれば、多少の振動は気にせずに快適に使用することが可能です。

操作性を上げる「リモコン」対応


「リモコン」があれば、離れていても操作することができます。ついていて当然ではないか、と思うかもしれませんがやすいCDプレーヤーではついていないものも多くあります。そのため、離れたところからでも操作したいのであれば、「リモコン」のついている製品を選ぶようにしてください。

ワイヤレスで使いたいなら「Bluetooth対応」


有線だと使う場所が限られる、という人にはワイヤレスで使える「Bluetooth対応」がおすすめです。「Bluetooth対応」は、接続が簡単でだれでも使えるのが大きな魅力です。何よりも、消費電力が少ないので、電気代もそこまで気になりません。

CDプレーヤーのおすすめメーカー

CDプレーヤーはいくつものメーカーが出していて、どのメーカーにもそれぞれ特徴があります。CDプレーヤーの選び方は、機能や価格がすべてではありません。メーカーによって合う、合わないもあるでしょう。安いだけでなく、メーカーごとの特徴を把握して自分に合ったCDプレーヤーを選ぶようにしましょう。

ウォークマンが爆発的ヒット「ソニー(SONY)」


「ソニー(SONY)」は、製品の質が高いことで有名な家電メーカーのブランドです。とくに音響機器や映像機器の技術には定評があり、CDの企画開発に携わっています。日本だけでなく世界中からも人気の高いメーカーで、特に小型化の技術に関しては目を見張るものがあります。そんな「ソニー(SONY)」でおすすめのCDプレーヤーは、ウォークマンです。もともとオーディオ機器を持ち歩く、移動時に音楽を聴くということのなかった時代に始めて持ち歩けるほどの小型化に成功しました。音飛び防止機能を開発したメーカーでもあり、特に小型のCDプレーヤーを求める方にはおすすめのメーカーです。

多機能なモデルが多い「パナソニック(Panasonic)」


音質にこだわるなら、大手家電メーカーである「パナソニック(Panasonic)」がおすすめです。さまざまなタイプのCDプレーヤーを長年にわたり販売してきた実績もあります。高品質ながら価格を抑えたモデルも多数あり、選択肢が多いので自分に合ったCDプレーヤーを見つける事が出来るでしょう。特にCDコンポやCDレシーバーには力を入れているので、品質の高い中〜大型のCDプレーヤーを求めている方にはおすすめです。

限りなく原音に近い音を再現「DENON(デノン)」


日本でAV機器の老舗といえば、「DENON(デノン)」を挙げる人も少なくありません。老舗の専門メーカーだけあって、オーディオ機器の音質に細部までこだわっているのが特徴です。CDプレーヤーでも原音に近い音質にこだわりたいなら、「DENON(デノン)」の製品を試してみるといいでしょう。

CDラジカセを多数販売「東芝(TOSHIBA)」


大手家電メーカーである「東芝(TOSHIBA)」は、掃除機や冷蔵庫といった家電製品のイメージが強いかもしれませんが、音響機器にも非常に力を入れています。CDプレーヤーも多種多様な製品を出していて、とくにCDラジカセには定評があります。低価格帯のモデルでもスピーカー内蔵型やスピード調節機能付きなどの機能が充実しており、語学を勉強する人にとってはおすすめです。

楽器・音響機器の老舗メーカー「ヤマハ(YAMAHA)」


楽器・音響機器の老舗メーカー「ヤマハ(YAMAHA)」は、楽器だけでなく数多くのオーディオ機器も扱っています。CDプレーヤーに関しては価格の安いスタンダードな製品はもちろん、最新技術搭載の製品までを幅広く制作・販売しています。音楽を楽しみたいという人から学習に役立てたいという人まで、幅広く対応できるでしょう。そのため、欲しいと感じる機能が見つかることも多いでしょう。

安いCDプレーヤーおすすめ20選

安いCDプレーヤーは欲しいけど、どれを選んでいいかわからないということも多いものです。そもそも、種類が多すぎて選べない、そんなこともあるでしょう。選べないほど種類が大製品は、ある医程度選択肢が絞ってあると助かるものです。おすすめされた製品なら、特徴を見比べて自分に合ったものも、選べるのではないでしょうか。今回は、価格が安いおすすめのCDプレーヤーを厳選して紹介するので、ぜひ検討の際に参考にしてみてください。

