ニュース
90s

「一杯のかけそば」ブームをタモリが痛烈批判した理由

※写真はイメージです
ここ数年、『涙活』なるイベントが、密かなブームを呼んでいるといいます。泣ける映画・音楽・詩の朗読などで涙を流すことにより、ストレス解消を図るというこの活動。現代社会に疲れた大人たちがこぞって参加し、子供のように涙を流し、浄化されていくというわけです。

この『涙活』に例を求めるまでもなく、いつの時代も「感動の涙を流したい」という需要は一定数存在します。本稿で紹介する『一杯のかけそば』も、まさにそんな「泣ける」コンテンツの一つでした。

日本中を感動の渦に巻き込んだ『一杯のかけそば』


1992年には、渡瀬恒彦主演で映画化もされた『一杯のかけそば』。
80年代後半に「読む人誰もが涙するという幻の童話」という触れ込みで、一大ブームを巻き起こした感動実話の内容は次の通りです……。

1972年、大晦日の夜。札幌のそば屋へ、2人の幼子を連れた貧相な身なりの女性がやってきました。注文したのは、150円のかけそば1杯だけ。苦しい懐事情を察した店主は、何もいわず、そばを1.5玉分に増量して提供します。美味しそうに1杯のかけそばを分け合う母と子。親子は父親を事故で亡くしており、3人にとって父の好物だったこの店のかけそばを食べることが、年に1度の贅沢だったのです。

その年から、毎年大晦日の晩にやってくるようになった母子。店主にとってもこの親子へそばを出すことが、12月31日の恒例行事になっていました。
しかし、ある年から母子はぱったりと来なくなりました。それでも、毎年、母子のために席を空けておく店主。そして時は流れて、最初に親子が現れてから14年後の大晦日。成人して医者と銀行員になった2人の子供が母親と共にやってきて、3杯分のかけそばを注文するのでした……。

衆議院予算委員会でも朗読される


なかなか良い話ではないでしょうか。

もともとは作者が全国を行脚し、口演で披露していた一杯のかけそばでしたが、1988年に書籍化されると、口コミでじわじわと人気に。1988年の大晦日には東京FMの『ゆく年くる年』で朗読され、1989年1月22日には産経新聞が取り上げます。
ついには、衆議院予算委員会審議の席で、大久保直彦・公明党書記長が竹下登首相への質問として引用するという、まさに社会現象ともいえる盛り上がりをみせます。

時はバブル最盛期。飽食の時代に対する警鐘、あるいは忘れかけた古き良き日本人の慎ましさ・人情を伝える逸話としての側面が、ブームに拍車をかけたことも見逃せません。

「涙のファシズム」と批判したタモリ


その後もしばらくは、中尾彬、武田鉄矢、森田健作らがワイドショーで日替わり朗読をしたり、作者の後援会が結成されたりと、一向に吹き止むことのなかったかけそば旋風。

しかしながら、このブームに疑問を呈するタレントもいました。タモリです。彼は『笑っていいとも!』の中で、「150円あったらインスタントのそばが3個買えたはず」と説き、ついには「涙のファシズム」と痛罵したのです。

感受性は人それぞれで、何が心の琴線に触れるかなど十人十色。にも関わらず、「これ泣けるでしょ?」という、感動の押し売りが無関心の人にまで次々と及んでいる事象が、タモリには奇妙な全体主義のように映ったのでしょう。

こうしたタモリの発言と呼応するかの如く、実話と銘打った「一杯のかけそば」の創作説が度々議論されるようになるなど、ブームは次第に沈静化していったのです。
すっかりケチがついてしまったせいで、創作だとしても良い話だった同作の価値が地に落ちてしまったことは、残念という他ないでしょう。
(こじへい)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > 特集・インタビューの主要ニュース
「一杯のかけそば」ブームをタモリが痛烈批判した理由」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    「ほらほら、ここで泣けるでしょ」という、いかにもなあざとさが鼻について、あの話は初めて聞いた時から大嫌いだった。タモさんの反応にホッとしたもんだよ。

    82
  • 匿名さん 通報

    最初から実は嘘でした。創作でした。と判ってたらタモリ氏でもジョークにしてたさ。あの時の世相の大半は怒りで作者罵倒の嵐だったの忘れたのかよ。カビ臭い話しで気を引くなよな。目立ちたがり屋めが。

    43
  • 匿名さん 通報

    あの空気の中で自分からは言い出せなかったけど、タモリが「涙のファシズム」と表現してくれたおかげで、漠然と不愉快に思っていたことの背景や正体が露わになったよ。

    42
  • 匿名さん 通報

    亡くなったお父さんが好きだった店のかけそばだからこそ意味があって、インスタントでは絶対無理なんだと思う。 いくら貧しくとも、譲れない部分ってあると思う。

    41
  • 匿名さん 通報

    どうでもいいじゃん 何の意味ある記事なん?こじへい もっと創作でも面白いの書けよ

    26
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ライター紹介

こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

2017年6月10日の90s チョベリー記事

キーワード一覧