ニュース

医師が解説。適切なトイレの回数

医師が解説。適切なトイレの回数
冬になるとトイレが近くなるという人は多いだろうが、逆にトイレに行く回数が少なすぎて悩む人もいるようだ。「教えて!goo」「1日でトイレへ行く回数」という質問には、「私はさらにトイレに行く回数が少ないです…(中略)多いときでもせいぜい4回です」(ryujuさん)という共感の声のほか、「毒素をためておくと、体に良くないそうです」(kobaltさん)、「回数だけで、いたずらに心配しなくても良いですよ」(MetalRackさん)といったアドバイスが寄せられた。

■日中6~7回、夜間0回が平均的

一日に何回くらいトイレに行くと、適切な回数といえるのだろうか。医療法人社団医精会マイシティクリニックの平澤先生に聞いてみた。

「目安としては、日中6~7回、夜間0回です。ただし就寝前の水分の摂取量、水分の内容により、夜間でも1回までは許容範囲です」(平澤先生)



つまり、日中8回以上、夜間1回以上トイレに行っている人は頻尿ということになる。数えたことはないが、少なくとも日中10回以上はトイレに行っている筆者。少し回数を少なくした方がよいのだろうか?と思ったが、トイレを我慢しすぎると病気になるリスクがあるという。

「膀胱炎のほか、膀胱炎が悪化した『腎盂腎炎』、膀胱壁の伸展や弾力性の低下に伴い残尿が増え、尿があふれ出す尿失禁(溢流性尿失禁)などになる可能性があります。また、膀胱の尿は通常は逆流防止機構で尿管や腎臓には逆流しませんが、我慢によって逆流防止機能に異常が生じ、腎臓に尿がたまる水腎症を引き起こし、腎機能が低下することもあります」(平澤先生)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2017年1月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