東芝 CDプレーヤー TY-P2


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
東芝のCDプレーヤーの中でも、ここまで多機能で価格が安価であれば人気があるのもうなずけるというものです。とくに語学学習におすすめの機能が盛りだくさんになっていて、これから外国語を勉強したいという人にはおすすめです。
1つ目の機能は、「スピードコントロール機能」です。再生速度を11段階に調節できるので、自分の学習しやすい速度で再生すれば勉強もより一層やりやすく、はかどるというものです。また、CDの聴きたい箇所を繰り返し再生できる機能やトラックを10個ずつ飛ばせる機能などもついているので、一層学習がしやすいでしょう。ポータブルCDプレーヤーでありながら、ステレオスピーカーがついているのも魅力。イヤホンばかりではどうしても耳が疲れてしまうので、家庭で学習するときにはステレオにして耳を休ませてあげてください。

パソコンからCDに入れた音楽も聴くことができ、MP3にも対応しているという優れものです。さらに、学習途中でCDを切って電源を落としたとしても電源を入れると続きから再生してくれるレジューム機能も付いているのでちょっとした用事ができた、誰かに呼ばれたというときでも気にせず電源OFFできる優れものです。コンパクトでイヤホンにも対応しているため、通学や通勤途中で使えるのはもちろんですが、リモコンもついているのでわざわざ本体を取り出す必要がないのも魅力です。乾電池でも家庭用コンセントでも使用できるので、家で使うときと出先で使うときと使い分けできるのもうれしいところです。

Gueray CDプレーヤー 置き&壁掛け式


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
おしゃれな壁掛け式のCDプレイヤーが、GuerayのCDプレーヤーです。薄型で小さく、邪魔にならないので場所を選ばず使用することができます。デザインも余計な装飾がなくシンプルでおしゃれなので、インテリアとしてもおすすめです。壁に掛けたらスイッチが入れづらい、と思うかもしれませんが、下から伸びている電源ケーブルを引っ張るだけで、電源のON/OFFができます。
ただ単にCDを聴くだけでなく、さまざまな機能も搭載されています。例えばCDを聞いている途中に電源を切ってしまっても再び電源を入れ直せば続きから再生してくれる機能や、他のデバイスと接続することでCD以外の音楽も再生可能な機能などです。

USBポートがあるところも、うれしいポイントです。壁に掛けるのは好きではないけど小型のCDプレーヤーには惹かれる、という人には付属のスタンドで置いて使用することもできます。時計もついているので、壁に別途時計をかける必要もありません。何より、たくさん機能があっても覚えきれないという人のためにLEDディスプレイもついているのでぜひ、試してみてください。

Fohil CDプレーヤー 置き&壁掛け式


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
壁に掛けて音楽を楽しめるタイプのCDプレーヤーです。もちろん壁に掛けるだけでなく付属のスタンドを使うことで卓上でも楽しめます。インテリアとしてもおしゃれな外観で、透明カバーをしてあるので中までほこりや汚れはつかないでしょう。
Bluetoothモード・CDモード・FMモード・USBモードの4つがあり、どれでも好きなように楽しめるのが大きなメリットです。リモコン対応で、離れた場所からでも操作可能なのもうれしい機能です。さらに、多彩なファイル形式に対応しているので、CDだけでなくCD-RやMP3なども聴くことができます。

もちろんそれだけではなく、スマートフォンなどに接続すれば、そちらから取り込んだ音楽が聴けるのも魅力。Hi-Fi高音質スピーカー内蔵のため、コンパクトでありながら音質も悪くありません。いざというときには防災ラジオとしても使用できるため、普段使いのものとは別に家族や友人などへプレゼントしても喜ばれる商品です。

エレコム ポータブルCDプレーヤー LCP-PAP02BWH


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
屋外にも持ち運びが自由なポータブルCDプレーヤーです。防水スピーカーを接続することで、屋内だけでなく屋外やお風呂でも使うことができます。キャンプや泊りがけの旅行に行くときなど、ちょっとした音楽があると癒されます。

音飛び防止機能がついているので、車の中でも問題なく綺麗な音楽を聴くことができるでしょう。音をスローにしたり早送りにしたりできる上、区間を指定するだけで好きな部分をリピートすることもできるので学習にも向いています。

