「火垂るの墓」原作との違いを改めて検証、改めて高畑勲恐るべし

「「火垂るの墓」原作との違いを改めて検証、改めて高畑勲恐るべし」へのコメント( 37 件)

記事を見る
コメント利用規約 サービス利用規約
  • 匿名さん 通報

    高畑勲監督はテレビアニメのほうが向いていると思う 劇場版のアニメはやたら冗長になってしまう 例外が「火垂るの墓」で、時間的な余裕がない状態で製作したので、 テンポ良く話が展開する

    0
  • 匿名さん 通報

    野坂昭如氏自身がフィクションと割り切ってるのに原作との違いだとか言われたりネトウヨが作品を中傷してるとか主張されても「あ、そうなんだ で?それが何か問題?」としか言いようが無い。

    1
  • 匿名さん 通報

    どちらも今となっては、観ることができないのが残念です! 話がそれちゃいましたが高畑勲監督、素晴らしい作品をありがとうございました!安らかにお眠りください。

    1
  • 匿名さん 通報

    永六輔さんは、そのシナリオを推していたそうですが、のちに山田洋次監督は、否定され、黒澤明監督の夢のラストのような終わりにしたかったそうです。

    0
  • 匿名さん 通報

    ベルサイユの薔薇の池田理代子さんのブログで寅さんは、在日韓国人だと書かれており、幻の最終作は、寅さんは、生みの親に会いに韓国に帰る内容だったそう。

    1
  • 匿名さん 通報

    紅の豚の見方も変わり、宮崎駿監督が自身の自画像を豚にされているのにも何か深い意味があるのでしょうか? オオカミこどもも在日韓国人だそう。

    0
  • 匿名さん 通報

    「思い出しておくれよ素敵なその名を」が朝鮮名であるのは、驚き!千と千尋の神隠しの名前を取られる演出や親のした借金を働いて払い名前を思い出すのは、同じ演出?

    0
  • 匿名さん 通報

    去年【平成たぬき合戦ぽんぽこ】の狸や狐がエタや在日韓国人をモデルにしていると言う記事を見て目から鱗でした。 右翼や左翼も日本人じゃないんですね?

    0
  • 匿名さん 通報

    今でもシリアやイエメンにはリアル清太や節子がおるんやで。

    3
  • 匿名さん 通報

    なーに、ネトウヨや信者たちだってモロトフのパン籠に自分の家が直撃されりゃ、即「反戦!」って叫び出すさ。

    1
  • trialdata 通報

    悲しい作品です。ぜひ見ます

    0
  • 匿名さん 通報

    安倍が悪い

    3
  • 匿名さん 通報

    「清太が原作以上に自分を犠牲にしてでも妹を守ろうとする姿が印象に残り涙を誘う」清太は妹だけでも食事や診療を受けられる様より方々に働きかけるべきなのに妹を私物化・・←監督観客が無意識に望んでしまってる事

    0
  • 匿名さん 通報

    アニメなのでえげつなさや人間の本能的なもの、生々しさなど描かれてなかったり省略されたりしてファンタジーアニメだな。と言う感覚しか残らない。平和ボケのアホガキたちがが絶賛するわけだ。

    0
  • 匿名さん 通報

    うちのおばあちゃんも、自分で、餓死した子供を焼いたって。寒いだろうと着せた綿入れが湿って中々火がつかなくて…「何で着せちゃったんだろう」って、ボソッと話してたな。平和は尊い。

    1
  • 匿名さん 通報

    戦争に「救い」なんて無い。「狂気」とか「死の商人」とか、子どもらに地獄を見せるモノは色々ある。「正義の戦争」、ましてや「聖戦」なんて民草動員する為のコピー。

    2
  • 匿名さん 通報

    どんな描かれ方にせよ、戦争が一国民にもたらすものは、堪え難い事の数々。多くが飢え、焼け出され、戦争孤児が溢れ、児童保護等吹っ飛ぶのが戦争。それを是とする自民党は◯◯の亡者。

    3
  • 匿名さん 通報

    実写映画とドラマを見て、違いを見比べてみるのもいいかもしれない。ちなみに実写でのお母さん役は松田聖子、ドラマでの意地悪なおばさん役は松嶋菜々子、その娘役は井上真央。

    1
  • 匿名さん 通報

    この映画好きだけど必ず観た後、気持ちが暗く、重く、せつなくなる 毎年お盆時はスルーしてるよ

    1
  • 匿名さん 通報

    この映画も含めてジブリの映画は好き、映画館で途中で寝てしまったのは後にも先にもゲド戦だけw

    2
全ニュースの新着コメントを見る