ニュース

Xperia 1好調は漁夫の利か実力か、ソニーがスマホシェア44週ぶり13%台回復

Xperia 1好調は漁夫の利か実力か
スマートフォンスマホ)の販売台数シェアでソニーモバイルコミュニケーションズ(ソニー)が急浮上している。BCNランキングで集計したところ、6月10日週(10~16日)の販売台数シェアでソニーが前週比5.1ポイント増の13.3%を記録。昨年末から1ケタ台のシェアで低迷が続いていたが、6月14日に発売した「Xperia 1」が好調でシェアを押し上げた。5月以降2位を走っていたシャープを交わし、18年11月5日週(5~11日)以来31週ぶりに台数シェア2位に浮上した。13%台までシェアを回復したのは、18年8月6日週(6~12日)以来44週ぶりだ。



月次シェアで見ると、ソニーのスマホは16年までアップルに次ぐ2位の位置を安定的に占め人気を集めていた。しかし、17年8月以降、シェアをシャープに逆転され3位に後退。さらに、17年10月以降、ファーウェイにもシェアを奪われ、ほとんどの月で4位のポジションに甘んじていた。ところが、この5月、ファーウェイ本社と関連会社69社が米企業からの禁輸措置に遭い、キャリア各社が新製品P30シリーズの発売を見送るなどの影響が出て、ファーウェイはシェアが一気に低下。ソニーは漁夫の利を得る形で久々に3位に返り咲いた。
また、この間、着実にシェアを伸ばしていたのがサムスン。旧モデルのGalaxy S9のシェアが上昇、6月に新モデルのGalaxy S10シリーズを発売してシェアを引き継いだ形だ。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > 特集・インタビューの主要ニュース
Xperia 1好調は漁夫の利か実力か、ソニーがスマホシェア44週ぶり13%台回復」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    ソニーとしては久々に物欲を刺激するスマホだからです。漁夫の利だけならサムスンに全部持ってかれています

    5
  • 匿名さん 通報

    SONYはまだ本気を出していない。 海外版はデータ容量が128GBあってヘッドホン付きなのに日本版は64GBと付属品オミット

    5
  • 匿名さん 通報

    漁夫の利ではない。ようやくSONYが本気を出してきた。 ACE辺りも消費者を意識してる。まあ売れてるのはお金を出しても良いって評価だよ。自分はイヤホンジャックが付いてて安いACEで良いけどね。

    4
  • 匿名さん 通報

    いや明らかに漁夫の利だろww SONYのスマホは高いくせに機能は値段相応な物ではない

    1
  • 匿名さん 通報

    今回は新たなコンセプトモデルで他とかぶってない 高いくせに機能はそれほどなのはGALAXYに比べたiPhoneがピッタリ

    0
この記事にコメントする

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

もっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

もっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月23日のIT記事

キーワード一覧