何より便利なのが3秒・30秒巻き戻し機能で、英語などの語学を勉強するにはおすすめのCDプレーヤーです。特に受験生にはおすすめなので、音楽と勉強できる環境の両方が欲しい、という人はぜひ試してみてください。こだわったシンプルなデザインは、部屋の雰囲気を壊すことなく多くのインテリアになじんでくれます。

SONY CDラジオ ZS-E70/W


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
SONY CDラジオ ZS-E70/Wは、置き場を選ばないスリムなデザインがおすすめのCDプレーヤーです。ウォークマンを接続することができる、使い勝手のいいCDプレーヤーです。家庭用電源から有線形式でも接続だけでなく乾電池を使用することもできますし、ハンドルは本体一体型となっていて非常に持ちやすいので、移動が容易で使用する場所を選びません。
スリムでコンパクトな形状は机の上に置いていても場所を取りません。液晶画面は見やすいようにバックライトがついているので、暗いところでの操作にも対応しています。

リモコンで操作することができるのも魅力です。手元で簡単に操作できるので、操作のためにわざわざ本体近くまで動く必要がありません。

また、「3秒戻す」、「10秒進む」など語学学習をする方に嬉しい機能がついているのでわからない単語や聞き取りにくい単語も何度も繰り返し聴くことができます。英語学習をするときに、話すときの発音や聞き取りに自信がない人にはおすすめです。

ソニー CDラジオ ZS-E80


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
ピンクのかわいらしいデザインが人気の、AMやFMといったラジオも聞けるのがおすすめのCDプレーヤーです。お気に入りのラジオ局を登録しておくことで、次回からワンタッチで素早くそのラジオ局を聞くことができる機能も、ラジオ好きの方には便利です。
「再生速度調節」機能は、自然に近い音程のままで再生するスピードだけを変えられる優れた機能です。そのため、再生するスピードが遅くなると耳障りだから使えない、というようなことにはなりません。再生可能なフォーマットに関しても音楽用のCDだけでなく、MP3やWMAがあるため、さまざまな音楽を楽しむ事が出来るでしょう。

音楽を聴いているときや語学学習の時に、「もう一度ここの部分を聞きたい」という経験は誰しもあるでしょう。そんなときには、A-Bリピートを活用してみてください。本体の上部には必要な操作を行うためのボタンがすべてまとまってつけられているため、操作も簡単です。

CDプレーヤーを使うのは電源の切り忘れがありそうで不安、という人は一定時間が経過すると自動的に電源がOFFになる「おやすみタイマー」を活用してみてください。タイマーが設定できるのは、15分・30分・60分・90分となっていてスリープ機能が設定されているので、使い勝手は抜群です。

Gueray ポータブル CDプレーヤー


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
Gueray ポータブル CDプレーヤーは、シンプルなデザインが特徴の小型CDプレーヤーです。何より安価なのが魅力的な製品であり、価格で選ぶならおすすめです。手のひらに乗るくらい小さいので、持ち運びにも便利です。通学や通勤の時にポケットに入ってしまう大きさなので、電車やバスに乗るときにも好きな音楽を聴くことができるでしょう。
しかし、小型でもきちんと必要な便利機能は搭載されています。低価格であっても決して安っぽくない、それがこのCDプレーヤーのいいところです。音飛び防止機能がついているため、車に乗っていても使うことができるのが大きな魅力。そもそもが本体には液晶画面と操作に必要なボタンだけが付いているので、使い方は非常に簡単ですが、日本語対応の説明書が付属しているので、機能がわからなくて使いこなせないということもありません。

シンプルなデザインはどこにおいても浮くことはなく、部屋のインテリアに溶け込む事が出来るでしょう。バッテリー内蔵ではないため充電することはできませんが、乾電池で使用することができるので問題はないでしょう。

スピーカーは内蔵はされていませんので、イヤホンでの使用が多い方におすすめです。便利機能がすべてついていなくても、必要最低限のものがついていれば、十分役に立ちます。安くて小さいCDプレーヤーが欲しいのであればぜひ、検討してみてください。

ロジテック ポータブルCDプレーヤー LCP-PAP02BWH


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
ロジテック ポータブルCDプレーヤー LCP-PAP02BWHは、学習に適したCDプレーヤーです。当然スピードコントロール機能があるので、わからない言葉をゆっくりにして聞くこともできます。

