ニュース
bit

ドイツ語版村上春樹作品が、翻訳が原因で大論争になった背景とは?

「朗読座談会 村上春樹」のフライヤー

5月下旬、ベルリン森鴎外記念館で「朗読座談会 村上春樹」が開かれた。このイベントは、ドイツで出版されたばかりの『騎士団長殺し』とその翻訳の裏話について、ドイツ語訳を担当したウルズラ・グレーフェさんに話を聞くという企画だ。当日は立ち見も出るほど盛況で、質疑応答の時間にはたくさんの質問が寄せられた。

村上春樹の作品はドイツでも人気が高い。村上氏の新刊が発売されるとドイツメディアではいくつもの書評が書かれる。時には公共放送の文学作品評論番組にも取り上げられる。文化の違いを越えて読まれる村上春樹の文学の人気を支えるものは何か。村上春樹のドイツ語訳の第一人者で座談会にも登壇した、翻訳家のグレーフェさんに話を聞いた。

ドイツ読者に新たな視点をもたらす「境界の曖昧さ」


「ドイツの読者が村上さんの作品にひかれるのは、彼の小説に出てくるキーパーソンが『地下世界』の闘士だという点です。彼の作品においては現実世界と非現実世界の境界が曖昧。それが、現実と論理を重視する傾向が非常に強いドイツの読者に新たな視点をもたらしています」(グレーフェさん)

ドイツメディアにおいて、この「境界の曖昧さ」は村上作品を語る上で重要なキーワードだ。独紙ベルリーナーツァイトゥングに掲載された『騎士団長殺し』の書評にも『村上春樹、この日本人作家は現実の境界を巧みに操る』というタイトルがつけられている。そしてドイツにおける村上文学の人気については、翻訳が果たしている役割も大きい。この重要性を物語るのはドイツ語版『国境の南、太陽の西』にまつわるエピソードだ。
「朗読座談会 村上春樹」で登壇するグレーフェさん(左奥)

2000年に発売された『国境の南、太陽の西』のドイツ語版は、同著の英語版から翻訳された。そのため日本語版とドイツ語版の作風に大きな違いがあり、文芸評論家や作家の間でこの作品の評価についての大論争が巻き起こった。例えば、文学界の重鎮たちが出演するテレビ番組『ダス・リテラーリッシェ・カルテット』では、一方の出演陣は同作に高評価を与え、もう一方は「文学ではなく、文学風のファストフード」と酷評した。それが出演者同士の個人攻撃にまで発展した。

この論争は、ドイツにおける村上文学の翻訳の分岐点となった。この騒動をきっかけとして、『国境の南、太陽の西』の翻訳はグレーフェさんが担当することになった。従来は英語版からの翻訳もあった村上作品が、すべて日本語の原文からドイツ語に訳されるようになったのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年8月22日のコネタ記事
ドイツ語版村上春樹作品が、翻訳が原因で大論争になった背景とは?」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    こいつの作品は在日が強制連行被害者でー日本が悪でー

    4
  • 匿名さん 通報

    日本では在日を被害者で描いた作品がマスゴミに大きく扱われるだけの話だ

    2
  • 匿名さん 通報

    次もディランで

    1
  • 匿名さん 通報

    外国の人にこの人のどこがいいか教えてほしい。

    1
  • 匿名さん 通報

    縮小画像で三宅裕司かと思いました。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ライター紹介

田中史一

ドイツ在住。最近の趣味はバジルの栽培。挿し芽でどんどん増えるので、窓辺が鉢だらけ。バジルソースができるほどの収穫がないのが残念。

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