ニュース

いつもより速く回っています。地球の自転が過去50年で最速になり、逆うるう秒導入の可能性が浮上


地球の自転が加速している /iStock
人間社会がてんやわんやだった2020年だが、どうも足元にある地球もそうだったようで、1960年以降で地球の自転が最高に速い年だったのだそうだ。

記録が取られるようになってからのこれまでの自転最速記録は、2005年7月5日のこと。この日、1日の平均的な長さである8万6400秒よりも1.0516ミリ秒早く次の日が訪れた。

しかし2020年は、その記録よりも短かった日が28日もあり、最短記録だった7月19日においては8万6400秒より1.4602ミリ秒短かった。



【地球の自転速度は一定ではない】

地球の自転速度は、大気圧・風・海流・核の動きといったものによって常に変動している。だから大事件が起きているかのように聞こえるが、べつに世界の終わりとかそういうわけではないようだ。

ただ超正確な原子時計を使って、世の中の時間の基準となる「協定世界時(UTC)」を管理しなければならない人にとっては、少々困ったことであるようだ。

UTCは国際度量衡局に保管されている原子時計が刻む「国際原子時」を基準にしている。一方、天文学における「天文時」は、地球の自転1周が基準だ。

そのUTCと天文時が0.4秒以上ズレてしまったとき、UTCは調整されることになっている。

[画像を見る]
Pixabay
【自転のずれを調整する逆うるう秒の検討】

今のところ、そうしたズレは6月か12月の終わりに「うるう秒」を入れることで調整されている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

もっと読む

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月12日のびっくり記事

キーワード一覧