また、時間を決めて勉強したいときには、タイマー機能を利用するといいでしょう。指定した時間が来てCD再生が停止すると、自動的に電源も落としてくれる優れものです。安価であるにもかかわらず、Bluetooth搭載のイヤホン・スピーカー、LINE IN端子を持つオーディオ機器に接続することができます。接続には必要なケーブルがあればいろいろな音楽に触れる機会が広がりますので、ぜひ試してみてください。
また、Bluetooth再生機器も自分で選んで買ってくるのがベストです。音楽を聴く際には、1曲再生・全曲リピート再生・ランダム再生のどれかを選ぶこともできます。さまざまな機能が詰まっているので、いろいろ試してみると、楽しいのではないでしょうか。

ソニー CDラジオ ZS-S40


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見るY!ショッピングで見る
ソニー CDラジオ ZS-S40は、丸いシルエットとシンプルな見た目が、昔ながらのラジカセといった感じです。ブラックとライトブルー・ホワイトがあり、部屋のインテリアによって色を選ぶことができるのも楽しいのではないでしょうか。重量はさほどなく、軽くて持ち運びしやすいのがよいところです。
いつでもどこでも使えるというのは、とくにラジオを中心に使っているときなど必要なことです。屋外で作業するときに耳がさみしい、というときは音楽よりもラジオが必要な時もあるからです。

安価に抑えられているため決して多機能というわけにはいきませんが、最低限の便利機能は備えていますので、複雑な機能を必要とせずにシンプルな機能で操作性を重視したいという方におすすめです。

こちらのCDラジオについているのは、お気に入りラジオ局ボタンとお休みタイマー機能です。とくにお気に入りラジオ局ボタンは、ラジオが好きの方にはおすすめせずにはいられないボタンです。また、ウォークマンやスマートフォンと接続して音楽やラジオを楽しむこともできるし、イヤホンで静かに聞くことも可能です。何より操作が簡単なのが、いいところでしょう。機能が少なく、ボタン一つで便利機能は操作できます。

パナソニック CDステレオシステム SC-PM250-S


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見るY!ショッピングで見る
高音質での音楽再生を楽しみたいのであれば、パナソニック CDステレオシステム SC-PM250-Sを購入してみてはいかがでしょうか。

コンパクトなのに、実用最大出力合計値は20W。シンプルな操作でスマートフォンなどのワイヤレス操作が可能なのも、大きな魅力です。いくら便利機能があっても操作が難しければ使えない、という人でも、シンプルで簡単な操作を実現したCDプレーヤーがおすすめです。コンパクトながらもシンプルでおしゃれなデザインは、部屋に1台あるだけで高級感・重厚感をプラスしてくれます。

何より大きな特徴は、AMラジオ番組がFM放送で聴くことができるそのシステムです。ワイドFMを採用しているために、クリアな音質で雑音が少なく、緊急時にも聞き取りやすくなります。電波障害や自然災害にも強いのが特徴で、この価格でこれだけの機能がついていて選ばれないはずはありません。

JVCケンウッド(ビクター) コンパクトコンポーネントシステム NX-PB30-T


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
JVCケンウッド(ビクター) コンパクトコンポーネントシステム NX-PB30-Tはスマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで楽しめるBluetooth機能を搭載しており、窓辺からでもソファからでも、自分のいる場所から曲を選択・操作できます。
CDだけでなくUSBメモリーに保存された音声も再生することができるので、デジタル録音した音源の再生も簡単・便利に行えます。

CD再生にこだわる人が購入するだけはあって、音質は非常に良いです。重さも1.6kgと見た目に反して軽いため移動も簡単で部屋中どこでも持ち運んで使いやすいCDプレーヤーです。

東芝 CDラジオ TY-CW10


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
見た目は非常にシンプルで昔ながらのラジカセを思わせるデザインであり、非常に親しみやすいです。Bluetooth機能付きなので、簡単にワイヤレス再生ができます。CDのリピートやプログラムができ、ランダム再生も可能なために語学練習をする方におすすめです。電源は乾電池を使用することもでき、便利なハンドル付きなうえにコンパクトな作りなので、外に持ち出して楽しむこともできます。
乾電池でのCD再生なら約12時間、ラジオ受信時は約40時間長持ちするため、災害など万が一の場合にも役に立つ仕様となっています。

もちろん災害時に情報を得られるように、ワイドFMにも対応しています。何かあったら、CDラジオ TY-CW10を持って出ると、いざというときに役に立つことでしょう。スピーカーは2つあり、実用最大出力1.5W+1.5Wとなっています。そのため、高品質な音楽を聴けるのもうれしいところです。

東芝 CDラジオ TY-C250-W


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
シンプルでコンパクトなCDプレーヤーは、置き場所を選ばずに使用することができます。キッチンや応接間、勉強部屋などどこにおいてもインテリアに溶け込みます。

CDを再生するにしてもただ単にずっと流しっぱなし、途中から聞きたくても初めから聞かないといけないといった経験はないでしょうか。東芝のCDプレーヤーであれば、「A-Bリピート」再生や、「リピート再生」「プログラム再生」「ランダム再生」などといったさまざまな再生方法を試すことができます。初めのうちは機能や操作の理解に手間取るかもしれませんが、さまざまな再生方法を使いこなすことができれば、語学の勉強やテープ起こしといった仕事もやりやすくなるでしょう。

LONPOO CDプレーヤー


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
LONPOO CDプレーヤーは、低価格にもかかわらず便利機能がたくさんついているコストパフォーマンスの高さがおすすめです。1曲を繰り返し再生できるリピート機能はもとより、全曲からランダムで繰り返し再生ができるランダム再生などもあります。「CDをわざわざ入れ替えるのは面倒」という方もこうした機能を使うことで楽しく音楽を聴くことができます。
また、フロント部分に液晶を採用しているので再生中の曲番号が見やすくなっています。ディスクを保護するカバーが付いているので、CDが汚れる心配がないのも嬉しいポイントです。音質も通常の音楽再生には問題ない商品です。

VERSOS ポータブルCDプレーヤー VS-M015BB


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見るY!ショッピングで見る
VERSOS ポータブルCDプレーヤー VS-M015BBは、特に語学学習にふさわしい機能がそろっています。電源はアダプターでも乾電池でもどちらでもよく、乾電池であれば連続使用時間は約11時間となっています。

また、コンパクトであるため自宅のみならず、通勤・通学時などの語学学習や音楽鑑賞にもおすすめです。音飛び防止機能もついているため、揺れるバスの中などでもストレスなく勉強に集中できるでしょう。

ケンウッド CR-D3-L


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
ケンウッドのCR-D3-Lは、電動スライドCDドアを採用したスリムでスタイリッシュなデザインと個性的なカラーが魅力のCDプレーヤーです。操作キーはトップにまとめられていて、すっきりした美しいフォルムになっています。コンパクトでありながらも複数の機能を備えており、Bluetooth接続がワンタッチでできるNFCを搭載しています。さらにUSBを取り付ける事ができ、再生だけでなく録音もできる優れものです。

Bluetoothを使うことで、離れた場所から自由に操作することができ、スマートフォンやタブレット内の音楽もヘッドフォンなしで自由に聴くことができるようになるでしょう。専用リモコンがあれば離れたところからでも操作可能なのがうれしいところです。

1カラーのシンプルなデザインの前面のスピーカー部と電動スライドCDドアは簡単に開閉できます。低音域を増強するEX.BASSも搭載されていて、曲やテイストに合わせて音質を選択することで豊かな表現を手に入れることができます。

オーム電機 ポータブルCDプレーヤー CDP-3866Z


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
専用アダプタやイヤホンがあるので、屋内でもお出かけの時でもいつでも持ち歩けるのがオーム電機ポータブルCDプレーヤーです。音質もよく、音楽鑑賞するにはおすすめです。低音強調機能を搭載しているなど、安価でも音質にこだわりたい方におすすめのCDプレーヤーです。

イントロ、ランダム、プログラム、スキップ、リピートなど、さまざまな再生機能は語学学習にも適しています。うまく使いこなす事が出来れば学習も捗るでしょう。

そのほかにも、音飛び防止機能がついているため通勤・通学の途中でもストレスなく学習を進めることができるでしょう。

誤作動を防ぐホールド機能、オートオフ機能もついているので移動中や何かの作業中の使用でも安心です。電源は乾電池とアダプタの2種類が対応しているので、自分に合った方法で使用することができます。

HOTT ポータブルCDプレーヤー(LCDディスプレイ付き)


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
品質にこだわりのある、HOTTのポータブルCDプレーヤーです。付属のオーディオケーブルを活用することで、外部のスピーカーと接続することができ、いつでもCDを再生することができるのが特徴です。コンパクトな作りのため、移動中も持ち歩くことができるので、好きな時に好きな音楽を掛けることができます。デザインもシンプルで美しく、どこにでも飾る事ができて違和感を抱かせません。高品質のサラウンドサウンドであり、音質についても高い評価を受けています。音楽が好きなのであれば、おすすめのポータブルCDプレーヤーです。

前面には、液晶ディスプレイと再生など様々な便利機能のためのボタンがあり、音の調節は側面でできます。それぞれ場所がわかれているためわかりやすく、使いやすいといえるでしょう。スピーカーは内蔵されていませんが、ヘッドホンを付けることで外でも好きな音楽を楽しむことができるため、ぜひ試してみてください。

コイズミ ポータブルCD SAD-3902


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る
「とにかく安価に音楽再生機器が手に入れば、特にリッチな機能は特別必要ない」という方にはおすすめのポータブルCDプレーヤーです。デザインはシンプルで、色も鮮やかでオーディオ機器としても大変大変魅力的です。

移動時などのイヤホン再生で音楽を楽しむことができます。余分な機能が一切ついていないため、むしろ操作は非常にシンプルです。あまりごちゃごちゃしたものは必要なく、純粋にCDを楽しみたい、という人にはおすすめのCDプレーヤーです。

JVCケンウッド CD/MDレシーバー R-K700


画像出典:Amazon.co.jp


amazonで詳しく見る楽天市場で詳しく見る
徹底的に品質にこだわった、CDレシーバーです。高音質技術でクラス最上級の原音再生能力を実現していて、とにかく音質にこだわりを持つならおすすめのCDプレーヤーといえるでしょう。高音質再生に定評のあるバーブラウン製のD/Aコンバーターまで搭載しているという徹底ぶり。

アンプ用放熱器と電源用放熱器をそれぞれ独立させていることで、より音質が変化することを防げるようになりました。音質への影響を抑えるには、効率的な放熱が必要とされています。これらすべてを詰め込んだのが、JVCケンウッド CD/MDレシーバー シルバー R-K700です。再生機能は音楽を楽しむために必須ともいえるものです。

そこで、1曲、全曲、ランダム、プログラムリピート再生など一通りの再生機能はついています。32曲プログラム再生もあるため、音楽をじっくり楽しむ事ができるでしょう。そのほか、CDテキスト表示やデジタルトーンコントロールなどの機能もつけられています。

オリジナルの音楽データに含まれる繊細な信号すらも再現するという細かさが、聴いている人を魅了します。ついている機能はすべて美しい音楽を聴くためのものであり、それ以外の余分な機能はついていません。CDレシーバーとしては価格も安いのでおすすめです。音にこだわりを持つのであればぜひ、検討してみてください。

中古品を購入するなら状態をしっかり確認

もしも中古品を購入するなら、状態をしっかり確認してからにしましょう。中古ではいけないというわけではないですが、中には音質が悪くなっていたり古くて交換できる部品がもうなかったりします。もちろん、中には高性能のCDプレーヤーやほとんど使っていない新品同様の製品もあります。そのため、中古品で購入するなら、安いからと安易に購入を決めることなく状態をよく確かめてからにするのがおすすめです。

また、使える機能は中古でも新品でも変わりないため、そこは妥協の必要はありません。中古品でも素敵なCDプレーヤーもあるので、そういった製品であれば新品より安い値段で購入できるためおすすめできます。

まとめ

今どきCDプレーヤーなんて古い、そう思う人もいるかもしれません。しかし、スマートフォンや携帯電話では出せない音量や音質、CDプレーヤーだからこその便利機能などもあるので、まずは使ってみることをおすすめします。とくに音質は、携帯電話やパソコンでは到底際限のできないところまで再現できるため、使ってみることをおすすめします。もちろん、CDプレーヤーの良さによるものです。CDプレーヤーの良さに気が付いたなら、ぜひ購入を検討してみてください。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す